ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10524] 【京都】美術館「えき」KYOTO/安野光雅の仕事[3/3(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/26(Sun) 23:19:23

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=63で、3/3(金)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「安野光雅の仕事」3/3(金)〜3/26(日)
     会期中無休
     開館時間:午前10時〜午後8時(閉館30分前に入館締切)
     入館料金:一般900円 高大生700円 小中生500円
           ICOCAなど入館料以上チャージ済みの交通系ICカード(PiTaPaは除く)で割引
 1926年島根県津和野町生まれ、美術教員として上京し、小学校で図画や工作を教えながら、本の装丁や挿絵などを手がけ活躍の幅を広げた画家・安野光雅。1968年『ふしぎなえ』で絵本界にデビューし、独創性あふれる作品を次々と生み出す、
 本展では、デビュー作『ふしぎなえ』をはじめ、草花を描いた水彩画『野の花と小人たち』やヨーロッパの街並みを描いた『旅の絵本』シリーズ、切り紙を用いた『昔咄きりがみ桃太郎』など、初期作品から最新作を含む約90点で、安野光雅氏が手がけるさまざまな仕事を紹介。
    『もりのえほん』1977
    『昔咄きりがみ桃太郎』1973
    『皇后美智子さまのうた』2014年
    『旅の絵本Vスペイン編』2003年
    『あいうえおの本』1976年
    『さかさま』1969年   など

ギャラリートーク:3/3(金)午前11時〜、午後2時〜、各回約30分
 廣石修氏(津和野町立安野光雅美術館 學藝専門員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー