ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10516] 【京都】府京都文化博物館/戦国時代展[2/25(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/24(Fri) 22:45:00

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=38では、2/25(土)から戦国時代の歴史展が開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS-」前期:2/25(土)〜3/20(月・祝)
                   後期:3/22(水)〜4/16(日)
       月曜(3/20は開館)と3/21(火)休館
       開室時間:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入場は閉室の30分前まで)
       入場料金:一般1300円 高大生900円 小中生500円
             障害者手帳などを提示の方と付添1名無料
 相次ぐ戦乱により秩序が大きく乱れた時代だとイメージされてきた日本の戦国時代だが、近年では、対立・戦乱がおきながらも、列島規模で文化的・経済的な実りがあった時期だと考えられるようになった。
 室町幕府の政治権力がおとろえ、上杉謙信、武田信玄、毛利元就、織田信長など有力大名たちは領国の経営に力を入れ、その結果、京都で成熟した文化が列島各地へともたらされ、新たな地域文化として再生産された。本展では、合戦の様子や武将の姿を伝える歴史資料、美術工芸品を一堂に展示。
 序章 −時代の転換−重要文化財 真如堂縁起 掃部助久国/筆  三条西実隆・公助/詞書
 第1章 合戦 −静寂と喧騒− 陣鐘
 第2章 群雄 −翔け抜けた人々− 国宝 上杉家文書 武田晴信書状【前期】
                埼玉県指定有形文化財 縹糸威最上胴丸具足
 第3章 権威 −至宝への憧れ− 国宝 洛中洛外図屏風 上杉本 狩野永徳筆(2/25(土)〜3/12(日))
               国宝 秋景冬景山水図 徽宗 筆(2/25(土)〜3/10(金))
 第4章 列島 −往来する人と物− 重文 八坂法観寺塔参詣曼荼羅(3/28(火)〜4/16(日))
 終章 −新たなる秩序− 東照大権現像 日光山東照宮御像【前期】
      滋賀県指定有形文化財 大原観音寺文書 夫馬一色衛門畠地寄進状 【前期】 など

講演会:2/25(土)午前10時30分〜正午 3階フィルムシアター(定員:150名)入館券のみ
「戦国大名と小京都」村井康彦氏(国際日本文化研究センター名誉教授)

トークイベント:3/22(金)午後1〜4時、別館ホール(定員:200名)入館券のみ
「戦国時代展のメッセージ」パネリスト:阿部哲人氏(米沢市上杉博物館主任学芸員)
                   齋藤慎一氏(江戸東京博物館学芸員)
                   長村祥知氏(学芸員)
                   西山 剛氏(学芸員)

講演会:3/25(土)午前10時30分〜正午 3階フィルムシアター(定員:150名)入館券のみ
「戦国武将の憧憬・由緒 ― 室町文化と同朋衆をめぐって ―」家塚智子氏(宇治市源氏物語ミュージアム学芸員)

担当学芸員によるギャラリートーク:会期中の3月の毎週金曜日午後6時〜(30分程度)

戦国武将なりきりコーナー:3/19(日)〜4/2(日)戦国時代展会場内( 3Fやすらぎコーナー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー