ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10515] Re: 【福岡】九州国立博物館/宗像・沖ノ島と大和朝廷 行ってきました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/23(Thu) 23:36:10

Quitaさん、こんにちは

>  目的地は九州国立博物館。複数回行ったことのあるところは他にありますが、展覧会を見る目的で日程を組むことのある最遠のところです。
> 今回の特別展は考古学系で、「宗像・沖ノ島と大和朝廷」です。
 おお、今年一番のオススメのところへ行かれましたね。
 おっしゃるように地味かも知れませんが、福岡のこの場所にふさわしい展覧会かと思います。

 九州というと、邪馬台国の時代など、近畿と張り合っていたイメージがあるのですが、今回は「宗像・沖ノ島と大和朝廷」というタイトルだから、大和と結びついていた…海上交通も大和朝廷の指揮下にあった、ということが示したいのかな、と考えます。
 実際、展示物リストを見ると、大和や河内…私にも馴染みの深いものがたくさん出ているのがわかりました。種子島の広田遺跡の貝符もかつては弥生文化博物館でも展示されていたのでよく存じています。弥生時代には、地域性も大きいものの、文化は西日本全体でかなり交流があったのです。近畿から発信することになる、飛鳥・奈良時代ならもう当然かも知れません。それでいて、朝鮮半島からも最も影響を受けやすいでしょうから、どちらもあり。沖ノ島でのその文化の混在を、この展示で見ることになるのでしょうか。

 沖ノ島の文化って、品物だけで見栄えのするものではなく、洞窟(岩陰)での祭祀遺構、がメインだと思うので、その復元展示なんかがあると、それが最も見どころになると思います。ミニチュアならあったかも。

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー