ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10510] 【福岡】九州国立博物館/宗像・沖ノ島と大和朝廷 行ってきました 投稿者:   投稿日:2017/02/23(Thu) 21:44:17
【福岡】九州国立博物館/宗像・沖ノ島と大和朝廷 行ってきました (画像サイズ: 554×416 97kB)

こんにちは

 2月18日、今年最初の遠出として、福岡に行って来ました。

 目的地は九州国立博物館。複数回行ったことのあるところは他にありますが、展覧会を見る目的で日程を組むことのある最遠のところです。

 今回の特別展は考古学系で、「宗像・沖ノ島と大和朝廷」です。

 第1章「歴史をつなぐ海原」は宗像市や周辺の福津市、新宮町で出土した土師器、須恵器、埴輪、勾玉といったものです。関連で種子島の広田遺跡のものや、奈良のものもあります。
 第2章「神話の風景」は神話の紹介と関連した出土品で福岡、奈良、埼玉といろいろあり、比較的福岡の比率が少ない感じです。
 第3部「神宿る島の源」は沖ノ島で出土したものが多くありますが、奈良のものも同じくらいあり、関連して韓国の土器も展示されています。

 目玉となるような有名なものはあまりなくてやや地味な感じもしましたが、全体としては良い内容だと思います。

 ちなみに、オオミズナギドリをモチーフにした「ドリー」が言わば展覧会のマスコットです。当時の衣装が特別展会場入口でレンタルでき、そのままの衣装で観覧できます。

 隣の太宰府天満宮では梅が咲き始めていました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー