[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.10509] 【神奈川】藤沢市アートスペース/松本市美術館所蔵展 草間彌生 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/23(Thu) 20:09:24

 未紹介の展示施設を、現在の企画展とともに紹介しておきます。
==================================================================
施 設 名:藤沢市アートスペース
ふりがな:ふじさわしあーとすぺーす
英文表記:Fujisawa City Art Space  
分野 :美術 
郵便番号:251-0041
都道府県:神奈川県
市区町村:藤沢市  
所在地:辻堂神台2-2-2 ココテラス湘南6階
電話番号:0466-30-1816  
FAX:0466-30-1817  
URL:http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bunka/FAS/
公共交通:JR「辻堂」駅東口改札北口出口から徒歩5分
     神奈川中央交通「神台公園前」下車すぐ
道路案内:専用駐車場なし、公共交通機関を利用
開館時間:午前10時〜午後7時
休 館 日:月曜日(祝日は開館、翌日休館)年末年始
入館料金(常設時):一般 高大生 小中生
展示内容:若手アーティストの育成・支援や様々なジャンルの企画展、ワークショップ、講座などを開催
観覧時間:
その他(販売・友の会など): E-mail c.hall@city.fujisawa.kanagawa.jp
 レジデンスルーム、ワークショップルームあり
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆企画展III松本市美術館所蔵作品展「縁(ゆかり)、自然そして草間彌生」〜3/12(日)
    月曜休館
    入館無料
「山のあるまち」長野県松本市と「海のあるまち」藤沢市、それぞれの憧れから、1960 年に「海と山との市民交歓会」として市民交流が始まり、翌年には姉妹都市提携し、両市は半世紀以上に渡り様々な分野で交流を行ってきた。
 松本市美術館は松本市生まれの草間彌生や書家の上條信山、洋画家の田村一男など信州ゆかりの作家の作品を収集・展示。同館が所蔵する松本市ゆかりの作家の作品や、信州の豊かで壮大な自然を描写した作品など約40点を紹介し、草間彌生の絵画や版画、立体作品等約20点も展示。

第一章 松本市美術館−多彩な作家と作品
  石井柏亭《避暑地にて》1924年 油彩・キャンバス
  阿部展也《人物》1956年 油彩・キャンバス
  松澤宥《プサイ函(松澤宥展覧会案内状)》1969年
第二章 自然に魅せられて
  田村一男《白月》1974年 油彩・キャンバス
  河越虎之進《山岳展望図絵B(穂高・槍)》1958年 油彩・キャンバス
第三章 草間彌生−生命賛歌
  《果てしない人間の一生》2010年 アクリル・キャンバス
  《REPETITIVE VISION 生命賛歌》1999 年ミクストメディア
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展IV つるの剛士「キュンとするまち。藤沢で。展」3/25(土)〜5/7(日)

 俳優、ミュージシャンなど、マルチタレントとして活躍する、つるの剛士は、藤沢市在住で、2012 年からふじさわ観光親善大使として、市内のイベントや観光PR 活動に携わり、プライベートでも絵画や音楽、サーフィン、釣り、農園での野菜づくりなど、多彩な才能を発揮し、なかでも5人の子どもを持つ父親として積極的かつ自然体で育児を行う姿勢に多くの人の共感を得ている。
 本展では、観光親善大使としての活動記録や、家族との日々の暮らし、バラエティに富んだアート作品を展示し、つるの剛士と藤沢 の関係を見る。
「キュンとするまち。藤沢」公式マスコットキャラクター「ふじキュン」とのコラボイラストのグッズも登場。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明