ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10508] 【京都】産業大学むすびわざ館ギャラリー/仏像修理の現場 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/23(Thu) 20:08:53

 大学の展示施設で未紹介のものを紹介しておきます。
==================================================================
施 設 名:京都産業大学むすびわざ館ギャラリー
ふりがな:きょうとさんぎょうだいがくむすびわざかんぎゃらりー
英文表記:KYOTO SANGYO UNIVERSITY musubiwaza-kan gallery
分野 :その他 
郵便番号:600-8533
都道府県:京都府
市区町村:京都市下京区  
所在地:中堂寺命婦町1-10
電話番号:075-277-0254  
FAX:075-277-1699  
URL:https://www.kyoto-su.ac.jp/facilities/musubiwaza/gallery/
公共交通:JR「丹波口」駅徒歩4分、阪急「大宮」駅徒歩7分、京福「四条大宮」駅徒歩7分
道路案内:
開館時間:午前9時?午後5時(入館は4時30分まで)
休 館 日:
入館料金(常設時):
展示内容:大学所蔵品の常設展または企画展
観覧時間:
その他(販売・友の会など):E-mail:gallery-office@star.kyoto-su.ac.jp
「むすびわざ館」内にカフェ「KSUKSU」、ホール(定員418名)教室、世界問題研究所、社会安全・警察学研究所あり。
報 告 者:明日香 光二/馬場 英明
==================================================================
☆企画展「仏像修理の現場」〜3/11(土)
    日祝日休館
    入館無料
 近年、文化財修復についての報道がを増え、修復前の様子と見事に修復された姿がクローズアップされてるが、文化財修復の作業工程についてはあまり知られていない。
 本展では公益財団法人美術院 国宝修理所における仏像修復を中心に、文化財を次世代に伝えるために先人より受け継がれてきた理念や新技術に焦点を当て、文化財の修理の一端を紹介。
  淨眞寺 阿弥陀如来像 中品上生
  財賀寺 二十八部衆像のうち阿修羅王像  の修理風景など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー