ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10504] 【神奈川】横浜みなと博物館/海難と救助−信仰からSOSへ− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:34:39

 みなとみらいの横浜みなと博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=7では、海難・救助の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「海難と救助−信仰からSOSへ−」〜4/16(日)
    月曜休館(3/20(月・祝)は開館し、翌日休館)
    入館料金:一般200円、小中高生・65歳以上100円
         常設展示室の通常の入館料:一般400円、65歳以上250円、小中高生200円でも見学可
         帆船日本丸との共通券あり
         毎週土曜日は小中高生は共通券が100円の特別料金
 一度発生すると、船体や積荷、人的被害が大きく、いつの時代も防止に腐心する海難事故。気象予報もなく航路標識なども未整備の江戸時代、船乗りたちは常日頃から神仏に海上安全を祈願した。
 近代は外国貿易や海運振興のため、海難防止の重要性が高まり、船員・水先人は免許制となり、灯台や標識、海図の製作などが進められた。海難事故が起きる度にそれを大きな教訓とし、海難防止の法制度を拡充。 1886(明治19)年の貨客船ノルマントン沈没事故の後には、大日本帝国水難救済会(現在の(公社)日本水難救済会の前身)が設立、1912年の客船タイタニック沈没事故後には「1914年の海上における人命の安全のための国際条約(SOLAS条約)」が採択され、1974(昭和49)年の第拾雄洋丸爆発炎上事故後には海上保安庁に特殊救難隊が設置された。本展では、江戸時代から現代まで海難事故とその救助、防止の歴史を振り返り、人々が海難事故にどのように立ち向かってきたのかを紹介。
   浦手形之事 1866(慶応2)年 豆州賀茂郡長津呂村 百姓代辰蔵他
   錦絵 紀伊海難船之図 1886(明治19)年 歌川周延
   帝国水難救済会難所配置図 1934(昭和9)年 帝国水難救済会リーフレット「帝国水難救済会」より
   海事思想養成掛図 救命ニ依ッテ救命火箭ヲ発射シ遭難船ニ綱ヲ懸ケル光景 明治後期〜大正期 東京造画館教育画部 
   膨張式救命いかだ 2016(平成28)年
   タイタニック便箋(日本人生存者の手記)1912年
   錦絵 総州銚子港燈台略図 1874(明治7)年頃  など

フロアガイド:担当学芸員:2/26(日)3/12(日)4/16(日)午前11時、午後2時

海上保安庁元特殊救難隊隊長スペシャルトーク:日本丸訓練センターにて
3/18(土)午後2〜3時30分、参加費500円(企画展入館料含む)高校生以上対象
 寺島龍也氏(海上保安庁元特殊救難隊隊長)
 定員100人、要申込み(3/10(金)必着)

親子の横浜海上防災基地見学会
3/28(火)午前10時〜正午、参加費500円(資料代、保険料)
 対象(小学校3年(新年度4年)〜高校生)と保護者。(単独、兄弟、友達同士も可)
 定員30人、要申込み(3/17(金)必着)

以上の申込:往復葉書に参加者全員(見学会は保護者も含む)の住所、氏名、学年(見学会のみ)
 電話番号、行事名を明記し、横浜みなと博物館「各行事」係まで。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー