ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10503] 【大阪】国立民族学博物館/津波を越えて生きる―大槌町の奮闘の記録 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:33:26

 吹田万博公園の国立民族学博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=87では、 東日本大震災での津波、復興の展示が開催中です。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「津波を越えて生きる―大槌町の奮闘の記録」〜4/11(火)
    水曜休館
    入館料金:一般420円 高大生250円 小中生110円 満65歳以上350円(要証明)
           無料観覧日:3/12(日)
 東日本大震災で大きな日が言う受けた大槌町では、いくつかの避難所で、被災後すぐに住民の手でがれきの撤去がはじまり、5ヶ月にわたって炊き出しが行われた。
 東日本大震災の被災者達の沈着な行動は世界で賞賛されたが、なぜそれが可能であったか、大槌町の人々の行動に焦点をあて、その行動を可能にした共同性の存在を、被災前の人々の暮らしや祭りに探り、将来起こりうる大規模災害に対する備えの必要性を示し、災害を乗り越えて過去から未来へと文化や伝統をつなぐことの意義を考える。

城山虎舞 in みんぱく:3/19(日)午後2〜4時10分(チラシ記載から変更)
 講堂にて、要事前申込(定員450人)入館券要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー