ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10501] 【長崎】歴史文化博物館/シーボルトの日本博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:31:18

 長崎市立山の長崎歴史文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=19では、シーボルトの日本収集物の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」〜4/2(日)
    3/13(月)のみ休館
    入館料金:大人1200円(1000円) 高大生・シニア[70歳以上]700円(500円) 中学生以下無料
          ※前期購入チケットで、後期は通常料金の半額
        ( )内は前売及び15名以上の団体、身体障がい者手帳、療育手帳、
          精神障がい者保健福祉手帳持参者の料金
 ドイツの医者で博物学者のフィリップ・フォン・シーボルトは1823年(文政6)に出島のオランダ商館付医師として長崎に赴任、また幕末の再来日、二度にわたる日本滞在中に収集した、日本の自然や生活文化に関わる膨大な資料で日本コレクションを形成しヨーロッパへ持ち帰った。これらをもとに日本をテーマとする博物館を構想したが、そのうち、彼の終焉地ドイツ・ミュンヘンに残る貴重なコレクションを中心に彼が構想した日本博物館を紹介。
   花鳥図衝立 江戸時代後期
   人物画帳 川越人足 川原慶賀筆 江戸時代後期(1823−1830)期間中頁替えあり
   酒呑童子文法被(長崎くんち衣裳)江戸時代後期(後期:3/14〜4/2展示)
   日本植物誌(図版)オタクサ(あじさい)19世紀(後期:3/14〜4/2展示)
   赤絵染付諫鼓鶏香炉 江戸時代後期
   魚形蓋物(鯉)江戸時代後期
   鉄線蒔絵燈籠形弁当箱 江戸時代後期 など

報告会:2/25(土)1階ホールにて、午後2〜5時30分、定員140名、無料、先着順
「ドイツに残るシーボルトコレクションの魅力」
   報告者:日高薫氏・青山宏夫氏(国立歴史民俗博物館教授)
       宮坂正英氏(長崎純心大学教授)
       原田博二氏(長崎史談会会長)

トーク&コンサート「シーボルトと日本のメロディ」
 2/26(日)1階ホールにて、午前11時〜正午、定員140名、入館券のみ、先着順
  演奏:宮坂純子氏(フォルテピアノ)
  解説:宮坂正英氏(長崎純心大学教授)

講演会:2/26(日)1階ホールにて、午後2時〜、定員140名、無料、先着順
「橋の向こうに出島が見える〜旧出島橋の変遷と構造〜」山口美由紀氏(出島復元整備室学芸員)

特別講座:3/11(土)1階ホールにて、午後2時〜、定員140名、無料、先着順
 「シーボルトと阿蘭陀通詞」織田毅氏(シーボルト記念館館長)

長崎史談会 公開講座:3/19(日)午前10時〜、定員140名、無料、先着順
 「シーボルト・コレクションにおける長崎関係資料
  〜ミュンヘン五大陸博物館の調査に参加して」原田博二氏(長崎史談会会長)

長崎学講座スタンダード:3/19(日)午後2時〜、定員140名、無料、先着順

 「シーボルト滞在の頃」矢田純子氏(当館研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー