ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10499] 【愛知】県美術館/ゴッホとゴーギャン展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:27:39

 愛知県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=4では、南フランスに花開いた洋画の大家の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ゴッホとゴーギャン展」〜3/20(月・祝)
     月曜休館(3/20(月・祝)は開館)
     午前10時〜午後8時(金曜は8時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1500円 高大生1200円  中学生以下無料
           「身体障害者手帳」「精神障害者保健福祉手帳」「療育手帳」をお持ちの方は半額
                           「第1種」または「1級」手帳のある方に付添者1名も半額
 フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)とポール・ゴーギャン(1848-1903)が、1888年、彼らは南仏アルルで約2カ月の共同生活を送り、ゴッホが起こした耳切事件は有名だが、それで関係がくずれた訳ではなく、友情を抱き続けた。激しい議論を重ねながら刺激を与え合ったファン・ゴッホとゴーギャンの初期から晩年にわたる油彩画約50点を含む約65点を展示。
  フィンセント・ファン・ゴッホ
    《古い教会の塔、ニューネン(「農民の墓地」)》1885年5-6月、ニューネン 油彩、カンヴァス
    《織機と織工》1884年4-5月、ニューネン
    《パイプをくわえた自画像》1886年9-11月、パリ 油彩、カンヴァス
    《パイプと麦わら帽子の自画像》 1887年9-10月、パリ 油彩、カンヴァス
    《モンマルトル、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの裏》1887年7月、パリ 油彩、カンヴァス
    《収穫》1888年6月、アルル 油彩、カンヴァス
    《グラスに生けた花咲くアーモンドの小枝》 1888年3月、アルル 油彩、カンヴァス
    《タマネギの皿のある静物》 1889年1月初め、アルル
    《ジョゼフ・ルーランの肖像》 1889年2-3月、アルル 油彩、カンヴァス
    《刈り入れをする人のいる麦畑》 1889年9月、サン=レミ 油彩、カンヴァス
 ポール・ゴーギャン
    《自画像》 1885年前半 油彩、カンヴァス
    《夢を見る子供(習作)》 1881年 油彩、カンヴァス
    《ブルターニュの少年の水浴(愛の森の水車小屋の水浴、ポン=タヴェン)》1886年7-8月初め 油彩、カンヴァス
    《マルティニク島の風景》 1887年6-11月 油彩、カンヴァス
    《ブドウの収穫、人間の悲惨》 1888年11月 油彩、ジュート
    《アルルの洗濯女》 1888年11月 油彩、カンヴァス
    《ハム》 1889年後半 油彩、カンヴァス
    《紡ぐブルターニュの少女》1889年後半 油彩、カンヴァス
    《タヒチの牧歌》 1901年 油彩、カンヴァス   など

スライドトーク(学芸員による展示説明会)3/5(日)午前11時〜40分、アートスペースA(12階)にて、定員150名、申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー