ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10498] 【高知】県立美術館/日本におけるキュビスム 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:26:38

 高知市の高知県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=39&c=0では、日本でのピカソの影響の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「日本におけるキュビスム―ピカソ・インパクト」〜3/26(日) 
    会期中無休
    入館料金:一般900円 大学生600円 高校生以下無料
         身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、
          戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)
          高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。
 20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックが主導し、後世に大きな影響を与えた革新的な美術運動の一つキュビズムは、絵画自体が新しい現実となることをめざし、従来の絵画観を一新する可能性を秘めていた。
 パリに留学していた東郷青児や黒田重太郎により1920年代から30年代にかけて日本へと伝えられ、独自にキュビスムを消化した坂田一男や、前田寛治・古賀春江の類似した作品はこの運動の広がりを暗示するが、フォーヴィスムやシュルレアリスムと異なり、日本の画家によって深められることがなかった。
 ところが、1951年に日本で開かれたピカソの展覧会は洋画のみならず、日本画から彫刻、工芸といった広いジャンルにまで大きな影響を与えた。キュビスムの手法を取り入れ、様々な主題の作品を制作された。本展はキュビスムが二度にわたって、別々の文脈で日本の作家たちに受容されたという仮説に基づいて組み立てられ、ピカソとブラックの作品、それらに触発された日本の作家たちの作品、約150点によって検証。
  パブロ・ピカソ《静物》1944年
  東郷青児《コントラバスを弾く》1915年  
  田中保《キュビストA》1915年
  中田定之助《首》1924年
  坂田一男《キュビズム的人物像》1925年
  今西中通《マンドリンを弾く女》1940年
  吉仲太造《生きものH》1955年   など

ワークショップ(2)「キュビスム体操!」3/5(日)午前11時、午後2時
  高橋唐子氏、中庭にて(雨天時は変更の場合あり) 入館券のみ、定員30人(先着順)

担当学芸員によるギャラリートーク(作品解説)会期中の毎日:午後2〜3時
          2/26(日)は手話通訳つき、3/12(日)は英語通訳つき

無料託児サービス:3/15(水)〜19(日)午前10時〜正午、午後1時30分〜3時30分
 定員各回10名 入館券のみ
 対象:本展を鑑賞される方のご家族で、生後6ヶ月から就学前の子どもお子さま
 申込方法:電話で仮予約の上、申込書を3/8(水)までに送付
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー