ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10495] 【兵庫】横尾忠則現代美術館/ようこそ!横尾温泉郷 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:23:16

 王子公園の横尾忠則現代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=14では、温泉をモチーフにした横尾忠則の作品を展示しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ようこそ!横尾温泉郷」〜3/26(日)
     月曜休館(ただし3/20(月・祝)は開館、3/21(火)は休館)
     午前10時〜午後6時(金・土は8時まで、入場は閉館の30分前まで)
     入館料金:一般700円 大学生550円 高校生・65歳以上350円 中学生以下無料
            障がいのある方(65歳以上除く)は半額、介護者1名は 無料
           兵庫県立美術館の特別展または県美プレミアムのチケット半券提示で当館の企画展が団体割引料金
 2004年、横尾忠則は銭湯を改修した画廊での個展に、女湯の光景をモチーフにした連作を発表。浮世絵ふうの連作は、横尾が幼少時代に見た女湯のイメージを反映しつつ、江戸の遊び絵にも通じるユーモアあふれる作品。これをきっかけに、雑誌の企画で国内の温泉地を旅しながら、紀行文と作品を掲載するという仕事から〈温泉シリーズ〉を展開。
 本展では、これら2つのシリーズを軸に、美術館を温泉施設に見立て、横尾の体験を通した温泉と観光の旅へとみなさまを誘う。旅と連動した〈温泉シリーズ〉を中心に、70年代から今日にかけて日本各地を舞台に制作された絵画、版画、観光ポスターなどを交えながら、各地の温泉、旅先のY字路、名所旧跡などを巡る。
  《乙女湯(へちまと壺)》2004年 
  《金の湯》2005年 
  《城崎幻想》2006年 
  《草津よいとこ一度はおいで》2005年 
  《熊本温泉タンゴ》2005年 
  《銭湯》2002年 
  《東京都公衆浴場業生活衛生同業組合(東京都公衆浴場業生活衛生同業組合)》2001年 など

横尾温泉観光ギャラリーツアー:学芸員:3/11(土)午後2時〜45分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー