ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10493] 【愛媛】高畠華宵大正ロマン館/華宵とアラビアン・ナイトの物語 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:00:39

 東温市の高畠華宵大正ロマン館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=36
では、大正ロマンのうち、アラビアン・ナイトのイメージの作品を紹介した展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「オリエンタル・ファンタジー展〜華宵とアラビアン・ナイトの物語〜」〜4/9(日)
      月〜金休館
     <土・日のみ開館> 3/11、12は学会開催のため臨時休館
     入館料 :一般(中学生以上)500円、小学生以下無料
           障がい者手帳をお持ちの方:400円
 9世紀頃から原型が出来上がったイスラム世界を舞台とした説話集「アラビアン・ナイト」は18世紀になって仏語訳、英訳が出版されてヨーロッパに広がり、日本には1875年(明治8年)に「暴夜物語」という題名で初めて翻訳紹介され、以後、子ども向けも含めて、色々な翻訳が出版されている。
 19世紀末から20世紀にかけて、ヨーロッパでは中近東文化への関心が高まり、絵画や映画、バレエ、ファッションなどにオリエンタリズムが混じり、それが近代日本にももたらされた。高畠華宵をはじめ同時代の大正ロマンの画家たちは、しばしばオリエンタル趣味を作品に描き、大正の人々にとって、異国への憧れと幻想のシンボルとなった。
 本展では、海野弘監修の『オリエンタル・ファンタジー アラビアン・ナイトのおとぎ話ときらめく装飾の世界』(2016年、ピエブックス)で紹介された「アラビアン・ナイト」のヨーロピアンイメージと、高畠華宵らの大正ロマン的オリエンタルイメージを比較紹介。
   アラビアン・ナイトの世界(成り立ちと広がり/挿絵イマジュリィ)
   異国趣味としてのオリエンタルイメージ(西洋世紀末芸術への影響)
   オリエンタル・ファンタジーと大正ロマン
     高畠華宵作品や同時代の画家の作品(蕗谷虹児、須藤しげる等)、
     及び「アラビアン・ナイト」関連の挿絵作品など(複製)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー