ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10485] 【兵庫】神戸市博:古代ギリシャ―時空を超えた旅 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/21(Tue) 22:42:41

 「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」を開催中の神戸市立博物館に2/19(日)に行きました。大きく宣伝されていた展覧会では、見に来たかったもの。

 現代のギリシャと言えば、アクロポリスやエーゲ海の島々の観光か、経済の混乱。今までの古代ギリシャ展で見る展示物と言えば、キュクラデス諸島の神像?か、ギリシャ神話の英雄などを黒で描いた陶器、そのぐらいが思い浮かべられるところです。
 世界史の授業で習うギリシャ古代文明は、エーゲ文明にはじまり、アレキサンダー大王のマケドニアまでですね。日本で見られるギリシャ文物で、なかなか、それが地理的な位置や時代の流れの理解につながらなかったのですが、この展示でわかりやすかったように思います。

 キュクラデス諸島の独特な女性像は地母神像であり大地の恵みの神? 次のミノス文明は本当に海洋文明。《漁夫のフレスコ画》はまさにその象徴であり、吸盤のタコをモチーフに描かれた土器多数。ミュケナイ文明で象徴的な牛モチーフが出てきて、土器などに戦闘的なギリシャ神話が描かれるのはアルカイック時代・クラシック時代。アテネの民主制を語るオストラコン(追放する政治家の名を投票した陶器片)。さまざまなギリシャ文明の要素が、ひとつの時代ではないことがよくわかりました。

 古代オリンピックの展示。NHKの関連番組で見ていた、走り幅跳びでバランスを取るための“おもり”が見られて、リアルなものを見た感じがしましたね。
 
 この、神戸での展示は4/2(日)までです。
                           明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー