ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10462] 【兵庫】神戸ゆかりの美術館:素描コレクション展 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/11(Sat) 22:53:00

 つづいて、神戸ファッション美術館併設の神戸ゆかりの美術館を訪ねました。エントランスには「ファミリア」中心の子ども服と女学生の制服…あぁ、『べっぴんさん』のアピールだね、とは気付きましたが、意外にこのたびは神戸で朝ドラ関連の展覧会はなかったような。

 さて、「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション 美しきリガ風景」が目的で、先ほどのパリ風景の流れで、ここも見ておきたくなった次第。
 神戸の「異人館の画家」として知られる小松益喜の作品が中心で、ほぼ、コンテの素描に水彩。リガはバルト海に面した港湾都市で、神戸市の姉妹都市。さすがにハンザ同盟の都市とあって、煉瓦作りの家並みなどはやはりドイツ風の香りで、狭い路地に古風な生活感がある。パリの方が白い家、面しているのはちょっと広めの通り…同じ画家のタッチで描かれた風景が、街の雰囲気が伝わってきます。他にも、ミラノ、ウィーンなどの風景あり。

 外国風景の他に、神戸、瀬戸内などの風景多数。今回は、小出卓二の荒いタッチ、厚塗りながら、光や動きをよく捉えた油彩画「播磨灘」「瀬戸内海」が印象的でした。
 この展示は3/26(日)までです。
                           明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー