ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10461] 【兵庫】神戸市立小磯記念美術館:パリに生きる パリを描く 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/11(Sat) 22:50:38

 1週間勤めてほっとしたところ、今週選んだのはこちらです。最近、藤田嗣治と佐伯祐三の伝記を読みましたので、フランスでの画家の暮らしが頭の中にできていたところ。ちょうどパリを描いた日本人画家の作品を集めたというこの展示が目にとまりました。

 荻須高徳の作品から収集を始めたM氏という人の個人コレクションなので、さすがに荻須の作品が一番多い。藤田の作品は、風景はそれほど多くないそうで、それでもサクレクール寺院が浮かび上がる作品、「モンパルナス通りの家」の作品では、裸婦を描いたのと同じ“フジタの白”乳白色が、さもありなんと感じました。荒々しいタッチの佐伯の風景画はわずか2点。

 戦前の渡仏の時に、パリ近郊で佐伯に同行したという荻須の作品は、佐伯のタッチにも似た、歪んだ形大づかみな建物の絵で看板の文字なんかも街角らしい…そんな作品が多数。これが荻須のタッチだと思っていましたが。戦後に再渡仏した荻須の作品は、直線的に洗練された建物表現になり、坂道の路地から街並みを俯瞰したりする縦の構図が取り入れられ、佐伯の影響からは脱している感じがよくわかりました。

 意外な作家…暗闇の中の蝋燭を描いて有名な、高島野十郎の「秋たけなは」パリ郊外の自然の作品。戦後に海外旅行をした際の棟方志功の版画作品、シベリア・シリーズの香月泰男の作品、浜口陽三の版画作品。それぞれ、作家の作風のイメージそのままです。
 日本画家の土田麦僊、小野竹喬の、素描と水彩の作品、これも意外でした。

 全体に…繁華街や店内、といったものは少なく、コレクターの趣味もあるのでしょうが、渡欧しての、日本人画家の好みのモチーフというものがおぼろげに見えても来ました。

 この展覧会、当館では2/19(日)までです。

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー