ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10455] 【兵庫】丹波市立植野記念美術館/常岡幹彦展−彩と玄のあいだ− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/04(Sat) 23:20:16

 丹波市立植野記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=129では、地元出身の山水画・風景画を得意とする日本画家の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「常岡幹彦展−彩と玄のあいだ−」〜3/12(日)
   月曜休館 
   入館料金:一般600円 高大生300円 小中生150円、ココロンカード可
 1930(昭和5)年に兵庫県氷上郡柏原町(現丹波市柏原町)で生まれ、東京藝術大学で日本画を専攻し、日展で研鑽を重ねた常岡幹彦は、端正な花鳥画を得意とした父常岡文亀を意識しつつ、山水画・風景画へと傾斜し、故郷丹波や奈良、佐用平福などの色彩感ある風景や上高地、オホーツク、曽爾高原、富士山などのモノトーンの風景画も。平成に入ってアルプスの山岳など雄大な風景画を専らとする独自の画境を拓いた。昨年物故した日本画家「常岡幹彦」の主に丹波に残された作品から、氏の足跡を振り返る。
   「南瓜図」1951年
   「鉄仙花」1967年
   「錦秋」1972年
   「室生」1989年
   「富貴花」1992年
   「山湖静か」1998年
   「吹雪のあと(柏原小幡山)」2006年
   「北の海」2005年  など

ミュージアムシアター(映画会):2/26(日)午後0時30分受付・開場/1時30分開演
   2階 研修室にて、無料
「天心」 ―近代日本美術史学の開拓者「岡倉天心」の生涯―
電話受付(0795-82-5945)定員100名になり次第締切
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー