ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10453] 【奈良】 県美:祈りの美〜清水公照・平山郁夫・杉本健吉 みました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/04(Sat) 20:11:39

 今日は、午後から余裕があり、勤めの帰りに奈良県立美術館で開催中の企画展「祈りの美〜清水公照・平山郁夫・杉本健吉…」を見てきました。コレクション展に近い内容ですが、奈良にふさわしい。今日は気軽に散歩したく訪ねた次第。
 平山郁夫さんといえば、「シルクロード」と言われるが、仏教の源流のイメージを描いた画家と言って良いのでは。杉本健吉さんはラフなタッチでカジュアルな奈良を描いた洋画家と思っています。東大寺別当であられた清水公照さんについては、姫路の書写の里美術工芸館で見た素朴な泥仏しか知りませんでした。

 清水公照さんから始まる展示。大胆なタッチの釈迦や十大弟子、童女など、「美しさ」に囚われず活力に溢れた絵画の造形です。思想・宗教って深いものであるまえに、生きる人のためのものなんだと感じる。進むと、清水師が若い時に練行衆として参加した修二会の作品集が。なるほど、時節柄ですね。本行に入る前の準備段階の墨画はタッチも彩色も淡々と、堂で修行に入る本行の場面は、色同士が滲み合うような激しさで、感触を伝えます。
 杉本さんの修二会の作品は、奈良博の展示でもよく目にしているのですが、改めて。墨画なんだけれども、夜の野外に浮かぶ二月堂の廊下とか、堂中に灯るぼんぼりとか、闇の中に灯る明かりの表現が微妙で味わい深いのが印象的でした。今年の修二会の見学に響いてくるものがあります。
 この展示は、ちょうど修二会の行事も完了する3/15(水)までです。

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー