ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10449] 【岐阜】県現代陶芸美術館/明治やきもの街道 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/31(Tue) 23:31:02

 多治見市の岐阜県現代陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=21&c=24では明治時代のやきものの展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆岐阜県博物館協会創立50周年 地域連携企画「街道・ネットワーク」
 「明治やきもの街道」〜4/16(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金 : 一般330円 大学生220円 高校生以下無料
            障がい者手帳をお持ちの方および付き添いの方1名まで無料
 明治時代、欧米の万国博覧会に紹介され一躍脚光を浴び、量産によって国内でも身近になった陶磁器。明治時代における美濃焼の輸送や技術革新、さらには同時代の各産地で作られた陶磁器について3つのシーンから紹介。
「下街道と名古屋絵付」名古屋では美濃や瀬戸産の白素地に上絵付が盛んにおこなわれていた。
「美濃焼ヒストリ」製作年が明確な明治時代の美濃焼が発見された岐阜県立多治見工業高等学校の所蔵品
「近代陶磁の気韻」明治時代に国内の各産地で作られ、世界へと羽ばたいていった輸出陶磁器
   明山舎・名古屋 《上絵金彩葡萄に栗鼠図花瓶》 明治時代
   松原新助・九谷 《上絵金彩唐子図皿》 明治時代
   酒井有山・東京 《上絵金彩鳥図花瓶》 明治時代
   瀧藤萬次郎・名古屋 《上絵花鳥図皿》
   佐治林藏・名古屋 《上絵金彩花鳥図SP セット》 明治時代
   西浦圓治(五代)・美濃 《釉下彩玉蜀黍文花瓶》   など

ギャラリートーク:学芸員による展示解説:2/12(日)3/19(日)午後3〜4時
  *展覧会観覧券が必要です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー