ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10439] 【広島】ひろしま美術館/ランス美術館展[2/11(土・祝)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/29(Sun) 23:16:08

 広島城近くのひろしま美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=0では、フランスの美術館の所蔵展が2/11(土・祝)より開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「華麗なるフランス絵画  ランス美術館展」 2/11(土・祝)〜3/26(日)
    会期中無休
    午前9時〜午後5時(金曜は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
               2/11は午前10時から開会式、終了後開場
    入館料金:一般1300円 高大生1000円 小中生600円 65歳以上1100円(要年齢証明)
           障がい者手帳を提示者本人と同伴者1名が無料   
           広島県立美術館×広島市現代美術館×ひろしま美術館 相互割引
           「ランス美術館展」の会期中、3館で相互割引を実施(当日の入館料が100円割引) 
 フランス北東部のシャンパーニュ地方に位置し、歴代のフランス国王が戴冠式を行ってきた聖なる都市、シャンパンの唯一の醸造地であるランス市。中世美術から現代美術までのランス美術館のコレクションの中から、バロック、ロココ、バルビゾン派から印象主義にいたるまで、フランス美術400年を紹介。レオナール・フジタ(藤田嗣治)がランスの大聖堂でカトリックの洗礼を受け、自ら建立して描いた礼拝堂(ノートル=ダム・ド・ラ・ペ)の壁画に関連する素描など、充実したフジタ作品の数々も展示。
   カミーユ・コロー 《川辺の木陰で読む女》1865年から1870年の間
   マールテン・ブーレマ・デ・ストンメ《レモンのある静物》 17世紀
   リエ=ルイ・ペラン=サルブルー《ソフィー夫人(またの名を小さな王妃)の肖像》1776年
   ジャック=ルイ・ダヴィッド(および工房)《マラーの死》1793年7月13日以降
   ウジェーヌ・ブーダン《ダンケルク周辺の農家の一角》1889年
   アルフレッド・シスレー《カーディフの停泊地》1897年
   ポール・ゴーギャン《バラと彫像》1889年
   レオナール・フジタ《猫》1963年
   レオナール・フジタ《奇跡の聖母》1964年6月6日
   レオナール・フジタ《授乳の聖母》1964年7月11日

まるごと一日シャンパーニュ:3/19(日)入館券のみ、シャンパン試飲は1人1杯、未成年者不可、飲酒運転禁止
 トーク(本館ホールにて)午後4〜5時 トークを聞いていただいた方先着100名に試飲券を配布
 シャンパン試飲(カフェ・ジャルダン)午後5時10分〜50分
   有田俊江氏(シニアワインアドバイザー)、及び学芸員

記念コンサート 華麗なるフランス〜歌曲・オペラ、絵画とともに〜
3/20(月・祝)午後2〜3時、本館ホールにて 定員100名程度(先着順)入館券のみ
 林 裕美子(soprano)、下岡 輝永(tenor)、大城 薫(soprano)、猪田 桂子(piano)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー