ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10438] 【東京】森美術館/N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅[2/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/29(Sun) 23:15:27

 六本木ヒルズの森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=65では、インドの現代作家の展示を2/4(土)から開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」2/4(土)〜6/11(日)
    会期中無休
    開館時間:午前10時〜午後10時(火曜は5時まで、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般 1800円 高大生 1200円 4歳ー中学生 600円 65歳以上1500円
          (本展のチケットで展望台 東京シティビューにも入館可:屋上 スカイデッキを除く)
 1969年、南インドの古都マイスールに生まれ、活動するN・S・ハルシャは、南インドの伝統文化や自然環境、日々の生活における人間と動植物との関係など、自らを取り巻く「生」と真摯に向き合いながら、国際的な現代アートや日本美術の絵師も参考にしながら、世界の美術館の展覧会や国際展へ出品。時代や場所も超越して多方面に繋がるハルシャの不思議な世界を巡る。
 繰り返し描かれる人々の日々の営み
  《探し求める者たちの楽園》2013年
  《ここに演説をしに来て》2008年
 古都マイスールを拠点に世界のことを考えた物語「チャーミングな国家」シリーズ
  《彼らが私の空襲をどうにかしてくれるだろう》2006年
 インドで「国家」とは何を意味するか
  《ネイションズ(国家)》2007年
 古代インドの叙事詩『ラーマーヤナ』にも登場する猿の神様ハヌマーン
  《タマシャ》2013年
  《道を示してくれる人たちはいた、いまもいる、この先もいるだろう》2014年
  《宇宙情報処理センターでの名優》2015年
 大きな一筆書きのような24メートルの絵画
  《ふたたび生まれ、ふたたび死ぬ》2013年  など

「ヨガしてアート:身体を動かしてアート鑑賞 Supported by Reebok」 午前8〜10時、
        展示室内、定員各20名(要予約)入館券のみ
2/17(金) インストラクター:石川初美氏
3/11(土)インストラクター:芥川舞子氏
4/21(金)インストラクター:長谷川たかはる氏
申込は館サイトのフォームから
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー