ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10437] 【大阪】国立国際美術館/ピエール・アレシンスキー展 展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 23:56:54

 中之島の国立国際美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=37で開催されている、現代の前衛芸術を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展」〜4/9(日)
    月曜休館(3/20(月・祝)は開館、3/21(火)は休館)
    午前10時〜午後5時(金曜日は7時まで、入場は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般900円 大学生500円 高校生以下・18歳未満無料
          心身に障害のある方とその付添者1名無料(要証明)
          同時開催「クラーナハ展̶500年後の誘惑」共通チケット:一般のみ1900円
 ベルギーに1927年に生まれ、第2次大戦後に前衛芸術グループ「コブラ」に参加して本格的な作家活動を始めたピエール・アレシンスキー。アレシンスキーは、線の要素を主にした抽象的な絵画を個性にし、体全体を使って床に置いた紙に墨で書く、日本の前衛書道に共感し、1955年に映画『日本の書』を作った。西欧の重厚な油彩画から抜け出し、墨、水彩、アクリル絵具などを用いて、軽快で自在な線描を軸に豊かな展開を見せ、海・樹・人間・怪物など多彩な形を表し、版画も交えた幾種もの技法を駆使して制作している。90歳を迎え、ベルギーを代表し戦後のヨーロッパ絵画に大きな足跡を残すこの画家を、初期から最新の大作約80点をもって紹介する。
  ピエール・アレシンスキー
   《写真に対抗して》1969年
   《夜》1952年
   《肝心な森》1981〜84年
   《あなたの従僕》1980年
   《デルフトとその郊外》2008年
   《ローマの網》1989年
   《ボキャブラリーI−VIII》1986年
   《鉱物の横顔》2015年
   《至る所から》1982年        など

講演会:2/18(土)午後2時〜/B1階 講堂 午前10時から整理券を配布、無料・先着130名
  山梨俊夫氏(館長)

ギャラリー・トーク:中井康之氏(学芸課長)3/4(土)午後2時〜/B2階 展示室
 午後1時30分から聴講用ワイヤレス受信機貸出、入館券のみ、先着90名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー