ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10435] 【兵庫】神戸ファッション美術館/ファッション都市神戸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 22:57:19

 六甲アイランドの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1
では、近代神戸の産業とファッションについて展示をしています。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆神戸開港150年記念「ファッション都市神戸
   −輝かしき国際港と地場産業の変遷」〜3/26(日)
      月曜休館(3/21(火)3/20(月・祝)は開館
      入館料金:一般500円 小中高生・65歳以上250円
 1868年に日米修好通商条約等により開港した「神戸」が、巨大貿易港として発展する過程で根付いた産業と文化、なかでも神戸生まれのファッションに光を当てる。1973年のファッション都市宣言でも言及された「神戸洋服」「アパレル」「神戸靴」「ケミカルシューズ」「真珠加工」「清酒」「コーヒー」「洋菓子」「神戸洋家具」という9つの地場産業は、居留地の洋風文化との交流によってもたらされた刺激により生み出された。「まち」と歴史を考察することにより、ファッション都市神戸の魅力を再発見する。
  アフタヌーン・ドレス 1868-70 年頃 イギリス  
  メンズ・スーツ 1870-80年頃 アメリカ 
  アフタヌーン・ドレス 1865年頃 フランス
  ウォーキング・ドレス 1885年頃 フランス
  摂州神戸海岸繁栄之図 長谷川小信(二代貞信) 明治4年(1871)
  「市民のグラフこうべ」(21号) 1973年
  「市民のグラフこうべ」(103号) 1981年 など


トークショー:2/11(土・祝)午後2〜3時30分(1時30分開場)4階 第1セミナー室、定員90名(当日先着順)無料
「神戸ファッション考」
登壇者:菊田琢也氏(ファッション研究者 文化学園大学ほか非常勤講師)
     堺 幸子氏(神戸マイスター 婦人服縫製 Factory Boutiqueクィーン)
     学芸員

ギャラリートーク:学芸員による:2/19(日)3/19(日)午後2時〜(約30分)
キッズ鑑賞ツアー:館スタッフによる:2/4(土)25(土)3/4(土)午後2時〜(約30分)

同時開催 エントランス展示「べっぴん子ども服と阪神間スタイル」〜3/26(日)
       ギャラリー展示 地域連携企画「神戸 絹の道」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー