ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10434] 【長崎】県美術館/椛島勝一の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 22:55:55

 長崎市、出島のそばの長崎県美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=17で開催されているペン画の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「長崎が生んだペン画の神様 椛島勝一の世界」〜4/9(日)
    休館日:2/13(月)27(月)3/13(月)
    午前10時〜午後8時(入場は7時30分まで)
    入館料金:一般400円  大学生・70歳以上300円  小中高生200円
          県内在住の小中学生無料。
          障害者手帳保持者及び介護者1名は無料。
 帆船や軍艦における精緻かつ迫真的な描写により「船のカバシマ」と呼ばれ、大正から昭和中期にかけて活躍した長崎県諫早市出身の挿絵画家・椛島勝一(1888−1965)の回顧展。
 雑誌『少年倶楽部』(大日本雄弁会講談社)で、山中峯太郎の「敵中横断三百里」のための挿絵は椛島の代表作。また一方で画風をガラリと変え、吹き出し漫画の元祖ともいわれる「正チャンの冒険」。
 徹底的なリアリズムに基づく椛島の、作品は初期から晩年の作品に至るまで、長崎ゆかりの挿絵画家・椛島勝一の芸術を余すところなく紹介。
 「絵ものがたり 正ちゃんのぼうけん(2)」表紙絵(部分) 1951年
 「敵中横断三百里」挿絵 1930年 
 「クーズー(動物ペン画集6)」 1952年 
 「太平洋魔城」挿絵 1939年 
 「亜細亜の曙」挿絵 1931年 
 「敵艦隊撃滅」挿絵 1944年   など

レクチャー(コレクション・イン・フォーカス第8回)
2/19(日)午前11〜12時 講座室にて、 定員40名、無料
「椛島勝一の世界」森園 敦氏(学芸員)

担当学芸員によるギャラリートーク:1/29(日)2/26(日)3/26(日)午後3時〜

ワークショップ「ぬり絵で楽しむ椛島勝一の世界&缶バッジ作り」
2/12(日)、3/25(土)26(日)午前10時30分〜午後4時(当日随時受付、3時30分最終受付)
アトリエにて、 幼児〜一般対象(小学生以下は保護者同伴) 当日受付
ぬり絵無料、缶バッジ100円/1個
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー