ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10433] 【兵庫】伊丹市立美術館/しりあがり寿の現代美術 回・転・展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 22:55:06

 伊丹市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=81 で行われている漫画家の表現の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「しりあがり寿の現代美術 回・転・展」〜3/5(日)
     月曜休館
     入館料金:一般800円  高大生450円  小中生150円
     兵庫県内の小中学生はココロンカード呈示にて無料
     4市1町(伊丹市・川西市・宝塚市・三田市・猪名川町)の高齢者割引有(平日60 歳以上、土日祝65 歳以上)
 「弥次喜多 in DEEP」や朝日新聞の「地球防衛家のヒトビト」などシュールなギャグマンガの他、近年はエッセイや演劇、音楽、ゲームでも幅広く活躍するしりあがり寿(1958-)は、墨絵や映像を用いたインスタレーション作品を発表する、アーティストでもあり、現代の世相の暗部を照らし出す批評精神と社会の弱者に寄り添う優しさをもつ。
 本展では、しりあがりがここ数年強く関心を抱く「回転」をテーマに、マンガという枠に収まらない表現者としてのしりあがり寿像に迫る。回転とは何か? ギャグとシリアス、ナンセンスと哲学、サブカルチャーとアートなど様々な境界線上から独自の表現を試みるしりあがり寿の感性を観る。   マンガの代表作原画・イラスト原画
     『地球防衛家のヒトビト』原画 『弥次喜多 in DEEP』原画
     『真ヒゲのOL藪内笹子』カバーイラスト原画 『流星課長』原画
   墨絵(インスタレーション)
   ゆるめ〜しょん(映像インスタレーション)
   回転作品(インスタレーション)10点
     回るヤカン、回転派のアトリエ、回転派の静物画、まわる歴史
     回転体は行進するダルマの夢を観る、赤いネジ、回る白昼夢
     回転道場、ピリオド、回る地元(伊丹会場特別出品)

スペシャル回転グルグル対談:2/11(土祝) 午後3時〜、1階講座室
   定員100 名、入館券のみ、申込不要(当日先着順)
   中沢新一 (人類学者/明治大学野生の科学研究所所長) × しりあがり寿
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー