ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10432] 【兵庫】県立美術館/アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/28(Sat) 22:53:53

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=26では、膨大なアールブリュット作品の展示が開催されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国
 ファンタスティック・エキセントリック アール・ブリュットの「王」が描いた夢物語」〜2/26(日)
   月曜休館
   午前10時〜午後6時(金土は午後8時まで、入場は閉館30分前まで)
   入館料金:一般,400円 大学生1,000円 高校生・65歳以上700円 中学生以下無料
      障がいのある方(65歳以上を除く)は半額、介護者1名は無料。
 アウトサイダー・アート/アール・ブリュットを代表する伝説的芸術家の展示。スイスの首都ベルン近郊の貧しい家庭に生まれ、1895年にヴァルダウ精神科病院に収容され、66年の生涯を終えアドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)の日本初の個展。彼はそこで、『揺りかごから墓場まで』、『地理と代数の書』、『葬送行進曲』といった物語の数々をつむぎだし全45冊、25,000ページというボリュームで、ほかに例のない驚異的な表現で奇想天外な物語を描き出した。シュルレアリスムの画家たちをはじめとする多くの芸術家たちの注目を集め、世界的な評価を得るヴェルフリの作品を見る。
   《ニュー=ヨークのホテル・ウィンザー》 1905年
   《ネゲルハル〔黒人の響き〕》1911年
   《エン湖での開戦.北アメリカ》1911年
   《クリノリン.ギーガー=リナ.糸つむぎ=リナ.安楽椅子=リナ.お
             とぎ話=安楽椅子=リナ.大=大=女神》 1914年
   《全能なるモーターのついた機関車,165台の車両を持つ,総量6,000,000トンの,積載量》1919年
   《無題(キャンベル・トマト・スープ)》 1929年  など

学芸員によるギャラリートーク:2/4(土)2/11(土・祝)、2/18(土)午後4時から(約45分)
    定員20名、会場入口に集合
ミュージアム・ボランティアによる解説会:日曜日、午前11時から(約15分)レクチャールーム(定員100名)にて
おやこ解説会:2/11(土・祝) 午後1時30分から(約30分)
 レクチャールーム(定員20名)
 無料(要事前申込 こどものイベント係 電話078-262-0908)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー