ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10412] 【山口】下関市立美術館/度会文流斎 謎のカリスマ御用絵師 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/04(Wed) 22:20:54

 下関市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=3で開催されている、地元絵師の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆所蔵品展 No.134 特集「度会文流斎 謎のカリスマ御用絵師」〜1/22(日)
   月曜休館(1/9は開館)、年末年始(12/29〜1/4)
   入館料金: 一般200円 大学生100円
          所蔵品展は18歳以下の方、70歳以上の方無料
          下関市と北九州市在住の65歳以上の方も無料(要公的証明)  江戸時代中期に長府藩御用絵師として活躍した度会文流斎(わたらい・ぶんりゅうさい、生年不詳〜1816年没)は、ごく限られた資料(史料)によって知られるのみですが、その伝承や作品は、江戸中期の長府藩において御用絵師の中で際立った存在であり、同時代の田上菊舎(たがみ・きくしゃ)との交流でも知られ、後世の御用絵師に大きな影響を与えた。
  《唐獅子図屏風》
  《松に鷹、竹梅に雀》

下関で描いた絵、下関を描いた絵
 下関を制作の拠点にするなど下関と関係の深い画家たちや、下関を描いた絵画作品を紹介。
 三輪亨良《遊園地》(1931 年)をはじめ、赤崎君美、名井玲などの作品20 点あまり展示
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                      参考:館のホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー