ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10407] 【鹿児島】市立美術館/ワシリー・カンディンスキー展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/02(Mon) 08:34:45

 城山麓の鹿児島市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=46&c=6 では、現代洋画の展示が開催されます。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆小企画展「生誕150年 ワシリー・カンディンスキー展」〜2/12(日)
      月曜休館(祝日の場合は翌日)、12/29〜1/1休館
      入館料金:一般300円 高大生200円 小中生150円
 20世紀初頭に活躍した抽象画家ワシリー・カンディンスキーの生誕150年を記念して、館蔵の版画集『響き』『小さな世界』、と晩年に描かれた油彩画《二つの黒》を展示し、具象から抽象へと至るカンディンスキーの作風の変化を紹介。
 1866年モスクワ生まれ、法律家から画家に転向したカンディンスキーは、「芸術の第一の目的は作家の奥にある感覚の表現である」として、具象画から生涯を抽象画の探究に捧げた。
 版画集『響き』は、民話風の具象画から抽象画まで、初期の代表的なモチーフを含む木版画56点に自作の詩を添えて、1912年の暮れに出版され、絵画表現と詩のリズムがまさに響きあう、総合的な芸術作品。1922年に、バウハウスの教授としてワイマールに招かれたときに出版された版画集『小さな世界』には、石版、木版、銅版の3種類の技法による抽象度の高まった無対象絵画12点が収録。作品の主題が次抽象化されてゆく過程が見える。
 晩年にパリで描かれた、画家の内なる抽象世界の集大成の油彩画《二つの黒》。

 版画集『響き』より 《構成(コンポジションII)》1911年  《黒い斑点》1912年
 版画集『小さな世界』より 《小さな世界III》1922年    《小さな世界VI》1922年   
 油彩画《二つの黒》1941年

ギャラリートーク(学芸員による作品解説):1/7(土)1/21(土)2/4(土)の午後2〜3時

同時開催(小企画展と共通料金)
冬の所蔵品展 特集「アルバースの《正方形へのオマージュ》」〜1/22(日)
早春の所蔵品展 特集「島津家伝来のひな人形と西郷隆盛」1/24(火)〜3/20(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー