ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10400] 【兵庫】神戸ゆかりの美術館/素描コレクション展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 23:18:33

 六甲アイランドの神戸ゆかりの美術館では、
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=5
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2016第4期展「神戸ゆかりの芸術家たち 素描コレクション 美しきリガ風景」 前期:〜平成29年1/29(日)
                                              後期:2/1(水)〜3/26(日)
     月曜休館(1/9、3/20は開館)1/10(火)3/21(火)、年末年始(12/29〜1/3)、1/31(火)休館
     入館料金:一般 200円 小中高生、65歳以上 100円(
            小磯記念美術館に入館された方は、当日入館券(半券)提示により団体割引料金で入館
            神戸ファッション美術館に入館された方は、当日入館券(半券)提示により割引料金で入館
 美術館の所蔵品より、今回は素描作品を中心に展示(前期と後期に素描は総入れ替え)し、「異人館の画家」として知られる小松益喜の初公開作品を数多く含む。小松は、1975年にバルト海沿岸に位置するラトビア共和国(当時は旧ソ連)の首都リガを訪れて、迷路のように入り組んだ路地で、中世からの建物が残る旧市街を描いた。(神戸市はリガ市と1974年に姉妹都市の提携)ユトリロに憧れた小松のフランス、オーストリア風景と併せて展示。
 2/1から、三宮にあったバー「アカデミー」の小磯良平、田村孝之介など16名の作家が1950年代に残した寄せ描きを含む壁画が、保存修復を終え初公開。
   別車博資《新雪御嶽山(開田高原)》1962年頃(前期展示)
   長尾 和《街(路傍)》1995年(前期展示)
   小松益喜《リーガ大聖堂》1975年
   川端謹次《神戸港》1960年
   松本 宏《貝からのイメージ》1981年  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー