ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10396] 【愛知】徳川美術館/美しきかな[平成29年1/4(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 21:45:16

 名古屋市大曽根の徳川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=5
では、名古屋市立蓬左文庫と併催で、古筆の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「美しきかな」平成29年1/4 (水) 〜2/5 (日)
    月曜休館(1/9(月)は開館、翌10日(火)は休館)
    入館料金:一般 1200円 高大生700円 小中生500円
          毎週土曜日は小中高生無料      
 漢字を省略化・簡略化して生み出された我国独自の文字“かな”。『源氏物語』の「梅枝」にその発展が語られているように、11世紀初頭頃には、各文字を連続させて書く連綿体を用い、墨の線状の美しさを充分に発揮させ、流麗で表情豊かな書芸の世界を完成させた。
 「関戸本古今和歌集切」「高野切古今和歌集切」など、“かな”の黄金期を迎えた11世紀から、「藍紙本万葉集切」「石山切」「大色紙」「今城切古今和歌集」をはじめとする個性的かつ重厚な書風があらわれる11世紀末期から12世紀の作品を中心に、14世紀前半までの“かな”に表現された美意識と変遷をたどる。
  《継色紙》伝 小野道風筆
  重要文化財《重之集》伝 藤原行成筆
  《関戸本古今和歌集切》伝 藤原行成筆
  《高野切 古今和歌集》伝 紀貫之筆
  《関戸本和漢朗詠集切》源兼行(伝 藤原行成)筆
  《升色紙 深養父集》伝 藤原行成筆
  《石山切 貫之集下》藤原定実筆
  重要文化財《三宝絵》伝 源俊頼筆 など

記念講演会:1/21(土)午後1時30分〜3時(開場1時) 講堂にて、入館券のみ
「かな古筆を学ぶ」倉重拝石氏(中部日本書道会 顧問・書道草心会 総務理事) 

ギャラリー・トーク:担当学芸員による:1/9(月・祝)午前11時〜 1/20(金)午後1時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー