ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10394] 【京都】国立近代美術館/茶碗の中の宇宙 樂家 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 20:54:50

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=18では、歴史的な茶陶の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術」〜平成29年2/12(日)
    月曜と12/28(水)〜1/2(月)、1/10(火)休館、1/9(月・祝)は開館
    入館料金:一般1400円 大学生1000円 高校生500円 中学生以下 無料
          心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)
 16世紀後半の安土桃山時代、豊臣秀吉から樂の一字を賜った樂家の祖長次郎によって始められ、千利休の求めに応じて茶碗を焼き、一子相伝により継承されてきた樂焼の歴代作品。17世紀初頭の芸術家・本阿弥光悦等の作品を含め、伝統や伝承だけでは語れない不連続の連続によって生み出された樂焼の芸術を展観。
  重文 本阿弥光悦《赤樂茶碗 銘乙御前》江戸時代 17世紀
  重文 三代 道入《黒樂茶碗 銘青山》(ノンカウ加賀七種之内)江戸時代 17世紀 
  十五代樂吉左衞門《焼貫黒筒茶碗・白暁》1999年 
  重文 初代 長次郎《赤樂茶碗 銘 無一物》 (展示期間:〜1/15)
  初代 長次郎《黒樂茶碗 銘 あやめ》 (展示期間:〜1/22)
  《東山名所図屏風》 (展示期間:〜1/15)
  《東山名所図屏風》(展示期間:1/17〜2/12)
  重文 俵屋宗達筆《舞楽図屏風 》(展示期間:〜1/9)
  本阿弥光悦書、俵屋宗達下絵《月梅下絵和歌書扇面》(展示期間:1/17〜2/12)
  本阿弥光悦書、俵屋宗達下絵《萩薄下絵和歌書扇面》(展示期間:〜1/15)
  本阿弥光悦書、俵屋宗達下絵《忍草下絵和歌巻断簡》(展示期間:1/17〜2/12)
  尾形光琳筆《柳図香包》 (展示期間:1/17〜2/12)    など

連続対談:十五代 樂吉左衞門と対談:午後2〜3時、1階ロビーにて、
      先着150席(当日午前10時より1階受付にて整理券配布)入館券のみ
1/4(水)金剛永謹氏(金剛流二十六世宗家)
1/6(金)小山薫堂氏(放送作家)
1/29(日)三笠景子氏(東京国立博物館 主任研究員)

講演会:平成29年1/7(土)午後2〜3時30分、1階ロビーにて、
      先着150席(当日午前11時より1階受付にて整理券配布)入館券のみ
「茶碗の中の宇宙」松原龍一氏(学芸課長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー