ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10392] 【兵庫】陶芸美術館/やきものを分析する−釉薬編− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 20:52:51

 篠山市の兵庫陶芸美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=127
では、やきものの科学的分析について展示しています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展 「やきものを分析する−釉薬編−」〜平成29年2/12(日)
    月曜と12/31〜1/2(月)休館、1/9(月・祝)は開館し、1/10(火)は休館
    開館時間:午前10時〜午後6時(入館は閉館時間の30分前まで)
    入館料金:一般600円 大学生500円 高校生300円 中学生以下無料
       65歳以上の方は半額、•障害のある方は半額(介助者1名は無料)
 やきものの造形は、成形ののち、器面を装飾して彩りを添えることは、やきものが誕生してまもなく始められている。世界で最古ともいわれる縄文土器には、朱漆やベンガラなどで彩色された土器も発見される。日常生活の道具であるやきものを飾る行為は、世界各地で広く行われており、釉薬が施されたやきものは、エジプトでは約5,000年前に、中国では約3,500年前につくられた。釉薬を使用することは器面が被膜に覆われることで、液体の漏れを防ぎ強度を高くする実用的な目的で始まったと考えられるが、次第に装飾的な要素が加わり、青磁や灰釉、鉄釉などさまざまな釉薬が多彩な色合いや光沢で多くの人々を魅了した。
 本展では、やきものの製作過程の中から、器面を彩るさまざまな色合いを生みだす釉薬に焦点をあて、その歴史や特徴を当館の古陶磁および、現代陶芸コレクションを通して紹介し、釉薬の成分を化学的に分析するとともに、再現していく過程をわかりやすく解説。
  出石 白磁切子形銀杏口花入 江戸時代後期〜明治時代前期(19世紀)
  三田 青磁龍文手付鉢 江戸時代後期(19世紀) 
  王地山 青磁桐鳳凰文台鉢 江戸時代後期(19世紀) 
  丹波 壺 室町時代後期(16世紀) 兵庫陶芸美術館
  丹波 赤土部灰釉三耳壺 江戸時代前期(17世紀) 
  丹波 灰釉蓮文甕 江戸時代中期(18世紀) 
  みん平 黄釉金彩氷梅文蓋物 江戸時代後期(19世紀) 
  みん平 緑釉龍鳳凰文小判皿(5客) 江戸時代後期(19世紀) 
  みん平 黒釉金彩雲文蓋碗 江戸時代後期(19世紀) 
  みん平 柿地金彩梅花文盃洗 江戸時代後期(19世紀) 

学芸員によるギャラリートーク:平成29年1/7(土)1/21(土)2/4(土)午前11時〜1時間程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー