ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10385] 【大阪】堺アルフォンス・ミュシャ館/ミュシャと新製品の誘い 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/30(Fri) 19:36:54

 JR堺市駅前の堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=62では、産業革命の新製品とミュシャの関係を展示しています。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ミュシャと新製品の誘い」〜平成29年2/5(日)
       月曜休館(祝日の場合は翌日)12/29〜1/4休館
       入館料金:一般500円 高大生300円 小中生100円
 産業革命による技術の革新により、多様な新製品が次々と作られた19世紀のヨーロッパでは、ポスターが新製品の情報を速やかに多くの人に伝える役目を担い、大都市の近代化への発展をとげつつあったパリの街角ではまさにポスターという術が花開いていた。
 本展では、ヨーロッパの産業革命を背景に生み出された「新製品」に光を当て、世界の先進的な工業技術が公開された万国博覧会や、やがて開花するポスターの流行にみる受容、また明治・大正期にかけて日本で流行した広告メディア「引札」を合わせた約70点のポスターを展示。
  アルフォンス・ミュシャ《第20回サロン・デ・サン展》1896年、リトグラフ、紙
               《ムーズ・ビール》1897年、リトグラフ、紙
  フィルマン・ブイセ《リュのビスケット》1897年、リトグラフ、紙
  ジュール・シェレ《サクソレーヌ灯油》1894年、リトグラフ、紙
  《萬年提燈商 萬長事 今井長次郎》  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー