ほっとミュージアム 談話室
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

  [No.10382] 【京都】アサヒビール大山崎山荘美術館/ロベール・クートラス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/30(Fri) 19:34:07

 アサヒビール大山崎山荘美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=139では、現代ヨーロッパの絵画の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館20周年記念「ロベール・クートラス 僕は小さな黄金の手を探す」【前期】〜平成29年1/29(日)
                            【後期】平成29年1/31(火)〜3/12(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日休館)12/26(月)〜1/3(火)休館
     午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
     入館料金:一般900円 高大生500円 中学生以下無料 障害者手帳をお持ちの方300円
 「現代のユトリロ」、「第二のベルナール・ビュフェ」として売り出されたパリ生まれの画家、ロベール・クートラス(1930-1985)は、画廊を離れ困窮のなかで制作することを選ぶ。小さな紙片を独自の神話のイメージや抽象的な模様で彩ったカルト、人間と動物の間のような生物が佇む静謐なグアッシュなど、ユーモラスななかに静かな悲しみを湛えた作品を描く。画家は華やかな美術界の流行よりもむしろ、石工として働いた青年時代に育まれた中世の職人世界への憧憬、パリの街角に暮らす人びとや動物たちの生活、古きフランス人の精神が宿る民衆芸術であった。没後30年を迎え、初期油絵から制作の様子が伝わる資料まで未公開のものも含め紹介。
   ロベール・クートラス《僕の夜のコンポジション 24-b》1973年 油彩、紙
     《僕のご先祖さま》1977年 グアッシュ、紙
     《天使》1970年代後半 油彩、板
     《僕のご先祖さま》1979年 グアッシュ、紙
     《灰色の自画像》1977年 
     《クロワ=ルースの通り》1957年  など

ギャラリートーク:事前申込不要:会期中の第2、第4土曜日(1/14、3/11を除く)午後2時〜30分
 学芸員が本展覧会の見どころを解説
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
文字色
Eメール
タイトル sage
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
画像File  (130kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー