[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.10373] 【現代美術】平成29(2017)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/28(Wed) 22:56:48

 これから見られる、映像や自由な造形などの現代美術の展覧会を紹介します。この発言を平成29(2017)年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、既に、年末の休館に入っている館もあります。継続開催中の表記になっている展覧会も、年末年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。

【北海道】
札幌宮の森美術館
 ☆企画展「クリストとジャンヌ=クロード展」〜平成29年1/29(日)インスタレーション<タイトル変更> 
札幌芸術の森,☆美術館特別展「札幌美術展 柿崎熙―森の奥底―」平成29年1/28(土)〜3/26(日)

【千葉】
ふなばしアンデルセン公園子ども美術館,☆企画展「METAL 2つのかたち」〜平成29年2/12(日)

【東京】
東京ステーションギャラリー
 ☆「パロディ、二重の声―日本の1970年代前後左右」平成29年2/18(土)〜4/16(日)
ポーラミュージアムアネックス,☆青木美歌「あなたに続く森」平成29年1/20(金)〜2/26(日)
HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー),☆「吉岡徳仁 スペクトル」平成29年1/13(金)〜3/26(日)
東京藝術大学 大学美術館
 ☆坂口寛敏退任記念展「パスカル 庭・海・光」平成29年1/6(金)〜1/19(木)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念)
 ☆第395回企画展「間の構造−虚空をよみとる−」平成29年2/1(水)〜3/5(日)

【愛知】
豊田市美術館,☆常設特別展「切断してみる。−二人の耕平」平成29年1/14(土)〜4/2(日)現代美術

【京都】
京都芸術センター,☆山崎阿弥「声の徴候|声を 声へ 声の 声と」〜平成29年1/22(日)
京都市立芸術大学ギャラリーアクア
 ☆カワイオカムラ「ムード・ホール」〜平成29年1/22(日)映像

【兵庫】
横尾忠則現代美術館,☆「ようこそ!横尾温泉郷」〜平成29年3/26(日)

【山口】
山口県立萩美術館・浦上記念館
 ☆「清野耕一展Cultivation/Between Heaven and Earth(培養体/天と地の間) 」〜平成29年3/26(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                          明日香 光二/馬場 英明


  [No.10399] 【京都】芸術センター/山崎阿弥「声の徴候」 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/31(Sat) 23:17:57

 四条烏丸に近い京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=42では、音響を使った展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆山崎阿弥「声の徴候|声を 声へ 声の 声と」〜平成29年1/22(日)
            12/28〜1/4(水)は休館日
            入場無料
 声のアーティストであり美術作家でもある山崎阿弥にとって、声とは言葉の意味を伝達する音であるだけでなく、光や色、香り、温度、味といったものと同様に直截に働きかけるものであり、時間を越えて残響するメディウムでもある。
 【re:verb】は、声に触れる/触れられるような響きと感触を山崎の声(録音)で作り出すインスタレーション。
 【re:cite】では、山崎阿弥(声・歌)・石川高(笙)・森重靖宗(チェロ)の3者が、世界を巡り漂うものを「結露」させるように音を奏で、私たちと時空を共有するパフォーマンスを行う。
   日時:1/20(金)開場午後6時30分 開演7時 講堂にて、
出演: 山崎阿弥(声・歌)、石川高(笙)、森重靖宗(チェロ)
料金:一般前売2,000円/当日2,500円、学生1,500円(前売・当日共)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

  明日香 光二/馬場 英明


  [No.10423] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/27(Fri) 23:22:25

 早春から行われる自由な造形や映像など現代美術の展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【群馬】
アーツ前橋
 ☆「加藤アキラ」3/18(土)〜5/30(火)現代美術
 ☆「Art Meets 04」3/18(土)〜5/30(火)現代美術

【千葉】
DIC川村記念美術館,☆「ヴォルス―路上から宇宙へ」4/1(土)〜7/2(日)

【東京】
アーツ千代田3331,☆関智生「Real/Red 赤いさくら」 「青花」〜2/12(日)
JPタワー学術文化総合ミュージアム[インターメディアテク]
 ☆現代美術実験展「パースペクティヴ(1)」〜3/26(日)
ワタリウム美術館,☆「コンタクトゴンゾ展 フィジカトピア」2/5(日)〜3/26(日)

【神奈川】
川崎市岡本太郎美術館
 ☆企画展「第20回 岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」2/3(金)〜4/9(日)
 ☆常設展「みんなが見たい!太郎セレクション 2017展」〜4/9(日)

【新潟】
まつだい「農舞台」農舞台ギャラリー
 ☆冬企画展 「国松希根太「北の地平線」展」〜3/12(日)

【富山】
入善町下山芸術の森発電所美術館,☆「収蔵品展」3/4(土)〜3/20(月・祝)

【京都】
京都芸術センター
 ☆アーティスト・イン・レジデンスプログラム 2016
  京都芸術センター×Res Artis / Videobrasil
「Maya Watanabe『EARTHQUAKES』」〜2/19(日)映像

【島根】
砂博物館 仁摩サンドミュージアム
 ☆冬の企画展・地域密着展「ダンボールを使った現代アート 田中敬二展」〜4/4(日)

【香川】
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
 ☆開館25周年記念「MIMOCAコレクション じつはいろいろあるんです!」2/25(土)〜5/28(日)会期中無休

【福岡】
九州産業大学美術館
 ☆第46回「立玄展」2/17(金)〜2/26(日) 
芸術学部芸術表現学科・生活環境デザイン学科・ソーシャルデザイン学科の教職員による研究発表展
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.10476] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/20(Mon) 20:49:12

 映像や自由な造形など現代美術の、春からの新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【北海道】
札幌宮の森美術館,☆企画展「クリストとジャンヌ=クロード展」3/8(水)〜4/2(日)<会期延長>

【埼玉】
さいたま市プラザノース,☆「中谷ミチコ展 私は一日歌をうたう。」〜3/6(月)

【千葉】
千葉市美術館
 ☆「色で楽しむ現代美術」4/5(水)〜5/28(日)
 ☆「小沢剛展(仮称)」平成30年1/6(土)〜2/25(日)
市原湖畔美術館,☆「カールステン・ニコライ:Parallax パララックス」3/18(土)〜5/14(日)

【東京】
ポーラミュージアムアネックス
 ☆「ポーラ ミュージアム アネックス展2017−感受と創発−」3/3(金)〜3/26(日)
 ☆「ポーラ ミュージアム アネックス展2017−繊細と躍動−」 3/31(金)〜4/23(日)(4/17(月) 休館)
岡本太郎記念館,☆企画展「TARO賞20年/20人の鬼子たち」3/12(日)〜6/18(日)
東京オペラシティーアートギャラリー
 ☆「片山正通的百科全書 Life is hard... Let's go shopping.」
   収蔵品展058「ブラック&ホワイト ─ 色いろいろ」
   project N 67「田中 彰」4/8(土)〜6/25(日)
 ☆収蔵品展059「やさしさの気配 Part II(仮題)」
   project N 68「森 洋史」7/8(土)〜9/3(日)
上野の森美術館
 ☆VOCA展2017「現代美術の展望ー新しい平面の作家たち」3/11(土)〜3/30(木)
トーキョーワンダーサイト渋谷,☆「ワンダーシード2017」2/25(土)〜3/26(日)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念)
 ☆第398回企画展「“KAWAII WORLD”―スウェーデンのポップアーティスト、
    マヌエラ・ヴィンティレスキュによる―」4/12(水)〜4/23(日)
横浜市民ギャラリーあざみ野
 ☆Fellow Art Gallery vol.25山田あこ「ちいさな波展」〜4/16(日)

【富山】
西田美術館,☆ART BOX 152 −第9回展−「川越ゆりえ 弱虫博物詩」〜3/11(土)<タイトル追加>

【山梨】
中村キース・ヘリング美術館
 ☆開館10周年記念展「キース・ヘリングと日本:Pop to Neo-Japonism」〜平成30年1/8(月)

【岐阜】
大垣市スイトピアセンター
 ☆「ミズマクおおがき2017〜大垣の新進美術家たち〜
   稲川江梨・近藤洋平・ヨコヤマ茂未」3/4(土)〜4/9(日)
みのかも文化の森美濃加茂市民ミュージアム
 ☆現代美術レジデンスプログラム「静かなる森の要請 篠原芳子展」〜3/20(月・祝)

【愛知】
豊田市美術館,☆「浅野弥衛 コレクションを中心に」〜4/2(日)

【京都】
京都市立芸術大学ギャラリーアクア
 ☆2016年度申請展 西條茜+嶋春香「rhizome」〜3/5(日)
 ☆京都市立芸術大学美術学部同窓会展「1980年代再考のためのアーカイバル・プラクティス」〜3/5(日)

【広島】
広島市現代美術館,☆特別展「殿敷侃:逆流の生まれるところ」3/18(土)〜5/21(日)
ふくやま美術館,☆冬季所蔵品展「森村泰昌 −こうして少年は美術家となった−」〜4/2(日)

【福岡】
福岡アジア美術館,☆「アニッシュ・カプーアとインドのカタチ」〜5/9(火)
三菱地所アルティアム,☆「クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―」3/25(土)〜5/7(日)

【熊本】
つなぎ美術館,☆収蔵品展「境野一之展 抽象世界へのいざない’17」3/4(土)〜4/16(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.10523] 【京都】芸術センター/作家のいない展覧会 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/26(Sun) 23:18:23

 四条烏丸の京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=41では、学芸員が企画した現代美術の展覧会が開催されています。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆キュレータードラフト2017「スポンテイニアス・ビューティー −作家のいない展覧会−」〜3/26(日)
    会期中無休
    入館無料
 そのタイトルが示す通り、特定のアーティストによる作品展示を行わず、キュレーター(企画者)・笹原晃平が「京都」という街を7つのセクションからキュレーション(企画)する新しいタイプの現代美術の展覧会。
 「スポンテイニアス/spontaneous」とは、「なりゆき・自発的」という意味の英語で、「なりゆきの美しさ」街の中で忘れられてしまったもの、捨てられてしまったもの、無くなってしまったもの、消えていってしまったものの中に眠っている美しさに着目してキュレーションを行う。個人の内省や感情ではなく、地域やコミュニティといったより大きな集団から創出される類の美しさを個人的な意図や作家性を極力排除して構成し、一つの「展覧会」という形で見せる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10531] 【兵庫】あまらぶアートラボ A-Lab. /小出麻代「うまれくるもの」[3/10(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/28(Tue) 23:33:34

 尼崎市のアートスペース、あまらぶアートラボ A-Lab.http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=55で3/10(金)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆A-Lab Exhibition Vol.7 「まちの中の時間」プロジェクト
  小出麻代「うまれくるもの」 3/10(金)〜4/9(日)
     火曜休館
     開館時間:(月・水〜金)午前11時〜午後7時 
            (土・日・祝) 午前10時〜午後6時
     入館無料
 関西を拠点に活動し、日常で目にした現象や、自身の記憶、体験を軸としたインスタレーションを制作する美術家・小出麻代(1983-)の展示。タイトルである「うまれくるもの」は1年間、尼崎の街をリサーチする中で目にした光景や、資料、他者の話から思い描いた、過去と未来の街の表情を丁寧に見つめることで、立ち現われる街の姿を表し、様々な「うまれくるもの」に触れ、想像を巡らせ、新たな認識を生み出す。本展は2015年に開催されたあまらぶアートラボA‐Labのオープニング展覧会「まちの中の時間」をキックオフイベントとする一連のプロジェクトによるもの。

アーティストトーク:午後3〜4時、定員30名、申込不要、直接会場へ
3/11(土)対談「うまれくる言葉」を交わして
      野口卓海氏(美術批評/詩人)×小出麻代氏
4/8(土)対談「うまれくる場所」をめぐって
      大槻晃実氏(芦屋市立美術博物館学芸員)×小出麻代氏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10580] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/30(Thu) 22:52:58

 新年度にみられる自由な造形や映像などの現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。 

【北海道】
北海道立釧路芸術館,☆「中江紀洋展−立体と平面の往還」4/28(金)〜5/21(日)

【青森】
青森公立大学 国際芸術センター青森
 ☆ヴィジョン・オブ・アオモリvol.14「きみの世界とぼくの世界と」4/16(土)〜7/3(日)会期中無休

【群馬】
群馬の森 群馬県立近代美術館
 ☆「群馬の美術2017─地域社会における現代美術の居場所」4/22(土)〜6/25(日)
 ☆「The Art Show −タグチ・アートコレクションにみるミレニアム以降の美術」9/16(土)〜11/12(日)
 ☆特別展示「タグチ・アートコレクションより
 リチャード・モス/マリア・タニグチ」 9/16(土)〜12/17(日)
ハラ ミュージアム アーク
 ☆現代美術ギャラリーA「鬼頭健吾 Multiple star」〜平成30年1/8(月)
 ☆現代美術ギャラリーB,C「春季原美術館コレクション」〜6/25(日)

【埼玉】
SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム
 ☆映像ミュージアム公募展「MEC Award 2017(Media Explorer Challenge Award 2017)」〜4/9(日)

【東京】
渋谷区立松濤美術館,☆「クエイ兄弟―ファントム・ミュージアム―」6/6(火)〜7/23(日)
トーキョーワンダーサイト渋谷,☆「7つのトランスフォニー」4/22(土)〜7/9(日)
HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー)
 ☆「椿会展2017−初心−
     −赤瀬川原平、畠山直哉、内藤礼、伊藤存、青木陵子、島地保武−」4/4(火)〜5/28(日)
武蔵野市立吉祥寺美術館,☆「北村周一 フラッグ《フェンスぎりぎり》一歩手前」4/8(土)〜5/28(日)
武蔵野美術大学美術資料図書館,☆「未来の幽霊―長沢秀之」9/4(月)〜10/1(日)

【富山】
入善町下山芸術の森発電所美術館
 ☆本郷仁「視線の幾何学・光の修辞学」4/15(土)〜7/2(日)
 ☆中村哲也展「NEW・BALANCE」(仮称)7/29(土)〜11/26(日)
 ☆「発美展(発電所美術館収蔵品展)」12/16(土)〜12/28(木)
    平成30年1/5(金)〜2/25(日)の金、土、日曜日及び祝日 平成30年3/3(土)〜3/25(日)
【石川】
金沢21世紀美術館
 ☆アペルト07「川越ゆりえ」5/27(土)〜9/24(日)
 ☆コレクション展1「PLAY / 粟津潔、マクリヒロゲル4」4/29(土)〜7/23(日)
石川県立美術館,☆第73回「現代美術展」〜4/16(日)

【岐阜】
岐阜県博物館
 ☆「U-18 ミュージアム by 岐阜各務野高校・岐阜総合学園高校
     〜高校生によるデジタルアート展〜」平成30年1/18(木)〜1/26(金)
関市立篠田桃紅美術空間,☆第61回企画展「祈りの言葉 1993-2015 内藤絹子」4/7(金)〜6/25(日)

【静岡】
静岡市美術館,☆Shizubi Project6「彼方へ 國府 理・林 勇気・宮永 亮」〜6/18(日)

【京都】
京都市立芸術大学ギャラリーアクア,☆「京芸 transmit program 2017」4/8(土)〜5/21(日)

【兵庫】
横尾忠則現代美術館,☆「ヨコオ・ワールド・ツアー」4/15(土)〜8/20(日)

【山口】
下関市立美術館
 ☆所蔵品展No.139「殿敷侃―僕は夜明けを信じた」平成30年1/5(金)〜2/25(日)

【福岡】
直方谷尾美術館
 ☆アートスペース谷尾・TEL BOX「木曜会手すさび五人展」〜5/28(日)
 ☆電話室三八番「トクシゲハコ展『ハスキー兄妹サスケとルー』 」4/1(土)〜6/4(日)  

【沖縄】
沖縄県立博物館・美術館,☆「大和コレクション8」平成30年2/23(金)〜6/24(日)現代美術
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        明日香 光二/馬場 英明


  [No.10603] 【長野】松本市美術館/堤清二 セゾン文化、という革命をおこした男 投稿者:   投稿日:2017/04/03(Mon) 23:38:31

こんにちは

 4月2日に茅野市民館の"Light It Up Blue ちの"(世界的な自閉症啓発イベント)に行ってきて入手したチラシです。

堤清二 セゾン文化、という革命をおこした男
 松本市美術館 4/21〜6/11

 大きくジャスパー・ジョーンズ「標的」が出ているので、セゾン現代美術館の展覧会案内かと思ったら松本市美術館でした。セゾン現代美術館の作品は多く出展されるようですが、単にセゾン現代美術館名品展ではなく、セゾングループのつくった文化に焦点をあてる、ちょっと珍しい規格だと思います。


  [No.10633] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/01(Mon) 23:13:59

 初夏から見られる自由な造形や映像などの現代美術の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【東京】
ポーラミュージアムアネックス,☆Alan Chan 「HELLO GINZA!」〜6/4(日)映像
国立新美術館
 ☆「サンシャワー:東南アジアの現代美術展
     1980年代から現在まで」7/5(水)〜10/23(月)

【大阪】
国立国際美術館,☆「ライアン・ガンダー−この翼は飛ぶためのものではない」〜7/2(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


  [No.10673] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/01(Thu) 00:31:38

  自由な造形や映像などの現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【東京】
トーキョーワンダーサイト本郷
 ☆TWS-Emerging 2017【第1期】
    270黒石美奈子「静かなのにうるさい」
    271黒田恭章「contextile」
    272神 祥子「まばたき/あらわれ」6/10(土)〜7/9(日)
 ☆TWS-Emerging 2017【第2期】
    273山内祥太「恐怖の回り道」
    274伊藤夏実「無数の、動くものと 動かないものとの境界線と 力の中心」
    275鹿野洋平「すべてはよその声」7/22(土)〜8/20(日)
 ☆TWS-Emerging 2017【第3期】
    276渡部仁美「その場にいるような風景画−風景の中の猫−」
    277林 菜穂「見ている人を 見ている人」
    278石井佑果「秘すればフラワー」9/2(土)〜10/1(日)

【神奈川】
横浜市民ギャラリーあざみ野,☆あざみ野コンテンポラリーvol.8「渡辺豪展(仮題)」10/7(土)〜10/29(日)映像

【兵庫】
あまらぶアートラボ A-Lab.,☆新鋭アーティスト発信プロジェクト「A-Lab Artist Gate2017」〜7/17(月・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               明日香 光二/馬塲 英明


  [No.10714] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香光二/馬場  投稿日:2017/07/01(Sat) 21:35:00

 夏から見られる映像や自由な造形の現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムで紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【東京】
ポーラミュージアムアネックス
 ☆「Point-Rhythm World −モネの小宇宙−」7/21(金)〜9/3(日)インスタレーション
HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー)
 ☆シセイドウ・アート・エッグ「菅亮平展 <インスタレーション>」7/28(金)〜8/20(日) 
岡本太郎記念館,☆「岡本太郎の東北」7/1(土)〜10/9(月・祝)(臨時休館:9/4(月)〜9(金))
森美術館
 ☆ASEAN設立50周年記念「サンシャワー 東南アジアの現代美術展
      −1980年代から現在まで−」7/5(水)〜10/23(月)国立新美術館と併催
【愛知】
豊田市美術館
 ☆常設特別展「森千裕−omoide in my head」7/15(土)〜9/3(日)
 ☆企画展「奈良美智−for better or worse」7/15(土)〜9/24(日)

【鳥取】
渡辺美術館,☆「岡野元房の美術展」7/8(土)〜8/27(日)

【高知】
高知県立美術館,☆「高崎元尚新作展 ―破壊 COLLAPSE―」〜7/23(日)インスタレーション

【高知】
福岡アジア美術館
 ☆日タイ修好130周年記念コレクション展
  「静寂な混沌(カオス)―福岡がみつめたタイ現代美術」〜12/25(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                             明日香 光二/馬場 英明


  [No.10726] 【東京】国立新美術館・森美術館/東南アジア現代美術展 投稿者:   投稿日:2017/07/13(Thu) 22:52:15

こんにちは

 「サンシャワー 東南アジアの現代美術展」は非常に興味があったので、始まったすぐ、7月8日に行ってきました。

 以下のようなテーマに分けられ、国立新美術館と森美術館のどちらからでも見られますが、どちらかというと国立新美術館に先に行った方がわかりやすい感じでした。


国立新美術館
1.うつろう世界
2.情熱と革命
3.アーカイブ
4.さまざまなアイデンティー
5.日々の生活

森美術館
6.発展とその影
7.アートとは何か? なぜやるのか?
8.瞑想としてのメディア
9.歴史との対話

 東南アジアの歴史や現代社会がうかがわれる作品が多くありました。トラと人間の出会いを描いたシンガポールのビデオ作品等は、長く見てしまいました。マレーシアとシンガポールの合併から50年を記念する歌をカラオケのステージのようなインスタレーションで聞く作品は皮肉に聞こえます。

 意義のある内容だったとは思いますが、ほとんどが初めて聞く覚えにくい名前で、なかなか覚えられません。知名度が高いと思うリクリット・ティラヴァーニャは展示室を出たInstagramまたはTwitterと連携した作品であり、参加できるのは木曜日限定です。


  [No.10732] Re: 【東京】国立新美術館・森美術館/東南アジア現代美術展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/07/25(Tue) 22:17:50

Quitaさん、こんにちは

 六本木地区の大きな両館、国立新美術館・森美術館が連携とは、相当おおきな企画ですね。
 東南アジアは、現代人にとって日本に近い場所でありながら親しみのある場所は限られているが、かつては中国や朝鮮半島と並んで、第二次大戦期間には日本が大きく巻き込んだ地域ですので、現代を「知らない」で済ましてしまえない地域かと思います。

> 東南アジアの歴史や現代社会がうかがわれる作品が多くありました。トラと人間の出会いを描いたシンガポールのビデオ作品等は、長く見てしまいました。
 直接的なルポではなく、芸術からそれを感じとって行く、のは意義あることだと思います。

> 意義のある内容だったとは思いますが、ほとんどが初めて聞く覚えにくい名前で、なかなか覚えられません。
 必ずしも、アーティストの名前を覚える必要はないのでしょうが、印象的な作品から、次回作も見たいと思える作家が出てくれば良いですね。

                           明日香 光二/馬場 英明


  [No.10753] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/08/01(Tue) 20:19:14

 映像や自由な造形などの現代美術の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問のご参考にしてください。

【北海道】
モエレ沼公園ガラスのピラミッド
 ☆札幌国際芸術祭2017モエレ沼公園会場
展覧会「RE/PLAY/SCAPE」8/6(日)〜10/1(日)

【茨城】
水戸芸術館現代美術センター
 ☆企画展 デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド」10/14(土)〜平成30年1/21(日)

【東京】
アーツ千代田3331
 ☆『Gallery project for young artist vol.1』「大石 奈穂・松下 大一二人展」〜8/27
(日)
 ☆日本初!学生UIデザインが集結する展覧会「UI展」8/4(土)〜8/5(日)
 ☆2017 東京 現代アートによる国際交流展 In Pursuit of Beauty 「美の探求」8/19(土)〜8/29(火)
原美術館
 ☆メルセデス・ベンツ アートスコープ2015−2017
   漂泊する想像力 泉太郎│メンヤ・ステヴェンソン│佐藤時啓」〜8/27(日)
ワタリウム美術館
 ☆「バリー・マッギー+クレア・ロハス展 Big Sky Little Moon」〜10/15(日)
トーキョーワンダーサイト渋谷,☆「渋谷自在―無限、あるいは自己の領域」〜9/17(日)
多摩美術大学美術館,☆「宮崎 進 すべてが沁みる大地」〜10/9(月・祝)現代美術

【神奈川】
横浜赤レンガ倉庫1号館
 ☆ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」8/4(金)〜11/5(日) 

【京都】
京都芸術センター
 ☆東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」8/19(土)〜10/15(日)二条城と併催 

【兵庫】
伊丹市立美術館,☆開館30周年「O JUN×棚田康司 鬩(せめぐ)展」〜8/27(日)

【広島】
広島市現代美術館,☆第10回ヒロシマ賞受賞記念「モナ・ハトゥム展」〜10/15(日)
鞆の津ミュージアム,☆自主企画展「原子の現場」〜8/20(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.10803] 【京都】芸術センター/アジア回廊 現代美術展[8/19(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/08/17(Thu) 18:11:22

 四条烏丸近くの京都芸術センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=42では、東アジア現代美術の展示が8/19(土)より開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆東アジア文化都市2017京都「アジア回廊 現代美術展」8/19(土)〜10/15(日)二条城と併催
     会期中無休
     午前10時〜午後8時
     京都芸術センター会場は無料
 東アシ&#12441;ア文化都市2017京都のコア期間の現代美術部門を担うメインフ&#12442;ロク&#12441;ラムとして、日中韓の現代アーティスト25組を紹介。
 メイン会場・二条城では、天守閣跡、堀、東南隅櫓、二の丸御殿台所なと&#12441;城内全域に作品が展開
  (午前8時45分〜午後5時、600円 二条城+有料エリア展示セット:1200円)

 西京人 、草間彌生、堀尾貞治+現場芸術集団「空気」 、今村源、中原浩大、三嶋りつ惠
 やなぎみわ 、伊藤存、宮永愛子 、花岡伸宏、久門剛史、谷澤紗和子、ヒスロム
 中村裕太+谷本研、キムスージャ、チェ・ジョンファ、オ・インファン、ハム・キョンア
 ミックスライス、ヒョンギョン、蔡國強(ツァイ・グオチャン) 、楊福東(ヤン・フードン)
 陸揚(ルー・ヤン)、何翔宇(ヘ・シャンユ)、陶輝(タオ・フイ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10820] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/09/02(Sat) 01:16:13

 初秋から見られる、自由な造形や映像などの現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【東京】
東京オペラシティーアートギャラリー
 ☆第20回「文化庁メディア芸術祭 受賞作品展」9/16(土)〜9/28(木)
原美術館
 ☆田原桂一「光合成」 with 田中 みん(さんずいに民)9/9(土)〜12/24(日)
武蔵野市立吉祥寺美術館
 ☆「コンサベーション_ピース ここからむこうへ part A 青野文昭展」 9/9(土)〜10/15(日)現代美術

【神奈川】
神奈川県民ホールギャラリー,
 ☆「大巻伸嗣 Memorial Rebirth」10/7(土)〜10/8(日)改修中屋外にて、現代美術   
横浜市民ギャラリー
 ☆「新・今日の作家展2017 キオクのかたち/キロクのかたち
  久保ガエタン(造形) 小森はるか(映像)+瀬尾夏美(絵画) 是恒さくら(民俗フィールドワーク) 
  笹岡啓子(広島、地形、自然災害などの写真)」9/22(金)〜10/9(月・祝)
川崎市岡本太郎美術館
 ☆企画展「岡本太郎と遊ぶ展」〜10/15(日)
 ☆常設展「岡本太郎と巴里展」〜10/22(日)
 ☆企画展「岡本太郎とメディア・アート展 
         山口勝弘―受け継がれるもの」11/3(金・祝)〜平成30年1/28(日)
箱根彫刻の森美術館,☆「鈴木康広 始まりの庭」〜平成30年2/25(日)現代美術

【新潟】
新潟県立万代島美術館
 ☆企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」11/23(木・祝) 〜平成 30年3/4(日)
まつだい「農舞台」農舞台ギャラリー
 ☆夏企画展「山あそび博覧会」〜9/24(日)

【石川】
金沢21世紀美術館
 ☆日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展「日々の生活−気づきのしるし」〜11/5(日)
 ☆「ヨーガン レール 文明の終わり」〜11/5(日)
 ☆コレクション展2「死なない命」〜平成30年1/8(月・祝)
 ☆lab.2「Sight」〜11/5(日)
 ☆「泉太郎展 突然の子供」10/7(土)〜平成30年3/25(日)

【福井】
金津創作の森
 ☆企画展「緑でいること “BEING GREEN”」〜 9/24(日)
 ☆企画展・アートドキュメント2017「河口龍夫展 −眼差しの彼方」10/21(土)〜12/10(日)
 ☆企画展・初代館長 針生一郎没後7周年記念
 「金津創作の森 館蔵品展」平成30年1/20(土)〜3/4(日)

【岐阜】
岐阜県美術館
 ☆アートまるケット 日比野克彦ディレクション
    「ツナがり ツナがる ツナがれば」8/25(金)〜11/3(金・祝)
 ☆開館35周年記念 ナンヤローネNo.3「BY 80s FOR 20s
   1980年代発?2020年代行き」9/8(金)〜10/29(日)
 ☆「ディアスポラ・ナウ!
    〜故郷(ワタン)をめぐる現代美術」11/10(金)〜平成30年1/8(月・祝)
大垣市スイトピアセンター
 ☆「透明なヤドのヤドカリ」〜9/18(月・祝)
 ☆「PLAY! WATER(S) -プレイ!ウォーターズ- 」〜9/18(月・祝)

【愛知】
刈谷市美術館,☆「篠原有司男展 ギュウちゃん、“前衛の道”爆走60年」9/16(土)〜11/5(日)

【三重】
三重県立美術館,☆開館35周年記念II「 テオ・ヤンセン展」〜9/18(月・祝)
三重県立熊野古道センター
 ☆特別展示室企画展「清水千佳子ネイチャーアート展IV」9/16(土)〜10/29(日)

【滋賀】
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
 ☆「惑星ノマ―PLANET NO-MA」9/2(土)〜11/26(日)

【大阪】
大阪府立江之子島文化芸術創造センター
 ☆「竹本博文 展」11/14(火)〜11/19(日)現代美術
海岸通ギャラリーCASO,☆「モノと精神―日韓交流展」9/27(水)〜10/7(土)現代美術
あべのハルカス美術館
 ☆「チームラボアイランド−学ぶ!未来の遊園地−」平成30年7/13(金)〜9/2(日)

【兵庫】
あまらぶアートラボ A-Lab.
 ☆A-Lab Exhibition Vol.9「うごくコトはオモシロイ うごくモノ うごくイロ うごくオト」〜9/24(日)
芦屋市立美術博物館,☆「交叉するアーティストたち−戦後の関西展」〜9/18(日)

【岡山】
奈義町現代美術館,☆「芝山昌也展―とおい近景」〜9/10(日)

【香川】
高松市美術館
 ☆第2期 常設展〔展示室1〕「見るということ―ゼロ年代の写真と映像」〜9/24(日)
 ☆特別展「高松コンテンポラリーアート・アニュアルvol.06」10/22(日)〜11/26(日)

【愛媛】
久万高原町立久万美術館
 ☆2017年度自主企画展「シュらん2017」9/9(土)〜11/23(木・祝)現代美術
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


  [No.10833] 【広島】現代美術館/モナ・ハトゥム展 投稿者:   投稿日:2017/09/18(Mon) 12:13:53

こんにちは

 9月16日に広島市現代美術館の「第10回ヒロシマ賞受賞記念 モナ・ハトゥム展」に、台風にも負けず行ってきました。ヒロシマ賞受賞記念展は第6回からずっと行っています。

第6回(2004年決定) シリン・ネシャット
第7回(2007年決定) 蔡國強
第8回(2010年決定) オノ・ヨーコ
第9回(2013年決定) ドリス・サルセド

 モナ・ハトゥムはレバノン生まれのパレスチナ人で、現在はイギリス在住です。

 いきなり最初の「底流(赤)」の赤い電気コードにつながれた電球の点滅は、消えそうな命みたいに見えて怖い作品です。次がこの展覧会のための新作「その日の名残」で、原爆により一瞬にして失われた日常生活を表しています。

 パフォーマンス記録の映像「ロードワークス」は警察とカリブ系移民の衝突の事件に関して警察に抗議する意思を示しています。自信が移民であるモナ・ハトゥムは移民を扱った作品も多くあります。

 日常のものを拡大して示すというのもこの人の技法で、おろし金を使って間仕切りやベッドを作ったりしています。拡大ではないけれどもニッケルの針によりドアマットを作ったものもあります。"WELCOME"と書かれているけれども実際はこのドアマットに乗ったらけがをします。これも移民の疎外感を表していると言って良いでしょう。

 ヒロシマ賞はたいていこのような深刻な内容なのですが、毎回来たくなるのです。

 9月16日は常設展はなしで、もう1つの小企画として「この音がずっと響きますように 西原尚」が開かれています。音の出る作品で、関連ワークショップも開かれたようです。

 広島で他にいくつか行った後、「こだま」→「サイライズ瀬戸」で横浜に移動、横浜トリエンナーレを続いて見るつもりだったのですが、台風がいよいよ近づいているようなので、横浜までは行きましたがトリエンナーレは別の日にすることにしました。


  [No.10858] Re: 【広島】現代美術館/モナ・ハトゥム展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/07(Sat) 21:45:11

Quitaさん、こんにちは

>  9月16日に広島市現代美術館の「第10回ヒロシマ賞受賞記念 モナ・ハトゥム展」に、台風にも負けず行ってきました。ヒロシマ賞受賞記念展は第6回からずっと行っています。
>  ヒロシマ賞はたいていこのような深刻な内容なのですが、毎回来たくなるのです。

 こちらモナ・ハトゥム展は紹介しようとして適切な言葉も選びにくく、そのままになっていました。
>  モナ・ハトゥムはレバノン生まれのパレスチナ人で、現在はイギリス在住です。
 こう聞くだけで、シリアスな内容が予感されます。
 広島市現代美術館の展示、展覧会内容全般的に、広島が持つ平和・社会にかかわったものですから、ヒロシマ賞の展示が、よりその傾向が強いのはうなずけます。
 今回の展示内容を拝見するに、自身の出自、広島への思いだけでなく、世界のさまざまな争いや疎外などの社会の矛盾を、幅広く感じとられ、表現される方と察せられます。
 しかも、その痛みをわかりやすく。

              明日香 光二/馬場 英明


  [No.10846] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/01(Sun) 09:51:24

 秋から見られる自由な造形や映像などの現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【青森】
青森公立大学 国際芸術センター青森
 ☆2017年度 アーティスト・イン・レジデンス
   「この現実のむこうに―Here and Beyond」10/28(土)〜12/10(日)会期中無休

【栃木】
小山市立車屋美術館,☆「田村友一郎|服部浩之」〜11/23(木・祝)現代美術

【兵庫】
あまらぶアートラボ A-Lab.,☆A-Lab Exhibition Vol.10「まちの記憶」10/14(土)〜11/23(木・祝)

【広島】
尾道市立美術館
 ☆「現代アート、はじめます。― 草間彌生 から さわひらき まで」〜10/22(日)
     (海と山のアート回廊 協賛企画)

【山口】
ときわミュージアム 緑と花と彫刻の美術館
 ☆世界を旅する植物館 チームラボ 宇部市ときわ公園2017
  「世界を旅する植物に住まう生き物たち」〜11/5(日)

【福岡】
筑後広域公園芸術文化交流施設 九州芸文館,☆「桜井孝身展」11/7(火)〜11/23(木・祝)現代美術
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 明日香 光二/馬場 英明


  [No.10891] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/10/31(Tue) 21:40:14

 これから見られる新しい現代美術の展覧会の紹介をします。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【東京】
HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー)
 ☆「LINK OF LIFE 2017 まわれ右脳!」〜11/10(日)
ポーラミュージアムアネックス,☆アルベルト・ヨナタン「TERRENE」〜11/5(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                          明日香 光二/馬場 英明


  [No.10952] 【現代美術】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/03(Sun) 01:11:27

 年末年始から見られる映像や自由な造形の現代美術の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【東京】
HOUSE OF SHISEIDO (資生堂ギャラリー),☆「THE EUGENE Studio  1/2 Century later.」〜12/24(日)
岡本太郎記念館
 ☆企画展「太陽の塔 1967―2018―岡本太郎が問いかけたもの―」第1期:〜平成30年2/18(日)
                       第2期:平成30年 2/21(水)〜 5/27(日)
トーキョーアーツアンドスペース本郷,☆「OPEN SITE 2017-2018」〜平成30年1/28(日)

【静岡】
島田市博物館
 ☆第71回企画展「宮村弦 ーモールス・コードー 新しい言葉の{カタチ}」12/9(土)〜平成30年1/14(日)

【京都】
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館,☆「その後の、未来の途中」12/5(火)〜12/22(金)

【大阪】
国立国際美術館
 ☆開館40周年記念展「トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために」平成30年1/21(日)〜5/6(日)

【兵庫】
あまらぶアートラボ A-Lab.
 ☆A-Lab Exhibition Vol.11 園田学園女子大学つながりプロジェクト
「野原万里絵個展 △も積もれば〇となる」12/9(土)〜平成30年1/28(日)インスタレーション

【広島】
広島市現代美術館
 ☆「アートボトル展『Spirit of Peace』」〜12/10(日)
 ☆「交わるひと 「あいだ」をひらく術として」12/22(金)〜平成30年3/4(日)

【高知】
高知県立美術館
 ☆「岡上淑子コラージュ展―はるかな旅」 平成30年1/20(土)〜3/25(日)
 ☆開館25周年記念「ニュー・ペインティングの時代」 2019年1/19(土)〜3/24(日)


【佐賀】
佐賀大学美術館
 ☆「FRONTLINE2017」11/29(水)〜12/3(日)
   ドローン・VR・Unity・モーションキャプチャ・CG・アニメーション

【大分】
大分市美術館
 ☆第66回「高文連中央展」美術・写真:12/7(木)〜12/10(日)
 ☆第69回「大分県立芸術緑丘高等学校美術制作展」12/19(火)〜12/24(日)
 ☆「ビートたけしが描いたアートが100点!!「アートたけし展」平成30年1/5(金)〜2/12(月・振)
 ☆第52回「大分市美術展」平成30年2/23(金)〜3/25(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.10880] 【神奈川】彫刻の森/鈴木康広 始まりの庭 投稿者:   投稿日:2017/10/15(Sun) 21:35:13

こんにちは

 10月8日は彫刻の森美術館に予定通り寄り、鈴木康広展を見ています。

 鈴木康広と言ったらかってNHKでやっていた「デジタルスタジアム」で年間大賞に選ばれた、それがきっかけで今では現代美術の有名作家になった人です。

 展覧会のタイトル「始まりの庭」は作品のタイトルでもあります。

 考えてみると、鈴木康広は例外はあるけれども、作品自体は色が付いていないことが多いと思います。作品自体は白や透明であり、外の色を写すことによって色が付きます。

 最初は白い紙の葉にメッセージを書き込んで作者による造形の横に置く、客が来る度に少しづつ変わっていきます。「軽さを量る天秤」は天秤を上下逆にして泡を皿に入れるという文字通り逆転の発想によるものです。「空気の涙」は自然にパイプの結露を作る物であり、空気や水がテーマになっているものが多くあります。
 瀬戸内国際芸術祭のときの作品「ジッパーの船」は実物でなく、記録映像での出展でした。

 ヨコハマトリエンナーレの次の日に行くと、この人が何でトリエンナーレに出していないのか不思議に感じます。


  [No.11005] 【岐阜】県美術館/ディアスポラ・ナウ 投稿者:   投稿日:2018/01/04(Thu) 23:20:26

明けましておめでとうございます。

 1月3日に、岐阜県美術館の「ディアスポラ・ナウ」に行ってきました。

 行けそうな日がこの日しかなかったので、今年最初の開館日に行きました。

 初めて聞くアーティストばかりです。出身は
  アクラム・アル=ハラビ:シリアのゴラン高原
  ランダ・マッダ:シリアのゴラン高原
  ラリッサ・サンスール:パレスチナの東エルサレム
  ムニール・ファトゥミ:モロッコのタンジェ
  ミルナ・バーミア:パレスチナの東エルサレム
  キュンチョメ:日本の水戸と横浜 2人組

 すべての作者が映像作品を含んでいるので、1時間半くらい見るのにかかりました。

 アクラム・アル=ハラビは虐殺の悲惨な写真を文字によって記号化するということをやっています。白い紙の上に"Eye","Nose"といった文字が並びます。最初何なのかわからないのですが、"Blood"というのもあって、これは悲惨な場面なのではないかと気付きます。

 ランダ・マッダのメインの作品はゴラン高原のある場所で家を掃除している一見何気ないところを撮している映像です。しかし、ある意味非現実的にも見えます。

 ミルナ・バーミアのメインの映像作品は「中断された伝記」といって、自らの生い立ちをたどっているようです。語りは暗いけれども、映っている映像は結構裕福にも見えます。昔の生活だけを描き、今を想像させているようです。

 最後の日本のキュンチョメは震災からの避難者が通行止の写真をPhotoshopで修正している画面がそのまま作品となっています。

 去年のヒロシマ賞展を思い出させる、内容的には重いですが、それをオブラートで来るんだような感じです。

 また、フラッシュや自撮り棒は禁止ですが、そうでなければ撮影してSNSにアップしても良いとなっていました。レアンドロ・エルリッヒ展も同じで、最近の現代美術の展覧会ではこのようなケースが増えているようです。

 常設展は開館35周年ということで重要な所蔵品を順次公開しているようです。ルドンの初めて見る作品もありましたが、現在の一番は山本芳翠でしょう。


  [No.11011] Re: 【岐阜】県美術館/ディアスポラ・ナウ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/01/28(Sun) 21:48:09

まもなく、2018年の1月も過ぎ行こうとしています。遅いコメントで住みません。

「ディアスポラ・ナウ」のタイトルだけで、迫るもの、シリアスなものを感じてしまいます。
>   アクラム・アル=ハラビ:シリアのゴラン高原
>   ランダ・マッダ:シリアのゴラン高原
>   ラリッサ・サンスール:パレスチナの東エルサレム
>   ムニール・ファトゥミ:モロッコのタンジェ
>   ミルナ・バーミア:パレスチナの東エルサレム
>   キュンチョメ:日本の水戸と横浜 2人組
エルサレムは、昨年末に、トランプ大統領の宣言があったばかりなので、タイムリーで、そこが民族の軋轢になっている場所だと改めて感じます。
 私は、すべてのアート作品に社会や思想を探って見ることには賛成ではないのですが、逆に社会的な問題、深い思想をさりげなく芸術に忍ばせる作家には敬意を感じます。その場所への違和感、といったものを表現するのに画像や映像を利用するのは適切だと思います。パレスチナの、ユダヤ人の落ち着かなさ、不安感、そうしたものが表現されているのだろうと想像します。

 水戸や横浜がなんでディアスポラなんだろう、と思えば、震災関連だったのですね。
>  最後の日本のキュンチョメは震災からの避難者が通行止の写真をPhotoshopで修正している画面がそのまま作品となっています。

>  常設展は開館35周年ということで重要な所蔵品を順次公開しているようです。ルドンの初めて見る作品もありましたが、現在の一番は山本芳翠でしょう。
 山本芳翠…あの浦島太郎ですね。青木繁もそうですが、全く日本的な題材を洋画で描く…明治芸術の象徴のようで、興味がありますね。
                 明日香 光二/馬場 英明


  [No.10965] 【茨城】水戸芸術館現代美術ギャラリー/デイヴィッド・シュリグリー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/12/09(Sat) 09:33:22

 水戸芸術館現代美術ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=2で開催中の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド―ようこそダークなせかいへ」〜平成30年1/21(日)
   月曜、年末年始(12/27(水)〜平成30年1/3(水))1/9(火)休館
     1/8(月・祝)開館
   入館料金:一般800円 中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料
 イギリス人のシュリグリーは、日常の場面を軽妙に描写したドローイングをはじめ、アニメーション、立体、写真などさまざまな手法で制作したアイロニカルな作品で国際的に高い評価を得、美術とポップカルチャーの領域を軽やかに横断し、著名なミュージシャンやファッション・ブランドとコラボレーションを行なう一方、マンガやパブリックアートでも注目される。
「Lose Your Mind(ルーズ・ユア・マインド)」という本展のタイトルは、「気が狂う」などを意味する熟語の命令形で、シュリグリー作品に通底する独特のユーモアが現れる。人気の高いドローイング、思わず笑いがこぼれるアニメーション映像から、剥製の彫刻、芸術を揶揄するコンセプチュアルな作品まで、シュリグリーの多様な活動を国内で初めて包括的に紹介。2016年秋からロンドンのトラファルガー広場で展示され話題を呼んでいるパブリックアート「リアリー・グッド」のバルーン版を制作し、世界に先駆けて初公開。
デイヴィッド・シュリグリー
「ダチョウ」2009ダチョウの剥製 
「チアーズ」2007防水ズボン、発砲ウレタン 
「アーティスト」20143台のロボット、モーター、かつら サイズ可変
「無題(黒い目の青い昆虫)」2007モノプリント 100×70 cm
「虫―無題(413点の彫刻)」2007鉄、エナメルペイント サイズ可変
「若葉」1995ラテックス、アクリル 90×60×1cm

ウィークエンド・ギャラリートーク 〜2018年1/21(日) 期間中の毎週土日 各日2時30分〜(約40分)
    (1/6(土)7(日)は除く。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.10594] 【福岡】三菱地所アルティアム /クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/31(Fri) 23:54:21

 天神の三菱地所アルティアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=29で開催中の映像の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「クエイ兄弟 ―ファントム・ミュージアム―」〜5/7(日)
     4/18(火)休館
     午前10時〜午後8時
     入館料金:一般400円  学生300円  再入場可
           高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
 幻想的な映像美のアートアニメーション作品で知られる1947年ペンシルヴァニア州生まれの双子の兄弟、スティーヴン&ティモシー・ クエイの個展。
 フィラデルフィア芸術大学(PCA)で東欧の文化芸術に強く魅せられ、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)でイラストレーションを学びアニメーションの制作も開始。
 1979年に映像作品『人工の夜景―欲望果てしなき者ども』を発表以降、コラージュ、コマ撮り、実写、特殊効果を組みあわせ、アニメーション、ドキュメンタリー、ミュージック・ヴィデオ、バレエ映画、長編映画、コマーシャルなどさまざまな映像作品を発表。
  本展では、1986年にカンヌ国際映画祭短編部門にノミネートされた代表作『ストリート・オブ・クロコダイル』をはじめ、クエイ兄弟が敬愛し影響を受けてきたチェコの映像作家ヤン・シュヴァンクマイエルへのオマージュに溢れる『ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋』(1984年)など、初期の映像作品を中心に紹介し、模型、ドローイング、ポスターなどの貴重な資料も展示。
  クエイ兄弟『ストリート・オブ・クロコダイル』より《仕立屋の店内》1986年
         『ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋』1984年
         『イーゴリ―パリでプレイエルが仕事場を提供していた頃』1982年
         《欲望果てしなき者ども》 1970年代 鉛筆 イラストレーションボード
         『失われた解剖模型のリハーサル』より《彼らは自分たちが孤独だと思っている》 1988年
         『ギルガメッシュ叙事詩を大幅に偽装して縮小した、ハナー・ルウスの局長のちょっとした歌、
             またはこの名付け難い小さなほうき』1985年   など

クエイ兄弟の映像作品 上映会、アルティアム内にて、申込不要、要展覧会チケット
Aプログラム 午後6時30分〜(上映時間:58分)
4/2(日)、4/15(土)、4/22(土)、4/30(日)、5/5(金・祝)、5/7(日)
・『イーゴリ―パリでプレイエルが仕事場を提供していた頃(1920-1929)』 イギリス 1982年 16mm カラー 26分
・『ギルガメッシュ叙事詩を大幅に偽装して縮小した、ハナー・ルウスの局長のちょっとした歌、またはこの名付け難い小さなほうき』 イギリス 1985年 16mm カラー 11分
・『ストリート・オブ・クロコダイル』 イギリス 1986年 35mm カラー 21分

Bプログラム 午後6時30分〜(上映時間:54分)
4/1(土)、4/8(土)、4/16(日)、4/23(日)、5/3(水・祝)、5/6(土)
・『ヤン・シュヴァンクマイエルの部屋』 イギリス 1984年 16mm カラー 14分
・『失われた解剖模型のリハーサル』 イギリス 1988年 35mm モノクロ 14分
・『人為的な透視図法、またはアナモルフォーシス』 イギリス 1991年 35mm カラー 14分
・『ファントム・ミュージアム―ヘンリー・ウェルカム卿の医学コレクション保管庫への気儘な侵入』 イギリス 2003年 35mm カラー 12分

特別上映会(本展で触れられなかったCM作品)  午後6時30分〜(上映時間:30分)
4/9(日)、4/29(土・祝)、5/4(木・祝)
・『ブルーノ・シュルツ 砂時計サナトリウム』 イギリス 2006年 デジタル・ヴィデオ モノクロ
・『バドワ』 イギリス 1988年 35mm カラー 1分
・『ワンダーウッド』 イギリス 2010年 デジタル・ヴィデオ カラー 3分
・『デュエット』 イギリス 1999年 35mm カラー 18分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10448] 【東京】資生堂ギャラリー/吉岡徳仁 スペクトル 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/31(Tue) 23:29:59

 銀座の資生堂ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=42で展示中のインスタレーションを紹介します。  .
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「吉岡徳仁 スペクトル&#8722; プリズムから放たれる虹の光線」〜3/26(日)
     月曜休館(祝日でも休館)
     午前11時〜午後7時(日祝日は6時まで)
     入館無料
 プリズムでつくられた彫刻から放たれる、虹の光線による神秘的な光を体感する吉岡徳仁氏による新作のインスタレーションを展示。ニュートンは透明な多面体プリズムに太陽光を通して分光した。
 デザイン、アート、建築など、幅広い領域において、自由な着想と実験的なテクノロジーから生み出される作品により、世界に影響を及ぼす創り手・吉岡徳仁氏の新たな試み。
   SPECTRUM 2017
   KATANA 2016  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10497] 【北海道】札幌芸術の森/柿崎熙―森の奥底― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:25:06

 真駒内からバスの札幌芸術の森美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=25で開催中の、現代美術展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆札幌美術展「柿崎熙―森の奥底―」〜3/26(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:一般700円 高大生350円 小中生150円
          65歳以上560円(要年齢証明)
          障がい者手帳をお持ちの方と付添者1名無料 
 韓国の現代作家と交流した「水脈の肖像展」や、「北海道立体表現展」の中心メンバーとして北海道の現代美術をリードしてきた留萌市生まれの現代美術家・柿崎熙(1946-)

 さまざまなジャンルに積極的に挑戦していた柿海療承,箸覆辰燭里・「

 素材としての木(もく)の探求と、趣味のバードウォッチングで出合った自然の造形への関心から、「林縁から」と題する作品の制作を開始。壁や床にリズミカルに配置された、カツラの木を彫りだしアクリル絵の具で白く塗った、ふしぎなかたちをしたオブジェ。種子が風に舞うように配置された「林縁から」シリーズ。展示室で、森の奥底に誘いこまれてゆくような感覚を味わう。本展では、初期の平面、立体作品のほか、代表作である「林縁から」を中心に約60点を一堂に展示。

ギャラリー・ツアー:学芸員による:2/25(土)3/4(土) 各回午後2時〜(40分程度)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明