[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.11461] 【文学】2019年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 19:44:11

 年始から見られる、文学や演劇、音楽などの展覧会を紹介します。この発言を2019年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、末年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
函館市文学館,☆石川啄木直筆資料展「明治41年6月〜8月の書簡より」〜2019年4/3(水)

【青森】
弘前市立郷土文学館,☆スポット企画展「長部日出雄追悼展−津軽をこよなく愛した岩木山の子−」〜2019年1/31(木)

【宮城】
原阿佐緒記念館,☆平成30年度 原阿佐緒記念館企画展「歩みきた道 ―新蔵資料展―」〜2019年3/31(日)

【群馬】
群馬県立土屋文明記念文学館
 ☆第2回「群馬県児童生徒短歌展」〜2019年1/6(日)
 ☆第103回企画展「文学者の書―筆に込められた思い」2019年1/12(土)〜3/178日)

【埼玉】
埼玉県立歴史と民俗の博物館
 ☆人物展示「農村の国学者と歌人 井上淑蔭と林信海」〜1/20(日) <常設展示室 第9室>
埼玉県立文書館
 ☆埼玉の人物「農村の国学者と歌人 井上淑蔭と林信海」〜1/20(日)埼玉県立歴史と民俗の博物館共催

【東京】
林芙美子記念館,☆アトリエ・石蔵ギャラリー展示「初公開!新収蔵資料展」〜2019年2/5(火)
民音音楽博物館,☆企画展・トルストイ生誕 190年「トルストイと音楽展」〜2019年2/3(日)
早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
 ☆「現代日本演劇のダイナミズム」〜2019年1/20(日)
 ☆「演劇評論家 扇田昭彦の仕事−舞台に寄り添う言葉−」〜2019年1/20(日)
文京区立森鴎外記念館
 ☆特別展「詩歌にうたった日々を編む 鴎外の“うた日記”」〜1/14(月・祝)<タイトル変更>
一葉記念館
 ☆下谷龍泉寺転居125年記念特別展
   「ものがたりのまち下谷龍泉寺町の樋口一葉」〜1/27(日)
江東区芭蕉記念館,☆平成30年度後期企画展「歳時記と季語にみる俳句」 〜2019年4/21(日)
世田谷文学館
 ☆平成30年度 後期コレクション展
   蘆花生誕150年「徳冨蘆花と烏山ゆかりの文学者たち」〜2019年3/31(日)
 ☆第37回 世田谷の書展「世田谷ゆかりの作家たち」 2019年1/8(火)〜1/14(月・祝)
 ☆「ヒグチユウコ 展 CIRCUS[サーカス]」 2019年1/19(土)〜3/31(日)
NHKスタジオパーク,☆「いだてん展」2019年1/2(水)〜3/29(金)
古賀政男音楽博物館 (コガ・ミュージアム),☆企画展「日本 歌めぐり(9) 三重、滋賀」〜2019年3/31(日)
国立能楽堂資料展示室
 ☆国立能楽堂開場35周年記念企画展「囃子方と楽器」 2019年1/5(土)〜3/21(木・祝)
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館,☆特別展「作家・平岩弓枝展−人と作品−」 〜2019年1/20(日)
山本有三記念館,☆企画展「三鷹と有三 ステンドグラスの洋館から」〜3/3(日)
調布市武者小路実篤記念館
 ☆企画展「実篤の足跡 旅と転居の記録から」〜2019年1/27(日)
 ☆企画展「自筆原稿から見えること」2019年2/2(土)〜3/10(日)
 ☆春季展「鉛筆の表現 スケッチと水彩画を中心に」2019年3/16(土)〜4/21(日)
町田市民文学館ことばらんど
 ☆「世界の果てで生き延びろ―芥川賞作家・八木義徳展―」2019年1/19(土)〜3/17(日)

【神奈川】
大佛次郎記念館
 ☆テーマ展示III「大佛次郎『天皇の世紀』1555回の軌跡―取材旅行から絶筆まで」〜2019年3/10(日)
鎌倉文学館,☆収蔵品展「作家と歩く鎌倉 その3 北鎌倉・大船方面」〜4/14(日)

【富山】
高志の国文学館,☆「北の国の物語展 倉本聰と点描画」1/6(日)〜3/4(月)

【石川】
泉鏡花記念館
 ☆企画展 鏡花幻妖アンソロジー 前期展 泉鏡花×山本タカト「境界に棲むもの」〜2/25(月)
 ☆企画展 鏡花幻妖アンソロジー 後期展 泉鏡花×中川学「まるめろに目鼻のつく話」3/1(金)〜5/19(日)
徳田秋聲記念館,☆青果生誕140年記念企画展「檻 真山青果との友情」〜3/10(日)
室生犀星記念館,☆「犀星の詩集」〜2019年2/24(日)

【愛知】
新美南吉記念館,☆半田高等学校100周年記念企画展「南吉の中学生日記」〜2019年2/17(日)
西尾市岩瀬文庫,☆「西尾にも来た! 頼山陽(らいさんよう)を知ってますか?」〜2019年2/11(月・祝)

【京都】
漢検 漢字博物館・図書館 漢字ミュージアム
 ☆企画展「今年の漢字展〜「平成」を漢字一文字でふりかえる〜」〜2019年2/11(月・祝)
嵯峨嵐山文華館,☆「SONGS−定家の書・芭蕉の句・夢二のうた−」2019年2/2(土)〜5/12(日)

【兵庫】
姫路文学館,☆特別展「宮本輝」〜1/27(日)
芦屋市谷崎潤一郎記念館,☆開館30年「作家谷崎の横顔 グラビア」〜3/24(日)

【岡山】
吉備路文学館,☆特別展生誕140年「正宗白鳥展」〜2/3(日)

【広島】
ふくやま文学館,☆「井伏鱒二の瀬戸内海」〜3/3(日)

【愛媛】
松山市立子規記念博物館
 ☆平成31年新春特別展「ほとゝぎすは余の生命なり
    −雑誌『ほとゝぎす』、松山から全国へ−」〜2019年1/31(木)
【高知】
高知県立文学館,☆企画展「安岡章太郎展−〈私〉から〈歴史〉へ」2019年1/26(土)〜3/24(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11470] 【富山】高志の国文学館/倉本聰と点描画[1/6(日)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2018/12/31(Mon) 23:45:26

 富山市の高志の国文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=16&c=24では、名作ドラマにからむ展示を1/6(日)から開催されます。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「北の命の物語展 倉本聰と点描画」2019年1/6(日)〜3/4(月)
    火曜休館
    入館料金:一般500円 大学生250円
         高校生以下、およびそれに準じる方、各種障害者手帳をお持ちの方は無料
 
 「北の国から」をはじめとするドラマ、映画、舞台を手掛けた脚本家の倉本聰は、ライフワークとして森の樹の点描画を描いている。本展では「北の国から」が出来上がるまでの資料とともに、倉本が描き続けてきた点描画を見る。倉本が脚本作品、そして点描画を通じて厳しく温かなまなざしを見る。

企画展担当者によるギャラリートーク(展示解説)
1/14(月・祝)2/11(月・祝)2/24(日)午後2時〜  1/26(土)午後3時30分〜、30分程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11474] 【広島】ふくやま文学館/井伏鱒二の瀬戸内海 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/01(Tue) 17:17:53

 ふくやま文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=51では、1/2から開館し、井伏鱒二の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「井伏鱒二の瀬戸内海」〜3/3(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般500円 高校生以下は無料
【内容】
 井伏鱒二は加茂尋常小学校1年7歳の時、祖父民左衛門に兄、姉とともに鞆の浦の仙酔島に連れられ、ここでの釣り体験が後の釣師井伏を形成し、瀬戸内海は、釣りの主要な舞台となりく、青年期の傷心をいやした場所(早稲田大学休学時に逗留した因島)でもある。名作「さざなみ軍記」、晩年の「鞆ノ津茶会記」の舞台ともなった瀬戸内海を時系列でたどり、鱒二にとっての瀬戸内海を紹介、展示。

ギャラリー・コンサート:たちまち(フルート:占部久美子氏 ピアノ:石井美保氏)
2/23(土)午後2時開演、無料、定員80名、要電話申し込み(Tel:084-932-7010)

講演会:3/2(土)午後1時30分〜、無料、定員80名
「井伏文学の風景としての瀬戸内海」岩崎文人氏(館長)要電話申し込み(Tel:084-932-7010)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11483] 【石川】泉鏡花記念館/鏡花幻妖アンソロジー『境界に棲むもの』 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/04(Fri) 23:01:49

 金沢市の泉鏡花記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=2では、泉鏡花の世界をイラスト化した展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「鏡花幻妖アンソロジー 前期
    山本タカト「境界に棲むもの」」〜2/25(月)
      残り開催期間中休館日なし
      入館料金:一般300円 65歳以上200円 高校生以下無料
  鏡花世界に息づく妖しくも美しく、醜悪な“魔”を、 「平成耽美主義」を謳う現代浮世絵師・山本タカトにより、
鏡花が描き出した人の心の内外にひそむ禁断の世界へと誘う。
  山本タカト「富姫と青獅子」原画 2017
  山本タカト「血まみれの図書之助」原画 2017
  山本タカト「西瓜が騒いだ夜」原画 2017
  他、山本タカト最新画集『ノスフェラトゥ』より新作吸血鬼画5点を特別展示
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11484] 【石川】室生犀星記念館/犀星の詩集 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/04(Fri) 23:02:22

 金沢市の室生犀星記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=17では、犀星の詩集の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展 「犀星の詩集」〜2/24(日)
      残り開催期間中休館日なし
      入館料金:一般300円 65歳以上200円 高校生以下無料
 独自の詩の世界を打ち立て、29歳のときにようやく初めての詩集『愛の詩集』を自費出版し、9ヶ月後、第二の詩集として24歳頃の詩篇を集めた『抒情小曲集』、最後に自ら編んだ『室生犀星全詩集』が死の床に届くまでの半世紀のあいだに、24冊の詩集を出した犀星。小説家としても発表するなか詩作は続きを2000編以上にもおよぶ。新しい道を切り拓き、生涯をかけて打ち込んだ詩作、その犀星が生前に出版した詩集のすべてを紹介。

バレンタインデー企画: 愛の詩とプチチョコレート プレゼント!
 2/8(金)〜14(木) 7日間 限定100名(無くなり次第終了)入館時にプレゼント

第72回講座: 2/9(土) 「堀田善衛と犀星」 上田正行(当館館長) 午前10〜11時30分、2階会議室にて
 要電話申込(076-245-1108)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11488] 【石川】徳田秋聲記念館/ 『檻』―真山青果との友情 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:55:36

 金沢市の徳田秋聲記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=25
では、劇作家との文学的交流を展示しています。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆青果生誕140年記念「『檻(おり)』―真山青果との友情」〜3/10(日) 
      開催期間中無休
      入館料金:一般300円 65歳以上200円 高校生以下無料
 大正期に『誘惑』、『路傍の花』、『二つの道』といった秋聲作品の舞台化を手がけ、その後も生涯を通じ交流をもった真山青果
は、明治末期、国木田独歩の死をめぐって文壇仲間と衝突し、また原稿の二重売り問題によりやがて小説の道から遠ざかった青果につきまとう葛藤を、秋聲は、ある一定の距離から常に見守る姿勢を見せた。一方で、青果との旅行の日々を「檻(おり)」と表現し、小説に綴った秋聲、青果と秋聲の〈切つても切れないやうな友情関係〉について紹介。
  青果筆 秋聲宛書簡
  秋聲自筆「『二つの道』の劇化」原稿 など

展示解説:1/5(土)2/2(土)3/2(土)午前11時〜、午後2時〜 約40分 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11489] 【兵庫】芦屋市谷崎潤一郎記念館/グラビア〜作家谷崎の横顔 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/05(Sat) 23:57:52

 芦屋市谷崎潤一郎記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=77では、谷崎の素顔にせまる展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2018年度 冬の通常展「谷崎潤一郎 人と作品 グラビア〜作家谷崎の横顔〜」〜3/24(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:一般300円 高大生200円 中学生以下無料
 大衆社会の成熟につれて、さまざまな雑誌のグラビアで紹介される機会が増え、 多くの読者の関心は作品じたいにとどまらず、作家そのもの、わけてもその私生活へと向かう。人々の好奇心の渦にとりまかれた作家が「グラビア」の中で彼らがみせるさまざまな表情、土門拳や林忠彦など名だたる写真カのレンズが捉えた谷崎の場合は。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11490] 【山口】中原中也記念館/散歩生活/文士の肖像 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/06(Sun) 09:56:21

 山口市湯田温泉の中原中也記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=15で行われている展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第15回テーマ展示「中原中也の散歩生活」〜2/17(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)毎月最終火曜日休館
     入館料金:一般320円 大学・高等専門学校生210円 70歳以上、18歳以下無料
 昼に起床し、深夜まで街中を歩き続け、帰宅したのち本を読んだり詩を書いたりする生活を送っていた中原中也は、部屋にこもらず、街をあてもなく歩きまわり、歩きながら世界を肌で感じ、そこから作品を生み出し、生き生きとした躍動感ある歩くことをテーマにした魅力的な作品へと結実した。背景には、中也が好んだフランスの詩人・ランボーの作品の影響があり、中也が歩いた当時の街並みなども紹介しながら「歩く」という行為と詩作の関係に迫る。

☆林忠彦生誕100年 企画展II「文士の肖像−林忠彦写真展」〜4/14(日)
 山口県周南市出身の写真家・林忠彦の生誕100年を記念し、周南市美術博物館協力の林忠彦の写真展を開催。
 林は同じ山口県出身ながら中也との出会いは無かったが、小林秀雄、太宰治、坂口安吾ら中也と交友のあった文学者の肖像写真を撮影している。中也と同時代の文学者の業績を紹介しながら、林の写真の魅力にせまる。
【第2期】〜2/17(日) 河上徹太郎、川端康成、小林秀雄、今日出海、坂口安吾、佐藤春夫、高見順、檀一雄
【第3期】2/20〜4/14(日)宇野千代、大岡昇平、織田作之助、川端康成、坂口安吾、佐藤春夫、太宰治、永井龍
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

 年末の12/23に、山口市の湯田温泉を訪れ、中原中也記念館に行っています。湯田温泉自体はじめてなので、ここは初訪問です。
 地域出身の文学者の記念館って、知っている名前だから入ってみるのですが、その人の作品を読んだこともない…ってことが私はしばしばです。その点、詩人は良いですね。展示のその場で鑑賞しても良いのですから。実は、私にとっても中原中也はそんなに親しい詩人ではなかったのですが、詩のリズム感とか空間感というか、そういうものに浸ることができました。ほぼ展示空間を占めた「散歩生活」というテーマも良かったと思います。中也の作品の多くを生み出されているのは、短い生涯の中、ほとんど東京での生活中だと思うのですが、そこでも思索、瞑想ができているところにロマンを感じます。
 ただ、収入はどうなっていたんだろう?などと考えてしまい、どうしても放埒に見える文学者の生活には共感できないのですが。戦前のうちに中也と二人の息子は亡くなっており、遺されて平成まで生きられた彼の奥様のことも気になってしまいました。
 こんなことを考えた後に、館の向かいにある足湯施設&カフェ「狐の足あと」でゆったりしてしまいました。

                            明日香 光二/馬場 英明


  [No.11493] 【大阪】中之島香雪美術館/物語とうたにあそぶ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/01/07(Mon) 21:30:43

 大阪市の中之島香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=44で行われている特別展を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆中之島香雪美術館 開館記念展
「珠玉の村山コレクション〜愛し、守り、伝えた〜 V 物語とうたにあそぶ」&#12316;2/11(月・祝)
   月曜休館(祝日の場合は翌火曜日)
   入館料金 一般 900円 高大生500円、小中生200円
 開館記念展の最後は「物語」と「うた」で、村山龍平の収集美術品には、それらが描かれた「やまと絵」も彩りを添えている。龍平は、中世から近代までのやまと絵を丁寧に収集し、明治42年(1909)には、京都帝室博物館でやまと絵を大きく取り上げた「大和絵特別陳列」に所蔵品を3点出品するなど、研究や普及に積極的な姿勢も見られる。明治32年(1899)の『國華』に掲載されて以来の紹介となる「伊勢物語図色紙」や、初公開の「源氏系図」、我々もよく知る浦島物語の絵巻など、村山コレクションの一面を見る。
 池田孤村「赤染衛門百人一首歌意図」(江戸時代、19世紀)
「小倉百人一首歌かるた」(江戸時代、19世紀)

「伊勢物語図色紙−第五段 関守」(室町時代、15世紀) 前期:〜1/14
「伊勢物語図色紙−第二十三段 筒井筒」(室町時代、15世紀) 前期:〜1/14
 岩佐又兵衛「堀江物語絵巻 上巻」(江戸時代、17世紀) 前期:〜1/14

「伊勢物語図色紙−第四十九段 若草の妹」(室町時代、15世紀) 後期:1/16〜2/11
 岩佐又兵衛「堀江物語絵巻 下巻」(江戸時代、17世紀) 後期:1/16〜2/11

ギャラリートーク(学芸員による解説):1/20(日) 午後3時30分から1時間程度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11512] 【文学】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/02(Sat) 18:54:56

 文学や演劇、音楽などの新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【北海道】
木田金次郎美術館
 ☆出版100年「有島武郎『生れ出づる悩み』と画家・木田金次郎
    「平成の『生れ出づる悩み』2018」を併設」〜3/31(日)
【青森】
弘前市立郷土文学館,☆第43回企画展「太宰治生誕110年記念展−太宰治と弘前−」〜12/28(土)
寺山修司記念館,☆寺山修司没後35年記念 特別企画展Vol.2「寺山修司 不思議図書館」〜3/31(日)

【岩手】
石川啄木記念館,☆収蔵資料展「啄木と渋民尋常小学校」 2/5(火)〜5/12(日)
盛岡てがみ館
 ☆第57回企画展「芸術家のてがみ〜あふれる想いをてがみに込めて〜」 〜2/18(月)
 ☆特別展「啄木をめぐる人々〜盛岡中学時代〜」 〜4/24(水)
 ☆第58回企画展「盛岡中学黄金時代の人々」 2/26(火)〜6/17(月)
花巻市総合文化財センター  ,☆「あやつり人形 亀花一座 展」〜3/10(日)
太陽と風の家(石と賢治のミュージアム)
 ☆「宮沢賢治書簡展 宮沢賢治書簡レプリカ(はがき、封書)展示」〜2/11(月・祝)

【埼玉】
さいたま文学館,☆テーマ展「百花斉放―文学者の書」1/26(土)〜3/10(日)

【東京】
出光美術館,☆「奥の細道330年 芭蕉」8/31(土)〜9/29(日)
文京区立森鴎外記念館
 ☆コレクション展「少しも退屈と云(いう)ことを知らず 鴎外、小倉に暮らす」〜3/31(日)
田端文士村記念館
 ☆開館25周年記念展 第3弾「田端に集まる理由(ワケ)がある
    〜昭和の田端 喪失と復興〜」〜2/17(日)
【神奈川】
鎌倉市川喜多映画記念館,☆「歴史を旅する映画」〜3/10(日)
鎌倉・吉兆庵美術館,☆「巨匠の和歌と俳句展」〜3/17(日)
茅ヶ崎市 開高健記念館,☆企画展「『風に訊け』展」〜3/31(日)

【新潟】
新潟市會津八一記念館
 ☆企画展「八一を知る 八一が分かる−そのマルチな業績と人生−」〜3/24(日)
宮柊二記念館,☆平成30年度 企画展示「柊二『小紺珠』のころ展」〜3/31(日) 

【石川】
石川近代文学館,☆「五十歳だった−石川ゆかりの作家、五十歳の1年間」〜3/24(日)
徳田秋聲記念館,☆企画展「四高と秋聲(仮題)」3/16(土)〜2019年7月上旬

【福井】
福井市橘曙覧記念文学館,☆企画展「江戸の老い―曙覧の歌を手がかりに」〜3/3(日)
若州一滴文庫,☆「渡辺淳回顧展 II期 −水上勉の装幀画家−」〜3/4(月)

【山梨】
山梨県立文学館,☆開館30周年記念 新収蔵品展「手書きのリズム」〜3/24(日)
山中湖文学の森 三島由紀夫文学館
 ☆特集展示「美と孤独―帰ってきた『金閣寺』」〜5/12(日)

【長野】
池波正太郎 真田太平記館,☆企画展「鬼平犯科帳の舞台を歩く」〜2/24(日)

【愛知】
文化のみち二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸)
 ☆文学企画展「没後30年 亀山巌と名古屋豆本」2/6(水)〜3/10(日)

【三重】
本居宣長記念館,☆平成30年度冬の企画展「君のめぐみ−宣長と和歌山」〜3/3(日)
桑名市博物館,☆新春企画展「うたう春、ものかたる秋―定信とめぐる文学―」〜2/10(日)

【京都】
漢検 漢字博物館・図書館 漢字ミュージアム,☆「冬の体力旁 漢ジムトレーニング」〜4/7(日)
嵯峨嵐山文華館,☆企画展「Songs−定家の書・芭蕉の句・夢二のうた−」2/2(土)〜5/12(日)

【大阪】
国立文楽劇場資料展示室,☆企画コーナー「初春文楽公演の演目にちなんで」〜3/17(日)

【兵庫】
柿衞文庫,☆桂信子賞創設10周年記念「桂信子賞の女性俳人たち」〜2/24(日)

【山口】
中原中也記念館
 ☆第16回テーマ展示「四季詩集―中也とめぐる春夏秋冬」2/20(水)〜2020年2/11(火・祝) *特別企画展会期中を除く

【福岡】
北九州市立松本清張記念館,☆開館20周年記念特別企画展「松本清張 砂の器展」〜3/31(日)

【熊本】
島田美術館,☆「或る島の記憶のかけら」2/13(水)〜2/17(日)文学
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11533] 【京都】宇治市源氏物語ミュージアム/源氏香―そのデザインと広がり― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/07(Thu) 23:42:13

 宇治市源氏物語ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=120
で開催されている企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆開館20周年記念特別企画展「源氏香―そのデザインと広がり―」〜3/24(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:大人500円 小人250円
 江戸時代初期、香の世界で考案された「源氏香」とは、回答の組み合わせが五十二通り組香で、その図柄に『源氏物語』の巻名が付けられたもの。やがて単独の意匠として様々なものに使用されていく、源氏香のデザインと広がりを紹介。
   室町時代源氏胡蝶巻
   「偐紫田舎源氏」 三枚組
   今様源氏絵巻「忍び夜 阿古木の宇良」
   源氏棗   など  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11585] 【東京】国立能楽堂資料展示室/囃子方と楽器 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/18(Mon) 23:59:41

 千駄ヶ谷の国立能楽堂資料展示室http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=229で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆国立能楽堂開場35周年記念企画展「囃子方と楽器」〜3/21(木・祝)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前10時〜午後5時
 能楽における囃子方の成立を伝書や史料により探り、一般社団法人東京能楽囃子科協議会の協力で、囃子方各家所蔵の楽器の名品を、美術館・博物館等に所蔵される歴史的な資料と共に展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11599] 【宮城】仙台文学館/資料が伝える物語 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/20(Wed) 23:16:21

 仙台文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=04&c=5で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「資料が伝える物語〜2013年以降の新収資料から〜」第II期 〜3/31(日)
     月曜休館(祝日は開館)祝日の翌日、第4木曜日
     入館料金:一般570円 高校生230円 小中生110円

 仙台文学館に寄贈いただいた書籍・雑誌・原稿・書簡・書画などの文学資料の中から、自筆資料を中心とした新収資料展を開催。明治時代の仙台と当時の人々の様子を記した書簡、文学者と仙台の縁を感じさせる愛用品など、今まであまり知られていなかった“物語”を秘めたものが多く、それらの資料が伝える“物語”を通して、仙台ゆかりの文学者にスポットをあてる。
 明治のラブレターが現代に伝える多くのこと
   −明治期に仙台で活躍し、島崎藤村らと交流のあった画家・布施淡(あわし)と、
    のちに妻となる加藤豊世(とよせ)が交わした往復書簡
 向田邦子と仙台−向田邦子と愛用した万年筆・眼鏡・原稿・校正刷りなど
 “感激屋”晩翠先生−土井晩翠が教え子の卒業にあたって贈った色紙など
 若き日の北杜夫の足跡−北杜夫が学生時代に下宿していた家の家族に送ったはがきなど
 お宝開陳!−仙台の民謡詩人・研究家の渡辺波光の資料や、岩出山のコレクター・増井三夫が収集した資料群
 あの文学者と仙台との意外なつながり−有島武郎、柳原白蓮らの直筆資料など

ミュージアムシアター展示室劇場「土井晩翠」2/24(日)午前11時〜 午後2時〜
  企画展示室にて、申込不要、直接会場へ、入館料のみ

学芸員による展示解説:3/10(日)午後2〜3時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11625] 【大阪】司馬遼太郎記念館/『梟の城』――あらためての忍者の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/24(Sun) 00:28:55

 東大阪市の司馬遼太郎記念館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=157で開催中の展示を紹介します。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「『梟の城』――あらためての忍者の世界」〜5/6(月・振)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:大人500円 中高生300円 小学生200円
 信長の伊賀攻めで滅ぼされた伊賀忍者の残党で、豊臣秀吉の命を狙う葛籠重蔵、それに絡む男女の忍者など、技能をもって生きる職能集団として忍者を描いた司馬遼太郎の最初の長編小説『梟の城』。
 本展では登場人物や時代背景等の作品の世界を紹介し、自筆原稿、初版本、掲載誌なども展示し、伊賀流忍者博物館所蔵の忍具も展示し、忍者の世界をリアルに表現。
 自筆原稿『梟の城』冒頭部分1枚
 第42回直木賞受賞時の写真(
 各社から出版された『梟の城』13冊(単行本3冊、新書4冊、文庫6冊)
「作品の跡を訪ねて はじめての長編『梟の城』」(「小説新潮」1964年5月号 写真提供:新潮社)  
『梟のいる都城』連載第1回「おとぎ峠(一)」(複製パネル、「中外日報」切抜)
 忍具(伊賀流忍者博物館蔵)
  手裏剣(十字手裏剣、六方手裏剣など)
  まきびし(鉄製のものなど)
  苦無(くない:物を破壊する。土を掘る。格闘に使用。様々な用途がある)など10種類
『梟の城』を執筆した文机(幅81.5cm 奥行55cm 高さ33cm)
 忍者が登場する作品の本と掲載誌(紙)
 『風神の門』(「東京タイムズ」)
 「果心居士の幻術」「最後の伊賀者」(「オール讀物」)
 「伊賀者」(「週刊読売」)
 「伊賀の四鬼」「飛び加藤」(「サンデー毎日」)        など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11649] 【文学】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/28(Thu) 23:15:17

 文学や演劇、音楽などの新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【秋田】
新潮社記念文学館,☆企画展「佐竹北家日記にみる天文現象」〜3/29(金)<会期変更>

【山形】
庄内映画村資料館
 ☆2019年 企画展「さらば平成 〜映画で振り返る30年〜」 【春】邦画編:3/21(木・祝)〜7/10(水)
 ☆2019年 企画展「さらば平成 〜映画で振り返る30年〜」 【夏】アニメ・特撮編:7/13(土)〜9/10(火)
 ☆2019年 企画展「さらば平成 〜映画で振り返る30年〜」 【秋】洋画編:9/14(土)〜12/1(日)
齋藤茂吉記念館,☆開館50周年記念 特別展「収蔵資料展」〜3/31(日)

【福島】
いわき市立草野心平記念文学館
 ☆没後30年記念 冬の企画展「草野心平の居酒屋『火の車』もゆる夢の炎」〜3/24(日)

【茨城】
古河文学館
 ☆スポット展示「万葉歌碑めぐり」〜4/25(木)
 ☆テーマ展「可視化された永井路子作品」〜5/23(木)

【千葉】
我孫子市立白樺文学館,☆常設テーマ「白樺派と我孫子2019(前期)」〜7/7(日)

【東京】
林芙美子記念館
 ☆全国文学館協議会 共同展示 「3.11 林芙美子記念館からのメッセージ 天災地変と災害」
 『震災を書く』〜4/9(火)

【神奈川】
県立神奈川近代文学館,☆企画展・収蔵コレクション展17「花田清輝展」〜3/10(日)

【富山】
高志の国文学館,☆大伴家持生誕1300年記念企画展「家持発見 響き合う詩歌と絵画」3/17(日)〜5/13(月)

【京都】
京都国立博物館,☆特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」10/12(土)〜11/24(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11684] 【文学】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/04/07(Sun) 19:47:28

 これから見られる文学や音楽、演劇などの新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【北海道】
北海道立文学館
 ☆特別展「よみがえれ!とこしえの加清純子―『阿寒に果つ』ヒロインの未完の青春―」4/13(土)〜5/31(金)

【宮城】
仙台文学館
 ☆開館20周年記念特別展「井上ひさしの劇列車」I期:4/27(土)〜6/30(日)
                          II期:12/14(土)〜2020年4/5(日)
【東京】
文京区立森鴎外記念館,☆特別展「一葉、晶子、らいてう―鴎外と女性文学者たち」4/6(土)〜6/30(日)
一葉記念館,☆企画展「新寄贈・寄託品 Part.2 〜樋口一葉の散歩道〜」4/27(土)〜6/23(日)
江東区深川江戸資料館,☆企画展「杉浦日向子の視点 〜江戸へようこそ〜」〜11/10(日)
NHKスタジオパーク,☆連続テレビ小説「なつぞら 展」4/1(月)〜5/15(水)
古賀政男音楽博物館 (コガ・ミュージアム),☆企画展「山の歌」4/2(火)〜7/28(日)
國學院大學博物館
 ☆春の特別列品「國學院大學図書館の名品
     武士を描くものがたり―比べてみる軍記の世界―」〜4/21(日)
 ☆企画展「和歌万華鏡―万葉集から折口信夫まで―」前期:4/27(土)〜5/26(日)
                            後期:5/28(火)〜6/23(日)
国立能楽堂資料展示室,☆入門展「能楽入門」4/25(木)〜8/4(日)
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館
 ☆企画展「第19回渋谷現代短歌優秀作品発表」4/2(火)〜4/14(日)
田端文士村記念館,☆企画展「恋からはじまる物語〜作家たちの恋愛事情〜」〜5/6(月・振)
山本有三記念館,☆企画展「女人哀詞の時代」〜9/1(日)
調布市武者小路実篤記念館
 ☆春の特別展「実篤がみた女性たち」4/27(土)〜6/9(日)
 ☆夏休み企画「おしえて!武者小路実篤」7/2(火)〜9/1(日)
 ☆秋の特別展「長與善郎と実篤」10/26(土)〜12/15(日)
 ☆企画展「読者に届くまで- 自筆原稿・装幀・単行本−」2020年2/1(土)〜3/8(日)
町田市民文学館ことばらんど
 ☆大日本タイポ組合展「文ッ字−いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも−」4/20(土)〜6/30(日)
日野市立新選組のふるさと歴史館
 ☆没後150年特別展「土方歳三−史料から見たその実像−」4/20(土)〜6/30(日)

【神奈川】
県立神奈川近代文学館,☆特別展「巨星・松本清張」〜5/12(日)
放送ライブラリー
 ☆企画展示「テレビ美術の作り方 テレビ朝日 デザインのシゴト展
    〜最新技術と匠の技で魅せるテレビ美術の世界〜」〜4/7(日)
鎌倉市川喜多映画記念館,☆「映画大使 川喜多長政・かしこ夫妻の軌跡」〜7/7(日)
鎌倉文学館
 ☆収蔵品展「作家と歩く鎌倉 その3 北鎌倉・大船方面」〜4/14(日)
 ☆特別展「三島由起夫『豊饒の海』のススメ」4/20(土)〜7/7(土)

【石川】
金沢湯涌夢二館,☆企画展「出版100年記念『山へよする』ー恋の記述・愛の祈りー」3/30(土)〜6/30(日)
徳田秋聲記念館,☆企画展「四高と秋聲―文学修業予備行動―」〜7/15(月・祝)<タイトル,終期決定>
室生犀星記念館,☆企画展「旅する犀星〜京都・鎌倉編〜」〜6/30(日)

【福井】
福井市橘曙覧記念文学館,☆企画展「作家と犬」〜5/12(日)
若州一滴文庫,☆水上勉生誕百年記念展「水上勉の歳月 a centennial anniversary」〜5/20(月)

【長野】
池波正太郎 真田太平記館,☆企画展「池波作品にみる真田信之」〜6/16(日)
軽井沢高原文庫
 ☆「火の山の物語〜軽井沢文学にあらわれた浅間山の噴火・噴煙〜展」〜4/15(月)
 ☆「ことばの花束〜軽井沢を愛した文学者・芸術家たちスペシャル〜展」4/19(金)〜7/15(月・祝)

【静岡】
井上靖文学館,☆企画展「本のひみつ 1冊の本ができるまで展」 〜9/24(火)

【愛知】
西尾市岩瀬文庫,☆「こんな本があった!16〜岩瀬文庫平成悉皆調査中間報告16〜」〜4/14(日)

【京都】
漢検 漢字博物館・図書館 漢字ミュージアム
 ☆明治150年記念企画展「名づけの「へぇ〜」展」4/9(火)〜6/30(日)

【大阪】
吹田市立博物館
 ☆春季特別展「音楽家 貴志康一 生誕110年〜吹田に生まれた若き天才〜」4/27(土)〜6/9(日)
茨木市立川端康成文学館,☆テーマ展示「川端康成の恋」〜5/27(月)

【兵庫】
神戸文学館,☆企画展「モダニズムの原風景 竹中 郁と原田の森」〜6/9(日)
姫路文学館
 ☆特別展「文豪川端康成と美のコレクション 展」9/14(土)〜11/4(月・祝)
 ☆企画展 生誕120年記念「俳人 永田耕衣 展」2020年 1/9(土)〜 4/5(日)

【奈良】
奈良県立図書情報館,☆「會津八一写真展」4/23(火)〜5/6(月・振)

【愛媛】
今治市河野美術館,☆館蔵品企画展「近代俳句の世界」4/6(土)?7/28(日)

【福岡】
北九州市立文学館
 ☆パネル展「映画の街・北九州―北九州フィルム・コミッションの活動と軌跡―」〜5/6(月・振)

【長崎】
長崎県美術館,☆写真展「オードリー・ヘプバーン」10/4(金) 〜10/27(日)

【熊本】
八代市立博物館未来の森ミュージアム
 ☆所蔵名品展「西山宗因の世界〜自筆作品一挙公開〜」4/2(火)〜4/14(日)
玉名市立歴史博物館こころピア
 ☆企画展「歌と生きる−規工川佑輔と歌を詠む人びと−」〜5/6(月・振)

【鹿児島】
川内まごころ文学館
 ☆トピック展示「里見困凌鑄泝カ淆紊量院廖檗塙津W淆紊砲錣燭詈@后匹箸了廚そ弌檗廖チ5/6(月・振)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                         明日香 光二/馬場 英明


  [No.11713] 【文学】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/05/02(Thu) 22:54:50

 文学や演劇、音楽などの新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【福島】
こおりやま文学の森(文学資料館・久米正雄記念館),☆「収蔵資料展」〜6/9(日)
いわき市立草野心平記念文学館,☆企画展「草野心平 蛙の詩」〜6/30(日)

【群馬】
萩原朔太郎記念水と緑と詩のまち 前橋文学館
 ☆「萩原朔美の仕事Vol.2 定点観測展」〜6/23(日)写真
 ☆「詩の未来へ―「現代詩手帖」の60年―」4/27(土) 〜6/30(日)
群馬県立土屋文明記念文学館
 ☆第104回企画展「ミステリー小説の夜明けー江戸川乱歩、横溝正史、渡辺啓助、渡辺温ー」〜6/9(日)
高崎市美術館,☆企画展「詩をかたどる、詩をきざむ−祈りの庭へ。」9/14(土)〜11/24(日)版画木彫
安中市学習の森 安中市ふるさと学習館(歴史資料展示施設)
 ☆企画展「詩人大手拓次 孤独の箱のなかから」〜6/9(日)

【大阪】
国立文楽劇場資料展示室,☆開場35周年記念 特別企画展示「文楽の世界」〜5/26(日)

【兵庫】
芦屋市谷崎潤一郎記念館
 ☆春の特別展「スキャンダル 〜噂の文豪〜」 〜6/30(日)
 ☆ロビー展「細雪の風景」〜6/30(日)
柿衞文庫,☆「柿衞(かきもり)さんの中学時代」〜5/26(日)
たつの市立龍野歴史文化資料館,☆ロビー展「露風と龍野〜語られたふるさとの情景〜」〜6/2(日)

【鳥取】
わらべ館,☆童謡・唱歌プチ企画「春をいろどる歌」〜5/14(火)

【岡山】
岡山シティミュージアム,☆ロビー展示 「内田百&#59579; 御馳走メモ」〜5/19(日)

【福岡】
久留米市美術館
 ☆日本・ポーランド国交樹立100周年記念「ショパン−200年の肖像」2020年2/1(土)〜3/22(日)

九州歴史資料館,☆関連展示「大宰府と万葉集−大伴旅人・家持と『梅花の宴』−」〜6/9(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11743] 【文学】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/06/04(Tue) 20:30:09

 文学の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。

【岩手】
石川啄木記念館
 ☆第11回企画展「啄木のうた〜柴田外男の世界〜」〜9/16(月・祝)
 ☆第12回企画展「啄木と文京(仮)」10/1(火)〜令和2年1/19(日)

【山形】
山寺芭蕉記念館,☆特別展「奥の細道330年記念 芭蕉展」6/7(金)〜7/23(火)
齋藤茂吉記念館,☆特別展「斎藤茂吉と平福百穂展」〜8/31(土)

【神奈川】
県立神奈川近代文学館,☆企画展「没後20年 江藤淳展」〜7/15(月・祝)

【石川】
石川近代文学館,☆企画展「平成をうつす−未来にうけつぐ言葉と本と物語−」〜6/23(日)

【山梨】
山梨県立文学館,☆開館30周年記念 特設展「太宰治 生誕110年ー作家をめぐる物語ー」〜6/23(日)

【岡山】
勝央美術文学館,☆常設展 小企画38 岡本綺堂没後80年・岡本経一生誕110年「半七とホームズII」〜6/16(日)

【広島】
ふくやま文学館,☆「瀬戸内圏の文学者が描いた夏目漱石」〜7/7(日) 

【愛媛】
松山市立子規記念博物館,☆2019年度春季特別展「子規、人生の名場面ー子規が生きた証ー」〜6/10(月)

【高知】
高知県立文学館,☆企画展「高知100年文学展〜大正、昭和、平成の記憶〜」〜6/23(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                  明日香 光二/馬場 英明


  [No.11598] 【神奈川】鎌倉文学館/作家と歩く鎌倉 北鎌倉・大船方面 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/20(Wed) 23:15:12

 鎌倉文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=14&c=69で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆収蔵品展「作家と歩く鎌倉 その3 北鎌倉・大船方面」〜4/14(日)
     月曜休館
     入館料金:一般300円 小中生100円

 鎌倉に訪れ、暮らし、そしてこの地を愛した文学者たちが作品に描いた、それぞれの鎌倉。北鎌倉・大船方面の魅力を夏目漱石、島崎藤村、高見順、清水基吉ら26人の文学者の目をとおして紹介。
   夏目漱石『明暗』草稿
   島崎藤村『春』再版 明治41年(1908)

自作を語る「庵原高子」3/19(火)午後2〜3時、1階講座室、定員20名、3/7必着
  ハガキまたはメール、FAXで申込
  住所・氏名・電話番号・参加希望人数(2名まで、氏名も)
  〒248-0016 鎌倉市長谷1-5-3 鎌倉文学館「自作を語る 庵原高子」係
  メール event2018@kamakura-arts.or.jp
   FAX 0467-23-5952
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明


  [No.11622] 【高知】県立文学館/安岡章太郎展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2019/02/23(Sat) 23:52:51

 高知市の高知県立文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=39&c=3で開かれている展示を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「安岡章太郎展 ―〈私〉から〈歴史〉へ」〜3/24(日)
    会期中無休
    入館料金:一般500円 長寿者手帳等お持ちの方・高校生以下は無料
         天皇陛下御在位三十年を慶祝して2/24(日)無料
 安岡章太郎(1920〜2013)は、第一次、第二次戦後派に続く〈第三の新人〉と呼ばれ、独自の文学世界を確立したが、1970年代には、過去の歴史にテーマを求め、「流離譚」や「鏡川」など困難な運命に向き合って生きた人々を愛情と親近感を持って描いた。高知に生まれ、しばしば帰郷しながら、ほとんどが県外での生活だったため「私には故郷が無い」と書きつつ。高知に対する望郷の念を持った安岡についても語る。

クイズ「安岡章太郎さんを知ろう。安岡さんてどんな人?」3/2(土)3(日)24(日)午前10時〜午後4時
展示解説:毎週土曜日午後1時30分〜(30分程度)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                     明日香 光二/馬場 英明