[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.14500] 【版画彫刻】令和6年に開催される展覧会 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2023/12/31(Sun) 20:57:03

 令和6年年始から開催の版画や彫刻などの展覧会を紹介します。また、ここを令和6年のベースノートとします。ほっとミュージアムに紹介分に加えて訪問にご利用下さい。特記していないものも年末年始の休館にお気を付け下さい。また、入場制限、予約制のばあいがありますから、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【青森】
棟方志功記念館,☆冬の展示「板極道」〜3/31(日)<12/29〜1/1休>

【秋田】
秋田市立赤れんが郷土館
 ☆勝平得之記念館「農村の四季」〜2/4(日)
 ☆勝平得之記念館「雪国の子どもたち」2/10(土)〜5/12(日)

【群馬】
群馬県立館林美術館
 ☆「ヒューマンビーイング−藤野天光、北村西望から三輪途道のさわれる彫刻まで」1/27(土)〜4/7(日)

【東京】
東京国立近代美術館
 ☆新収蔵&特別公開「ジェルメーヌ・リシエ《蟻》」1/23(火)〜4/7(日)彫刻
すみだ北斎美術館
 ☆「北斎サムライ画伝」〜2/25(日)
 ☆「サムライ総選挙」〜2/25(日)
 ☆企画展「歌舞音曲鑑 北斎と楽しむ江戸の芸能」3/19(火) 〜5/26(日)
 ☆特別展「北斎 グレートウェーブ・インパクト
   ―神奈川沖浪裏の誕生と軌跡―」6/18(火) 〜8/25(日)
練馬区立美術館,☆生誕120年「古賀忠雄展 塑造(像)の楽しみ」〜2/25(日)
平櫛田中彫刻美術館,☆企画展「白の彫刻〜石膏原型〜」〜2/12(月・振)<火、12/27〜1/5休館>

【神奈川】
藤沢市藤澤浮世絵館,☆「北斎と門弟たちの藤沢・江の島」〜2/25(日)<12/29(金)〜1/3(水)休>
茅ヶ崎市美術館
 ☆「小さな版画のやりとり−斎藤昌三コレクションの蔵書票と榛の会の年賀状」〜2/25(日)
  <月(1/8、2/12は開館)12/29(金)〜1/3(水)1/9(火)2/13(火)休館>

【富山】
南砺市立福光美術館,☆第22回「なんと版画年賀状公募展」1/20(土) 〜2/18(日)

【石川】
石川県七尾美術館
 ☆テーマII「彫刻って面白い!〜これってなんだ?からそっくりまで〜」〜2/12(月・振)
    <〜1/3、月(祝日の場合は翌日)休>
【山梨】
南アルプス市立美術館,☆「深沢幸雄の仕事 命の根源を詩う」〜1/14(日)<〜1/4、1/9休>

【長野】
日本浮世絵博物館
 ☆「絵の中で触れる・聴く イメージして楽しむ浮世絵」前期・触れる編:1/4(木)〜2/12(月・振)
    後期・聴く編:2/14(木)〜3/24(日)
北斎館,☆「浮世絵のいろは」〜1/14(日)

【静岡】
島田市博物館分館(海野光弘版画記念館・島田市民俗資料館)
 ☆収蔵品展・海野光弘「海野光弘×民俗資料室・海野さんが描いた道具たち」〜3/24(日)
   <月(祝日の場合は翌日)年末年始(12/25(月)〜1/3(水))休>

【愛知】
貨幣・浮世絵ミュージアム,☆浮世絵版画企画展「神さま、お願い!―江戸の旅と信仰」〜2/4(日)

【三重】
マコンデ美術館,☆企画展「アブストラクトなマコンデ」1/24(水)〜5/20(月)

【大阪】
上方浮世絵館,☆第88回企画展「謎多き大阪の浮世絵師たち〜史料からみる上方浮世絵〜」〜2/25(日)

【鳥取】
祐生出会いの館,☆企画展「趣味人たちのお正月展IIー祐生年賀状と宝船」〜1/22(月)<火曜日と年末年始(12/29〜1/4)休>

【島根】
モニュメント・ミュージアム来待ストーン,☆冬季企画展「石と水 水の都の来待石」〜3/11(月)

【岡山】
井原市立田中美術館,☆所蔵名品展「平櫛田中賞―彫刻の未来をつなぐものたち―」〜1/28(日)<月(祝日の場合翌日)年末年始(12/28〜1/4)休>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14529] 【兵庫】神戸ファッション美術館/日本の切り絵 7人のミューズ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/01/03(Wed) 16:46:49

 六甲アイランドの神戸ファッション美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=1で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「日本の切り絵 7人のミューズ」〜1/28(日)
    〜1/3、月曜(祝日の場合は翌日)休館
    入館料金:一般1000円 大学生・65歳以上500円 高校生以下無料
         神戸市内在住の65歳以上無料
     神戸ゆかりの美術館、小磯記念美術館の当日入館券(半券)をお持ちの方は割引あり

 切り絵は、紙の切り口や線を生かしながら描きだす独自の質感や効果を持った表現方法。日本を代表する7人の女性切り絵作家の代表作や新作を含めた105点を展示。
 日本の伝統的な紙を用いた作品や、繊細なレースを想起させるような緻密な作品、1枚の紙から切り出されたとは思えないほどに立体的な作品、切り出した細かいパーツを組み合わせる技法、生き物の生命力を最大限に引き出す表現など、多岐にわたる現代の切り絵の表現方法を紹介。
《メイさんの日》2020年/松原真紀
《本望》2019年/松原真紀
《昂然(孔雀)》2019年/切り剣Masayo
《Sea Star》2021年/蒼山日菜
《LIFE-SIZED「surprise(驚き)」》2013年/福井利佐
《満月だよ「黄」より》2016年/柳沢京子
《無題》2019年/筑紫ゆうな
《team BLUE》2019年/松原真紀 など

スペシャルイベント/SouMaアーティストトーク:1/13(土)午後3〜4時
  展示室内、定員20名
 整理券はチケットカウンター(受付)にて正午より配布、要入館券・招待券

学芸員によるギャラリートーク(展示解説)1/11(木)午後2時〜30分程度
  展示室内、定員20名
 整理券はチケットカウンター(受付)にて正午より配布、要入館券・招待券
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14535] 【京都】ZENBI-鍵善良房/「光の器」樂雅臣彫刻展[1/6(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/01/05(Fri) 20:59:44

 京阪祇園四条の、ZENBI-鍵善良房-KAGIZEN ART MUSEUM http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=74
で1/6(土)から開催される展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「光の器 樂雅臣彫刻展」1/6(土) 〜4/7 (日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般1000円 中高大生700円 小学生以下無料

 桃山時代、千利休に重用され樂焼を創設した樂家初代長次郎から450年、15代吉左衞門の次男として生まれた樂雅臣は「石の中に表現を、表現と共に自然を」を信念とし、石を主材とする彫刻家。
 樂雅臣は、20代で『輪廻』、30代で『Stone box』と名付けたシリーズを発表し、作品の形を変えながらも「自然における生命の循環と摂理」という一貫したテーマで、40代を迎えた2022年からは、石を器状に彫り出し焼成した『石器』シリーズに力を注ぐ。
 本展では「幽玄 光の世界」、「輪廻 転ずる形」、そして「現世(うつよ) 物質世界」という構成で、光を透過するアラバスターを用いた新作《石器 光の器》、神武岩(溶結凝灰岩)を焼成した《痕跡 石器》、色や表情の異なる大理石からなる『輪廻』の小品《Element Series》など、約30点を展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14584] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/02/03(Sat) 00:43:39

 開催中またはこれから開催される版画や彫刻の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
本郷新記念 札幌彫刻美術館
 ☆コレクション展 かく語りき本郷新 「彫刻は詩の塊だ!」〜5/26(日)
 ☆コレクション展〈記念館〉「石と木」4/29(土・祝)〜5/26(日)
モエレ沼公園ガラスのピラミッド,☆「札幌国際芸術祭2024 未来の雪の公園」〜2/25(日)

【宮城】
カメイ美術館,☆亀井昭伍切手コレクションより「アジアの蝶切手」〜3/3(日)

【茨城】
笠間日動美術館,☆テーマ展 セキショウコレクション「駒井哲郎と中村直人」〜4/7(日)

【栃木】
鹿沼市立川上澄生美術館
 ☆市制75周年記念企画展 館長プロデュース「川上澄生 「刷り」という実験室」〜4/7(日)
 ☆「版画の年賀状展」〜2/4(日)
那珂川町馬頭広重美術館
 ☆企画展「タイムスリップ明治−夭折の絵師井上安治の「東京」−」2/10(土)?3/24(日)

【群馬】
高崎シティギャラリー,☆第2展示室 第44回「高崎市小・中学校防火ポスター展」2/23 (金) 〜2/27 (火)

【埼玉】
川越市立美術館,☆タッチアートコーナー「高田純嗣展」〜3/24(日)

【千葉】
千葉市美術館,☆企画展「サムライ、浮世絵師になる!鳥文斎栄之展」〜3/3(日)
菱川師宣記念館(鋸南町歴史民俗資料館)
 ☆「浮世絵美人 時代を彩る女性たちを描いた絵師」前期:〜2/4(日)
                後期:2/6(火)〜3/17(日)
【福井】
越前和紙の里 紙の文化博物館
 ☆「助田あつお回顧展 ふくいガリバンものがたり」〜3/25(月)
若州一滴文庫
 ☆特別展示 収蔵品展「水上勉の集めた美術の粋展」2/7(水)〜6/3(月)
 ☆「京都墨彩画壇 選抜展−自由に想像表現した新時代の水墨画・墨彩−」4/5(金)〜4/29(月・振)

【山梨】
身延町西嶋和紙の里みすきふれあい館,☆「内海仁美 版画展」3/8(金)〜3/24(日)

【長野】
須坂版画美術館 平塚運一版画美術館
 ☆「ハイカラな版画たち〜街と人と版画と〜」〜4/14(日)
 ☆「新収蔵品展」〜4/14(日)

【静岡】
静岡市東海道広重美術館
 ☆令和5年度 第5回企画展「浮世絵花ごよみ
    〜浮世絵で楽しむ江戸の花〜」Part 1:〜 2/25(日)
             Part 2:2/27(火)〜3/31(日)
富士山かぐや姫ミュージアム
 ☆武田弘富士山コレクション特集展示「富士山テレカの世界」〜4/14(日)
 ☆富士川かりがね橋架橋記念・富士川橋開通100周年記念 第60回企画展.
    「東海道にかける富士の橋」〜3/10(日)
【愛知】
貨幣・浮世絵ミュージアム
 ☆浮世絵版画企画展「街道SOUND ほいほい、シャクシャク、りんりんりん」2/7(水)〜5/12(日)
かみや美術館,☆企画展「日本作家の版画 展」〜3/31(日)

【京都】
京都dddギャラリー
 ☆第240回企画展「MIRROR/MIRROR:カナダ・日本 現代版画ドキュメント」〜3/17(日)

【大阪】
あべのハルカス美術館,☆開館10周年記念「広重―摺りの極―」7/6(土)〜9/1(日)
さかい利晶の杜
 ☆堺市所蔵美術作品展「安井寿磨子展 夢のつぶて―今わたしにできること」〜2/18(日)銅版画

【山口】
ときわミュージアム 緑と花と彫刻の美術館
 ☆「粟津潔展 野外彫刻リサーチ vol.1 ー異種交配するデザインー湖水ホール」2/9(金) 〜3/17(金)  

【愛媛】
畦地梅太郎記念美術館
 ☆「畦地梅太郎 粋を集めた版画集」2/2(土)〜5/6(月・振)
 ☆「佐伯孝昭版画展−命をつなぐ−」5/10(金)〜7/29(月)
 ☆「畦地梅太郎 下絵・版画展2−版画の始まりと終わり」8/2(金)〜10/28(月)
 ☆「兵頭浩章 クジランドへの旅2(仮称)」11/1(金)〜令和7年1/27(月)

【長崎】
山本美術館,☆2024年特別企画展第1弾「花鳥画木版画展」2/1(木)〜5/26(日)

【沖縄】
浦添市美術館,☆「柴田あゆみ かみがみの森」2/2(金)〜3/10(日)切り絵
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14626] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/02(Sat) 23:57:35

 開催中またはこれから開催される版画や彫刻の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【徳島】
相生森林美術館,☆館蔵品展「木の彫刻と木版画」〜4/21(日)

【香川】
香川県立ミュージアム,☆「香川の建築アーカイブ」〜4/7(日)

【愛媛】
大洲市立肱川風の博物館・歌麿館,☆「名所江戸百景展−復刻版−」〜4/7(日)

【長崎】
長崎歴史文化博物館
 ☆企画展 浦上コレクション「北斎漫画〜驚異の眼・驚異の筆〜」4/6(土)〜5/26(日)

【大分】
大分県立美術館
 ☆江戸東京博物館コレクションより「北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦」7/26(金)〜9/8(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14642] 【大阪】浮世絵美術館/歌川広重 うきうき浮世絵 展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/12(Tue) 20:18:04

 心斎橋の大阪浮世絵美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=64で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「歌川広重 うきうき浮世絵 展」〜7/21(日)
   会期中無休
   入館料金:大人1000円 学生600円 小学生300円

 歌川広重の作品を中心に、浮世(江戸時代の“今”のこと)をうきうきと謳歌して生きている「人」に焦点をあてる。歌川広重の代表作 保永堂版「東海道五十三次」が旅のわくわくを、「京都名所之内」「浪花名所図会」など広重の人気の高い作品が名所を目の当たりにした時の感動を伝える。また、国芳・芳艶・貞秀といった歌川派の浮世絵師や、広重の名を襲名した門人二代広重や三代広重の作品など、合わせて55点の浮世絵版画を展示。無料貸出のルーペを利用して小さなサイズながら非常に高度な技術で作られている浮世絵版画を鑑賞。
 歌川広重「東海道五十三次 熱田神事」
  歌川広重「京都名所之内 四条河原夕涼」
  歌川広重「東海道五十三次 鳴海 名所有松絞」
  歌川広重「浪花名所図会 堂じま米あきない」など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14645] 【愛知】貨幣・浮世絵ミュージアム/街道SOUND ほいほい、シャクシャク、リンリンリン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/12(Tue) 23:47:19

 名古屋市栄の貨幣・浮世絵ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17で開催中の浮世絵展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆浮世絵版画企画展「街道SOUND ほいほい、シャクシャク、リンリンリン」〜5/12(日)
   祝日(3/20、4/29、5/3〜5)休館
   入館無料

 歌川広重の絵画世界から、江戸時代の旅路を彩る音を掬いあげて紹介。街道を往く雲助や大名行列の掛け声、馬鈴や僧が持つ錫杖の清らかな音、瞽女の爪弾く物悲しい三味線の音、土地特有の言葉や唄など、江戸時代にも旅路ならではの音に、時空を超えた未知の体験。

寄れー、寄れー! 大名行列のお通りだ!「行書東海道 東海道五十三次之内 大磯」
チントンシャン 瞽女の弾き語り「雙筆五十三次 舞坂 今切海上風景」
シャクシャク 錫杖は清めの音色 
 「蔦吉東海道 東海道 十三 五十三次之内 沼津 足がら山 不二のすそ」
りんりんりん 馬鈴は旅路の音「人物東海道 五十三次 府中」
お国はどちらで? お国訛りと土地の唄 
 「竪絵東海道 五十三次名所図会 十六 蒲原 岩渕の岡より不二河眺望」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14649] 【京都】アサヒグループ大山崎山荘美術館/蘭花譜と大山崎山荘 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/12(Tue) 23:51:51

 アサヒグループ大山崎山荘美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=159で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆加賀正太郎没後70年・ニッカウヰスキー90周年記念
「蘭花譜と大山崎山荘 ―大大阪時代を生きた男の情熱」〜5/12(日)
  4/8、4/15、4/22(月)、4/30、5/7(火)休館
  入館料金:一般1100円 高大生500円 中学生以下無料
       障害者手帳をお持ちの方300円

 近世から近代にわたり経済の中心地として発展した船場(現在の大阪市中央区の一角)に生まれ、大大阪時代のただなかで活躍した実業家・加賀正太郎(1888-1954)。ニッカウヰスキーの前身である大日本果汁株式会社設立への貢献をしたが、本年はニッカウヰスキー創立から90年を迎える年でもある。
 本展では、加賀正太郎の足跡をたどり、彼が後世に残した大山崎山荘と『蘭花譜』を広く紹介。加賀が自ら育てた蘭をモチーフに監修・制作した木版画83点、カラー図版14点、単色写真図版7点の104点で構成される植物図譜『蘭花譜』(1946年発行)は、木版画の美しい色彩や技法は高い評価を得る。若き実業家が大山崎の地に咲き誇らせた、蘭と文化の香りに思いをはせる。
 『蘭花譜』No.40 パフィオペディルム・キング・アルバート
 『蘭花譜』No.72 レリオカトレヤ・ペレウス‘オオヤマザキ’
 中村清太郎「大山崎山荘図会」(1932年)当館蔵
 『茨木カンツリー倶楽部10周年記念誌』(1934年発行)よりポスター・フライヤー など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14680] 【千葉】DIC川村記念美術館/カール・アンドレ彫刻と詩、その間 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/23(Sat) 09:53:54

 佐倉市のDIC川村記念美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=12&c=43で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「カール・アンドレ 彫刻と詩、その間」〜6/30(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般1800円 学生(専門学校・予備校をを含む)65歳以上1600円
        高校生以下
        障害者手帳をお持ちの方と付添1名 無料

 1960年代後半のアメリカを中心に興隆したミニマル・アートを代表する彫刻家カール・アンドレ(1935&#8211;2024)。同一の形と大きさに加工した木、金属、石を床に直接置き、規則的に広がるアンドレの典型的な彫刻作品を大きな空間で展開し、自身の作品を、それが置かれる周りの空間に作用するものであることを「場としての彫刻」という言葉で表す。整然として無機質なものが金属の光沢や錆、木の手ざわり、石の重みなど、物質それ自体の大らかな姿をあらわし、不揃いなユニットが並んでいることにも気が付く。また、タイプライターで断片的な単語を打ち込んで構成されるアンドレの詩をまとまったかたちで紹介。
 《メリーマウント》1980年 米杉の角材21本
 《ベルギカブルー・ヘクサキューブ》1988年
       ベルジャンブルー・ライムストーンの立方体36個
 《9つのアルミ、シー/ソーの列》2016年 アルミニウム板9枚
 《6つの組み合わされた作品》2019年 木片12個 
 《上昇》2011年 熱延鋼の直角板21枚
 〈セブン・ブックス〉1969&#8211;1979年&#8203;&#8203;&#8203;&#8203; ファイルに入ったゼロックス・プリント
 〈ユカタン〉1972/1975年 タイプライター用紙にコピー、26枚

クロストーク 〈要予約〉5/11(土) 午後1時30分〜3時
梅津元氏(芸術学)× 林卓行氏(美術批評)
定員50名、受付開始:会員4/19(金)、一般4/26(金)

パフォーマンス:環ROY(ラッパー)
4/12(金)午後4時〜4時30分 予約不要

学芸員によるギャラリートーク :4/20(土)5/17(金)6/14(金) 午前11時30分より
館内受付にて当日午前9時30分より随時受付(先着35名)

ガイドスタッフによる定時ガイドツアー 〈要予約〉毎日午後2時より
館内受付にて当日午前9時30分より随時受付(先着20名)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14695] 【東京】アーティゾン美術館/ブランクーシ 本質を象る[3/30(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/24(Sun) 23:15:46

 東京・京橋のアーティゾン美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=33で3/30(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ブランクーシ 本質を象る」3/30(土)〜7/7(日)
   月曜休館(4/29、5/6は開館)4/30(火)5/7(火)休館
   入館料金:ウェブ予約チケット1800円
        窓口販売チケット 2000円
        ローソンチケットにて購入1800円
        学生無料(要ウェブ予約)

 純粋なフォルムの探究を通じて、ロダン以後の20世紀彫刻の領野を切り拓いた存在として知られルーマニア出身の彫刻家、コンスタンティン・ブランクーシ(1876-1957)。彫刻、フレスコ、テンペラなどの絵画作品やドローイング、写真作品などブランクーシの創作活動の全体を紹介。彫刻作品約20点に、絵画作品、写真作品を加えた、計約90点で構成。

コンスタンティン・ブランクーシ《苦しみ》1907年
               《接吻》1907ー10年
               《眠れるミューズ》1910ー11年
               《雄鶏》1924年(1972年鋳造)
               《ボガニー嬢II》1925年(2006年鋳造)

土曜講座:午後2〜3時30分(開場1時30分)館サイトより申込み:4/5(金)より
第3回 5/18(土)「彫刻写真史のなかのブランクーシーアトリエ・光・再創造ー」
           金井 直氏(信州大学人文学部教授)
第4回 6/15(土)「モダン・アートにおけるブランクーシ」島本 英明氏(学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明.


  [No.14727] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/01(Mon) 00:20:30

 開催中またはこれから開催される版画や彫刻の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館,☆企画展「みて、ふれて 彫刻巡回展示のなかまたち 」〜5/19(日)
北海道立旭川美術館
 ☆生誕90年記念「藤戸竹喜の世界展」9/14(土)〜11/17(日)
 ☆「追悼 彫刻家・板津邦夫」12/3(火)〜令和7年3/16(日)<12/26(木)〜1/10(金)は休館>

【岩手】
岩手町立 石神の丘美術館
 ☆企画ギャラリー 柴田真樹版画コレクション2「ルオーに魅せられて」
   「版画に魅せられて」9/7(土)〜11/4(月・振)
リアスアーク美術館
 ☆開館30周年記念展ワークショッププロデュース「デザインってなんだ?
    グラフィックデザインとひと・まち・くらし」9/18(水)〜10/27(日)
【山形】
酒田夢の倶楽・華の館,☆白旗孝夫「切り絵展」8/24(土)〜10/7(月) 

【福島】
福島県立博物館,☆企画展「幕末明治の浮世絵百年―大江戸の賑わい―」4/27(土)〜6/16(日)
郡山市立美術館
 ☆「奇想の版画 16、17世紀西洋版画の世界(仮)」???11/9(土)〜12/27(金)
 ☆生誕130年記念「北川民次展 メキシコから日本へ」?令和7年?1/25(土)〜3/23(日)

【茨城】
茨城県近代美術館,☆企画展「石岡瑛子 I( アイ)デザイン」4/27(土)〜7/7(日)

【栃木】
鹿沼市立川上澄生美術館
 ☆「雲?雲!?雲!!雲の百面相 展」4/13(土)〜9/1(日)
 ☆「文明開化のニッポン 浮世絵師が描いた明治」9/14(土)〜11/17(日)
 ☆「川上澄生 艶と徒の世界」11/23(土)〜令和7年3/30(日)
小杉放菴記念日光美術館,☆「はしもとみお展─時を刻むいきものたち─」4/13(土)〜6/16(日)
那珂川町馬頭広重美術館,☆企画展「浮世絵植物展へようこそ」4/6(土)〜5/12(日)

【東京】
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション,☆「南桂子銅版画展ー春」〜5/19(日)

【新潟】
新潟市美術館,☆企画展「もしも猫展」4/13(土)〜6/2(日)
新潟県立歴史博物館,☆春季企画展「動物たちの浮世絵」4/20(土)〜6/9(日)

【富山】
砺波市美術館
 ☆2024となみチューリップフェア特別展
    「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界」4/13(土)〜6/9(日)
【山梨】
山梨県立美術館,☆萩原英雄の「イソップ物語」連作 〜6/2(日)

【長野】
日本浮世絵博物館,☆「絵で読む『源氏物語』ー江戸と明治のひろがりー」〜6/23(日)
市立岡谷美術考古館,☆収蔵作品展「林清登切手コレクション展」〜5/12(日)
おぶせミュージアム,☆収蔵品展「浅春の趣」〜4/16(火)
北斎館,☆企画展「北斎と感情」4/6 (土)〜6/9 (日)

【岐阜】
岐阜県美術館,☆所蔵品展「象る?彫刻コレクションより」4/16(火)〜9/8(日)
大垣市スイトピアセンター
 ☆日本国際ポスター美術館所蔵「ポスター展2024〜それぞれの物語〜」4/27(土)〜6/9(日)
光ミュージアム,☆生誕90年記念「池田満寿夫展」〜7/1(月)
飛騨高山まちの博物館
 ☆岐阜県博物館移動展「UKIYO-E−多岐多様−」【前期】4/6(土)〜5/6(月・振)
                      【後期】5/8(水)〜6/9(日)
【静岡】
静岡市美術館
 ☆没後35周年記念「平野富山展ー平櫛田中と歩んだ彩色木彫、追求の軌跡」6/6(木)〜7/15(月・祝)
静岡市東海道広重美術館
 ☆令和6年度 第1回企画展「双筆〜めいしょ広重×にかほ豊国〜」Part1:4/2(火)〜4/29(月・祝)
                    Part2:5/1(水)〜5/26(日)
島田市博物館分館(海野光弘版画記念館・島田市民俗資料館)
 ☆令和6年度収蔵品展「海野光弘 花の便り」4/2(土)〜6/9(日)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター,☆第2回「工藤潔・梶野敬介 彫刻二人展」4/16(火) 〜 4/21(日)

【滋賀】
草津市立水生植物公園みずの森,☆「和紙ちぎり絵作品展」4/9(火)〜4/21(日)
佐川美術館,☆「佐藤忠良 静と動」〜6/9(日)

【京都】
京都府立堂本印象美術館,☆第7回「野外彫刻展」〜5/17(金)

【大阪】
中之島香雪美術館
 ☆特別展「北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦 江戸東京博物館コレクションより」4/13(土)〜5/26(日)
和泉市久保惣記念美術館
 ☆常設展「六十余州名所図会―広重と巡る日本の風景―」6/30(日)〜8/25(日)

【岡山】
岡山県立美術館
 ☆特別展「北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦 江戸東京博物館コレクションより」6/7(金)〜7/7(日)

【沖縄】
那覇市民ギャラリー
 ☆「上條文穂彫刻展 四月の雨はれクモリ」4/9(火)〜4/14(日)
 ☆ウッドバーニング作品展「潜熱」4/16(火)〜4/21(日)
 ☆「版画工房コントルポワン展」4/23(火)〜4/28(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14757] 【東京】オペラシティアートギャラリー/宇野亞喜良展 AQUIRAX UNO 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/14(Sun) 11:21:36

 新宿・初台の東京オペラシティアートギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=93で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「宇野亜喜良展 AQUIRAX UNO」〜6/16(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     入館料金:一般1400円 高大生800円 中学生以下無料
    
 1960年代「イラストレーション」「イラストレーター」という言葉を広めて時代を牽引し、日本を代表するイラストレーター、グラフィックデザイナー宇野亞喜良(うの・あきら1934-)。イラストレーション、ポスター、絵本、書籍、アニメーション映画、絵画、舞台美術など多岐におよぶ、宇野の初期から最新作までの全仕事を網羅する、過去最大規模の展覧会。1950年代の企業広告をはじめ、1960年代のアングラ演劇ポスターや絵本や児童書、近年の俳句と少女をテーマとした絵画など、多彩で貴重な原画や資料等を紹介し、宇野の華麗で耽美な創作世界に迫る。

宇野の幅広い仕事を、12のトピックでジャンルごとに紹介します。
1. プロローグ 名古屋時代
2. グラフィックデザイナー 宇野亞喜良
「カルピス広告」原画 1956頃
3. 企業広告
「スタジオRe」ポスター 1965
「マックスファクター(Renaissance Collection)」ポスター 1965頃
4. アニメーション映画
 1960年代『白い祭』、『お前とわたし』、『午砲(ドン)』 3本の短編アニメーション映画
5. ポスター
「ミケランジェロの言葉」ポスター 1968
6. 絵本・児童書
『あのこ』原画 1966
7. 版画集・作品集
8. 新聞・雑誌
「母の友」(1964.9)表紙原画
 活路『週刊現代』原画 1994
9. 書籍
 ことわざはお好き?『恋する魔女(For Ladies)』原画 1966
 幸福についての七つの詩『ひとりぼっちのあなたに(For Ladies)』原画 1965
10. 絵画・立体作品
 《餃子姫》2013
11. 舞台美術
「Project Nyx第4回公演 星の王子さま」衣装原画 2009
12. 近作・新作
 《龍の落とし子》2020
 演劇実験室◎天井棧敷公演『星の王子さま』ポスター 1968
 『きんのおの』原画 2017
 「三井信託銀行」ポスター 1971
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14759] 【富山】砺波市美術館/今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/14(Sun) 12:26:37

 砺波市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=16&c=43で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2024となみチューリップフェア特別展 「今森光彦 自然と暮らす切り紙の世界」〜6/9(日)
   4/21(日)22(月)5/6(月・振)7(火)20(月)休館
   入館料金:一般800円(700円)高校生以下100円(80円)
        小学生未満、障がい者(介助者1名を含む)無料
         ( )内は20名以上の団体料金、65歳以上の割引料金
        フェア期間中は、2024となみチューリップフェアに入場すると無料

 幼い頃から「生きもの少年」として豊かな自然に親しみ、今も自然と関わりながら里山で暮らす今森光彦氏は、自然写真家としての活動一方で、ハサミ一本で生命力あふれる生きものを生み出す切り紙作家でもある。本展では、鳥や昆虫などのさまざまな生きものをモチーフにした切り紙作品のほか、今森氏の里山でのライフスタイルを紹介う。
   今森光彦《パンサーカメレオンとパキポディウム》
       《トビトカゲとバナナ》
       《ハチドリとトケイソウ》
       《ワシミミズクとヒマラヤスギ》など

今森光彦アーティストトーク&ワークショップ:5/25(土)

アーティストトーク:午前11時〜 申込不要
ワークショップ:館サイトにて要申込
 午後2〜3時30分、2階 市民アトリエにて、参加費500円
 対象:子供・親子向け 定員30名 
 4/14(日)までに、館サイトのフォームより申込み、多数の場合抽選

 各イベント終了後、書籍購入者に、サイン会を実施(各回100名)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明
>                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.14809] 【栃木】市立美術館/アルフォンス・ミュシャ 魂と装飾の芸術 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/25(Thu) 23:58:11

 栃木市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=09&c=8で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「アルフォンス・ミュシャ 魂と装飾の芸術」前期:〜5/19(日)
                    後期:5/21(火)〜6/9(日)
    月曜休館(祝日の場合は開館)4/30(火)5/7(火)休館
    入館料金:一般・高大生 800円 中学生以下無料
    身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方と介助者1名無料

 19世紀末にヨーロッパで流行した芸術様式、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860〜1939)は現在のチェコ共和国に生まれ、絵の道を志してドイツやフランスに渡るも始めは無名で、サラ・ベルナール主演の舞台ポスターを制作したことで人気作家となり、その後もポスターを中心に華やかで可憐な作品を生み出す。芸術家として祖国のスラヴ民族のために大作を残すことを志すミュシャは、アメリカで資金を集めて、祖国に戻る。本展ではミュシャの華やかな装飾の芸術と、民族としての魂を表す芸術を紹介し、その生涯の画業を追う。
 アルフォンス・ミュシャ《黄道十二宮 ラ・プリュム誌のカレンダー》1896年 カラーリトグラフ
            《春》1896年 カラーリトグラフ
            《黄昏》1899年 カラーリトグラフ
            《夜明け》1899年 カラーリトグラフ など

所蔵者によるギャラリートーク;尾形寿行氏(OGATAコレクション所蔵者)
5/19(日)5/25(土)6/2(日)午後2時〜 1時間程度

学芸員によるキッズギャラリートーク
5/5(日・祝)午後2時〜30分(当館館長)
5/25(土)午前10時30分〜11時(教育普及担当)
対象:小学生以下

学芸員によるミニ講座「アール・ヌーヴォーとジャポニスム」
5/6(月・振)午後2〜3時。小学生以下は保護者の同伴必須
定員40名(要事前申込、先着順)
きららの杜とちぎ蔵の街楽習館(栃木市市民交流センター)4階講義室
電話で申込、0282-25-5300

こどもの日青空演奏会:5/5(日・祝)午前11時〜30分
柏崎直之氏(エレクトーン)
美術館・文学館ひろば ※雨天時、栃木市立文学館とちぎサロン

こどもの日ワークショップ トートバッグデザイン!
5/5(日・祝)
   【1】午前10時〜 【2】午前10時30分〜 【3】午後1時30分〜 【4】午後3時〜
対象:中学生以下 栃木市立文学館とちぎサロンにて
定員各回5名(要事前申込、先着順)
材料費:1人500円(トートバッグ等)
電話で申込、0282-25-5300、一度の申込で2名まで
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14812] 【茨城】県近代美術館/石岡瑛子 I デザイン[4/27(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/04/27(Sat) 10:45:10

 水戸市の茨城県近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=08&c=1で本日4/27(土)から開催の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「石岡瑛子 I デザイン」4/27(土)〜7/7(日)
    月曜休館(4/29〜5/6は無休)5/7(火)休館
    入館料金:一般1000円 満70歳以上500)円 高大生730円 小中生370円
         土曜日は高校生以下無料
         障がい者手帳・指定難病特定医療費受給者証等を持参者は無料
         4/27(土)は満70歳以上の方は無料

 広告、舞台美術、衣装デザインなど多分野で活躍したデザイナー・石岡瑛子(1938−2012)の没後10年記念展。石岡の、キャリア初期における資生堂やPARCO の代表作をはじめ、東京を拠点にしていた1960−80 年代の仕事を中心に、アートディレクターとしてのポスターやCM、グラフィックアートからスケッチまで、約500点を一挙公開。
 本展は、常に革新的なヴィジュアルを目指した石岡のデザイン哲学と、彼女が表現者として生涯にわたって磨き抜いた「I=私」を浮き彫りにし、圧倒的な熱量を“体感”する。
1幕 知性と品性、感性を磨く―資生堂デビューと新しい女性像の創造―
 「太陽に愛されよう 資生堂ビューティケイク」資生堂ポスター (1966)
2幕 あの頃、街は劇場だった―1970’s 渋谷とパルコ、広告の時代―
 「西洋は東洋を着こなせるか」PARCO ポスター (1979)
 「鶯は誰にも媚びずホーホケキョ」PARCO ポスター 1976年
3幕 着地は熱情であらねばいけない―裸のアートワークに映る私―
4幕 本も雑誌もキャンバスである―肉体としてのブックデザイン―
 「女性よ、テレビを消しなさい 女性よ、週刊誌を閉じなさい」 角川書店ポスター 1975年
5幕 地球のすべてが私のスタジオ―I デザインは境界も時代も超える―
 「ドラキュラ」映画ポスター (1992)
 「NEW MUSIC MEDIA」 音楽祭ポスター 1974年「NEW MUSIC MEDIA」
 「Tradition et Nouvelles Techniques」展覧会ポスター 1984年
 「地獄の黙示録」映画ポスター 1979年
 マイルス・デイヴィス 「TUTU」レコードジャケット (1986)など

講演会 4/27(土)午後2〜3時30分、地階講堂にて、定員250名(申込不要、参加無料)
「石岡瑛子の「I」をめぐって」河尻 亨一氏(本展監修者、編集者、作家)

学芸員によるギャラリートーク:5/25(土)6/16(日)午後2〜3時、澤渡麻里氏(本展担当学芸員)
2階企画展示室(申込不要)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のチラシとホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14840] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/03(Fri) 23:47:28

 開催中またはこれから開催される版画や彫刻の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
札幌市資料館,☆プリシラ木彫展「全部、太郎」5/14(火)〜5/19(日)
北海道立近代美術館
 ☆近美コレクション「浮世絵のヒロインたち
      組物・続き絵から生まれるストーリー」7/9(火)〜 9/26(木)
【青森】
青森市森林博物館,☆「東海道 五拾三次 菊地敏夫 切り絵展」〜5/26(日)
鷹山宇一記念美術館
 ☆開館30周年記念特別展 日本藝術院会員/彫刻家
   「吉野毅 展〜内なる美、静謐の美学〜」〜6/23(日)

【東京】
国立西洋美術館
 ☆企画展「内藤コレクション 写本?いとも優雅なる中世の小宇宙」6/11(火)〜8/25(日)
 ☆小企画展「西洋版画を視る―リトグラフ:石版からひろがるイメージ」6/11(火)〜9/1(日)
台東区立朝倉彫塑館,☆特集「没後60年 朝倉文夫の世界―女性像―」〜6/5(水)
浮世絵太田記念美術館
 ☆「月岡芳年 月百姿」 後期:5/3(金)〜5/26(日)
 ☆「国芳の団扇絵―猫と歌舞伎とチャキチャキ娘」前期:6/1(土)〜6/25(火)
                 後期:6/29(土)〜7/28(日)
【静岡】
佐野美術館,☆「はしもとみお展―時を刻むいきものたち―」10/5(土)〜12/22(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明,


  [No.14868] 【栃木】鹿沼市立川上澄生美術館/雲?雲!?雲!!雲の百面相展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/28(Tue) 23:57:30

 鹿沼市立川上澄生美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=09&c=17で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「雲?雲!?雲!!雲の百面相展」〜9/1(日)
    月曜と6/25(火)、7/16(火) 、8/13(火)休館
    入館料金:一般300円 高大生200円 小中生100円
         毎週土曜日は小・中学生無料
         第3日曜は鹿沼市内の小中生と同伴の家族は無料
         障がい者手帳所持者と介護者1名は無料
         6/15(土)は栃木県民の日、9/1(日)は洋燈忌(川上澄生の命日)のため無料

 清少納言は『枕草子』のなかで「雲は、白き。紫。黒きも、をかし。」と書き、日々移ろいゆく雲のありように心を動かされた。今日も、雲は変わらず、近代・現代の木版作家が描く雲はまさに百面相!穏やかな雲、静かな雲、激しい雲、何かおかしな雲など、いろいろな表現を見ることができる。館蔵コレクションのなかから選んだ様々な雲の作品を紹介し、雲の表現や作家が雲に寄せた想いに迫りまる。
 中村美穂《青い風に吹かれて》2019(平成31)年 水性木版、雲肌麻紙 第24 回鹿沼市立川上澄生美術館木版画大賞準大賞
 川上澄生《初夏の風》(1926年)(特別展示期間〜6/2(日)となります。


館長と楽しむ作品鑑賞会:6/15(土)午後2時〜30分 2階展示室にて、事前申込不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14872] 【東京】品川区立品川歴史館/品川歴史館浮世絵コレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/31(Fri) 00:00:17

 品川区立品川歴史館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=179で開催中のリニューアルオープン展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和6年度リニューアル記念企画展
「品川を彩る名品たちー品川歴史館浮世絵コレクションー」中期:〜6/2(日)
                      後期:6/4(火)〜6/30(日)
 御殿山など徳川将軍家にゆかりも深く東海道第一番目の宿場として栄えた品川は、喜多川歌麿や歌川広重、葛飾北斎などの有名絵師によって多く描かれ、名所絵、美人画、役者絵など、さまざまに品川の様子がとらえられる。本展では「東海道品川宿」、「品川と歌舞伎」、「品川の名所とその周辺」、「海辺のくらし」、「変化する品川」という5つの項目で江戸時代中期〜明治時代初期の品川を描いた錦絵を紹介。
(中期展示)歌川芳藤「海景宝乃蔵入」〔1851(嘉永4)年〕
(後期展示)小林清親「高輪牛町朧月景」〔1879(明治12)年〕
(後期展示)歌川広重(初代)「東海道五拾三次之内 品川 日之出」〔1833(天保4)年頃〕など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14876] 【富山】県美術館/エッシャー 不思議のヒミツ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/31(Fri) 00:03:33

 富山市の富山県美術館 http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=16&c=3で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆北日本新聞創刊140周年記念「エッシャー 不思議のヒミツ」〜6/30(日)
    水曜休館
    入館料金:一般1500円 大学生1000円 高校生以下無料
         各種手帳をお持ちの障がい者と付添者1名は無料

 エッシャ−(マウリッツ・コルネリス・エッシャー。1898-1972年、オランダ生まれ)の版画は、ある形で平面をくまなく覆い尽くす「テセレーション(敷き詰め)」、一つの形が次第に別の形へと変形する「メタモルフォーゼ(変容)」など、人間の視覚や錯覚を利用した緻密で幾何学的な画風が特徴。本展は、オランダのエッシャー財団の全面的協力のもと、初期のイタリアの風景から「だまし絵」的な代表作まで、約160点を一堂に紹介し、作品をイメージさせるセットなどを使って、エッシャーの作品を体感するコーナーも。

ギャラリートーク「エッシャー 不思議のヒミツ」6/1(土)6/16(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14878] 【愛媛】ミウラート・ヴィレッジ/池川敏幸展〜素心のかたち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/31(Fri) 00:05:09

 松山市堀江のミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=38&c=1で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「池川敏幸展〜素心のかたち」〜8月4日(日)
    月火曜休館(祝日は開館)
    入館料金:一般600円 高大生300円 中学生以下無料
         65歳以上の方、障がい者と同伴者1名は無料

 愛媛県東温市出身の彫刻家、池川敏幸氏(1929-2022)の三回忌の年にあたり開催。池川敏幸氏は中島町立野忽那小学校の教師となったが、夜間中学講師をしながら、東京教育大学芸術学科を25歳で卒業して彫刻家を目指す。福岡県立田川高等学校教諭を経た後、香川大学教育学部教授として美術教育と彫刻に専念。二科展を中心に作品を発表し、愛媛県内の学校、香川県内の公共施設や公園に多くの彫刻が設置され、斬新な表現で人々を魅了した。平成29年にアトリエを改装して開館し、令和5年に名称を変更した一般財団法人池川彫刻美術館の全面協力で池川敏幸作品を紹介。

ギャラリートーク:6/2(日)8/4(日)午後2〜3時
   池川直氏(彫刻家・一般財団法人池川彫刻美術館館長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14882] 【東京】都庭園美術館/YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界 [6/1(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/05/31(Fri) 22:40:02

 東京都庭園美術館
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=51で6/1(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「生誕140年 YUMEJI展 大正浪漫と新しい世界」6/1(土)〜8/25(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:オンラインによる日時指定予約を導入
        一般1400円 大学生(専修・各種専門学校含む)1120円

        中高生・65歳以上700円
        小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
        身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と介護者2名は無料
        第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料
       ドレスコード割引:会期中きものを着た来館者は当日券を100円引き

 1884(明治17)年に岡山県で生まれ、正規の美術教育を受けることなく独学で自身の画風を確立し、「夢二式」と称される叙情的な美人画によって人気を博した「大正ロマン」を象徴する画家・竹久夢二(たけひさ・ゆめじ)の生誕140年を記念して、最新の研究に基づく新たな視点からその生涯をたどる。新発見の大正中期の名画《アマリリス》、滞米中に描かれた貴重な油彩画《西海岸の裸婦》、そして夢二を看取った友人に遺したスケッチ帖や素描など、初公開資料を含む約180点の作品を夢二郷土美術館コレクションを中心に紹介。
 《アマリリス》1919(大正8)年頃 油彩
 《化粧の秋(『婦人グラフ』表紙絵)》1924(大正13)年 木版
 《星まつ里》昭和初期 絹本着色
 《林檎》1914(大正3)年 絹本着色
 《憩い(女)》昭和初期 絹本着色
 《セノオ楽譜〈恨まじ君をば〉》1924(大正13)年 初版
 《封筒「つりがね草」》大正期 木版
 《封筒「どくだみ」》大正期 木版
 《晩春》1926(大正15)年 鉛筆・ペン・水彩、紙
 《立田姫》1931(昭和6)年 紙本着色
 《西海岸の裸婦》1931-32(昭和6-7)年 油彩 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14893] 【版画彫刻】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/06/02(Sun) 21:58:58

 開催中またはこれから開催される版画や彫刻の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ご訪問に際しては当該館の直接情報を必ずご確認ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【東京】
ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
 ☆第402回企画展「八木幣二郎 Heijiro Yagi NOHIN: The Innovative Printing Company
   新しい印刷技術で超色域社会を支えるノーヒンです」〜7/10(水)"
ポーラミュージアムアネックス,☆「久保寛子展 鉄骨のゴッデス」〜6/9(日)彫刻
ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション
 ☆「浜口陽三と波多野華涯 ー匂い立つ黒と黒ー」6/11(火)〜8/18(日)
アド・ミュージアム東京,☆「これって広告?!展―拡張する21世紀の広告クリエイティブ―」〜8/31(土)
大倉集古館,
 ☆特別展「浮世絵の別嬪(べっぴん)さん―歌麿、北斎が描いた春画とともに」〜6/9(日)
 ☆企画展「武士の姿・武士の魂」令和7年1/28(火)〜3/23(日)"
郵政博物館,☆郵博 特別切手コレクション展 「第7回南方占領地のフィラテリー展」6/8(土)〜6/9(日)
江東区中川船番所資料館,☆ミニ企画展示「花の浮世絵展」 〜6/16(日)

【神奈川】
大佛次郎記念館
 ☆テーマ展示「ポール・ルヌアール没後100年 大佛次郎版画コレクション
     ー小さきものへのまなざし」〜8/18(日)
【新潟】
新潟市新津美術館,☆「シャガール展 詩情と愛―8つの版画集より」7/20(土)〜9/29(日)
長岡市栃尾美術館,☆春季企画展「動物たちの浮世絵」4/20(土)〜6/9(日)

【富山】
高岡市美術館,☆「ロートレックとベル・エポック PARIS―1900年」7/20(土)〜9/16(月・祝)

【山梨】
アフリカンアートミュージアム
 ☆「ANIMALS IN AFRICAN ART アフリカンアートの動物たち」〜9/9(月)

【山梨】
一宮市博物館,☆特集展示「鳥瞰図 描かれた観光地」12/3(火)〜令和7年2/2(日)

【大阪】
大阪歴史博物館
 ☆特集展示「―わたしが難波橋のライオン像をつくりました!!―
   なにわの彫刻家・天岡均一没後 100 年記念展」〜7/8(月)"
堺市立文化館 堺アルフォンス・ミュシャ館
 ☆企画展「イリュストラシオン ミュシャとアール・ヌーヴォーの挿絵」〜7/28(日)
逸翁美術館,☆2024展示III「いきもの図鑑 浮世絵から探し出せ!」7/6(土)〜9/1(日)

【徳島】
相生森林美術館,☆「生誕140年 竹久夢二展」〜6/16(日)

【香川】
香川県立ミュージアム,☆アート・コレクション「生誕120年記念 イサム・ノグチ」〜7/15(月・祝)
坂出市民美術館,☆第39回「現代仏像彫刻展」令和7年3/4(火)〜3/23(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.14918] 【東京】町田市立国際版画美術館/幻想のフラヌール―版画家たちの夢・現・幻 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/06/08(Sat) 23:18:18

 町田市立国際版画美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=300で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「幻想のフラヌール―版画家たちの夢・現・幻」〜9/1(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    開館時間:午前10時〜午後5時(土日祝は5時30分まで)
    入館料金:一般800円 高大生400 中学生以下は無料
         身体障がい者手帳、愛の手帳(療育手帳)
         または精神障がい者保健福祉手帳を提示の方と付添者1名は半額
         シルバーデー
第4水曜日6/26、7/24、8/28は65歳以上の方は入場無料
         リピーター割引 一律:200円引(要半券)

 独自の世界をさまよう〈フラヌール(遊歩者)〉ともいうべき版画家たちの作品は、過去や私たちの内に眠る原初的な記憶を呼び起こしながら現実世界の可能性、すなわち未来の姿をも浮かび上がらせる力を秘めている。
 企画協力に美術評論家の相馬俊樹氏をむかえ、幻想の力によって〈アナムネシス(記憶回復)〉を喚起する作品を、館蔵品から紹介。版画/鏡を覗きこみながら作品のあいだを遊歩し、「夢幻」と「現実」、「作品」と「私たち」、そして「芸術のための芸術」と「生のための芸術」などの境界がとけあう。

刻線の魔力:木村茂(1929)・木原康行(1932-2011)・門坂流(1948-2014)
〈エロス〉の形態学:パウル・ヴンダーリッヒ(1927-2010)・ヨルク・シュマイサー(1942-2012)
          多賀新(1946生)
時空のアナモルフォーシス:星野美智子(1934生まれ)・エリック・デマジエール(1948生まれ)
神話のイマジネール:エルンスト・フックス(1930-2015)・藤川汎正(1940生)・蒲地清爾(1948生)
生・命・力―若きヴィジョネール/フラヌールたち:池田俊彦(1980生)・山田彩加(1985生)・西村沙由里(1988生)
語り、詠う幻像たち:小林ドンゲ(1926-2022)・清原啓子(1955-1987)・アンティエ・グメルス(1962生)
夢の敷居:坂東壯一(1937生まれ)・渡辺千尋(1944-2009)
鏡像の宇宙:加藤清美(1931-2020)・日和崎尊夫(1941-1992・柄澤齊(1950生)
腐蝕の傷痕:ホルスト・ヤンセン(1929-1995)・菊池伶司(1946-1968)

記念対談:6/22(土)午後2〜3時30分 講堂にて、要入館券、先着100名
 谷川渥(美学者)×相馬俊樹(美術評論家)

ワークショップ:8/24(土)午後1時30分〜4時
「幻想採集 コラージュで作るイメージの標本匣」
池田俊彦氏(銅版画家)
アトリエにて、中高生対象、先着12名、参加費500円 ※事前申込制

ギャラリートーク:7/27(土)8/10(土)
藤村拓也氏(本展担当学芸員)午後2時〜30分程度 企画展示室にて

プロムナードコンサート「音で誘う幻想的な廻廊へ」エントランスホールにて、無料
7/14(日)午後1時〜、3時〜(各回30分程度)
岩谷明石氏(ヴァイオリン)、永易理恵氏(ピアノ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14921] 【愛知】貨幣・浮世絵ミュージアム/Good Job!―旅路の仕事人 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/06/09(Sun) 22:45:41

 名古屋市の貨幣・浮世絵ミュージアム http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=17で開催中の展示を紹介します。 
歴史 科学・産業  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆浮世絵版画企画展「迸る生命力、弾ける玉汗!Good Job!―旅路の仕事人」〜8/10(土)
   祝日・年末年始 休館
   入館無料

 戦のない江戸時代、経済活動が盛んになり人々の暮らしは画期的に安定し、街道の整備によって物流や旅の往来も活性化し、街道筋に生きる仕事人たちの活躍がある。
 本展では歌川広重の絵画世界から、飛脚や川越人足、関所役人、按摩など、旅路の仕事人たちを一挙紹介し、逞しく生きる姿を学ぶ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14924] 【岡山】県立美術館/北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/06/10(Mon) 22:40:25

 岡山城下の岡山県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=0で開催中の展示を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「北斎と広重 冨嶽三十六景への挑戦 江戸東京博物館コレクションより」〜7/7(日)
    月曜休館
    開館時間:午前9時〜午後5時(6/29(土)は7時まで、入館は閉館の30分前まで)
    入館料金:一般1500円 65歳以上1400円 大学生1100円 高校生以下無料
         障がい者手帳をご持参の方とその同伴者1名は無料

 浮世絵風景画の名手である葛飾北斎(1760―1849)と歌川広重(1797―1858)。大胆な構図の北斎、叙情性豊かな描写の広重、傑出した二人は、いかにして名作を生み出したか。北斎70年の画業の到達点「冨嶽三十六景」の刊行当時、には一介の絵師であった広重が、それ以後「東海道五拾三次之内」のように、北斎とは異なる方向で自らの画境を切り開く。本展では江戸東京博物館の所蔵品から、北斎の「冨嶽三十六景」全46点のほか、「東海道五拾三次之内」「名所江戸百景」といった広重風景画の名作など、計213件を一挙公開。

 葛飾北斎「冨嶽三十六景 遠江山中」1831〜33年(天保2〜4年)頃
     「冨嶽三十六景 尾州不二見原」1831〜33年(天保2〜4年)頃
     「新板浮絵忠臣蔵 第十一段目」1804〜7年(享和末〜文化初期)頃&#8194;
     「北斎漫画」十編 1819年(文政2年)

 歌川広重「東海道五拾三次之内 原 朝之冨士」1834〜36年(天保5〜7年)頃
     「東海道五拾三次之内 庄野 白雨」1834〜36年(天保5〜7年)頃
     「名所江戸百景 水道橋駿河台」1857年(安政4年)
     「名所江戸百景 深川万年橋」1857年(安政4年)
     「三保松原図」 安藤徳太郎(歌川広重)1806年(文化3年)
 歌川広重遺品 煙草入れと袂落とし
 歌川広重遺言状(九月三日付)歌川広重/筆 1858年(安政5年)

作品保護のため、下記の「冨嶽三十六景」3点は展示替え
  (6/14〜30は3点とも公開。「冨嶽三十六景」全46図すべて登場)
 葛飾北斎「冨嶽三十六景 凱風快晴」1831〜33年(天保2〜4年)頃【展示期間】6/7〜30
     「冨嶽三十六景 山下白雨」葛飾北斎 1831〜33年(天保2〜4年)頃【展示期間】6/7〜30
     「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」葛飾北斎 1831〜33年(天保2〜4年)頃【展示期間】6/14〜7/7

美術館講座:6/15(土)午後2〜3時30分 地下1階講義室にて、定員70名(当日先着順)
「広重の描いた岡山風景を探る」鈴木恒志氏(学芸員)

美術の夕べ(夜間開館日限定フロアレクチャー)6/29(土)午後5時30分〜6時30分
 2階展示室にて、 鈴木恒志氏

フロアレクチャー:7/6(土)午後2〜3時
 2階展示室にて、 鈴木恒志氏
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                参考:館のホームページ

                明日香 光二/馬場 英明


  [No.14637] 【香川】高松市美術館:川瀬巴水 旅と郷愁の風景 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2024/03/04(Mon) 23:06:40

 2/24(土)に高松の栗林公園に行き、帰りに高松市美術館に立ち寄り、「川瀬巴水 旅と郷愁の風景」展を見ています。
 版画の旅の風景って、いつでも親しみを持って鑑賞できます。川瀬巴水は近代の新版画だが、浮世絵の後継だと思います。「新版画」は浮世絵と違って,分業ではなく一人の作家が下絵から刷りまで手がけるものと思っていましたが、そうではなく、川瀬巴水の作品は彫師、摺師の職人たちとの共同作業。
それもあって広重の焼き直し、などと批評されたこともあったようですが、近代の遠近法や懐かしい風景の中にも近代の景物も描かれた作品群には、新しさも感じます。『東京二十景』や『東京十二題』のような江戸情緒を引き継ぐ作品が彼の代表作、と思いましたが、彼の故郷とも言える、塩原の田園風景あふれる世界が原点とわかりました。やっぱり水辺の風景が良いですね。

 さらに、町や水辺の風景でも、夜が絶品。わずかな月光がある場合でもない場合でも、闇に浮き出すような黒で描かれた建物や山の風景。この濃淡、いや濃と濃濃の風合いをどうやって版刷りで表しているんだろう、と思えるぐらいの見はりようですね。

 『旅みやげ』と称する関東から九州、さらには北海道までの豊かな景色を楽しみ、ああ、この美術館の常設展示スペースまで全て使っての展示だとわかりました。
 こちらでは、3/6(水)までなんですが、川瀬巴水の展示はまた見る機会は多いと思います。

           明日香 光二/馬場 英明
  


  [No.14605] 【島根】石見美術館/北斎、澄川喜一 投稿者:   投稿日:2024/02/18(Sun) 09:59:14
【島根】石見美術館/北斎、澄川喜一 (画像サイズ: 800×600 86kB)

こんにちは

 1月に入手したチラシから急に思いついて2月10日に島根県立石見美術館に行ってきました。

 特別展が「永田コレクションの全貌公開<一章> 北斎 春朗期 宗理期」です。なお、12日で終了しています。
 津和野生まれの北斎研究家だった永田生慈のコレクションで、かっては自身が館長を務めていた津和野葛飾北斎美術館で展示されていたものです。津和野葛飾北斎美術館を閉館させた後、コクレションは島根県に寄贈され、島根県立美術館の所蔵品となりました。遺志によって島根県立美術館と島根県立石見美術館でしか公開してはいけないことになっているようです。
 今回はタイトルのように北斎の初期作品です。このあたりはいわゆる北斎という作品よりも師匠からの影響が強いと思います。あまり他で見ないのは津和野藩伝来摺物でした。摺物とは販売が前提の錦絵と違い、依頼者が金を出して制作し無料配布したものだそうです。まだ<一章>であり、その後も行きたいと思うのですが、益田市に何度も行くのは大変です。

 所蔵品による企画展として「追悼 澄川喜一展」が開かれていました。これも12日で終了しています。
 この名前は覚えていなかったのですが、抽象彫刻です。益田市にも隣接した吉賀町の出身で、東京芸大学長やこの美術館の館長を務めたこともあります。多くの作品はタイトルが「そりのあるかたち」となっています。タイトル通りまっすぐな線がない造形で、軽い飛んで行くような感じです。木彫の作品が多く、木目や木の色を生かしていると思います。

 後から見たら建物の外観は石州瓦のイメージではないかと思います。

 今回益田へは新山口駅から「スーパーおき4号」で行きました。別のルートとしては広島駅から益田行きバス「高津川号」に乗ると石見美術館の入っているグラントワまで1本で行けます。同じ広島駅から益田行きですが「新広益線」は益田駅または石見交通本社で下りる必要があります。