[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12657] 【考古】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:56:46

 新年から開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【考古】の展覧会案内のベースノートにします。

【宮城】
仙台市縄文の森広場
 ☆ミニ企画展「東北の縄文遺跡−石巻市中沢遺跡」〜令和3年2/11(木・祝)<12/28〜1/4休館>
東北歴史博物館,☆テーマ展示 第2室「多賀城の高級食器−緑釉・灰釉・青磁・白磁−」令和3年1/5(火)〜7/4(日)

【群馬】
前橋市粕川歴史民俗資料館
 ☆令和2年度秋期企画展「赤城南麓の弥生土器ー赤城南麓地域の形成ー」〜令和3年2/28(土)<12/28〜1/4休館>

【長野】
富士見市立水子貝塚資料館,☆「蔵出し!ハケ上遺跡」〜 令和3年2/28(日)

【千葉】
千葉市埋蔵文化財調査センター
 ☆令和2年度 埋蔵文化財ロビー巡回展「石斧展」〜令和3年1/20(水)<12/29〜1/3休館>
千葉市立郷土博物館
 ☆「埋蔵文化財調査センター 収蔵品展−市内の中・近世遺跡−」〜令和3年2/25(木)<12/28〜1/3休館>
印旛郡市文化財センター,☆「令和2年度最新出土考古資料展」〜令和3年6/25(金)

【新潟】
史跡古津八幡山 弥生の丘展示館
 ☆企画展3「大沢谷内遺跡展−アスファルトを利用した縄文時代から中世の遺跡−」令和3年1/5(火)〜3/28(日)
新潟県埋蔵文化財センター,☆令和2年度冬季企画展「発掘!新潟の遺跡2020」〜令和3年3/28(日)
新潟市文化財センター(まいぶんポート)
 ☆企画展3「林付遺跡展−発見された地名「川合」と古代荘園「川井庄」−」令和3年1/9(土)〜3/28(日)

【石川】
金沢市埋蔵文化財センター,☆企画展「千田北遺跡の信仰世界」〜令和3年3/14(日)<12/28〜1/4休館>

【京都】
京都市考古資料館
 ☆合同企画展「よみがえる京都のYayoi−同大生は見た!!−」〜令和3年1/24(日)<12/28〜1/4休館>

【大阪】
大阪歴史博物館,☆特集展示「蒐集家・高島唯峰―明治期考古学の遺産―」令和3年1/13(水)〜 3/22(月)
大阪府立近つ飛鳥博物館
 ☆令和2年度冬季特別陳列「南河内の古代寺院と造営氏族」令和3年1/23(土)〜3/28(日)

【奈良】
桜井市立埋蔵文化財センター
 ☆令和2年度企画展「炎を操る〜古代人と火にまつわる物語〜」〜令和3年4/11(日)<12/28〜1/5休館>
奈良文化財研究所飛鳥資料館,☆冬期企画展「飛鳥の考古学2020」令和3年1/22(金)〜3/14(日)

【島根】
島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館
 ☆企画展「発掘された島根の中世城館〜戦・暮らし〜」令和3年1/16(土)〜3/8(月)
出雲弥生の森博物館
 ☆速報展「新発見・横穴墓の線刻壁画―神門横穴墓群の調査から―」〜令和3年1/18(月)
荒神谷博物館
 ☆企画展 巡覧!出雲平野の遺跡シリーズVI「消えた潟湖(神門水海)
    〜辺のムラ、しろえだ〜」 〜令和3年2/15(月)<12/29〜1/3休館>
【岡山】
倉敷考古館,☆連携展「久遠の祈り」〜令和3年4/18(日)<12/27〜1/2休館>

【香川】
四国村
 ☆四国村ギャラリー企画展「古代文明の十字路
   −インダス文明を支えたバローチスターンの土器と土偶−」〜令和3年3/14(日)<会期中無休>
【福岡】
太宰府市文化ふれあい館,☆太宰府トピック展示「太宰府市の初期須恵器」〜令和3年1/31(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12663] 【静岡】市美術館/古代エジプト展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 13:24:41

 JR静岡駅そばの静岡市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=3で開催中の展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆静岡市美術館開館10周年記念 中日新聞東海本社40周年記念
 ライデン国立古代博物館所蔵「古代エジプト展」〜令和3年3/31(水)
   月曜休館(1/11(月・祝)3/29(月)は開館)1/12(火)年末年始(〜1/1)休館
   入館料金:一般1500円 高大生・70歳以上1000円 中学生以下無料
        障がい者手帳等持参者と介助者原則1名は無料
      感染拡大防止対策として入場者数の上限を設定、日時指定制(館サイトからweb予約)あり。
       予約のない方は「当日枠」の「入場整理券」配付もあるが、混雑状況により入場を断る場合あり。
       土日祝、年始(1/2〜1/3)の開館直後は大混雑が予想され、開館直後の来館はご遠慮下さい。

 ヨーロッパの5大エジプト・コレクションで知られるオランダ・ライデン国立古代博物館のコレクションより、人や動物のミイラや棺、石碑、貴重なパピルスなど約250点を厳選し古代エジプトの世界を展観。長年の調査研究で明らかになった古代エジプト人の生活や社会、死生観などを紹介し、ミイラをCTスキャンし、その成果をデジタル画像処理した映像で世界初公開し、当時の医学的な知識やミイラ作りの過程、色やかたちに込められた美意識なども解き明かす 
第I章:エジプトを探検する
 ロゼリーニのリトグラフ「ギザの大スフィンクス」 1698年(縦29cm、横39.5cm)
            「敵を討つラメセス2世」1832-34年(縦54cm、横75cm)
「ツタンカーメン王の倚像」新王国時代(高さ67cm、幅33cm、奥行54cm)
「ホルミンの供養像」 新王国時代(高さ125cm、幅53cm、奥行68cm)
第II章:エジプトを発見する
 先王朝時代(前6000年 - 前2900年頃)「ワニの描かれた&#22502;」 先王朝時代(高さ6cm、径18.5cm)
 初期王朝時代(第1-2王朝 前2900年-前2590年頃)
  「ペルイブセン王の封泥が記された土器の栓」 初期王朝時代(高さ18.5cm、径12cm)
 古王国時代(第3-8王朝 前2592年-前2118年頃)
  「ネフェルエンクフの偽扉上部」 古王国時代(高さ80cm、幅122cm、厚さ20.5cm)
 第1中間期(第9-10王朝 前2118年-前1980年頃)
  「名前不詳の供養碑」 第1中間期(高さ40cm、幅23cm、厚さ6.6cm)
 中王国時代(第11-12王朝 前1980年-前1760年頃)
  「クウと家族の供養碑」 中王国時代(高さ38cm、幅50cm、厚さ6cm)
 第2中間期(第13-17王朝 前1759年-前1539年頃)
  「カーメスとセネブセンの石碑」 第2中間期(高さ49cm、幅31.5cm、厚さ7.5cm)
 新王国時代(第18-20王朝 前1539年-前1077年頃)
  「フイの石碑」 新王国時代(高さ147cm、幅89cm、厚さ11cm)
 第3中間期(第21-24王朝 前1076年-前723年頃)
  「パマアエフの碑」 第3中間期(高さ28cm、幅23.5cm、厚さ3.1cm)
 後期王朝時代(第25-30王朝並びに第2次ペルシア支配 前722年頃-前332年)
  「呪術テキストが記された彫像の断片」 後期王朝時代(高さ12cm、幅15cm、奥行32cm)
 グレコ・ローマン時代(前332年-後395年)
  「イシスの像」 グレコ・ローマン時代(高さ103.5cm、幅25.5cm、奥行15cm)
第III章:エジプトを解読する
「ネスナクトの『死者の書』(部分)」 グレコ・ローマン時代(縦30cm、横45cm)
「船の模型」 中王国時代(高さ47cm、幅17cm、奥行87cm)
「ホルウジャのシャブティ」 後期王朝時代(高さ27.5cm、幅7.2cm、奥行4.5cm)
「ミイラ作りの道具」 後期王朝時代(高さ0.4cm、幅0.9cm、長さ27.8cm)
「金彩のミイラマスク」 グレコ・ローマン時代(長さ48.5cm、幅28cm、厚さ14cm)
「ハレレムのミイラ」 後期王朝時代(長さ170cm、幅39cm、高さ25.5cm)
第IV章:エジプトをスキャンする
「男性のミイラ」 第3中間期(長さ160cm、幅38cm、高さ26cm)
「蛇のミイラ」 年代不詳(高さ6cm、幅9.6cm、長さ19.7cm)
「猫のミイラ」 後期王朝時代またはグレコ・ローマン時代(高さ41cm、幅9cm、奥行9cm)
「イテルウのカノポス壺」 新王国時代から後期王朝時代(高さ42cm、径17cm)
「カルトナージュ製の襟飾り」 グレコ・ローマン時代(高さ15cm、幅26cm、厚さ0.3cm)
グレコ・ローマン時代(高さ15cm、幅26cm、厚さ0.3cm)
「パセルの神話パピルス(部分)」 第3中間期(縦39cm、横125cm)
「王の書記ジェフティの筆記用パレット」 新王国時代(高さ1cm、幅5.7cm、奥行38.5cm) など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12671] 【岡山】倉敷考古館/久遠の祈り 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 18:55:48

 倉敷美観地区の倉敷考古館で開催中の企画展http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=33&c=28を紹介します。倉敷民藝館との連携展です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆連携展「久遠の祈り」〜令和3年4/18(日)
   〜1/2 と月・火 休館
   入館料金:一般500円 高大生400円 小中生300円 民藝館・考古館共通券1200円

 倉敷民藝館「祈りの周辺」との連携展示会で、発掘された古代からの祭祀の品々と、手仕事の中に見える信仰。
 祈りの儀式に使われた
 土偶(福田貝塚)分銅形土製品(津島遺跡)銅剣(由加山ほか)
 経筒外容器(大土井八幡宮) など

☆「キノヤマサマとオオカミたち」〜令和3年1/31(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12675] 【群馬】富岡製糸場/国宝西置繭所の発掘調査 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:34:28

 世界遺産・富岡製糸場http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=37は正月から開場しています。現在開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆富岡製糸場 出土品特別展「国宝西置繭所の発掘調査 床下の地面をさぐる」〜令和3年1/17(日)
   残り会期中休館なし
   入館料金:大人1000円 高大生250円 小中生150円

 富岡製糸場国宝「西置繭所」を会場に、富岡市教育委員会主催で開催。 
 平成26年度に工事が開始され、発掘調査が行われた国宝西置繭所の保存整備工事が終了し、令和2年10月から公開活用が始まった。西置繭所を建てる際の土地造成の様子や、かつて存在した煉瓦組施設の状況などがわかり、また床下の地面から製糸の作業に関わるものも発見された。本展では調査結果を写真や解説パネル、実際の出土品で紹介。

お正月三が日(1/1〜1/3)限定で、富岡製糸場入場者、各日先着・数量限定で、記念缶バッジをプレゼント
「お富ちゃんとアマビエちゃんとウシちゃん」デザイン、3日間の合計配布数を2,021個)
 <配布時間>開場時間内の午前9時から午後5時まで(最終入場時間は午後4時30分まで)スタッフが配布
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12678] 【香川】四国村(四国民家博物館)/古代文明の十字路 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:36:54

 正月にも開館の高松市屋島の四国村(四国民家博物館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=37&c=5で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆四国村ギャラリー企画展「古代文明の十字路」〜令和3年3/14(日)
   会期中無休
   入村料金:一般1000円 高校生600円 小中生400円
    障がい者手帳ご提示の方は(ご本人半額、付添介護者1名半額)

 インダス文明に前後する時代に、バローチスターン地方に栄えた先史文化に属する彩文土器と土偶を展示。色鮮やかに描かれた文様や、動物や人型の小さな土偶にみるユニークな造形美を見る。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12699] 【福井】県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館/重要文化財は語る 城下町をまもる 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 09:15:35

 福井市の福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=18&c=6で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第4回特別公開展「重要文化財は語る 城下町をまもる」〜3/31(水)
   〜1/2 と1/20(水)休館
   入館料金:一般100円 高校生以下と70歳以上は無料(証明書必要)
         身体障害者手帳、精神障害者福祉手帳、療育手帳をお持ちの方はと介護者1名は無料
        復原町並との共通券あります(250円)

 一乗谷の谷幅が最も狭まる2か所の地点に設けられた上・下城戸の発掘調査の成果を、重要文化財の出土品から紹介。上城戸外濠跡で発見の朝倉氏の重臣託美氏の名前が書かれた木簡や、下城戸外濠跡に廃棄されたカワラケ、下城戸近くの町屋地区から密集して出土した越前焼大甕、井戸内で発見の越前焼壺や釣瓶などを一堂に紹介。

展示解説(定員40名、事前申込不要、当日先着順)1/16(土)2/20(土)3/20(土)午後2時〜30分講堂にて
ふるさとの日公開講座(定員40名、要事前申込、先着順)午後2〜3時30分講堂にて
「戦国時代のおでかけスタイル〜朝倉氏の場合〜」宮永一美氏(学芸員)

☆テーマ展「よみがえる幻の宝刀 朝倉長光〜朝倉氏の清水寺信仰〜」 〜 2/16(火)

 朝倉氏は初代孝景の時代から、京都清水寺の千手観音をあつく信仰しており、その信仰を象徴するのが、鎌倉後期の長船派刀工・長光の作で、失われた幻の宝刀「朝倉長光」。朝倉氏滅亡後、豊臣秀吉の手にわたり、豊臣家滅亡とともに行方不明となり、形状や刃文が詳細に写された刀絵図により復元され刀匠森國清廣氏によって「朝倉長光」の写しが完成した。本展では、朝倉家の宝刀「朝倉長光」写しを初公開。

  朝倉長光写し[初公開]
  清水寺成就坊宛朝倉義景書状
  赤羽刀
  脇指(銘・越前一乗住兼則)
  安波賀春日神社参詣図
  出土刀装具
  朝倉始末記など 

ギャラリートーク:1/17(日)(定員40名、要事前申込、先着順)午後2〜3時30分、講堂にて
「朝倉長光」写し製作秘話  森國清廣氏(刀匠)

学芸員による展示解説(事前申込不要、当日先着順)1/16(土)午後2〜3時30分、講堂にて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12703] 【山梨】県立考古博物館/新年干支展/笛吹市の出土品 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:46:57

 甲府市の山梨県立考古博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=19&c=3
で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「新年干支展─丑(ウシ)─」1/2(土)〜1/24(日)
   月曜と1/12(火)〜1/17(日)休館(但し1/11(月・祝)は開館)
   入館料金:一般・大学生220円 高校生以下、65歳以上は無料

 丑は十二支の2番目で、牛は古来より食用(牛肉・牛乳)や田畑を耕したり荷物を運ぶ労働力(役牛)として、生活に密接に関わる。本展では、山梨県内の遺跡から出土したウシに関連する考古資料を紹介し、古代より続くヒトとウシとの繋がりについて考える。
  百々遺跡(南アルプス市)出土・獣歯(ウシの歯)
  鰍沢河岸跡(南巨摩郡富士川町)出土・泥めんこ(ウシ形)

☆冬季企画展「笛吹市の出土品I─縄文前期文化の華花鳥山遺跡─」〜1/24(日)

 石和町・御坂町・一宮町・八代町・境川村・春日居町の合併により平成16年に誕生した笛吹市内の、旧石器時代から縄文時代中期までの遺跡から出土した資料を取り上げ、縄文時代前期後葉の諸磯式が生成された状況を解説し、甲府盆地北東部地域の歴史における笛吹市の位置づけを考える。
  深鉢形土器 花鳥山遺跡(笛吹市)出土
  釈迦堂遺跡出土品、桂野遺跡出土品など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12745] 【愛知】県陶磁美術館/日本陶磁の源・陶邑窯[1/9(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/09(Sat) 08:13:08

 瀬戸市の愛知県陶磁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=46で1/9(土)から開催される企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「日本陶磁の源・陶邑窯―猿投窯の前に立ちはだかった巨大な壁―」1/9(土)〜3/21(日)
    月曜休館(1/11(月・祝)は開館、1/12(火)は休館)
     入館料金:一般600円 高大生500円 中学生以下無料

 古墳時代に始まる国内最古の陶磁器、それまでの土器とは全く次元の異なる須恵器は、大阪府の陶邑窯で登場した。大和政権傘下の元、須恵器の生産を牽引し奈良時代に到るまで国内最大の陶産地として君臨した。古代史の潮流をも読み解ける、陶邑窯のダイナミックな作風の軌跡に迫り、それに続きやきもの界の主役へ躍り出る猿投窯の作品を加え、古代のやきもの産地の二大巨頭の魅力を見比べる。
 プロローグ:須恵器(陶邑窯産)古墳時代中期(5世紀)
 テーマ1 陶邑窯の歴史から見る古代日本
  列点文有蓋高杯 韓国 陶質土器(加耶)三国時代(5世紀)
  蓋杯蓋杯 須恵器(陶邑窯出土)飛鳥時代(7世紀)
  水瓶 須恵器(陶邑窯出土)奈良時代(8世紀)
 テーマ2 古代やきもの史の両雄・陶邑窯と猿投窯
  須恵器(陶邑窯出土)陶邑窯と猿投窯の長頸瓶 奈良時代〜平安時代初期(8世紀)
  須恵器(陶邑窯出土)陶邑窯と猿投窯の蓋付短頸壺 奈良時代(8世紀)

スペシャル講座:午後1時30分〜3時、本館 地下講堂にて、定員50名(事前申込不要、先着順)、無料

(1)2/6(土)「陶邑窯研究の最前線」尾崎綾亮氏(愛知県埋蔵文化財調査センター)
(2)2/20(土)「陶邑窯衰退以降の須恵器―平安京周辺の須恵器づくり」稲本悠一氏(公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター)

学芸員・大西遼による連続講座「古代史×陶邑窯」:午後1〜2時30分、本館1階ロビーにて
 事前申込不要(企画展観覧券のみ)定員50名、途中からの講座に参加も可、各回のみの参加も可
(1)1/10(日)「古墳時代の産業革命−陶邑窯誕生!」
(2)1/24(日)「海を渡った最新技術、大和政権の傘下に至る」
(3)2/21(日)「飛鳥時代の食器革命」
(4)3/7(日)「奈良時代の造形美−陶邑窯最後の隆盛」
(5)3/21(日)「古代やきもの史の両雄−陶邑窯と猿投窯」

学芸員・井上隼多による最前線研究講座:2/14(日)午後1時30分〜3時、本館1階展示説明室
       定員50名(事前申込不要、先着順)、無料
「最新技術で陶邑窯・猿投窯の須恵器に挑む!!―3D技術とAIを駆使した少し未来の考古学―」

学芸員・大西遼と古代のやきものに触れよう! 午後1〜4時(随時受付)
(1)1/17(日)「世界遺産「百舌鳥・古市古墳群」の時代の器に触れる」
(2)1/31(日)「聖徳太子・天武天皇の時代の器に触れる」
(3)2/28(日)「聖武天皇の時代の器に触れる」
(4)3/14(日)「古代やきもの史に触れる―土器・陶邑・猿投」


以下、体験講座の申込方法などは館サイトへ
ワークショップ「甕から亀へ−古代のやきもの作りの技でカメを作ろう」
1/23(土)午前10時30分〜午後4時 1/30(土)午後1時30分〜3時30分(両日参加できる方に限る)

学芸員・大西遼と行く古代窯跡
コース1:1/16(土)午前10時30分〜午後3時
コース2:2/26(金)午前10時30分〜午後3時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12751] 【兵庫】県立考古博物館/ひょうごの遺跡2021[1/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/11(Mon) 19:49:43

 播磨町の兵庫県立考古博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=161で今週末1/16(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「ひょうごの遺跡2021−調査研究速報−」1/16(土)〜3/14(日)
    月曜休館
    入館料金:大人200円 大学生150円 高校生以下無料
         障害者手帳提示で本人は75%減免、介助者1名は無料
         満70歳以上の方は大人料金の半額
 兵庫県が実施した発掘調査と出土品整理による最新の調査成果、令和元年度刊行の発掘調査報告書に掲載した遺跡と、令和2年度に発掘調査をおこなった遺跡から選んだ資料をいち早く紹介。

○令和元年度発掘調査報告書刊行遺跡
  弥生時代 原田西遺跡(伊丹市)
  弥生時代 竹の前遺跡(姫路市)
  古墳時代 塚口山廻(つかぐちやままわり)遺跡(尼崎市)
  古墳時代 志染中梨木(しじみなかなしのき)遺跡(三木市)
  奈良時代 前島・検上田(まえじまけんじょうでん)遺跡(西脇市) 
  室町時代 喜多・城山城跡(きたじょうやまじょうあと)(西脇市) 
○令和2年度の発掘調査速報
  弥生時代 玉津田中遺跡(神戸市)
  奈良時代 登リ田遺跡(姫路市)
  江戸時代 柏原旧城下町(丹波市)
  江戸時代 兵庫津遺跡(神戸市)

講演会:午後1時30分〜3時(0時30分開場) 講堂にて、定員72名【事前予約が必要】 
 館サイトの予約フォームまたは往復はがきで応募。申込多数の場合は抽選。 

1/30(土)「黒曜石とサヌカイト−先史時代人の戦略と技術−」藤田 淳氏(兵庫陶芸美術館所長補佐) 申込期間:〜1/15 
2/13(土)「古代中国の金属器を見る−古代鏡展示館の新展示から−」長濱 誠司氏(加西分館事業課長) 申込期間:〜1/29 
2/27(土)「墳丘墓からみた弥生と古墳の間−内場山墳丘墓を中心に−」中川 渉氏((公財)兵庫県まちづくり技術センター次長)申込期間:〜2/12 
3/13(土)「平野における地形の変化と土地利用」山田 清朝氏((公財)兵庫県まちづくり技術センター副課長)申込期間:1/13〜2/26 
 
発掘調査速報会:午後1時30分〜4時(0時30分開場) 講堂にて、定員72名【事前予約が必要】 
 館サイトの予約フォームまたは往復はがきで応募。申込多数の場合は抽選。 申込期間:〜2/23
<報告遺跡>
  玉津田中遺跡(弥生時代前期の墓地/神戸市)…園原悠斗氏
  登リ田遺跡 (古代の官衙関連遺跡/姫路市)…青山 航氏
  柏原旧城下町(柏原藩の家老屋敷跡/丹波市)…松崎光伸氏
  兵庫津遺跡  (近世の港湾遺跡/神戸市)  …野田優人氏
    終了後、展覧会場で調査担当者による展示解説
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12779] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/01(Mon) 22:12:41

 開催中から、これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、臨時休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【青森】
三内丸山遺跡,☆企画展「イミテーション・ワールド」〜5/30(日)

【岩手】
大船渡市立博物館,☆特別陳列事業「縄文時代のものづくり 土器展」〜3/21(日)
牛の博物館
 ☆巡回展示「発掘された奥州市展2021 胆沢・江刺郡の中世城館とその時代」2/20(土)〜3/15(日)

【宮城】
地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)
 ☆第95回企画展「もりの風景 2020」2/2(火)〜3/14(日)
多賀城市埋蔵文化財調査センター
 ☆令和2年度資料展「地域の文化財ー留ヶ谷・高崎・田中村ー」〜3/14(日)

【山形】
最上義光歴史館,☆常設展/企画展示III「発掘速報!山形城瓦ヒストリー」〜4/4(日)

【兵庫】
福崎町立神崎郡歴史民俗資料館,☆令和元年度「埋蔵文化財発掘調査速報展」〜3/14(日)

【徳島】
徳島市立考古資料館,☆特別企画展「音の考古学 -SOUND OF ARCHAEOLOGY-」〜3/21(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12798] 【奈良】天理参考館/天理 山の辺の古墳 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/11(Thu) 21:28:07

 天理大学附属天理参考館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=38で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆天理大学附属天理参考館・奈良県立橿原考古学研究所附属博物館
 天理市教育委員会共同展「天理 山の辺の古墳」〜3/15(月)
    火曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:大人500円 小中高生300円
         障がい者と介護者1名は無料(要手帳提示)

 天理市の山の辺の道周辺に、多く分布する天皇陵とされる大型前方後円墳など。いくつかの古墳では発掘調査が行われて、古代史研究に重要な資料が出土しているが、天理参考館や奈良県立橿原考古学研究所、天理市教育委員会などに分かれて収蔵され、多くの資料は通常公開されていないので、今回、天理市内の古墳出土品を厳選して一堂に会す。

 黒塚古墳出土三角縁神獣鏡(重要文化財)[奈良県立橿原考古学研究所]
 東殿塚古墳出土埴輪 [天理市教育委員会]
 荒蒔古墳出土馬形埴輪 [天理市教育委員会]
 赤土山古墳出土石製品・勾玉・管玉 [天理市教育委員会]
 下池山古墳出土石釧・勾玉・ガラス玉 [奈良県立橿原考古学研究所附属博物館]
 小墓古墳出土家形埴輪 [天理市教育委員会] など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.12807] 【奈良】埋蔵文化財調査センター/令和2年度春季発掘調査速報展[2/15(月)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/14(Sun) 18:02:24

 大安寺西の奈良市埋蔵文化財調査センターhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=6
で明日2/15(月)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
☆令和2年度「春季発掘調査速報展」2/15(月)〜3/31(水)
   土日祝休館(ただし3/6(土)は開館)
   入館無料
 平成30年度から発掘調査を行っている富雄丸山古墳と、令和元年度に発掘調査を行った秋篠阿弥陀谷遺跡で検出された奈良時代以降の墓で出土した遺物を展示し、その調査成果を紹介。
【富雄丸山古墳】
 古墳時代前期後半の造出し付円墳で、航空レーザー測量の結果、直径が109mで日本一を誇る大型円墳であることが判明。墳頂の埋葬施設の再発掘を行い、市民の手によって副葬品であった斜縁神獣鏡の破片や、管玉、鍬形石、鉄器などが発掘されるといった成果を得る。
  造出しで出土した円筒埴輪
  墳頂の再発掘で出土した副葬品(古墳時代前期)  
  造出し北西側で出土した埴輪(古墳時代前期)など
【秋篠阿弥陀谷遺跡】
 奈良時代の墓1基と室町時代の墓4基、安土・桃山時代の墓1基などを検出し、瓦質土器深鉢などの室町時代の蔵骨器を検出し、墓地の起源が室町時代まで遡ることを確認。調査地の東端で検出した火葬墓には、土師器小壷や小鉢、瓦質土器のミニチュア羽釜・風炉、犬形土製品などが副葬され、近隣からは、こどもの戒名(「童女」)を刻む舟形五輪塔が出土した。
  火葬墓の副葬品  奈良時代の骨蔵器
  火葬墓の副葬品(安土・桃山時代)蔵骨器として使われていた土師器甕・高坏(奈良時代)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12824] 【宮崎】県立西都原考古博物館/古の匠たち〜考古資料に見る技巧と造形美〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/17(Wed) 23:00:02

 西都市の宮崎県立西都原考古博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=45&c=13で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展II「古の匠たち〜考古資料に見る技巧と造形美〜」〜3/14(日)
    月曜休館(祝日は開館)と祝日の翌日(休日は開館)休館
    入館無料
 現在でも驚くほど高い技術が用いられ美しい姿かたちをみせる原始・古代に製作された道具がある。それらの優品を通して、古の物づくりを支えた技巧について考える。
 I 石器の匠:加撃の制御と道具のデザイン
 II 土器・埴輪の匠:紐か板か 製作痕跡から探る成形過程
 III 玉の匠:孔をめぐる発想転換
 IV 金銅製品の匠:煌めきへの憧れと技術革新
 V 鉄製品の匠:平面から立体への遷移
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12869] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/28(Sun) 20:20:09

 開催中から、これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限や開催日の変更などには十分ご注意ください。

【北海道】
札幌市埋蔵文化財センター
 ☆令和2年度札幌市埋蔵文化財センター企画展
    「木の実なんの実?〜遺跡から出土したクルミ・ドングリ・クリ〜」〜3/31(水)
【宮城】
仙台市縄文の森広場,☆ミニ企画展「東北の縄文遺跡−南相馬市中才遺跡」3/13(土)〜6/13(日)

【山形】
山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館,☆テーマ展「古墳時代から中世の考古資料展」〜3/31(水)

【東京】
Bunkamuraザ・ミュージアム
 ☆ライデン国立古代博物館所蔵「古代エジプト展
   美しき棺のメッセージ」4/16(金)〜6/27(日)(4/27(火)、5/18(火)、6/8(火)のみ休館)
【三重】
松阪市文化財センター,☆令和2年度冬季企画展「こんなの出ました!in松阪'07〜」〜3/14(日)

【兵庫】
西宮市立郷土資料館
 ☆特集展示「掘りだされた西宮の歴史 2000年〜2020年の発掘調査展」〜3/28(日)

【島根】
松江市鹿島歴史民俗資料館,☆2021年企画展「奥才古墳群とその時代」〜9/5(日)
出雲弥生の森博物館
 ☆ギャラリー展「2000年前の弥生土器ー出雲型広口壺の生産ー」〜7/5(月)
 ☆速報展 国史跡追加指定「出雲国山陰道跡」〜5/24(月)

【岡山】
BIZEN中南米美術館,☆「MAYA戦国物語から古代中南米土偶の物語へ」〜3/28(日)

【山口】
下関市立考古博物館,☆令和2年度 特別展「至宝しものせき―経塚とその時代―」〜3/21(日)

【福岡】
福岡市埋蔵文化財センター
 ☆令和2年度企画展示「甦る出土遺物−令和元年度の保存処理成果展−」〜5/9(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12889] 【福岡】北九州市立小倉城庭園/小倉城庭園地下探検 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/03/16(Tue) 00:06:23

 北九州市立小倉城庭園http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=11で開催中の企画展を紹介します。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「小倉城庭園地下探検 −3500年前からの歴史があった−」〜4/18(日)
   会期中無休(ただし、行事等で休館になる場合あり)
   開館時間:午前9時〜午後5時(4月は6時まで、入館は閉館30分前まで)
   入場料金:一般350円 中高生200円 小学生100円

 小倉城庭園の地下には、瀬戸内地域との交流を示す縄文土器、弥生時代の青銅鏡と文字、古墳時代に響灘・玄界灘から対馬海峡を介して朝鮮半島南部と交流した痕跡も見られる。古代の寺院や役所の存在を物語る瓦葺き建物や、中世の小倉鋳物師の拠点、そして近世には豊前国の本城としての城郭施設。本展では、小倉城庭園の地下から発掘された出土遺物を約250点展示し、3500年の足跡をたどる。
   《長宜子孫内行花文鏡》小倉城下屋敷跡出土、弥生時代
   《単弁十九弁蓮華文軒丸瓦》小倉城下屋敷跡出土、奈良時代後期
   《九枚笹紋鬼瓦》小倉城下屋敷跡出土、江戸時代初期
見どころ講座:3/28(日)午後2〜3時、研修室にて、定員15名(申込先着順)
                    電話で申し込み(093-582-2747)
「小倉城庭園の地下探検」担当学芸員による
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12907] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/03/24(Wed) 00:00:11

 開催中から、これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。

【北海道】
美幌博物館・美幌農業館
 ☆特別展「ビホロのアケボノ〜旧石器時代の遺跡〜」3/27(土)〜10/24(日)

【青森】
八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館
 ☆是川遺跡発掘100周年記念企画展「是川遺跡の注口土器」〜5/5(水・祝)<会期延長>

【茨城】
上高津貝塚ふるさと歴史の広場
 ☆テーマ展「土浦の遺跡26 記念物100年展参加事業 発掘された土浦の歴史
     ―平成30・令和元年度遺跡調査の成果―」〜5/5(水・祝)
【埼玉】
富士見市立水子貝塚資料館
 ☆企画展「首長の墓と鉄剣〜富士見市の弥生文化〜」3/27(土)〜6/13(日)

【千葉】
千葉市立加曽利貝塚博物館,☆企画展「特別史跡加曽利貝塚 令和2年度発掘調査速報展」〜5/9(日)  

【東京】
古代オリエント博物館
 ☆クローズアップ展「オリ博スペシャルウィーク:おもしろオリエント!」4/29(木・祝)〜5/5(水・祝)

【新潟】
十日町市博物館,☆HAKKAKE展示「縄文土器と蓋」〜4/5(月)

【石川】
石川県埋蔵文化財センター,☆令和2年度 第2回ホール展「ふるさとの遺跡―2021ー」〜6/27(日)

【山梨】
釈迦堂遺跡博物館,☆企画展「みずけむり〜山梨県の水煙文土器〜」3/31(水)〜6/21(月)

【岐阜】
中津川市中山道歴史資料館
 ☆企画展「中津川の黎明から中世〜遺物からみるヒト・モノの移動〜」3/30(火)〜10/3(日)

【静岡】
静岡市立登呂博物館,☆春季企画展「前方後円墳がやってきた。−静岡市の古墳時代−」〜6/13(日)
浜松市博物館,☆テーマ展「これなんだ?ー古代の木製品ー」〜5/9(日)
浜名梱包輸送シルクロードミュージアム,☆企画展「古の時をめぐる旅へ」〜5/30(日)

【愛知】
半田市立博物館,☆企画展「写真で見る半田の自然災害誌」6/26(土)〜9/5(日)

【三重】
鈴鹿市考古博物館,☆速報展「発掘された鈴鹿2020」〜6/20(日)

【京都】
京都大学総合博物館
 ☆2020年度特別展 文化財発掘VII
  「木を遺(のこ)す、木を伝える―木製品の調査と保存―」3/17(水)〜5/16(日)
【大阪】
今城塚古代歴史館,☆特別展「安満遺跡と近畿の弥生時代」〜5/9(日)

【兵庫】
姫路市埋蔵文化財センター,☆企画展「溝口廃寺」〜5/30(日)
兵庫県立考古博物館
 ☆展覧会「弥生時代って知ってる?ー2,000年前のひょうごー」4/17(土) 〜7/4(日)
 ☆メインホール展示「弥生時代の始まりの土器」〜4/30(金)

【島根】
ガイダンス山代の郷,☆ロビー展「出雲・石見の山城〜発掘された山城遺構〜」〜4/4(日)
島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館
 ☆令和2年度「風土記の丘地内発掘調査速報展」3/27(土)〜5/10(月)
島根県立古代出雲歴史博物館
 ☆奈良県立橿原考古学研究所付属博物館巡回特別展
  「しきしまの大和へ 奈良大発掘スペシャル」〜5/17(月)<タイトル追加>
 ☆企画展「COME on 山陰弥生ライフ 米作りはじめました」9/17(金)〜11/14(日)

【広島】
広島県立歴史民俗資料館
 ☆令和3年度春の展示会 ひろしま遺跡再発見!
  「マツガサコの一万年−松ヶ迫遺跡群からみた広島の原始・古代ー」4/23(金)〜6/13(日)
【福岡】
福岡市博物館,☆特別展「ミイラ 「永遠の命」を求めて」4/10(土)〜6/27(日)
市民ミュージアム大野城心のふるさと館
 ☆特別展「歴史教科書でみる考古名品」4/29(木・祝)〜6/20(日)

【熊本】
熊本県立装飾古墳館
 ☆企画展「県内遺跡発掘速報展〜こぎゃんとが出た!復興への足跡〜」〜5/9(日)

【宮崎】
宮崎県立西都原考古博物館
 ☆コレクションギャラリー展「みやざき埴輪ものがたり(4)」〜4/11(日)

【鹿児島】
上野原縄文の森
 ☆ミニ企画展「海と活きた古代人〜旧石器時代から弥生時代の鹿児島〜」〜4/4(日)
 ☆河口コレクション 第3回「標式遺跡シリーズIV」〜5/14(金)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12959] 【京都】市京セラ美術館/古代エジプト展[4/17(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/04/16(Fri) 22:51:31

 岡崎公園の京都市京セラ美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=23
で4/17(土)から開催される展覧会を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆国立ベルリン・エジプト博物館所蔵「古代エジプト展 天地創造の神話」4/17(土)〜6/27(日)
     月曜休館(祝日の場合は開館)
     開館時間:午前10時〜午後6時(入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般2000円 高大生1500円 小中生900円

 古代エジプト人が信じた「天地創造と終焉の物語」を描く古代エジプトの神話を表した130点の作品を、「ベルリン国立博物館群エジプト博物館」のコレクションから展示。
 昔からネコは癒しの神《パステト女神坐像》前610〜前595年頃
 威風堂々、女王の威厳《ハトシェプスト女王のスフィンクス像(胸像)》前1479〜前1458年頃
 人間×「フンコロガシ」=創造・再生の神!《創造の卵を持つスカラベとして表現された原初の神プタハ》
      前746〜前655年頃
 ペンダントが導く冥界での生命《太陽の船に乗るスカラベを描いたハネヘンのペクトラル(胸飾り)》
      前1186〜前1070年頃
 女神パワーで疫病退散!《セクメト女神坐像》前1388〜前1351年頃
 古代エジプトの母子像《ホルスに授乳するイシス女神》前664〜前525年頃
 絶世の美女、降臨《ネフェルティティ王妃あるいは王女の頭部》前1351〜前1334年頃
 緑色の顔は再生復活のしるし《タイレトカプの人型木棺》前746〜前525年頃  など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12977] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/05/01(Sat) 19:18:57

 開催中から、これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
北海道立北方民族博物館,☆ロビー展「道東の擦文文化」令和4年1/4(火)〜1/23(日)
苫小牧市美術博物館,☆特別展「発掘された日本列島2021」7/31(土)〜9/12(日)
北海道立埋蔵文化財センター,☆「公益財団法人北海道埋蔵文化財センター令和2年度調査成果展」〜5/23(日)

【岩手】
岩手県立博物館,☆テーマ展「教科書と違う岩手の歴史ー岩手の弥生〜古墳時代ー」11/23(火・祝)〜令和4年2/6(日)

【山形】
山形県立うきたむ風土記の丘考古資料館
 ☆テーマ展「古墳時代から中世の考古資料展」〜6/6(日)
 ☆特別テーマ展「小国町の考古学」6/12(土)〜9/5(日)
 ☆第29回企画展「山形県の近世城郭と出土品」9/11(土)〜12/5(日)

【福島】
福島県文化財センター白河館「まほろん」
 ☆まほろん20年記念企画「法正尻遺跡展2−縄文人の移動と交流ー」〜6/20(日)
斎藤清美術館,☆春季特別企画展「斎藤清とハニワ!」〜6/6(日)

【茨城】
茨城県立歴史館,☆企画展3「ふぇいす−掘り出された顔かたち−」9/18(土)〜11/23(火・祝)

【栃木】
栃木県立博物館
 ☆人文系企画展「木と木の実の考古学〜縄文時代の低湿地遺跡と植物の利用〜」10/9(土)〜11/23(火・祝)
 ☆人文系テーマ展「巡回展 栃木の遺跡〜最近の発掘調査から〜」令和4年2/26(土)〜3/27(日)

【神奈川】
横浜市歴史博物館,☆企画展「縄文ムラの原風景 ー目指せ世界遺産!岩手県御所野遺跡」〜6/27(日)
相模原市立博物館
 ☆考古企画展「変化の時代を生きた縄文人ー相模原市域の縄文時代中・後期文化ー」〜5/9(日)

【石川】
小松市埋蔵文化財センター
 ☆春季企画展「未来への祈り〜玉と埴輪」〜5/16(日)
 ☆企画展「校下別代表遺跡で語る!こまつ歴史年表2021」5/29(土)〜9/12(日)
 ☆日本遺産認定5周年記念展「碧玉がもたらした木工の匠(仮題)」10/2(土)〜12/12(日)

【静岡】
静岡県立美術館
 ☆国立ベルリン・エジプト博物館所蔵「古代エジプト展ー天地創造の神話」7/10(土)〜9/5(日)

【三重】
三重県総合博物館Miemu
 ☆三重県埋蔵文化財センター発掘調査速報展「土の中から『こんにちは!』」令和4年2/26(土)〜4/24(日)
松阪市文化財センター
 ☆令和3年度学習支援展示「大昔のくらし(縄文〜古墳時代)〜きみの町の遺跡・古墳〜」〜6/13(日)

【滋賀】
愛荘町立歴史文化博物館,☆令和3年度春季特別展「入門!古代寺院−旧愛知郡編−」〜5/23(日)

【鳥取】
上淀白鳳の丘展示館  ,☆企画展「よどえの古墳」〜6/28(月)

【岡山】
BIZEN中南米美術館,☆「古代中南米土偶まつり展」〜9/26(日)

【広島】
広島県立歴史博物館,☆春の展示「山陽自動車道建設で見つかった遺跡」〜6/13(日)

【徳島】
徳島市立考古資料館
 ☆夏季企画展「ナゾとき考古学8」7/13(火)〜9/5(日)予定
 ☆令和3年度 特別企画展「石棒って何だ!?」9/22(水)〜11/28(日)  予定
 ☆冬季企画展「徳島市の遺跡VIII 奥谷1号墳」令和4年1/25(火)〜3/21(月・祝) 予定

【香川】
四国村
 ☆四国村ギャラリー企画展「古代文明の十字路
    −インダス文明を支えたバローチスターンの土器と土偶−」〜5/30(日)<会期延長>
【愛媛】
松山市考古館
 ☆四国地区埋蔵文化財センター 発掘へんろ展
  「四国の風土と暮らし 〜山から四国を眺めてみた〜」5/1(土)〜7/4(日)

【高知】
高知県立埋蔵文化財センター,☆発掘速報展「高田遺跡」〜7/4(日)

【福岡】
福岡市博物館
 ☆企画展示室4「役所とハンコ」〜6/20(日)
 ☆特別展示「徳川家康と歴代将軍〜国宝・久能山東照宮の名宝〜」7/16(金)〜9/5(日)
飯塚市歴史資料館,☆企画展「ホーケントウ古墳発掘速報展」〜5/17(月)無休
九州歴史資料館,☆パネル展「船原古墳遺物埋納調査の最前線2020-2021」〜7/11(日)
甘木歴史資料館,☆夏季企画展「朝倉の古墳(仮題)」7/10(土)〜9/12(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13001] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/06/02(Wed) 22:52:29

 開催中から、これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【栃木】
大田原市なす風土記の丘 湯津上資料館
 ☆巡回展「栃木の遺跡」7/10(土)〜8/29(日)
 ☆第29回特別展「青木義脩の考古学 那須の縄文時代を中心に」9/18(土)〜11/7(日)
 ☆ミニ企画展「探検!大田原の遺跡 令和2年度発掘調査速報展」令和4年2/5(土)〜3/13(日) 
那須野が原博物館,☆トピックス展「縄文土器の修繕とリサイクル」6/1(火)〜6/27(日)
那珂川町なす風土記の丘資料館 ,☆巡回展「栃木の遺跡」7/10(土)〜8/29(日)第1会場 那珂川館

【群馬】
前橋市粕川歴史民俗資料館
 ☆令和3年度春期企画展「前橋城大手門現る―発掘された前橋城―」〜9/5(日)
高崎市観音塚考古資料館,☆ミニ企画展 八幡台地の遺跡II「若田坂上遺跡」〜9/26(日)

【新潟】
史跡古津八幡山 弥生の丘展示館
 ☆企画展1「古津八幡山遺跡発掘調査速報展 令和2年度の発掘調査成果」〜9/5(日)
 ☆企画展2「倭国大乱から律令国家成立までの越後平野」9/14(火)〜12/12(日)
 ☆企画展3「新津丘陵の縄文遺跡 文様のうつり変わりを追って」令和4年1/5(水)〜3/27(日)
新潟県埋蔵文化財センター,☆春季企画展「誰も知らない?!新潟の米の歴史」〜8/22(日)
新潟市文化財センター(まいぶんポート)
 ☆企画展1「地下2メートルの考古学 低湿地の遺跡からわかる人々のくらし」〜9/5(日)
十日町市博物館,☆HAKKAKE展示「縄文土器の中に入った縄文土器(樽沢開田遺跡)」〜6/7(月)

【富山】
富山市北代縄文広場 北代縄文館
 ☆ミニ企画展 「長岡杉林遺跡−Part2−」 〜7/11(日)
 ☆ミニ企画展 富山地域の遺跡 「追分茶屋遺跡」 7/13(火)〜令和4年1/23(日)
 ☆ミニ企画展 富山地域の遺跡 「古沢遺跡」 令和4年1/25(火)〜7/10(日)

【山梨】
山梨県立考古博物館
 ☆春季企画展「AR古代望見─よみがえれ!甲斐風土記の丘─」〜6/13(日)
 ☆夏季企画展「縄文時代のちいさなうつわ」7/17(土)〜8/22(日)
 ☆冬季企画展「笛吹市の出土品II」12/4(土)〜令和4年1/23(日)
 ☆山梨県埋蔵文化財センター主催「山梨の遺跡発掘展2022」令和4年3/14(土)〜4/10(日)

【京都】
京都府立丹後郷土資料館(ふるさとミュージアム丹後)
 ☆令和3年度春季企画展「黄金の大刀発掘40年 湯舟坂2号墳細見」〜6/13(日)
城陽市歴史民俗資料館
 ☆JOYOエコミュージアム・令和3年度春の資料紹介「城陽の古墳を知ろう!+発掘調査速報展」〜6/20(日)

【山口】
下関市立考古博物館,☆山口県埋蔵文化財センター巡回展「発掘された山口」〜6/20(日)
太翔館(下関市立豊北歴史民俗資料館)
 ☆「Omunibus」漁具展−国登録有形民俗文化財「豊北の漁撈用具」6/22(火)〜8/1(日)

【熊本】
熊本市立熊本博物館,☆「熊本市遺跡発掘速報展」12/11(土)〜令和4年2/6(日)
熊本県立装飾古墳館,☆企画展I「写真で見る装飾古墳の世界part1〜古代人が描いた○や△の世界」〜6/6(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13026] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/07/03(Sat) 23:13:26

 開催中から、これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【岩手】
盛岡市遺跡の学び館
 ☆テーマ展「ある時代の台所」〜9/20(日)
 ☆企画展「遺跡の名探偵 考古学者はここを見る」10/2(土)〜令和4年1/23(日)
 ☆埋蔵文化財調査資料展「盛岡を発掘する 令和3年度調査速報」令和4年2/5(土)〜5/22(日)

【宮城】
仙台市博物館
 ☆特別展「ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展」7/9(金)〜9/5(日)
地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)
 ☆第96回企画展「仙台の遺跡めぐり 富沢からのぞく 仙台の歴史」〜7/18(日)
多賀城市埋蔵文化財調査センター,☆「令和3年度速報展」〜7/25(日)

【東京】
東京国立博物館,☆特集「那智―出土品にみる霊地の遺宝」〜7/18(日)
古代オリエント博物館
 ☆コレクション展「タイムスリップ!古代オリエントの世界」〜7/11(日)
  <展示替え休館:7/12(月)〜7/16(金)>
 ☆夏の特別展「古代オリエントをたのしむ!子どもミュージアム」
  & 「金銀銅に魅せられて」7/17(土)〜9/23(木・祝)
  <展示替え休館:9/24(木)〜10/1(金)>
 ☆秋の特別展「女神繚乱−時空を超えた女神たちの系譜−」10/2(土)〜12/5(日)

【京都】
京都市考古資料館,☆企画陳列「汽車土瓶と転車台の煉瓦」〜8/1(日)
向日市文化資料館
 ☆公益財団法人向日市埋蔵文化財センター令和3年度調査研究成果展
  「向日丘陵の古代寺院−長岡寺と秦氏の寺院−」〜7/25(日)
京丹後市立丹後古代の里資料館
 ☆春季企画展示「地域の中の湯舟坂2号墳〜発掘40周年記念展〜」〜8/1(日)

【大阪】
堺市博物館,☆スポット展「百舌鳥・古市古墳群のたからもの」7/6(火)〜9/26(日) 
さかい利晶の杜
 ☆夏休み特別企画「みりょくを探ろう!〜さかいの古墳とそのしゅうへん〜」8/1(日)〜8/31(火)
吹田市立博物館
 ☆令和3年度(2021年度)夏季特別展
  「新芦屋古墳〜被葬者の謎にせまる〜 」 7/10(土)〜8/22(日)
今城塚古代歴史館
 ☆開館10周年記念特別展「大王墓 今城塚古墳の実像」7/10(土)〜令和4年2/13(日)
大阪府立弥生文化博物館
 ☆令和3年度春夏季企画展 池上曽根遺跡史跡指定45周年、史跡公園開園20周年、
  大阪府立弥生文化博物館開館30周年記念「繁栄の池上曽根遺跡〜拠点集落としての姿〜」〜9/12(日)
 ☆令和3年度秋季特別展「近畿最初の弥生人」10/9(土)〜12/12(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13057] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/07/31(Sat) 23:33:05

 開催中から、これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
七飯町歴史館,☆特別展「縄文のカタチ」〜8/31(火)
八雲町郷土資料館,☆「北海道・北東北の縄文遺跡群」世界遺産登録推薦決定 企画展「八雲の縄文展」〜10/3(日)

【青森】
三内丸山遺跡,☆特別展「あおもりの縄文世界」〜11/28(日)
八戸市埋蔵文化財センター 是川縄文館,☆開館10周年記念特別展「是川遺跡」〜9/5(日)

【岩手】
花巻市総合文化財センター ,☆開館10周年記念企画展「JOMONー花巻の縄文文化ー」〜9/5(日)
遠野市立博物館,☆令和3年度夏季特別展「遠野物語と遠野の縄文文化」〜9/23(木・祝)

【埼玉】
埼玉県立さきたま史跡の博物館,☆令和3年度企画展「運ぶー埼玉古墳群とモノの動きー」〜9/12(日)

【千葉】
袖ケ浦市郷土博物館
 ☆祝世界文化遺産への登録勧告「北海道・北東北の縄文遺跡群 −特別史跡 三内丸山遺跡時代の袖ケ浦−」〜8/29(日)

【東京】
立川市歴史民俗資料館,☆「立川の遺跡2021」〜9/5(日)
東京都埋蔵文化財センター,☆令和3年度企画展示「現場のミカタ 発掘調査を読み解く」〜令和4年3/9(水)

【神奈川】
鎌倉歴史文化交流館,☆企画展「発掘調査速報展2021」〜9/8(日)

【富山】
富山県埋蔵文化財センター,☆企画展「見て、知って!とやまヒストリー2021」〜9/26(日)

【石川】
石川県埋蔵文化財センター,☆第23回 いしかわの発掘展「いしかわの城下と村」〜9/5(日)
金沢市立埋蔵文化財収蔵庫,☆企画展「学校の下の遺跡2 戸板小学校の下の出雲じいさまだ遺跡」〜9/12(日)

【福井】
福井県立若狭歴史博物館
 ☆鳥浜貝塚発見60周年記念特別展「森と出会った縄文人〜人と植物の歴史の始まり〜」10/16(土)〜11/28(日)

【山梨】
釈迦堂遺跡博物館,☆企画展「発掘って何するの?」8/4(水)〜9/20(月)

【静岡】
静岡市立登呂博物館,☆夏季企画展「ひょっこり有度山展ー平野にあらわれたフシギな山ー」〜9/12(日)
浜松市博物館,☆テーマ展「縄文グルメー縄文人は何を食べたかー」〜9/5(日)

【愛知】
豊田市郷土資料館,☆企画展「縄文ライフ!〜SDGsの種(タネ)を探しに〜」〜9/26(日)

【三重】
松阪市文化財センター,☆令和3年度夏季企画展「“人”がいっぱい〜考古資料にみる人の表現〜」〜8/29(日)
斎宮歴史博物館,☆第40回「三重県埋蔵文化財展」12/4(土)〜令和4年1/16(日)

【滋賀】
滋賀県立安土城考古博物館,☆第64回企画展「発掘された近江 関津遺跡と関津城跡」〜9/20(月・祝)

【京都】
宇治市歴史資料館,☆企画展「発掘ものがたり宇治・2022」令和4年2/26(土)〜4/3(日)

【大阪】
八尾市立埋蔵文化財調査センター,☆夏季企画展「八尾を掘るー令和2年度市内発掘調査成果展ー」〜9/26(日)
大阪府立近つ飛鳥博物館,☆令和3年度夏季企画展「古墳群に暮らした人たちー集落遺跡からみる古市古墳群ー」〜9/5(日)

【兵庫】
神戸市埋蔵文化財センター,☆秋季企画展 開館30年記念「「福原京」の考古学」8/28(土)〜11/28(日)
姫路市埋蔵文化財センター,☆「TSUBOHORI-発掘調査展2021」〜9/23(木・祝)
尼崎市立田能資料館,☆令和3年度前期企画展「チャレンジ★やよい人!―弥生土器づくり―」〜9/19(日)
明石市立文化博物館,☆企画展「発掘された明石の歴史展 明石の古道と駅・宿」10/30(土)〜12/5(日)
加古川総合文化センター,☆令和3年度企画展「発掘された加古川〜近年発掘された加古川市の遺跡〜」〜令和4年3/27(日)
小野市立好古館,☆企画展「古墳礼讃−古墳ってこんなにあるの−」〜9/5(日)
兵庫県立考古博物館加西分館 古代鏡展示館,☆新展示室オープン記念展「中国王朝の粋美」〜9/12(日)
兵庫県立考古博物館
 ☆夏季企画展 日本遺産『国生みの島・淡路』認定5周年記念「淡路島発掘」〜8/29(日)
 ☆「ひょうごの遺跡2022―調査研究速報―」令和4年1/15(土)〜3/13(日)

【奈良】
天理大学附属天理参考館,☆第87回企画展「物部氏の古墳 杣之内古墳群」〜9/6(月)
歴史に憩う橿原市博物館
 ☆令和3年度夏季企画展「かしはらの歴史をさぐる21ー平成27〜30年度 埋蔵文化財発掘調査成果展−」〜9/20(月・祝)
桜井市立埋蔵文化財センター,☆令和3年度速報展「50cm下の桜井 27」〜10/3(日)
キトラ古墳壁画体験館 四神の館,☆第20回公開「国宝 キトラ古墳壁画 南壁 朱雀」〜8/22(日)

【和歌山】
和歌山県立紀伊風土記の丘
 ☆夏期企画展「古代紀伊の神まつり」〜8/29(日)
 ☆秋期特別展「海に挑み、海をひらく−きのくに七千年の文化交流史−」10/2(土)〜12/5(日)
 ☆冬期企画展「紀北の古墳群〜その実像に迫る〜」令和4年1/15(土)〜2/27(日)

【島根】
ガイダンス山代の郷,☆ロビー展 「山代二子塚古墳のできたころ、世界では…」〜8/23(月)
島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館,☆ミニ企画展「出土品からみる顔」〜8/30(月)
松江市立出雲玉作資料館
 ☆令和3年度夏季企画展「古代の拝志郷(はやしのさと)はおもしろい!
   〜玉湯町林の古代を探る〜」〜9/12(日)

【広島】
広島県立歴史民俗資料館,☆令和3年度夏の展示会「ナゾときミュージアム! むかしむかしのマツガサコ」〜9/5(日)

【山口】
下関市立考古博物館,☆令和3年度 発掘速報展「掘ったほ!下関2021」〜9/26(日)
山口県立美術館,☆ライデン国立古代博物館所蔵「古代エジプト展」9/18(土) 〜11/7(日)

【愛媛】
松山市考古館,☆令和3年度 愛媛県・松山市連携事業 古代いよ発掘まつり「掘ったぞな松山2021」〜8/29(日)

【高知】
高知県立埋蔵文化財センター,☆巡回展「発掘へんろ展 四国の風土と暮らし ー山から四国を眺めてみたー 」〜9/12(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13081] 【考古】夏の展覧会追加紹介 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/09(Mon) 20:28:01

 夏休み期間に開催中、もしくば開会されるもので、今月初のほっとミュージアム改訂時には紹介しきれなかった考古学の企画を、これから在来のツリーに紹介します。お住まいの近くで過ごしてみたいミュージアムを見つける参考にして下さい。

 ただし一定期間まだ休館が続く館や、完全日時指定制や時間帯別の人数制限、入場者の地域制限などが行われている館・企画があります。開催日や、開館時間の変更が行われたり、今後の感染状況により状況が変わることも考えられます。タイムリーな各館の個別情報に注意されながら、訪問計画をお立て下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【福島】
福島県立博物館,☆ポイント展「ふくしまを耕した古代の農具」8/7(土)〜9/26(日)

【茨城】
幕末と明治の博物館
 ☆第4回埋蔵文化財企画展「弥生島と古墳島〜大洗島を取り巻く一千数百年前の物語〜」〜8/31(火)

【群馬】
かみつけの里博物館,☆企画展「わくわく博物館体験'21」〜11/3(水・祝)
群馬の森 群馬県立歴史博物館,☆第103回企画展「古墳大国群馬へのあゆみ」〜9/5(日)
藤岡歴史館(藤岡市埋蔵文化財収蔵庫),☆夏季企画展「古墳をまもり伝えた人々」〜9/12(日)
岩宿博物館,☆第74回企画展「岩宿人のくらしを調べる」〜9/23(木・祝)

【千葉】
市川考古博物館,☆企画展 「らくがく縄文館 縄文土器のマナビを楽しむ」〜9/12(日)
印旛郡市文化財センター,☆「令和3年度最新出土考古資料展」〜令和4年6/24(金)

【東京】
くにたち郷土文化館,☆ミニ展示「甲野 勇 くにたちに来た考古学者」〜9/12(日)  

【新潟】
十日町市博物館,☆夏季企画展「器の移り変わり―縄文から現代まで―」〜8/29(日)

【長野】
須坂市立博物館
 ☆リニューアルオープン記念特別展「土器に込められた祈り
   〜微隆起線文土器から墨書土器まで〜」〜9/26(日)
野尻湖ナウマンゾウ博物館
 ☆第36回特別展「北信濃・信濃町地域の古墳時代から古代
   −宮ノ腰遺跡発掘調査の速報展ほか−」〜11/30(火)
【岐阜】
多治見市文化財保護センター,☆企画展「古代の多治見―古墳と集落遺跡―」〜12/24(金)

【静岡】
三島市郷土資料館
 ☆市制施行80周年・開館50周年企画展「三島のはじまり 旧石器〜古墳時代」〜12/19(日)

【静岡】
滋賀県立安土城考古博物館
 ☆《でかける博物館in安土城考古博物館》「顔―残された表情―」〜8/29(日)

【大阪】
ATCホール,☆特別展「ミイラ「永遠の命」を求めて」〜9/26(日)

【兵庫】
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館
 ☆第52回企画展「但馬国分寺跡 発掘調査の新発見!」〜10/26(火)

【香川】
三豊市詫間町民俗資料館
 ☆令和3年度発掘速報展「E氏の野帳〜ある日の調査日誌〜」〜令和4年3/31(木)

【福岡】
有馬記念館
 ☆「発掘でよみがえる久留米城下町展」8/21(土)〜11/3(水・祝)
   (会場:六ツ門図書館展示コーナー:くるめりあ六ツ門5階 )
【佐賀】
佐賀県立博物館,☆「縄文のかごー縄文人の感性と技ー」〜8/22(日)

【長崎】
大村市歴史資料館,☆企画展「大村の弥生世界〜竹松遺跡を中心に〜」〜9/5(日)

【宮崎】
宮崎県立西都原考古博物館
 ☆特別展「百余国の“王”と「王之山」の玉璧 〜弥生時代の“王墓”と舶載品〜」〜9/5(日)

【鹿児島】
鹿児島市立ふるさと考古歴史館,☆夏季企画展「神秘!地中の謎を追え!」〜9/12(日)
上野原縄文の森
 ☆河口コレクション 第1回「河口コレクション〜山ノ口遺跡〜」〜9/17(金)
 ☆第61回企画展「新発見!かごしまの遺跡2021 〜発掘調査速報展〜」〜11/7(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13086] 【奈良】平城宮跡資料館/奈良を測る −森蘊の庭園研究と作庭− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/11(Wed) 22:03:13

 平城宮跡資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=15
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和3年度夏期企画展「奈良を測る−森蘊の庭園研究と作庭−」〜9/12(日)
     月曜休館
     入館無料

 国立奈良文化財研究所の初代建造物研究室長を務めた庭園史家・作庭家の森蘊(もり・おさむ)は、遺跡と化した庭園の発掘調査から復元整備までを手掛け、文化財庭園の保存修理・整備の方法論の礎を築き、調査研究の経験に基づく発想による作庭活動もおこなった。森が奈文研に在籍した当時の図面等から、奈良所在の遺跡・庭園に関する資料を中心に展示。
 (調査)
  旧大乗院庭園/旧大乗院庭園実測図・建物配置復原図
  円成寺庭園/円成寺地形実測図・整備竣工図
 (作庭)
  唐招提寺蔵松院庭園/唐招提寺本坊・客殿庭園設計図
  東大寺龍蔵院庭園/龍蔵院庭園設計図
  法華寺仔犬の庭/法華寺 仔犬の庭設計図    など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13098] 【大阪】ATCホール/ミイラ「永遠の命」を求めて 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/14(Sat) 12:31:02

 大阪南港のATCホールhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=25で開催中の特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「ミイラ「永遠の命」を求めて」〜9/26(日)
  会期中無休
  午前10時〜午後6時(入館は5時30分まで)
  入館料金:平日:一般・大・専1700円 小中高800円
      土日祝:一般・大・専1900円 小中高1000円

 ミイラが人を惹きつけるのは、遠い昔に亡くなった人の姿がそのまま残ることに対する驚きか。自然にミイラとなったものから人工的に作られたものまで、南米・エジプト・ヨーロッパ・オセアニア・日本のミイラからさまざまな文化的・学術的な価値や死生観・身体観を紹介する科学的な展示。
[南北アメリカ]
 チャチャポヤのミイラ・ジャングルのミイラ ペルー文化省・レイメバンバ博物館所蔵
 下腿部を交差させた女性のミイラ ライス・エンゲルホルン博物館所蔵
[エジプト]
 猫のミイラ レーマー・ベリツェウス博物館所蔵
 ペンジュの棺 レーマー・ベリツェウス博物館所蔵
[ヨーロッパ]
 彩色が施されたアンナの頭骨 ゲッティンゲン大学人類学コレクション所蔵
 カナリア諸島のミイラ ゲッティンゲン大学人類学コレクション所蔵
[オセアニアと東アジア]
 肖像頭蓋骨 レーマー・ベリツェウス博物館所蔵
 即身仏「弘智法印 宥貞」小貫即身仏保存会所蔵  など 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明
 


  [No.13090] 【埼玉】県立さきたま史跡の博物館/運ぶ−埼玉古墳群とモノの動き− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/12(Thu) 08:37:47

 行田市の埼玉県立さきたま史跡の博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=11&c=27
で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「運ぶ−埼玉古墳群とモノの動き−」〜9/12(日)
    8/23、30、9/6(月)
    入館料金:一般200円 学生100円 中学生以下、障害者手帳をお持ちの方(付添1名を含む)無料

 埼玉古墳群に立てられた埴輪や捧げられた土器、遠く離れた場所から運ばれた石室の石材。また、埼玉古墳群の周辺の集落からも海から運ばれたものが出土する一方、埼玉県内で作られたり、採取されたモノが遠く離れた場所で出土。河川が用いられたとみられるこれらの輸送を反映して、周辺の遺跡からは舟や舟をかたどった木製品も出土。こうしたモノの動きから、埼玉古墳群周辺から東京湾沿岸までの河川を通じた物流を考える。
[埼玉古墳群と川]下田町遺跡出土貝類(埼玉県教育委員会)
[埼玉古墳群に運ばれたモノ]重文・生出塚埴輪窯跡出土貴人埴輪(鴻巣市教育委員会)
[埼玉県内から運ばれたモノ]北門1号墳出土人物埴輪(横浜市教育委員会)横浜市指定文化財
[出土した舟]小敷田遺跡出土舟形木製品(埼玉県教育委員会)
[埼玉の津]
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13107] 【兵庫】県立考古博物館加西分館 古代鏡展示館/中国王朝の粋美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/15(Sun) 20:06:41

 フラワーセンター内の兵庫県立考古博物館加西分館 古代鏡展示館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=126で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆新展示室オープン記念展「中国王朝の粋美」〜9/12(日)
    水曜休館
    県立フラワーセンター入園料(一般500円など)に加え、
    入館料金:一般100円 高校生以下無料 障害者手帳提示で本人は75%減免、介助者は1名無料

 古代鏡展示館に新展示室が完成した記念に、
 二里頭(夏)〜商(殷)から春秋戦国時代の中国古代の楽器[青銅の響き] 鐘(春秋戦国)
 二里頭(夏)〜商(殷)から春秋戦国時代の青銅器や鏡[青銅の時代] 酒器(商)
 精巧かつ豪華な金銀器や宝飾鏡、華麗な三彩俑など隋・唐代の逸品[唐王朝の精華] 三彩天王俑(唐)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13128] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/29(Sun) 14:02:45

 これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。あくまで8月じゅうに発表されている内容ですので、臨時休館の継続、開催日の延期・延長、入場制限、予約制やなど、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
市立函館博物館,☆令和3年度企画展「大船・垣ノ島遺跡と世界遺産」〜9/26(日)
北海道立埋蔵文化財センター
 ☆令和3年度企画展示「北の縄文―縄文探訪と縄文工房―展」〜9/26(日)

【宮城】
仙台市縄文の森広場,☆コーナー展示「東北の縄文遺跡−仙台市川前遺跡」〜10/17(日)
地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)
 ☆企画展「つなぐ・つながる富沢遺跡〜にっぽんのミュージアムめぐり〜」〜10/3(日)
東北歴史博物館,☆テーマ展示 第1室「宮城県の土師器−土器から見る生活の変化−」〜12/5(日)
奥松島縄文村歴史資料館
 ☆テーマ展「史跡 赤井官衙遺跡群ー赤井官衙遺跡と矢本横穴ー」〜10/3(日)

【福島】
福島県立博物館
 ☆企画展「ふくしま 藁の文化〜わらって、すげぇんだがら〜」10/9(土)〜12/19(日)
 ☆ポイント展「厄流しと宝船」10/22(金)〜12/19(日)
 ☆ポイント展「暑さ寒さをしのぐ道具たち」12/22(水)〜令和4年2/27(日)
福島県文化財センター白河館「まほろん」
 ☆まほろん20周年記念企画展「文化財をよみとく科学のチカラ」〜9/20(月・祝)
 ☆コーナー展示「交錯する人・モノ・情報」〜10/1(金)(予定)

【栃木】
那珂川町なす風土記の丘資料館
 ☆第29回特別展 那須の歴史をひもとくVI「青木義脩の考古学 那須の縄文時代を中心に」9/18(土)〜11/7(日)
  第1会場 湯津上館 第2会場 那珂川館

【群馬】
群馬の森 群馬県立歴史博物館,☆第104回企画展「発掘された日本列島2021」10/9(土)〜11/21(日)
藤岡歴史館(藤岡市埋蔵文化財収蔵庫),☆夏季企画展「古墳をまもり伝えた人々」〜9/12(日)
岩宿博物館,☆第74回企画展「岩宿人のくらしを調べる」〜9/23(木・祝)

【埼玉】
埼玉県立歴史と民俗の博物館
 ☆埼玉県150周年・開館50周年記念特別展「埼玉考古50選」10/9(土)〜11/23(火・祝)
埼玉県立さきたま史跡の博物館
 ☆最新出土品展「地中からのメッセージ」10/9(土)〜11/21(日)
 ☆「ほるたま展2021」12/11(土)〜令和4年2/6(日)

【東京】
新宿歴史博物館
 ☆令和3年度特別展 「四谷塩町からみる江戸のまちー近世考古学の世界―」9/25(土)〜12/5(日)
早稲田大学會津八一記念博物館
 ☆企画展「山内清男コレクション受贈記念 山内清男の考古学」9/27(月)〜11/14(日)
東京都江戸東京博物館,☆特別展「縄文2021―東京に生きた縄文人―」10/9(土)〜12/5(日)
東京富士美術館
 ☆国立ベルリン・エジプト博物館所蔵
  「古代エジプト展 天地創造の神話」9/19(日)〜12/5(日)
 ☆館蔵品展「発掘!古代遺跡の写真展」9/19(日)〜12/5(日)

【神奈川】
神奈川県立歴史博物館
 ☆コレクション展「赤星直忠と神奈川県立博物館
      ー赤星直忠コレクション展」令和4年1/8(土)〜2/27(日)考古資料など
横浜ユーラシア文化館
 ☆特別展「オホーツク文化―あなたの知らない古代―」10/16(土)〜12/26(日)

【新潟】
津南町農と縄文の体験実習館「なじょもん」
 ☆秋季企画展「魚沼地方の古代ー山里のなりわいと交流ー」9/4(土)〜11/3(水・祝)

【石川】
白山市立博物館
 ☆スポット展「石川中央都市圏考古資料編 古墳時代編」11/26(金)〜12/26(日)

【福井】
福井市立郷土歴史博物館
 ☆一乗谷朝倉氏遺跡特別史跡指定50周年
  一乗谷朝倉氏遺跡庭園特別名勝指定30周年「記念パネル展」〜9/30(木)

【長野】
長野県立歴史館
 ☆令和3年度秋期企画展「全盛期の縄文土器−圧倒する褶曲文−」9/18(土)〜11/23(火・祝)
碌山美術館,☆特別企画展「 彫刻家 篠田守男-Subconscious-」10/9(土)〜12/9(木)  

【静岡】
富士山かぐや姫ミュージアム
 ☆沼津市・富士市連携 埋蔵文化財活用 特別展示
  「愛鷹山に眠る開拓者たちー東海最大級の古墳群と地域の再生」9/18(土)〜11/28(日)

【愛知】
大府市歴史民俗資料館,☆企画展「古墳時代初頭の知多半島」10/9(土)〜12/12(日)

【三重】
桑名市博物館,☆特集陳列「桑名市出土品展―地面の下には何がある?―」令和4年3/12(土)〜5/8(日)
鈴鹿市考古博物館,☆秋季企画展「伊勢国分寺とその周辺ー地域の遺跡を知るー」10/2(土)〜12/12(日)
志摩市歴史民俗資料館,☆企画展「科学がときあかす大昔の志摩」〜10/3(日)考古

【滋賀】
大津市歴史博物館,☆第167回ミニ企画展「古代の瓦 鴟尾と鬼瓦」9/7(火)〜10/10(日)

【京都】
京都府立山城郷土資料館
 ☆秋の特別展「南山城最後の前方後円墳ー坊主山古墳、長池古墳とその時代ー」10/16(土)〜11/28(日)

【大阪】
大阪歴史博物館,☆特別展「難波をうたう−万葉集と考古学−」10/2(土)〜 12/5(日)
柏原市立歴史資料館,☆特集展示「京都国立博物館資料里帰り展−船橋遺跡−」〜9/12(土)
四條畷市立歴史民俗資料館
 ☆令和3年度特別展「「天下の支配者」三好殿
    ー考古学からみた天下人三好長慶の軌跡と飯盛城ー」10/5(火)〜12/12(日)
【兵庫】
神戸市立博物館,☆「大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語」令和4年2/5(土)〜5/8(日)
姫路市埋蔵文化財センター,☆企画展「市之郷遺跡」10/17(日)〜令和4年3/27(日)

【奈良】
奈良市埋蔵文化財調査センター
 ☆令和3年度秋季特別展「帯解の古墳時代とワニ氏」9/6(月)〜令和3年11/5(金)
吉野歴史資料館,☆特別陳列「昭和初頭、激動の吉野 宮滝第1次調査の頃」〜令和3年11月末頃

【島根】
出雲弥生の森博物館
 ☆「1964東京五輪の年の考古学―そのとき何が見つかった?―」9/29(水)〜12/13(月)
 ☆「出雲平野の埴輪ー斐川町「結古墳群」の円筒埴輪ー」9/29(水)〜1/31(月)
 ☆「弥生墳丘墓に供えられた食器」11/6(土)〜令和4年1/31(月)
 ☆「田儀櫻井家たたら製鉄遺跡」12/15(水)〜令和4年3/7(月)
荒神谷博物館,☆特別展「不弥国と立岩遺跡―海と山をつなぐクニ―」8/21(土)〜10/3(日)

【岡山】
倉敷考古館,☆企画展「繊維の考古学 縄文をひもとく」〜9/26(日)<会期延長>

【広島】
広島城
 ☆企画展「江戸の旅と愉しみ」9/11(土)〜11/7(日) 
 ☆企画展「輝元、広島城へ入城す」11/13(土)〜12/12(日) 
 ☆企画展「二承と雲嶺〜広島四条派の系譜〜」12/18(土)〜令和4年2/13(日) 
 ☆企画展「花鳥風月」令和4年2/19(土)〜3/27(日)

【山口】
土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム
 ☆「土井ヶ浜弥生人を彩った貝のアクセサリー(仮題)」9/7(火)〜12/5(日)
 ☆「骨からよみがえる古代長江流域の稲作農耕民」12/14(火)〜令和4年2/6(日)
 ☆「人骨から琉球王朝前史の謎をさぐるー伝・武寧王墓のすべてー」令和4年2/15(火)〜5/29(日)
山口大学埋蔵文化財資料館,☆第43回企画展「周防の古代寺院」〜10/16(土)

【高知】
高知県立埋蔵文化財センター
 ☆企画展「元親から一豊へ ー城郭遺構に見える戦国〜近世の世界ー 」10/10(日)〜令和4年3/31(木)

【福岡】
春日市奴国の丘歴史資料館
 ☆令和3年度考古企画展「発見!!弥生時代の権ー奴国の王都須玖遺跡群のおもりー」〜9/26(日)(予定)

【佐賀】
小城市立歴史資料館
 ☆企画展示室「小城市内遺跡発掘調査成果展 おぎを掘るXV 「発見50年 土生遺跡」9/3(金)〜10/24(日)

【大分】
大分県立歴史博物館
 ☆令和3年度特別展「赤塚古墳と三角縁神獣鏡〜宇佐風土記の丘からみた古墳時代〜」10/15(金)〜11/28(日)

【宮崎】
宮崎県立西都原考古博物館
 ☆コレクションギャラリー展「宮崎県の考古学〜学史に刻まれた人々(2)〜 」9/8(水)〜9/26(日) 
 ☆国際交流展「イノシシと人間〜身近な“野生”との交渉史〜 」10/2(土)〜12/5(日) 
 ☆コレクションギャラリー展「宮崎県の考古学〜学史に刻まれた人々(3)〜」12/8 (水)〜12/26(日) 
 ☆企画展II「教科書から学ぶ考古学〜日本史、その頃の宮崎〜」令和4年1/8(土)〜3/13(日)
 ☆コレクションギャラリー展「宮崎県の考古学〜学史に刻まれた人々(4)〜」令和4年3/17(水)〜4/11(日) 

【沖縄】
沖縄県立博物館・美術館,☆博物館 企画展「海とジュゴンと貝塚人」10/15(金) 〜12/5(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13154] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/10/02(Sat) 09:48:11

 これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。開催日の延期・延長、入場制限、予約制やなど、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【静岡】
静岡市立登呂博物館,☆秋季企画展「WOOD〜木を活かす弥生人〜」10/2(土)〜11/28(日)

【奈良】
奈良文化財研究所飛鳥資料館
 ☆秋期特別展「屋根を彩る草花―飛鳥の軒瓦とその文様」10/15(金)〜12/19(日)

【島根】
島根県立八雲立つ風土記の丘展示学習館
 ☆令和3年度企画展「出雲の埴輪たち―石屋古墳と平所遺跡―」〜11/23(火・祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13161] 【東京】国立科学博物館/大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/10/29(Fri) 23:30:17

 上野公園の国立科学博物館で開催中の特別展を紹介します。
http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=126
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「大英博物館ミイラ展 古代エジプト6つの物語」〜令和4年1/12(水)
   月曜休館(12/27(月)1/3(月)10(月・祝)は開館)12/28(火)〜1/1(土・祝)休館
   入館料金:一般・大学生2100円 小中高生600円
        障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

 古代エジプト文明の研究でも世界を牽引してきた大英博物館の研究成果を紹介。6体のミイラを選りすぐり、CTスキャンを用いた画像解析により、古代エジプト人の生き様や文化を紹介。
 王家の所領を管理する役人、代々続く名家の神官、既婚女性、幼い子ども…年齢や性別、社会的立場や暮らしていた時代も様々な6体のミイラが、どのような人生を送りミイラとして残ったのか―? CTスキャン画像をもとにした高精度の映像や、「食」「健康」「音楽」「家族」などのテーマに沿った展示物を交え、各ミイラの6つの物語を展開。
  アメンイリイレト&#8195;テーベの役人
    カシュタ王(前760〜前747年頃)の娘アメンイルディスの所領を管理していた役人
  ネスペルエンネブウ&#8195;テーベの神官
    テーベ(現ルクソール)で最も重要な宗教施設であったカルナク神殿の神官
  ペンアメンネブネスウトタウイ&#8195;下エジプトの神官
    下エジプト(北部エジプト)に暮らし、バステト神などを祀った神殿に仕える神官、脳が残されている
  タケネメト&#8195;テーベの既婚女性
    前700年頃に生きた既婚の女性で、3層に入れ子状になった棺の中に納められた。
  ハワラの子ども(3&#12316;5歳)
    グレコ・ローマン時代(前332〜後395年)の習慣でエジプト北部ハワラの墓地遺跡から発掘
  グレコ・ローマン時代の若い男性
    ミイラの外見がより重視されるようになったギリシャ支配時代あるいはローマ支配時代初期の人物
  初公開!“かはく”の猫のミイラ
    阿波・徳島藩の18代当主である蜂須賀正氏氏がエジプトで入手し、国立科学博物館に寄贈したもの
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13176] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/10/31(Sun) 19:41:52

 これから開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。開催日の延期・延長、入場制限、予約制など、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【茨城】
上高津貝塚ふるさと歴史の広場,☆第24回企画展「5000年前のモダンアート―中期縄文土器の世界―」〜12/5(日)

【東京】
国立科学博物館,☆「大英博物館ミイラ展」〜令和4年1/12(水)
東京国立博物館,☆特別展「ポンペイ」令和4年1/14(金)〜4/3(日)平成館 特別展示室
北区飛鳥山博物館,☆スポット展示「JOMON土器 VS YAYOI土器 ‐どっちがスキ?どっちもドキッ!」〜12/5(日)
板橋区立郷土資料館,☆企画展「再発見!いたばしの遺跡ーいたばしの弥生時代と古墳時代ー」〜12/19(日)
江戸東京たてもの園,☆特別展「縄文2021 ー縄文のくらしとたてものー」〜令和4年5/29(日)

【新潟】
新潟県埋蔵文化財センター,☆令和3年度秋季企画展「倭国大乱〜律令国家成立までの越後平野」〜12/12(日)
新潟市文化財センター(まいぶんポート),☆企画展2「細池寺道上遺跡からさぐる能代川流域」〜12/19(日)

【石川】
金沢市埋蔵文化財センター,☆企画展「金沢の縄文まとめてみた!」〜令和4年3/13(日) 

【山梨】
釈迦堂遺跡博物館,☆企画展「発掘って何するの?」〜11/23(火・祝)

【岐阜】
中津川市中山道歴史資料館
 ☆企画展「中津川の黎明から中世 〜遺物からみるヒト・モノの移動〜」〜令和4年3/27(日)

【愛知】
豊田市足助中馬館,☆足助中馬館企画展「あつまれ じょうもんの土器」〜12/8(水)

【滋賀】
滋賀県立安土城考古博物館
 ☆令和3年度秋季特別展 公益財団法人滋賀県文化財保護協会設立50周年記念
  「黎明─東西文化が共生した先史時代の近江―」〜11/21(日)
銅鐸博物館(野洲市歴史民俗博物館)
 ☆秋期企画展「大岩山銅鐸の形成ー近畿式銅鐸と三遠式銅鐸の成立と終焉ー」〜11/28(日)

【京都】
京都市考古資料館
 ☆合同企画展「桃山デザイン」12/14(火)〜令和4年1/16(日)
京都市、京都市考古資料館、公益財団法人京都市埋蔵文化財研究所、京都市立芸術大学美術学部及び京都歴史文化施設クラスター実行委員会
 ☆企画陳列「地下鉄東西線の発掘調査」 〜11/7(日)

【大阪】
今城塚古代歴史館
 ☆今城塚古代歴史館・大阪府立近つ飛鳥博物館連携企画
  「群集墳の様相―塚原古墳群と一須賀古墳群―」11/6(土)〜12/19(日)
八尾市立埋蔵文化財調査センター,☆秋季企画展「やおの古墳時代(初頭〜前期)」〜令和4年2/18(金)
信太の森の鏡池史跡公園信太の森ふるさと館,☆「惣ヶ池遺跡・令和3年度 最新発掘調査パネル展示」〜11/20(土)
大阪府立狭山池博物館
 ☆開館20周年記念・令和3年度特別展「狭山池のルーツ−古代東アジアのため池と土木技術−」〜12/5(日)
太子町立竹内街道歴史資料館
 ☆令和3年度 聖徳太子一四〇〇年御遠忌記念企画展「聖徳太子墓−叡福寺北古墳−」〜12/5(日)
大阪府立近つ飛鳥博物館,☆令和3年度秋季特別展「玉からみた古墳時代」〜11/28(日)

【兵庫】
白鶴美術館,☆2021年秋季展 本館「中国青銅器 円と方の協調美」〜12/12(日)
兵庫県立美術館「芸術の館」
 ☆ライデン古代国立博物館所蔵「古代エジプト展」11/20(土)〜令和4年2/27(日)
尼崎市立田能資料館
 ☆令和3年度 後期企画展「いらっしゃい 田能のおうち―弥生時代の復元住居―」〜令和4年3/27(日)
辰馬考古資料館,☆秋季展「石棒と銅鐸-縄文ー弥生の祈りと祭りー」〜12/5(日)

【佐賀】
吉野ヶ里歴史公園
 ☆特別企画展『よみがえる邪馬台国』〜倭人伝のクニを探るIII〜「邪馬台国と末盧国」〜11/7(日)

【鹿児島】
上野原縄文の森,☆河口コレクション 第2回「河口貞徳氏の軌跡IV」〜令和4年1/14(金)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13188] 【京都】ハリス理化学館同志社ギャラリー/平安遷都前の京都盆地 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/09(Tue) 22:44:14

 地下鉄今出川下車、同志社大学構内のハリス理化学館同志社ギャラリーで開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第23回企画展「平安遷都前の京都盆地ー飛鳥・奈良時代のムラと寺ー」〜12/5(日)
    月曜休館
    入館無料
&#65279;
 同志社大学歴史資料館が行ってきた今出川キャンパス内の発掘調査で出土した平安京造営以前の飛鳥〜奈良時代の遺構や遺物。この時期の竪穴住居跡や大溝がみつかり、土器群とともに鉄器生産にかかわる遺物も出土。奈良時代のこの地点は、正倉院文書『山背国愛宕郡出雲郷雲下里計帳』に載る古代出雲郷と考えられ、近隣で古代出雲寺の古瓦も出土し、一つの郷にムラと寺があった。
 鴨川東岸の北白川廃寺と近隣の集落跡、北野地域の寺院と集落遺跡、嵯峨野〜桂川流域にも同様の古代寺院と集落のまとまりが知られ、飛鳥・奈良時代のムラ・寺の群の中央に8世紀末になって平安京は築かれたと言える。
 本学出土の7−8世紀遺物群とともに、同時代の京都盆地の出土品を併せて展示し、平安京遷都前の景観を考古遺物から見る。

 古代出雲寺跡で採集された軒丸瓦
 山城国愛宕郡出雲郷の奈良時代建物跡から出土した土師器
 古代北白川廃寺跡から出土した軒丸瓦
 古代北野廃寺跡から出土した軒丸瓦、塑像仏頭片
 奈良時代集落跡から出土したフイゴ羽口と鉄滓
 桂川右岸の羽束師遺跡出土漆紙文書    など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13219] 【京都】ハリス理化学館同志社:平安遷都前の京都盆地 行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/17(Wed) 23:54:56

 同志社大学構内のハリス理化学館同志社ギャラリーで開催中の企画展「平安遷都前の京都盆地ー飛鳥・奈良時代のムラと寺ー」を見に入りました。
 同志社大学の北側にある相国寺承天閣美術館には度々訪れているのですが、大学構内に入る機会はなかなか無く…また、しばらく大学構内には学外人入構禁止になっていたこともあります。今回の企画展は、私の関心事でしたし、館サイトでは「学生教職員のみ」との表示は無かったので11/14(日)に思い切って訪ねてみました。それでも、門には立ち入りがたい雰囲気があり、守衛さんに「ギャラリーはOKですよね」と尋ねる始末。

 ハリス理化学館は、同志社のシンボルたる礼拝堂のすぐ後ろにあり、同大の理科教育の原点という明治建築ですから雰囲気はぴったりです。

 館自体がそれほど大きなものではなく、教育関係や、地元文化の展示もあるので企画展はそれほど大きなものではありませんでしたが、しっかりテーマに沿った良い展示でした。
 遷都する場所って、まるで無住の荒れ地かと思ってしまいますが、そうではない、遷都を呼び込む素地があったと教えてくれる展示でした。この大学校地も含め、平安京周辺地域に古代の廃寺が点在し、また瓦や鉄器の生産現場があったのです。瓦の形式が何に似ている…というのは全く知識が無いのですが、北野廃寺の塑像仏像頭部なんて、いかにも古代の雰囲気が伝わってきましたね。

 この展示は12/5(日)までです。
 ちなみに、一般的な感染拡大防止策以外に入館制限はありませんでした。
 
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13215] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/15(Mon) 19:58:51

 開催中もしくはまもなく開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。開催日の延期・延長、入場制限、予約制やなど、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【宮城】
地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館),☆第98回企画展「発掘!食の百貨店」〜12/19(日)
多賀城市埋蔵文化財調査センター
 ☆令和3年度企画展「多賀城への道ー地域を繋ぐ、人と交通の古代史ー」〜12/19(日)

【福島】
福島県文化財センター白河館「まほろん」
 ☆白河市天王山遺跡国史跡指定記念ミニ展示
  「会津地方弥生時代後期の土器と関連遺物」〜12/26(日)(予定)
 ☆まほろん20周年記念企画「複式炉の時代ー縄文集落の画期ー」〜12/19(日)

【栃木】
大田原市なす風土記の丘 湯津上資料館
 ☆第29回特別展「青木義脩の考古学 那須の縄文時代を中心に」〜11/21(日)<会期延長>

那珂川町なす風土記の丘資料館
 ☆第29回特別展「青木義脩の考古学 那須の縄文時代を中心に」〜11/21(日)<会期延長>
 ☆特別陳列「えと展 寅を考古学する」11/26(金)〜12/26(日)


【群馬】
前橋市粕川歴史民俗資料館
 ☆令和3年度秋期企画展「白藤古墳群発掘40年ーここまでわかった白藤古墳群ー」〜令和4年2/27(日)
高崎市観音塚考古資料館,☆企画展「群馬の中期古墳とその時代」〜12/5(日)
伊勢崎市赤堀歴史民俗資料館,☆企画展「密な古墳−群集墳のヒミツを探る−」〜12/26(日)
群馬県埋蔵文化財調査センター発掘情報館
 ☆最新情報展第2期「見えてきた!環濠集落の全貌−高崎競馬場遺跡の発掘成果から−」〜令和4年5月上旬

【千葉】
千葉市立加曽利貝塚博物館,☆特別展「―市原市指定史跡ー祇園原貝塚 千年続いた縄文のムラ」〜12/5(日)
市川考古博物館,☆ホール小企画展「市川出土の縄文土器」〜令和4年7/31(日)
船橋市飛ノ台史跡公園博物館,☆企画展「船橋のいちばん暑かった時−縄文時代前期の地球温暖化−」〜12/5(日)
松戸市立博物館,☆企画展「古墳時代のマジカルワールド」〜11/21(日)
八千代市立郷土博物館,☆巡回展「らくがく縄文館ー縄文土器のマナビを楽しむー」〜12/5(日)

【東京】
葛飾区郷土と天文の博物館,☆特別展「戦国時代の漆器〜出土品からみた漆器の様相〜」〜12/19(日)

【富山】
富山県埋蔵文化財センター,☆特別展「珠・玉・球―私たちを魅了する たま とは―」〜令和4年1/27(木)

【石川】
白山市立鳥越一向一揆歴史館,☆巡回展「石川中央都市圏考古資料展 古墳時代編」〜11/21(日)

【京都】
京都市考古資料館,☆特別展示「平安京をつくる、たもつ」〜11/21(日)

【大阪】
東大阪市立埋蔵文化財センター 発掘ふれあい館
 ☆令和3年度収蔵品展「東大阪のどぐうとはにわ」〜令和4年3/27(日)

【兵庫】
兵庫県立考古博物館加西分館 古代鏡展示館
 ☆令和3年度秋季企画展「象嵌−象(かたど)る/嵌(は)める」〜令和4年3/13(日)
南あわじ市滝川記念美術館玉青館
 ☆松帆銅鐸特別展「弥生のいのり展ー兵庫五国の銅鐸1」〜11/28(日)
朝来市埋蔵文化財センター,☆企画展「但馬王権の誕生〜城の山古墳の発見から現在〜」〜12/19(日)

【奈良】
歴史に憩う橿原市博物館,☆令和3年度秋季企画展「遺跡とは、発掘とは、なんぞや?」〜12/26(日)
桜井市立埋蔵文化財センター,☆特別展「上之宮遺跡」〜12/5(日)
葛城市歴史博物館,☆第22回特別展「葛城の古道を辿るー葛城の古墳と交通路ー」〜12/19(日)

【島根】
ガイダンス山代の郷,☆ロビー展「回顧展 石屋古墳・平所遺跡」〜令和4年1/10(月・祝)
荒神谷博物館,☆企画展「「四隅」が出現した頃―副葬品は語る―」〜12/20(月)

【岡山】
BIZEN中南米美術館,☆「古代中南米土偶まつり展 本宮(ほんみや)」〜令和4年3/27(日)

【山口】
山口県立山口博物館
 ☆令和3年度 山口県大学ML連携特別展
「新制山口大学遺跡調査のあゆみ 50’〜60’」〜令和4年1/31(月)

【愛媛】
松山市考古館
 ☆令和3年度 愛媛県・松山市連携事業 古代いよ発掘まつり
 「いにしへのえひめ」12/3(金)〜令和4年1/23(日)

【福岡】
福岡市埋蔵文化財センター
 ☆令和3年度企画展示「第二の発掘※−考古学×自然科学=新発見?!展−」〜令和4年2月末(予定)

【長崎】
長崎市歴史民俗資料館,☆開港450周年記念 企画展「出土品がモノ語る、開港当時の長崎」〜12/5 (日)
玉名市立歴史博物館こころピア,☆企画展「玉名の弥生ライフ」〜令和4年2/13(日)
鹿児島市立ふるさと考古歴史館
 ☆特別企画展「もだん・de・さつま−鹿児島市の遺跡は近代をどう迎えたか−」〜令和4年1/23(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13230] 【奈良】葛城市歴史博物館/葛城の古道を辿るー葛城の古墳と交通路ー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/21(Sun) 20:28:39

 近鉄新庄の葛城市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=68
で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第22回特別展「葛城の古道を辿るー葛城の古墳と交通路ー」〜12/19(日)
    火曜と第2・4水曜休館
    入館料金:一般200円 高大生100円 小中生50円
 古代豪族・葛城氏はどのようにして、当時の大王家と方を並べるほどの力を持つようになったか、金剛山麓の南郷を拠点にして南への道を経て、吉野川・紀ノ川ルートを確保したことにあり、渡来人が加わって葛城の独自性があったからだ。
 大和王権の政策によって葛城氏の主要勢力が衰退し、その後は葛城山麓の忍海を拠点にして河内への交通路の整備が進められた。それぞれの時代を生きた人々によって語り伝えられた、今に続く道の歴史を語る。
  御所市 鴨都波1号墳資料
  広陵町 巣山古墳資料
  河合町 ナガレ山古墳資料
  五條市 西河内堂田遺跡資料  など

記念講演会:11/27(土) 午後2時から、定員90名、館サイトより事前申込
「物流拠点からみた日韓交流 ー竹内遺跡を中心としてー」木下 亘氏(元橿原考古学研究所附属博物館副館長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13250] 【奈良】歴史に憩う橿原市博物館/遺跡とは、発掘とは、なんぞや? 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/25(Thu) 23:58:35

 橿原市新沢千塚にある歴史に憩う橿原市博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=44で開催中の企画展を紹介します。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
☆令和3年度秋季企画展「遺跡とは、発掘とは、なんぞや?」〜12/26(日)
    月曜休館
    入館料金:大人300円 高大生200円 小中生100円
         橿原市内在住または市内学校に通学する小中学生は土曜日無料
         12/3(金)〜12/9(木)は「歴史に憩う橿原市博物館メモリアルウイーク」
        (藤原京遷都日(12/6))のため無料(12/6(月)は休館)

「遺跡の発掘調査って一体なんだろう?」「どんな道具を使っているの?」「どんなことをしているのかな?」
「宝さがしとどうちがうの?」「何がわかるんだろう?」本展では、遺跡の発掘調査の方法、発掘調査でわかることをわかりやすく紹介。
 さらに!今回は、お弁当を作りで遺跡のできかたを知り遺跡発掘を体験できるワークショップ「お弁当で遺跡発掘」の紹介と「お弁当で遺跡発掘」作品展も同時開催!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13267] 【考古】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/28(Sun) 12:43:53

 開催中もしくは、年始に開催の考古学の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。開催日が以前の発表から変更されているものもありますし、特記していないものも年末年始の休館があることにお気を付け下さい。また、入場制限、予約制のばあいがありますから、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
北海道立埋蔵文化財センター
 ☆「北海道遺跡百選 14―北海道埋蔵文化財センターの調査から―」12/4(土)〜令和4年2/27(日)

【岩手】
花巻市総合文化財センター
 ☆「遺跡のモノがたり展ー発掘資料から見える花巻(4)立石遺跡」〜令和4年1/30(日)(12/28〜1/3休館)

【京都】
京都市考古資料館,☆企画陳列「地下鉄東西線の発掘調査」 〜12/12(日)<会期延長> 

【岡山】
倉敷考古館,☆企画展「吉備の鬼語り」〜令和4年2/27(日)

【山口】
山口大学埋蔵文化財資料館
 ☆令和3年度 山口県大学ML連携特別展
    「新制山口大学遺跡調査のあゆみ 50’〜60’」〜令和4年1/31(月)
【熊本】
熊本県立装飾古墳館
 ☆令和3年度企画展V「装飾古墳を描く―池田勝則氏が描いた彩りの世界−」〜令和4年2/13(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13243] 【兵庫】県立美術館/ライデン国立古代博物館所蔵 古代エジプト展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/22(Mon) 23:53:05

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=28で開催中の特別展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ライデン国立古代博物館所蔵「古代エジプト展」〜令和4年2/27(日)
  月曜休館(1/10(月・祝) 開館、1/11(火)休館)12/31(金)1/1(土)休館
  開館時間:午前10時〜午後6時(入場は閉館30分前まで)
  入館料金:一般1800円 大学生1400円
高校生以下無料
       70歳以上900円 障がいのある方 一般450円 障がいのある方 大学生350円
                障がいのある方1名につき、介護者1名無料
       予約優先制、入場日時の事前予約要(館サイトより)
        予約についての問合 TEL 078-262-1011
 
 ピラミッドやスフィンクスなどの謎の建造物、絵のような文字ヒエログリフ、死者の生前の姿を留めんとするミイラなど、古代エジプト文明をかつてない切り口で解き明かす。本展ではヨーロッパで古代エジプトへの関心の高まりが現地での調査へ連なったか示し、発見された遺物から明らかにされた当時の生活や社会、死生観などの古代エジプト文明の様々な側面を紹介。また、美意識以外にも最新の科学技術を用いて医学的な知識やミイラ作りの過程などの、これまで知られなかった面を明らかにする。

第1章 エジプトを探検する
 18世紀の末のナポレオンがエジプト遠征以来、初期のエジプト探検し、現在ライデン国立古代博物館が行っている発掘調査の様子を、出土品や映像などを用いて展示。
  王の書記パウティのピラミディオン 新王国時代、第19王朝、セティ1世の治世 (前1290-1279年頃)
  ツタンカーメン王の倚像 新王国時代、第18王朝、前1330年頃
  ホルミンの供養像 新王国時代、第19王朝、セティ1世からラメセス2世の治世(前1290-1213年頃)
  敵を討つラメセス2世『エジプトとヌビアの記念物』第1巻図版79、1832-34年

第2章 エジプトを発見する
 古代エジプト文明に存在した30の王朝の代表的なスタイルの石碑や様々な遺物を通し、当時の世界観や技術の発展等を探り、エジプトがどのように発見・認識されてきたのかを紹介。
  エジプトの神々 イシスの像 グレコ&#183;ローマン時代、ローマ時代
          トト神の像 後期王朝時代(前722-332年頃)
  動物の神々 イクニューモン 後期王朝時代(前722-332年頃)
        猫の像 後期王朝時代(前722-332年頃)
第3章 エジプトを解読する
 豪華なミイラ棺、来世の安寧を願う『死者の書』に記された象形文字、呪術的な宝飾品や身代わりの人形「シャブティ」などの副葬品を通じ、エジプト古代文明を読み解く。
  護符とビーズの首飾り 新王国時代(前1539-1077年頃)
  プサムテクのシャブティ 後期王朝時代(前722-332年頃)
  金彩のミイラマスク グレコ・ローマン時代、プトレマイオス朝(前304-30年頃)
  ネスナクトの『死者の書』 グレコ・ローマン時代、プトレマイオス朝(前304-30年頃)
  ホルの外棺 後期王朝時代、第25王朝(前722-655年頃)
  アメンヘテプの内棺 第3中間期、第21王朝(前1076-944年頃)
第4章 エジプトをスキャンする
 本展のためにCTスキャンしたミイラの研究成果を世界初公開し、ミイラ制作に使用されたカノポス壺の分析など、古代エジプト研究の最先端を映像とともに紹介。
  猫のミイラ 後期王朝時代もしくはグレコ・ローマン時代(前722年もしくはそれ以降)
  男性のミイラ 第3中間期 第22王朝、前800年頃
  葬祭用(カノポス用)箱 後期王朝時代(前722-332年頃)
  ワニのミイラ ローマ時代(前30-後395年頃)
エジプトの象形文字:パピルスに記す際などに用いられた筆記用の筆やパレットなども展示


記念講演会:12/26(日)午後2時〜(約90分)ミュージアムホールにて(定員110名)
「ミイラと棺:最新科学と古代のデザインから読み解くエジプト文明の死生観」
       中野智章氏(中部大学教授・本展監修者)
 先着順・要観覧券(芸術の館友の会優先座席あり)

学芸員による解説会:11/27(土)1/22(土)2/12(土)
午後3時から(約45分)レクチャールームにて(定員40名)先着順
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13245] 【奈良】文化財研究所飛鳥資料館/飛鳥の軒瓦とその文様 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/22(Mon) 23:57:07

 奈良文化財研究所飛鳥資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=75で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆秋期特別展「屋根を彩る草花―飛鳥の軒瓦とその文様」〜12/19(日)
   月曜休館
   開館時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
   入館料金:一般350円 大学生200円
        高校生及び18歳未満、70歳以上は無料(要年齢証明)

 飛鳥には7世紀を通じて数多くの寺院が建立され、本格的に瓦が葺かれた。瓦葺きは造営に高度な技術が必要で、瓦葺きの屋根を持つ寺院は権威や先進文化の象徴でもあった。瓦屋根の軒先には導入の初期から様々な草花の文様があしらわれ、特別な世界観をあらわす。本展では、飛鳥地域で使われた古代の軒瓦文様に焦点を当てる。東アジアやそのさらに西の地域にルーツがある軒瓦文様のモチーフとしては、ハスの花(蓮華)や唐草の文様があるが、普及する過程で様々なバリエーションが生み出された。日本での軒瓦文様の変化と、飛鳥を中心としたその後の展開。

 藤原宮 変形忍冬唐草文軒平瓦
 坂田寺 素弁蓮華文軒丸瓦
 川原寺 複弁蓮華文軒丸瓦
 山田寺 単弁蓮華文軒丸瓦
 坂田寺 手彫り(忍冬)唐草文軒平瓦
 地光寺 葡萄唐草文軒平瓦 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12797] 【奈良】文化財研究所飛鳥資料館/飛鳥の考古学2020 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/11(Thu) 21:27:15

 明日香村の奈良文化財研究所飛鳥資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=74で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆冬期企画展「飛鳥の考古学2020」〜3/14(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌平日)
   入館料金:一般350円 大学生200円
        高校生及び18歳未満、70歳以上は無料(要年齢証明)

 長年にわたり継続的な発掘調査がおこなわれ、新たな発見も続く飛鳥。
 飛鳥地域の中心部にある飛鳥京跡苑池の北側の池の北東部分で見つかった水辺の祭祀遺構や、飛鳥寺の西側には、日本書紀に「飛鳥寺西槻下」として登場する広場が広がっていた推定地。藤原宮の大極殿の北から発見された新たな回廊。藤原京右京五条周辺および四条遺跡・慈明寺遺の宅地や整然と建つ建物跡、推定西八坊大路、さらに古墳や弥生時代の遺構など。
 本展では、平成31年・令和元年度に飛鳥藤原地域で行われたこれら最新の発掘調査成果を中心に、飛鳥地域から出土した遺物についての最新の調査研究の成果もあわせて紹介。
史跡・名勝 飛鳥京跡苑池(奈良県立橿原考古学研究所)
  四条遺跡(藤原京右京五条六坊)(奈良県立橿原考古学研究所)
  慈明寺遺跡(藤原京右京五条八・九坊)(奈良県立橿原考古学研究所)
  藤原宮大極殿院(奈良文化財研究所)
  飛鳥寺旧境内(奈良文化財研究所)
  飛鳥寺西方遺跡(明日香村教育委員会)
  飛鳥地域出土の風鐸(奈良文化財研究所)
  石神遺跡出土の東北系黒色土器(奈良文化財研究所)など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.12826] 【大阪】府立近つ飛鳥博物館/南河内の古代寺院と造営氏族 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/17(Wed) 23:02:19

 河南町の大阪府立近つ飛鳥博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=176で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和2年度冬季特別陳列「南河内の古代寺院と造営氏族」〜3/28(日)
    月曜休館
    入館料金:一般310円 高大生・65歳以上210円
         中学生以下・障がい者手帳をお持ちの方(介助者1名を含む)無料

 古代国家形成に向かう飛鳥時代、大和に古代寺院が建立されると、大和への出入口にあたる河内でも寺院の造営が開始された。河内は古墳時代以降の渡来人が生活を営み、最新の渡来文化・技術が早くから定着した地域で、仏教は単なる信仰でなく仏教を介した諸技術の導入、政治体制の確立など様々な側面を持つ。
   新堂廃寺 素弁蓮華文軒丸瓦
   西琳寺 単弁蓮華文軒丸瓦
   細井廃寺 複弁蓮華文軒丸瓦  など

講演会:3/14(日)午後1時30分〜3時 地階ホールにて 定員80名 要申込2/26(金)必着
「歴史学からみた河内の古代寺院」舘野和己氏(館長)

往復はがきで   
申込先 〒585−0001 大阪府南河内郡河南町大字東山299番地 大阪府立近つ飛鳥博物館
ハガキ裏面に、イベントの日付・講座名と連絡先(電話番号)・参加者・全員の氏名(3名まで)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明