[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.12648] 【工芸建築】令和3(2021)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/30(Wed) 20:51:40

 新年から開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、年末年始の休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。なお、この発言を令和3(2021)年の毎月の【工芸建築】の展覧会案内のベースノートにします。

【岩手】
一関市博物館,☆テーマ展2「日本刀と拵」令和3年1/16(土)〜3/14(日)

【宮城】
東北歴史博物館,☆テーマ展示 第1室「モダンデザインの源流−旧工芸指導所試作品−」令和3年1/5(火)〜7/4(日)

【山形】
最上徳内記念館,☆企画展「新春を寿ぐ ちくちくごんじゅのお正月展」〜令和3年2/2(火)和古布工芸

【群馬】
大隅俊平美術館,☆「秋の刀剣展示」〜令和3年1/17(日)<12/28〜1/4休館>

【埼玉】
さいたま市大宮盆栽美術館
 ☆企画展「子どもたちに伝えたい さいたまの盆栽」〜令和3年1/27(水)<12/29〜1/3休館> 

【千葉】
茂原市立美術館・郷土資料館
 ☆美術収蔵品展「花の絵画と工芸・芝原人形展」令和3年1/16(土)〜3/14(日)
ちばぎんひまわりギャラリー
 ☆「金口 あさみ展 クラフトアート」令和3年3/23(火)〜4/4(日)
 ☆「春山 公子展 紅型・藍型染め」令和3年4/20(火)〜5/5(水・祝)

【東京】
伝統工芸青山スクエア
 ☆「全国伝統的工芸品公募展 優秀作品展 〜暮らしの中で輝く!伝統工芸品たち〜」〜令和3年1/7(木)
 ☆「匠の技から生まれる日本の美 岐阜県の伝統工芸品展」令和3年1/8(金)〜1/21(木)
 ☆「江戸木目込人形 有松工房展」令和3年1/15(金)〜1/21(木)
日本建築学会建築博物館,☆第47回「日新工業建築設計競技」令和3年2/15(月)〜2/18(木)
パナソニック汐留美術館
 ☆「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」7/3(土)〜9/20(月・祝)
 ☆「ブダペスト国立工芸美術館名品展 ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ」10/9(土)〜12/19(日)
港区立郷土歴史館
 ☆企画展「匠の世界 −木工芸家・中?瑞真と彫金家・服部雅永−」令和3年1/16(土)〜3/21(日)
印刷博物館,☆「世界のブックデザイン 2019-20」〜令和3年4/18(日)<12/28〜1/4休館>
竹久夢二美術館
 ☆「夢二デザイン1910ー1930〜千代紙から、銀座千疋屋の図案まで〜」令和3年2/6(土)〜5/30(日)
文化庁 国立近現代建築資料館
 ☆展覧会「工匠と近代化 大工技術の継承と展開
   日本のたてもの 自然素材を生かす伝統の技と知恵」〜2/21(日)<12/29(火)〜1/3(日)休館>
国立科学博物館
 ☆企画展「日本のたてもの ―自然素材を活かす伝統の技と知恵」
  「近代の日本、様式と技術の多様化」〜令和3年1/11(月・祝)
東京国立博物館,☆特別展「日本のたてもの―自然素材を活かす伝統の技と知恵」表慶館 〜令和3年2/21(日)
東京都美術館,☆企画展「Walls & Bridges 世界にふれる、世界を生きる」7/22(木)〜10/9(土)
東京臨海部広報展示室 TOKYO ミナトリエ
 ☆「東京国際クルーズターミナル特別展示」〜令和3年1/17(日)<12/28〜1/4休館)
アクセサリーミュージアム
 ☆企画展42「IN〜ハンドバッグとその中身〜 」令和3年1/19(火)〜8/21(土)
青梅市郷土博物館
 ☆収蔵品展「郷土工芸技術展〜道具を通して見つめるものづくり〜」〜令和3年4/4(日)<12/28〜1/4休館>
澤乃井 櫛かんざし美術館,☆「紅板展」〜令和3年2/21(日)

【神奈川】
相模原市民ギャラリー
 ☆「新春盆栽展」令和3年1/15(金)〜1/17(日)
 ☆第21回「迎春小品盆栽展」令和3年1/15(金)〜1/17(日)
相模原市立博物館
 ☆学習資料展「道具が変えるわたしのくらし〜過去から未来へ向かう記憶〜」〜令和3年1/31(日)
箱根芦ノ湖成川美術館,☆「並木恒延 漆芸展〜うるし七彩〜」〜3/10(水)

【新潟】
敦井美術館,☆「明治の技巧派から平成の名品まで 近代工芸の名品展」令和3年1/5(火)〜3/19(金)
新潟県立自然科学館
 ☆NHK×科学館ウィズコロナ特別企画「すごい宿題〜きみだけのひみつ〜」〜令和3年1/17(日)

【富山】
砺波市美術館,☆常設展示室1「工芸の秀作(館蔵品展)」〜令和3年1/31(日)

【石川】
石川県立伝統産業工芸館
 ☆「いしかわの工芸研修所展」〜令和3年1/25(月)
 ☆「こっそり猫展」〜令和3年3/22(月)
石川県立美術館,☆「新春優品選 (近現代工芸)」令和3年1/4(月)〜2/7(日)
加賀本多博物館
 ☆企画展【コレクション展示】「加賀本多家の文房具」〜令和3年2/17(水)<12/29〜1/3休館>
金沢市立安江金箔工芸館
 ☆冬季展「金沢・冬の美術工芸」 〜令和3年3/7(日)<12/29〜1/3休館> 
歴史博物館・重要文化財 成巽閣
 ☆企画展「前田家伝来 冬の衣裳と調度展」〜令和3年2/1(月)<12/29〜1/2>
魯山人寓居跡 いろは草庵,☆「魯山人と漆」〜令和3年3/30(火)

【福井】
福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館
 ☆テーマ展「よみがえる幻の宝刀 朝倉長光〜朝倉氏の清水寺信仰〜」〜令和3年2/16(火)
敦賀市立博物館,☆「刀剣資料公開展」〜令和3年3/2(火)<12/29〜1/4休館>
卯立の工芸館(旧西野家、紙漉見学館),☆「ふすま展」〜令和3年2/25(木)<12/28〜1/4休館>
越前和紙の里 紙の文化博物館
 ☆「和紙のしつらえ 壁紙と室内装飾」〜令和3年1/18(月)<12/28〜1/4休館>
福井県児童館「エンゼルランドふくい」
 ☆冬の企画展「クラフトでよみがえる恐竜たち」令和3年1/3(日)〜2/7(日)

【山梨】
都留市博物館「ミュージアム都留」
 ☆「崇高なる造形−日本刀 名刀と名作から識る武士の美学−」〜令和3年1/24(日)
河口湖ミューズ館・与勇輝館,☆「収穫」 〜令和3年9/15(水)<1月は1/4をのぞく平日休館>

【長野】
須坂クラシック美術館,☆収蔵品展 「きもののもよう―幾何学模様〇△□」〜令和3年1/13(水)
安曇野高橋節郎記念美術館
 ☆「改組 新 第7回日展 工芸美術 長野県入選者展」〜令和3年2/21(日)<12/28〜1/4>

【静岡】
静岡市文化財資料館
 ☆企画展「静岡市所蔵 刀剣展 ファイナル(仮題)」令和3年2/6(土)〜3/21(日)
静岡市芹沢けい介美術館
 ☆企画展「日本のかたち−芹沢けい介が集めた日本工芸−」〜令和3年3/21(日)<12/26〜1/4休館>
三嶋大社宝物館
 ☆令和2年度後期展示 〜令和3年3/21(日)<会期中無休>
   特集3)神に捧げし刀剣 (期間中に入替あり)
ふじのくに茶の都ミュージアム
 ☆第10回企画展「菓子珊珊(さんさん)―茶人が選ぶお菓子と器―」〜令和3年2/8(月)<12/27〜1/2休館>
資生堂アートハウス,☆「第二次 工藝を我らに 第二回展」令和3年1/19(火)〜4/23(金)

【愛知】
桑山美術館,☆新春展「菓子のうつわ」令和3年1/6(水)〜1/31(日)
昭和美術館,☆「春の夢」令和3年1/9(土)〜2/14(日)
新美南吉記念館
 ☆「榊原澄香ペーパーアート展 〜紙から生まれる南吉童話の世界〜」〜令和3年4/11(日) 
半田市立博物館,☆「館蔵品展〜工芸品を中心に〜」〜令和3年1/24(日)

【京都】
茶道資料館
 ☆令和3年新春展「裏千家の茶室建築 −重要文化財裏千家住宅及び
  茶室保存修理工事竣工記念−」【前期】令和3年1/7(木)〜2/14(日)
               【後期】令和3年2/17(水)〜3/31(水)
京都伝統産業ミュージアム,☆リニューアル記念事業 企画展「工芸を分解してみる」〜令和3年1/24(日)
細見美術館,☆「日本の色─吉岡幸雄の仕事─」令和3年1/5(火)〜4/11(日)<期間延長>
古典の日記念 京都市平安京創生館,☆企画展「森蘊の業績と京都の庭園」〜令和3年5/31(月)
千總ギャラリー
 ☆展覧会「色を巡る あか」〜令和3年2/28(日)
 ☆展覧会「色を巡る くろ」令和3年3/6(土)〜5/23(日)
 ☆展覧会「色を巡る あお」令和3年5/29(土)〜8/22(日)

【大阪】
大阪市立美術館
 ☆コレクション展「ニッポンのかがやき 本朝金属工芸史」令和3年2/20(土)〜3/21(日)
湯木美術館
 ☆令和3年早春展「茶道具のアニマルデザイン
   ―十二支・神獣・禅にまつわる動物―」前期:令和3年1/8(金)〜2/14(日)
                    後期:令和3年2/16(火)〜3/21(日)
大阪府立狭山池博物館
 ☆令和3年春季企画展「土木遺産展−トンネル めぐり−」令和3年3/13(土)〜5/9(日)

【兵庫】
香雪美術館
 ☆村山コレクション受贈記念展「刀〜刀剣を愛でる〜」 令和3年9/4(土)〜11/3(水・祝)
 ☆村山コレクション受贈記念展「茶〜茶の湯と工芸〜」 令和3年11/13(土)〜12/19(日)

【奈良】
春日大社国宝殿
 ☆冬季特別展「日本の名刀と武具−刀剣の歴史と病魔退散の祈り−」〜令和3年2/7(日)
                       後期:令和3年2/9(火)〜4/4(日)
名勝大乗院庭園文化館
 ☆奈良市美術館・ミニ出張展示「奈良公園を巡る」令和3年1/27(水)〜2/28(日) 
 ☆資料展「名勝旧大乗院庭園保存の歩み展」(再)令和3年3/3(水)〜3/28(日)
南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
 ☆「明日香匠の会 第3回新春作品展」令和3年1/9(土)〜1/17(日)

【鳥取】
鳥取市歴史博物館(やまびこ館)
 ☆「鉄道模型の世界にいらっしゃい」令和3年1/6(水)〜1/11(月・祝)

【岡山】
日本郷土玩具館,☆「組み木のお雛様と五月人形」〜令和3年1/17(日)<1/1休館>
高梁市歴史美術館
 ☆常設展示:たかはしの歴史と美術「館蔵刀剣せいぞろい」令和3年1/9(土)〜3/15(月)

【広島】
広島県立歴史博物館
 ☆早春の展示「中世ものづくり」令和3年1/2(土)〜3/14(日)
 ☆ミニ展示 テーマ「絣ボランティアの成果 絣 KASURI(2)−植物文様−」〜令和3年1/24(日)

【山口】
柏原美術館,☆新春特別展 日本刀名物展「真剣勝負」〜令和3年2/25(木)<休館なし>

【高知】
高知市立龍馬の生まれたまち記念館
 ☆企画展「土佐和紙ちぎり絵展 ―土佐和紙で描く 龍馬の生涯―」〜令和3年1/25(月)<年中無休>
いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館)
 ☆2021「草流舎 素朴な干支展」〜令和3年1/11(月・祝)<12/27〜1/1休館>
 ☆紙の博物館開館35周年記念企画展「源太から始まる近代和紙の系譜」令和3年1/10(日)〜3/31(水)

【福岡】
北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)
 ☆冬の特別展「名刀「博多藤四郎」の輝き 戦国を生き抜いた武士の絆」令和3年1/2(土)〜2/14(日)

【佐賀】
佐賀県立美術館,☆「MINIATURE LIFE展 2020 −田中達也 見立ての世界−」〜令和3年1/30(土)

【熊本】
熊本県伝統工芸館
 ☆収蔵品展「熊本の金工展 肥後象がんと手打ち刃物」〜令和3年2/14(日)<12/28〜1/4休館>
島田美術館,☆「肥後象嵌 松下良太郎【温故知新】」令和3年1/7(木)〜1/11(月・祝)
八代市立博物館未来の森ミュージアム
 ☆「西陣美術織全国巡回展」令和3年1/8(金)〜1/11(月・祝)
 ☆企画展 第一常設展示室(1階)八代焼(4)「祝いの飲食器」〜令和3年3/28(日)
 ☆企画展 第一常設展示室(1階)「肥後鐔の世界II〜透かし鐔の魅力〜」〜令和3年4/4(日)
 ☆企画展 第一常設展示室(1階)和紙「千代紙」 〜令和3年4/4(日)

【熊本】
那覇市民ギャラリー
 ☆第61回「沖縄県立首里高等学校 染織デザイン科 卒業作品展 そめおり展」1/26(火)〜1/31(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12672] 【静岡】ふじのくに茶の都ミュージアム/菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2020/12/31(Thu) 22:32:05

 島田市金谷のふじのくに茶の都ミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=67で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器―」〜2/8(月)
   〜1/2 と火曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般300円 大学生以下、70歳以、障害者手帳をお持ちの方無料

 茶人の一人山下惠光(えこう)宗匠は全国を行脚し、出張した先ざきで菓子屋を訪ね、表千家『同門』誌に連載を続けた。山下宗匠は菓子にふさわしい器を独自の選択眼で選んで紹介し、お菓子の楽しみと器の楽しみが一体となった面白さである。
 連載記事、平成31年に『菓子珊珊―茶人が選ぶお菓子と器―』(平凡社)として出版された。本展では「菓子珊珊」で紹介された全国のお菓子(主に干菓子)と器の取り合わせ約30点を紹介。

茶手揉み体験:1/10(日)
開催時間 午前の部:10時、10時30分、11時、11時30分〜
     午後の部:1時、1時30分、2時、2時30分〜
所要時間 各回20分 商業館1階 ミュージアムショップにて、
 定員各回3名、入館と別に300円、予約なし、当日博物館2階受付でチケット購入
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12693] 【福岡】三菱地所アルティアム/編みものけものみち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:33:25

 福岡・天神の三菱地所アルティアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=29
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「編みものけものみち 三國万里子展」〜1/31(日)
      〜1/1 のみ休館
      入館料金:一般400円  学生300円
           高校生以下、障がい者等とその介護者1名は無料
       会場内の混雑・密集を避けるため人数制限あり

 数々の手芸本を出版し、編みものキット店「Miknits」を展開する、ニットデザイナー三國万里子の展覧会。
 三國万里子の作品の魅力は、図柄の見立ての面白さ、サイズ感や着心地の良さ、編み飽きないための工夫、「見る」ことからもからバランス良く生み出されているから。豊かな物語が始まりそうな情景が込められた作品もある。
本展では、三國万里子のニット作品や愛用道具、ニットとともに楽しむ洋服やアクセサリーのコレクション、そして貴重な所蔵書籍や資料なども展示。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12694] 【福岡】九州国立博物館/国宝 初音の調度 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 00:34:09

 太宰府市の九州国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=66
で新春から公開されている展示の紹介です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆新春特別公開「国宝 初音の調度」〜1/24(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)新年も開館
   入館料金:大人700円 大学生350円
   開館時間:午前9時30分〜午後5時(毎週金曜・土曜日の夜間開館は実施しない)

 徳川三代将軍家光の長女である千代姫の尾張徳川家二代光友への婚礼調度である国宝「初音の調度」(徳川美術館所蔵)。
 「初音」という名称は、この調度を飾る文様が、『源氏物語』「初音」帖に題材を得ていることに由来し、金銀を贅沢に使い、高度な蒔絵技術を尽くして制作された豪華な調度。
 この国宝「初音の調度」のうち、貝桶、昆布箱、楊枝箱の三件を展示し、婚礼行列を描いた絵巻や大揃いの婚礼調度も合わせて紹介。
 国宝 初音蒔絵貝桶 江戸時代・寛永16年(1639)
 国宝 初音蒔絵昆布箱 江戸時代・寛永16年(1639)
 国宝 初音蒔絵楊枝箱 江戸時代・寛永16年(1639)

ミュージアムトーク:1/13(水)午後3時〜30分【先着17名】4階スーパーハイビジョンシアター
「国宝 初音の調度について」川畑憲子氏(企画課特別展室長)

☆開館15周年記念特集展示「織物に魅せられてー加賀前田家伝来の名物裂ー」〜1/24(日)

 室町時代以降、茶人に蒐集され愛され名物と極められた舶来の美しい染織品「名物裂」(めいぶつぎれ)。
 加賀・前田家第3代の前田利常(1593&#8722;1658)は、文化政策に力を入れ、百万石で名高い加賀文化の礎を築いた人物で、茶事に通じた、茶の湯を彩る裂も積極的に蒐集した。館蔵の前田家旧蔵の裂帖は、利常が長崎・平戸などで集めた裂を貼り合わせたもので、墨跡の表具に用いる印金や金襴など絢爛とした格式高い織物が数多く納められる。この裂帖の修理完了にあたり、前田家に伝わった織物を中心に、名物裂の粋を集めた展示。

第1章 織物に魅せられて
 有栖川錦 15〜16世紀 京都国立博物館所蔵

第2章 鴻池家の家宝・裂箪笥き
 鴻池家伝来裂箪笥 13〜17世紀 個人蔵

第3章 書画を彩る裂
 前田家伝来名物裂帖より 14〜16世紀 九州国立博物館所蔵
 盤龍文様金襴 12〜13世紀 個人蔵

特集展示ミュージアムトーク【先着17名】 担当学芸員:桑原有寿子氏
1/5日(火)午後3時&#12316;「のぞいてみよう!織物の世界」
文化交流展示室内スーパーハイビジョンシアターにて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12706] 【群馬】県立日本絹の里/群馬県作家協会展〜絹によせる伝統文化〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/02(Sat) 21:49:41

 高崎市の群馬県立日本絹の里http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=10&c=9で開催中の展示を紹介します。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第95回特別展「群馬県作家協会展〜絹によせる伝統文化〜」〜2/1(月)
   〜1/5 火曜日(祝休日は開館、翌日休館)
    <1/3は臨時開館>
   入館料金:一般200円 高大生100円
   中学生以下及び身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と介護者1名無料

 古くから養蚕が盛んに行われた群馬県の染織 業や養蚕用具、養蚕の神様など、絹文化に関係する数多くの文化。本展では、絹文化と創造の魅 力を未来へと伝えるため活動している群馬県作家協会会員11名の作品を紹介。

ギャラリートーク:1/10(日)飯出袈裟市氏(木工芸作家)、田中正子氏(江戸小紋染色作家)
            午前11時〜30分、午後1時30分〜2時
実演
1/9(土)
 青木岳男(竹工芸作家)束編による「菓子器」:午前10時〜30分、11時〜30分
 高田年三(木工芸作家)ヒノキ材を特殊な鉋で波型に削り込み加工:午後1時30分〜2時30分
1/11(月・祝)
 青木岳男(竹工芸作家)束編による「菓子器」:午前10時〜30分、11時〜30分、午後1時30分〜2時30分
1/24(日)
 小見佐市(編み組工芸作家)やまぶどうの樹皮を使った「花結び」:午前10時〜30分、11時〜30分、午後1時30分〜2時30分

無料体験「繭のミニブローチ作り」1/21(木)27(水)午前10時〜正午、午後1時30分〜3時30分
 定員:各回10名、小学校3年生以下は保護者同伴)当日30分前より受付

お年玉福引き:1/3(日)午前9時30分〜午後5時
 群馬県作家協会の皆さんが制作した工芸品や絹製品、当館オリジナルグッズ等
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12709] 【京都】美術館「えき」KYOTO/江里佐代子 截金の世界 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/03(Sun) 00:16:15

 美術館「えき」KYOTOhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=73で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆京の至宝II「江里佐代子 截金の世界―宙の輝きを康慧・朋子とともに―」〜1/24(日)
    会期中無休
    入館料金:一般900円 高大生700円 小中生500円
        「障害者手帳」提示者と同伴者1名は200円割引

 2002年に人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定された截金師・江里佐代子(1945〜2007)は、伝統的な京刺繍の老舗に生まれ、仏師・江里康慧と結婚。その後技法が途絶えることを危惧し截金の技法を学ぶ。荘厳する截金の技法で、康慧とともに仏像作品をつくり続け、仏像への荘厳にとどまらず、工芸品に応用したり、京都迎賓館をはじめとした公共施設などの壁面装飾やスクリーンなどの大規模な作品にも取り組み、截金技法の新しい在り方の可能性を追求した。佐代子は急逝するが、娘の截金師・朋子や工房の職人で引き継ぎ、截金作品を作り続ける。本展は、江里佐代子の作品を中心に、康慧や朋子、工房の職人らによる、いまに繋がる作品を紹介。
   ≪截金彩色香盒≫
   ≪截金彩色盒子≫
   ≪截金彩色続命縷≫
   ≪衝立「川の四季彩」≫
   ≪截金飾筥「天空燦花」≫
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12723] 【石川】谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館/金沢のチカラ[1/5(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:12:32

 金沢・広小路の谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=36で明日1/5(火)から開催される展示の紹介をします。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第3回企画展「金沢のチカラ−重層する建築文化―」1/5(火)〜9/12(日)
    月曜日(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般800円 大学生・65歳以上600円 高校生以下無料   

 伝統的建築の保存・再生を積み重ねながら、同時に新しい建築を各時代に合わせて造ってきた金沢。ナポレオン3世時代に大改造されたパリなどの統制された美しさとは異なる、混在系で現在進行形の都市がもっている魅力。各時代のターニングポイントにおいて方向を見定めた市民の力があって現在の金沢がある。金沢の建築文化は、藩政期から継承されてきた価値観や美意識をもった民力がつくり、「伝統環境保存条例」の制定や、「都市美文化賞」の創設、「兼六園周辺文化ゾーン」の形成など、金沢の歴史と市民の営みによって育まれた。本展は、全国そして世界各国からの来訪者に金沢の建築文化を発信することに加え、金沢の人々が環境の魅力と価値を確認し、「金沢のチカラ」を発見する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12726] 【京都】細見美術館/日本の色−吉岡幸雄の仕事と蒐集−[1/5(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/04(Mon) 22:14:32

 岡崎公園の細見美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=24で1/5(火)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「日本の色−吉岡幸雄の仕事と蒐集−」【前期】1/5(火)〜2/21(日) 
                   【後期】2/23(火・祝)〜4/11(日)
     月曜休館 (祝日の場合、翌火曜日)
     入館料金:一般1400円 学生1100円 障がい者手帳などの提示で1300円
          京都国立近代美術館・京都市京セラ美術館と 相互優待

 京都で江戸時代末期から続く染色工房の五代目当主であり、染織史家でもあった吉岡幸雄は古今東西の美術工芸を研究し、各地に伝わる染料・素材・技術を訪ねて、その保存と復興に努め、社寺の祭祀、古典文学の色彩や装束の再現・復元にも力を尽くし、一昨年秋に急逝した。吉岡幸雄の美への憧憬と本質を見極める眼で成し遂げられた仕事と蒐集の軌跡を紹介。
第1章祈りの色 荘厳の色彩
 伎楽装束や幡、修二会に奉納する染和紙による花など、東大寺、薬師寺、法隆寺に奉納した作品の数々を紹介
第2章王朝文学の色
 植物染の技法て&#12441;再現した「源氏物語 澪標」「源氏物語 若菜下」なと&#12441;の美しき色の世界
第3章神に捧げる 季節の彩り
 聖徳太子没後1380 年に際して、法隆寺伝来の「四騎獅子狩文錦」の復元のために、再現した巨大な機「空引機」
 石清水八幡宮の祭礼の供花神饌の造り花として奉納する、古文書にならった植物染料
第4章古裂の美―いにしえをたずねて
 父 恒雄と吉岡が蒐集した国内外の染め物や古裂
 「金更紗」や、吉岡が蒐集した「小袖裂」(旧野村コレクション)、古代印度更紗(赤星家旧蔵)など

特別展示 at 茶室 古香庵:1/15(金)〜1/17(日)
 午前10時30分〜午後3時30分 茶室 古香庵(細見美術館3階)にて
 有料・事前申込制
 スペシャルトーク at 茶室 古香庵 2/27(土)午後2時〜(約45分)無料・事前申込制
 「染司よしおか当主が語る、日本の色の魅力」吉岡更紗氏(染司よしおか 六代目当主)

見どころトーク:3/13(土)午後4〜5時(解説20分+自由観覧)
  吉岡更紗氏(染司よしおか 六代目当主)無料・事前申込制
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12730] 【京都】国立近代美術館/分離派建築会100年[1/6(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/05(Tue) 23:51:32

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22
で明日1/6(水)から開催される展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「分離派建築会100年 建築は芸術か?」前期:1/6(水)〜2/7(日)
                   後期:2/9(火)〜3/7(日)
  開館時間:午前9時30分〜午後5時(金土は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
  月曜日、1/12(火)(1/11(月・祝)は開館)
  入館料金:一般1500円 大学生1100円 高校生600円 中学生以下は無料
         心身に障がいのある方と付添者1名は無料(要証明)
         母子家庭・父子家庭の世帯員の方は無料(要証明)

 大正時代、日本の建築界に鮮烈なインパクトもたらした分離派建築会の運動。大正9(1920)年、東京帝国大学建築学科の卒業をひかえた同期、石本喜久治、瀧澤眞弓、堀口捨己、森田慶一、矢田茂、山田守によって結成され、その後、大内秀一郎、蔵田周忠、山口文象が加わり、昭和3(1928)年まで作品展と出版活動を展開。本展は、図面、模型、写真、映像、さらには関連する美術作品で、軌跡を振り返り、分離派建築会が希求した建築の芸術とは何か明らかにする。

 習作展における集合写真(左から前列 矢田茂、山田守、石本喜久治、後列 森田慶一、堀口捨己、瀧澤眞弓)
    1920(大正9)年2月3日、撮影者不詳
 瀧澤眞弓 卒業設計 山岳倶楽部 正面図 1920(大正9)年 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻
 瀧澤眞弓 「山の家」模型 1921(大正10)年 再制作:1986(昭和61)年 瀧澤眞弓(監修)
 森田慶一 京都帝国大学楽友会館 撮影:2020(令和2)年 若林勇人
 山田守 東京中央電信局 撮影:1925(大正14)年 郵政博物館

シンポジウム「分離派建築会 ─ モダニズム建築への道程」
1/9(土)午後2時〜4時30分:定員に達したため、ウェブ配信のみ、館サイトへ
田路貴浩氏(京都大学教授)、足立裕司氏(神戸大学名誉教授)
加藤耕一氏(東京大学教授)、梅宮弘光氏(神戸大学教授)

講演会:1/16(土)午後2〜4時:定員に達したため、ウェブ配信のみ、館サイトへ
「「ことば」をもった大正時代の建築家たち」本橋仁氏(京都国立近代美術館 特定研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12731] 【兵庫】姫路市書写の里・美術工芸館/今森光彦-自然と暮らす切り紙の世界[1/6(水)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/05(Tue) 23:55:46

 書写山下の姫路市書写の里・美術工芸館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=41で、1/6(水)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆冬季特別展示「今森光彦ー自然と暮らす切り紙の世界」1/6(水)〜4/4(日)
     月曜(休日を除く)、休日の翌日(土曜・日曜、休日を除く) 休館
     入館料金:一般310円 高大生210円 小中生50円(40円)

 世界各地で生きものの生態を追う写真家の今森光彦(1954年滋賀県大津市生まれ)“切り紙”の世界で人と自然が見事に共生する「里山」をテーマに追い続けています。アトリエの敷地内に「里山」をコンセプトにした庭をつくり、生きものを観察し、野外での活動と深くつながった制作活動。本展では、生命力あふれる生きものたちと自然に寄り添う人の営みをとらえた作品群から、自然の美しさや豊かさを感じる。  
  パンサーカメレオンとパキポディウム(2012年)
  オオムラサキ(2011年)
  オウゴンオニクワガタ(2014年)など

展示解説会:1/10・1/31・2/14・28・3/14・21(日)午前11時〜30分 午後2時〜30分
当館学芸員による:各回先着15人

紙すき体験教室:3/13(土)午前10時〜11時30分
田崎博和氏(竹紙・竹筆作家)
参加費500円  定員15人  竹林工房・前庭にて  
3/4(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。

子ども色紙アート教室:3/20(土祝)(1)午前10時30分〜11時30分 (2)午後1時30分〜2時30分
グループ「ゆめゆめ」の皆さん
参加費100円定員各10人(幼児・小学生が対象)会議室にて
3/11(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12734] 【京都】茶道資料館/裏千家の茶室建築[1/7(木)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/07(Thu) 00:10:28

 寺川通寺之内の茶道資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=10で、1/7(木)からはじまる展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和3年 新春展「裏千家の茶室建築−重要文化財裏千家住宅及び茶室
  保存修理工事竣工記念−」【前期】1/7(木)〜2/14(日)
              【後期】2/17(水)〜3/31(水)
   月曜(1/11は開館)第1・3火曜日 休館
   入館料金:一般700円 大学生400円 中高生300円 小学生以下ならびにメンバーシップ校の方は無料
          呈茶 前日までの事前予約制(要別途入館料・平日限定)
          一般500円、小学生以下300円、学生証提示により300円
         展示室の入室制限あり。ホームページ・電話で予約していただいた方の入館を優先。

 裏千家の代名詞でもある千家3代宗旦が隠居する際に構えた今日庵、そして又隠、寒雲亭(かんうんてい)は宗旦の遺蹟として名高い茶室。天明8年(1788)に起きた天明の大火に罹災したが、翌年には又隠や寒雲亭等が修復され、利休200年忌の茶事が執り行われ、11代玄々斎の時代には大規模な増改築が行われ、現在の構造が大方完成したという。狩野探幽筆と伝わる寒雲亭襖絵などの茶室に関係する作品や、江戸時代の屋敷図面、裏千家茶室に関する文献史料を通じてその歴史を紹介し、歴代家元が敷地内の樹木を用いて制作した茶道具や、11代玄々斎の時代に庭内に存在した御庭焼などの作品展示。
  「今日」元伯宗旦筆
  横物「邂逅比丘不期明日」元伯宗旦筆
  寒雲亭襖絵 狩野探幽筆
  黒楽「今日庵」文字文茶碗 樂道入作
  赤茶碗銘三遊(御庭焼)一如斎作
  庭梅香合 認得斎好 7代中村宗哲作
  松茶杓 銘長寿友 玄々斎作
  銀杏茶杓 無限斎作
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12750] 【大阪】逸翁美術館/花のある茶道具[1/16(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/01/11(Mon) 17:46:29

 池田市の逸翁美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=87で今週末1/16(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2021展示I「花のある茶道具」1/16(土)〜3/14(日)
     月曜休館
     入館料金:一般700円 高大生・65歳以上 500円 中学生以下無料
日本は美しい四季のある国です。春夏秋冬によってもたらされる風景の素晴らしさは、国内外を問わず、多くの人々を魅了し続けています。花はこうした

 日本の四季の美しさを彩る要素の一つである花は、古今を通じて、和歌や絵画、文学作品、織物などに表現され、四季の移ろいを大切にする日本の伝統文化の一つ・茶道の中にあって茶室の床で花入に生けられたり、茶道具の中に取り入れられて、鉢や皿などの焼き物、茶器などの塗り物の意匠として見る事が出来る。また、直接的でなくとも、花を詠んだ和歌が書かれた掛軸や、花の名前を銘に持つ道具などもあり、茶会に「華」を添える。本展は、花が取り入れられた様々な茶道具を取り上げる。
   三砂良哉作「光琳杜若蒔絵写寸胴棗」
        「黒地螺鈿百合蒔絵申次」 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12770] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/01(Mon) 22:03:45

 開催中から、これから開催の工芸やファッション、インテリアや建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、臨時休館、入館の予約制、感染予防対策などには充分ご注意下さい。

【北海道】
北海道立旭川美術館,☆「木と遊び 美術館」 〜3/31(水)
北海道立オホーツク流氷科学センター
 ☆「もんべつ織物サークル 流氷織物展」2/11(木・祝)〜2/28(日)

【山形】
酒田市松山文化伝承館,☆「レトロモダンな雛祭り−伝統とモード 原のぶ子生誕120年ー」2/12(金)〜4/4(日)

【群馬】
群馬県立日本絹の里,☆第22回 「群馬の絹展」2/5(金)〜 2/9(火)

【東京】
大倉集古館
 ☆「因州×備前 池田家の能面・能装束 大名家の能楽コレクション、大行列」2/2(火)〜3/28(日)
 ☆企画展「彩られた紙〜料紙装飾の世界〜」4/6(火)〜6/6(日)
 ☆企画展「能Noh〜秋色モード〜」8/24(火)〜10/24(日)
日本建築学会建築博物館
 ☆第84回「新制作協会スペースデザイン部受賞作家展」 3/7(日)〜3/13(土)
 ☆「愛知産業大学 通信教育部 建築卒業研究展」3/26(金)〜3/28(日)
中村屋サロン美術館
 ☆企画展示 中村屋サロン アーティストリレー第3回浅見貴子 展「変容のプロセス」 3/3(水)〜4/11(日)
 ☆企画展示 中村屋サロン アーティストリレー第3回布施知子 展「折り紙、その向こうへ」4/21(水)〜5/23(日)
文化学園服飾博物館,☆「ヨーロピアン・モード」2/18(木)〜4/22(木)
荒川区立荒川ふるさと文化館
 ☆令和2年度館蔵資料展「つなぐ・伝える〜荒川区伝統工芸品コレクション」〜3/14(日)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念),☆「ドレス・シルエット 2021」〜2/7(日)
鎌倉・吉兆庵美術館,☆「ボンボニエールとランプ展」3/6(土)〜6/4(日)

【愛知】
豊田市美術館,☆「デザインあ展 inAICHI」〜3/14(日)<会期変更>

【京都】
古田織部美術館
 ☆「利休七哲 三斎・右近を中心に」〜6/13(日)
 ☆「天下三宗匠と織部」6/19(土)〜11/28(日)
川島織物文化館
 ☆「祭の幕」〜8/31(火)
 ☆「守りたい贈るこころ 福を呼ぶ帛紗」(一)〜4/20(火)

【大阪】
中之島香雪美術館,☆企画展「遠州・不昧と大名家の茶」4/3(土)〜6/13(日)
大阪府立大型児童館ビッグバン,☆「グッド・トイ展」〜2/28(日)
逸翁美術館
 ☆2022展示I「千家と十人の職方(マイスター)(仮題)」令和4年1/15(土)〜3/13(日)

【奈良】
奈良国立博物館
 ☆特別陳列「帝国奈良博物館の誕生ー設計図と工事録にみる建設の経緯ー」令和3年2/6(土)〜3/21(日)

【鳥取】
あおや和紙工房,☆第17回「因州和紙あかり展」〜3/21(日)
渡辺美術館,☆県民広場「西村洋子のお細工物〜古布に魅せられて」〜 5/10(月)

【広島】
広島県立美術館,☆特別展「第67回日本伝統工芸展」2/17(水) 〜3/7(日)

【福岡】
北九州市立美術館分館
 ☆「西日本工業大学 デザイン学部 卒業制作優秀作品展」3/6(土)〜3/14(日)
直方谷尾美術館
 ☆子供のための美術館16「な〜んちゃって浮世絵とダンボールアートの世界」 〜3/14(日)

【沖縄】
沖縄県立博物館・美術館
 ☆博物館 御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物−再現模造にみる天平の技−」2/9(火) 〜 3/28(日)
浦添市美術館
 ☆浦添市市制施行50周年記念展・令和2年度第3期常設展「日本遺産認定記念−琉球の器を楽しむ?−」〜5/23(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12805] 【島根】県立美術館/菊竹清訓 山陰と建築 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/14(Sun) 15:51:32

 松江市の島根県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=32&c=0で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「菊竹清訓 山陰と建築」〜3/22(月)
    火曜休館(2/23は開館)
    開館時間:午前10時〜2月中は午後6時30分(3月は日没後30分、入館は閉館30分前まで)
         オンラインにて日時指定、
         当日定員に空きがある場合は、館内・総合受付にて日時指定当日券あり   
         本展は企画展・コレクション展セットのみ
    入館料金:オンライン日時指定入場券 日時指定当日券(現金支払いのみ)
               一般 600円    650円
              大学生 400円    400円
         高校生以下
         身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳所持者と付添の方は無料
 戦後の日本を代表する建築家で《島根県立美術館》(1998)の設計を手がけた菊竹清訓(1928-2011)は、自邸《スカイハウス》(1958)、《出雲大社庁の舎》(1963)といった作品や、建築運動「メタボリズム」などによって、国際的にも高い評価を受ける。島根県では、知事も務めた第23代田部長右衛門との関係から、当館の前身である《島根県立博物館》(1958)をはじめ多くの建築を設計した。菊竹による山陰地方の建築に加え、代表的な作品や、生涯を通じて取り組んだ未来都市の構想を紹介し、菊竹建築の魅力を紹介。
  島根県立図書館 スケッチ 42.2×82.3
  田部美術館 短計図 1:50 58.0×85.2
  田部美術館 1階平面図 1:50 59.2×84.0
  ホテル東光園 1階平面図 1:50 71.8×109.7
 『島根県庁周辺部地域冷暖房計画案』 など

ワークショップB:ペーパークラフト「着せ替えドミノ」で建築空間を組み立てよう!
3/21(日)午後1時30分〜4時
 高増 佳子氏(米子工業高等専門学校建築学科教授・「着せ替えドミノ」考案者T*O)
 小学3〜6年生 ※保護者同伴、定員10名程度、美術館アートスタジオ
  
Eメールにて、イベント名を明記の上、3/2(火)締切
(1)氏名(ふりがな)・年齢、(2)住所、(3)電話番号を書き、
宛先 sam@pref.shimane.lg.jp、締切り後3日以内に返信
 応募の際は@pref.shimane.lg.jpを受信できるように設定

美術講座:3/14(日)午後2時〜(1時30分開場/約90分)ホールにて、95席当日先着順
「菊竹清訓 山陰と建築」
 河野 克彦氏(島根県立美術館専門学芸員・本展企画者)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12806] 【大阪】茨木市立川端康成文学館/武石勇 漆の世界[2/15(月)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/14(Sun) 18:01:34

 茨木市立川端康成文学館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=124で明日2/15(月)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ギャラリー企画「生誕100年 武石勇 漆の世界」2/15(月)〜3/15(月)
    火曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館無料
 1920年大阪市天王寺区寺田町生まれの武石勇は、大阪市立工芸学校木材工芸科を卒業し、従来の伝統的な分野にとらわれず、現代的な造形として、幅広い分野で「漆の世界」を開拓した。疎開した茨木で、復員してから1995年に亡くなるまでの50年間を過ごし、1949年には地域の作家とともに茨木美術協会を創立し初代委員長を務めた。生誕100年、没後25年に当たり遺作展で紹介されなかった作品を展示。文学館入口正面の大作「爽韻」とあわせて。
  サボテン衝立(昭和15年頃)
  黒い花器(昭和40年)
  映える(昭和43年) など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12813] 【東京】国立映画アーカイブ/川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020  投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/15(Mon) 19:39:57

 国立映画アーカイブhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=31で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆展示企画「川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020」〜3/28(日)
   月曜休館
   開室時間:午前11時〜午後6時30分(入室は閉室30分前まで)
          新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、当面の間は金曜夜間開館は中止
   観覧料:一般250円 大学生130円 65歳以上・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)無料


 日本のアニメーション映画、とりわけストップモーション撮影による立体アニメーションの分野でそれぞれ功績を残した川本喜八郎(1925-2010)と岡本忠成(1932-1990)。
 人形映画の先進国チェコスロヴァキアで学び直した川本は、自らの生み出すキャラクターでテレビの歴史人形劇や外国との合作に取り組んだ。岡本は、平面・立体・半立体を自在に使い分け、木・皮・布・毛糸・紙・粘土など多様な素材をアニメートして、主に教育映画の分野で活躍。7歳違いで誕生日が同じ二人は、よきライバルであり、互いのよき理解者でもあった1970年代には、互いの作品上映と人形劇を組み合わせた公演「川本+岡本 パペットアニメーショウ」を共同で企画、6回にわたって開催した。川本の没後10年、岡本の没後30年となる2020年、再びこの分野に光を当て、人形をはじめとする撮影素材や作品制作のための様々な資料を展示してその足跡をたどる。
  川本喜八郎宛てイジー・トルンカ書簡(1961年)
 『花折り』(1968年、川本喜八郎監督)より「大名」
 『おこんじょうるり』(1982年、岡本忠成監督)より「おこん」
 『注文の多い料理店』(1991年、岡本忠成脚本・演出、川本喜八郎監修)色彩設定用セル画
 『死者の書』(2005年、川本喜八郎監督)絵コンテ
 第1回「川本+岡本 パペットアニメーショウ」パンフレット
 『ふしぎなくすり』(1965年、岡本忠成監督)絵コンテ

作品上映:川本喜八郎+岡本忠成 アニメーション作品上映(予定)
   2/27(土)、3/6(土)小ホールにて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12832] 【北海道】立旭川美術館/木と遊び美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/18(Thu) 21:51:06

 北海道立旭川美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=01&c=57で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「木と遊び美術館」〜3/31(日)
    月曜休館
    入館料金:一般800円 高大生500円 小中生300円
 豊かな森林資源に恵まれた旭川では家具産業が盛んで、「木を素材にした造形作品」を収集してきた当館が、展覧会出品作から「あそび」を感じる作品を中心に紹介し、森の美術館「木夢」(西興部村)の初代館長であり木のおもちゃの作家である伊藤英二(1932〜2012)の作品をはじめとする木のおもちゃなども展示。
    山中晴夫「海の中の音楽会」1967
    鹿目尚志「気が気でない木箱」1981
    黒蕨 壮「明日へのとびら」1996
    早見賢二「鳥たちの空」2020
    中井啓二郎、丹野則雄「木鞄(KIBAN)」1981  など

旭川農業高等学校の出張工作教室
「スロープトイで遊んで、世界にたった一つの木琴を作ろう!」
2/27(土)午前10時〜、午後2時〜(各約60分) 観覧券のみ

アーティストトーク「箱」と「遊び」
3/20(土・祝)午後2〜3時 中井啓二郎氏、丹野則雄氏(木工作家)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12844] 【静岡】ふじ・紙のアートミュージアム/寺内曜子展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/21(Sun) 15:27:42

 富士市、ロゼシアター1階の ふじ・紙のアートミュージアムhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=22&c=69で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「寺内曜子展」〜3/14(日)
     ロゼシアター休館日のみ休館
     入館無料

 普段見えている面を表と呼び、見えない面を裏と言うなど、私たちが意味に疑問を抱くことなく使用している言葉。
 寺内氏はインスタレーション作品を通して私たちが生活の中で当たり前に思い込み使用している言葉に疑問を投げかける。
 会場内で制作された、ミュージアムの空間と大きな一枚の紙が合体した作品は、鑑賞者を作品に取り込み、自らの価値判断の曖昧さを気付かせる。

「Loop & Pool」 1990年 両面を塗り分けた紙 
「Ebb & Flow(満ち潮 引き潮)」1991年 両面を塗り分けた一枚の紙 407(w)×420(d)×90(h)cm
「ひとつづきの平面」 2001年 両面を塗り分けた一枚の紙 50(w)×50(d)×24.5(h)cm
「Night and Day」2017年 両面を塗り分けた一枚の紙 30(w)×10(d)×319(h)c
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12849] 【愛知】豊田市美術館/デザインあ展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/23(Tue) 22:41:23

 豊田市美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=65で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「デザインあ展」〜3/14(日)※日時指定事前予約制
    月曜休館
    入館料金:一般1300円 高大生1000円
         以下は無料
           障がい者手帳をお持ちの方(介添者1名)
           豊田市内在住又は在学の高校生
           豊田市内在住の75歳以上
           中学生以下(小学生以下は保護者同伴必要。保護者は要チケット)
    【販売場所】オンライン:ローソンチケット
          店舗:ローソン、ミニストップ
 NHK Eテレ「デザインあ」のデザインマインドを、実際の体験に発展させる展覧会。すぐれたデザインには、人と人、人とモノをよりよくつなぐ工夫があり、身のまわりに意識を向け(観察)、どのような問題があるかを探り出し(分解・分析)、どうすればよい状況をつくりだせるか考える(再構築・創造)−こうした一連のデザイン的な思考力が求められている。未来を担うこどもたちに、「見ること」「考えること」の豊かさとよろこびを体感してもらう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12860] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/28(Sun) 20:13:57

 開催中から、これから開催の工芸やファッション、インテリアや建築の展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限や開催日の変更などには十分ご注意ください。

【北海道】
モエレ沼公園ガラスのピラミッド,☆所蔵品展「イサム・ノグチ あかり展」〜3/7(日)
中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー
 ☆チェアーズギャラリー「木の曲芸−木を曲げることで新たなデザインを生み出した−」〜3/21(日)

【岩手】
太陽と風の家(石と賢治のミュージアム)
 ☆ほっこりギャラリー展「小物アート展」4/3(土)〜4/18(日)alof ヒラカモモコさん(滝沢市)と仲間
 ☆ほっこりギャラリー展「手作り人形展」4/24(土)〜5/9(日)手作りを楽しむ会(東山町)
 ☆ほっこりギャラリー展「小石アート展」5/15(土)〜5/30(日)吉田和彦(一関市) 

【山形】
伝国の杜 米沢市上杉博物館
 ☆開館20周年 企画展「上杉家伝来の能面・能装束〜語り始めた面袋〜」10/16(土)〜12/8(水)

【東京】
タイムドーム明石 (中央区立歴史天文館),☆企画展「江戸のカナモノ」〜3/21(日)
伝統工芸青山スクエア,☆「春迎えのしつらえ 加茂桐たんす展」〜3/4(木)
白根記念渋谷区郷土博物館・文学館,☆企画展「紙と日本人」〜3/21(日)
ヒルサイドフォーラム
 ☆「トウキョウ建築コレクション2021 東京を舞台に、社会に開いた建築文化をつくる」3/2(火)〜3/7(日)
紙の博物館,☆企画展「くらしを支える紙製品〜紙にできること〜」3/16(火)〜8/29(日)

【三重】
マコンデ美術館,☆企画展「リランガの絵画展(バチック)」3/24(水)〜7/11(日)

【京都】
野村美術館,☆2021年春季特別展「茶席を彩るうるしの美」3/6(土)〜6/6(日)

【兵庫】
白鶴美術館
 ☆本館「大きな美術と小さな美術 ―東洋工芸 鑑賞と実用―」3/6(土)〜6/6(日)
 ☆新館「大きな絨毯・小さな絨毯」3/6(土)〜6/6(日)
神戸海洋博物館・カワサキワールド
 ☆「後藤由香子 海いろひな人形」〜3/14(日)
 ☆「BE KOBE シルバニアファミリー わくわくミュージアム 2021 in 神戸海洋博物館」3/17(水)〜5/9(日)
 ☆第7回「ザ・コンパス作品展 私の好きな船」3/23(火)〜4/17(土)模型
三木市立堀光美術館,☆企画展「本間敦子 染色展 “一枚の白布と語いながら”」〜3/21(日)

【島根】
島根県立石見美術館,☆企画展「ファッション イン ジャパン1945-2020−流行と社会」3/20(土・祝)〜5/16(日)

【岡山】
新見美術館
 ☆開館30周年記念特別展ファイナル「華道家・假屋崎省吾の世界〜美来麗明〜」4/16(金)〜6/27(日) (予定)

【広島】
尾道市立美術館
 ☆「愛のヴィクトリアン・ジュエリー展〜華麗なる英国のライフスタイル〜」3/13(土)〜5/5(水・祝)

【香川】
高松市歴史資料館
 ☆収蔵品展「花と植物のイマージュ−自然界からのインスピレーション−」〜3/28(日)
善通寺市美術館,☆「まんのう町竹細工同好会作品展」3/10(水)〜3/14(日)

【愛媛】
愛媛県歴史文化博物館,☆特別展「シルバニアファミリー展」3/24(水)〜5/30(日)

【福岡】
九州国立博物館,☆特別展「よみがえる正倉院宝物−再現模造にみる天平の技 −」4/20(火)〜6/13(日)

【佐賀】
佐賀県立博物館,☆コレクション展「お姫さまのおきにいり」〜4/18(日)

【長崎】
佐世保市博物館島瀬美術センター
 ☆「海洋堂フィギュア展 in Nagasaki 海洋堂のリアルあつめてみました。」3/20(土)〜5/5(水・祝)

【熊本】
熊本県伝統工芸館,☆「匠の技と心〜未来に繋ぐ熊本の工芸III〜」〜4/11(日)

【沖縄】
那覇市民ギャラリー
 ☆那覇市民ギャラリー主催「祝嶺恭子の染織展 琉球の織色に魅せられて」4/20(火)〜4/25(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12878] 【京都】野村美術館/茶席を彩る うるしの美[3/6(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/03/05(Fri) 21:33:52

 東山・南禅寺近くの野村美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=28で明日3/6(土)から開催される展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆2021年春季特別展「茶席を彩る うるしの美」前期:3/6(土)〜4/18(日)
                      後期:4/20(火)〜6/6(日)
     月曜休館(5/3(月・祝)は開館)
     入館料金:大人800円 高大生300円 中学生以下無料

 日本・中国・朝鮮・タイなどの東南アジア各地で様々な器物が制作された漆工芸のうち、中国から伝わった堆黄・堆朱・堆黒・屈輪・青貝をはじめタイの蒟醤、漆工芸、日本で制作された蒔絵などの漆工芸を中心に、香箪笥や書院飾りとして用いられてきたものも合わせて展示。漆の艶やかな美しさとともに蒔絵や螺鈿など様々な技法を駆使した“うるし”の技の妙もみる。
(前期展示)
  堆黄竜文丸盆
  堆朱宝舟鳳凰文分銅形盆
  堆黒花籠香合
  存星猿桃香合
  青貝天下泰平文字香合
  柳桜蒔絵棗
  小島漆壺斎作 七宝蒔絵鮟鱇形茶器
  小川破笠作 歌仙絵硯箱
(後期展示)
  堆朱南天鶏文輪花盆
  紅花緑葉香合
  青貝布袋香合
  菊水蒔絵錫縁香合
  高台寺蒔絵棗
  梨地八島合戦硯箱
  千鳥蒔絵面箱(4/18-5/9展示)
  螺鈿葡萄棚唐草文旅箪笥

☆2021年春季 地階併設展「漆器のできるまで」
 漆器ができるまでの工程を紹介。
 京漆器を支える丹波漆の集荷と卸売りを家業としていた福知山市の桐村家の漆芸作品を展示。お借りし、地階展示丹波漆は京都府北西部の福知山市夜久野町周辺で生産される漆のことで、平成三年には「丹波の漆掻き」が京都府指定無形民俗文化財に指定された。本展では、ウルシノキから樹液が採取されて漆器ができあがるまでの工程を表した和紙人形(やまと凰人形スタジオ製)、蒔絵の工程を表した小皿(象彦製)、京都で代々活躍していた村田九郎兵衛製の蒔絵筆も併せて展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12898] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/03/23(Tue) 23:51:21

 開催中から、これから開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。

【宮城】
角田市郷土資料館,☆「甲冑展」4/24(土)〜5/16(日)

【山形】
本間美術館(酒田)
 ☆「茶道具の名品展 第一部 唐物・高麗物と屏風」4/11(日)〜5/25(火)
 ☆「茶道具の名品展 第二部 和物と仏画・書跡」5/28(金)〜 6/29(火)

【栃木】
濱田庄司記念 益子参考館,☆企画展「中国の工芸展」〜6/6(日) 
大隅俊平美術館,☆「春の刀剣展示」〜5/23(日)
みどり市大間々博物館 コノドント館
 ☆第96回企画展「大間々銀行と小林力雄ー知られざる名建築家の業績ー」〜4/11(日)

【埼玉】
蕨市立歴史民俗資料館,☆第40回特別展「熊木早苗の猫ウールアート 桜宵一刻」〜5/2(日)

【東京】
出光美術館,☆「松平不昧 生誕270年 茶の湯の美」4/13(火)〜5/23(日)
三井記念美術館,☆三井記念美術館コレクション「雪月も花も友とて…茶箱と茶籠」5/1(土)〜6/27(日)
国立新美術館,☆「ファッション イン ジャパン 1945-2020―流行と社会」6/9(水)〜9/6(月)
サントリー美術館,☆開館60周年記念展「刀剣 もののふの心」9/15(水)〜10/31(日)
日本建築学会建築博物館
 ☆「日本建築学会各賞受賞業績展示会」 5/8(土)〜6/1(火)
 ☆第4回「BOX展」6/5(土)〜6/10(木)
 ☆第21回「専門学校 卒業作品展示会」 6/14(月)〜6/26(土)
東京都庭園美術館
 ☆「建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩」4/24(土)〜6/13(日)
 ☆「英国王室に愛された庭園 Royal Kew 美しい花々(仮称)」9/18(土)〜11/28(日)
 ☆「奇想のモード(仮称)」令和4年1/15(土)〜4/10(日)
ホテル雅叙園東京 百段階段,☆「こだわりのモノづくり〜超絶技巧の世界〜」〜 6/25(金) 
目黒区美術館,☆「包む−日本の伝統パッケージ」7/13(火)〜9/5(日)
五島美術館
 ☆館蔵「茶道具取合せ展」12/11(土)〜令和4年2/13(日)(毎月曜日(1/10は開館)12/25(土)〜1/4(火)1/11(火)休館)
澤乃井 櫛かんざし美術館,☆「筥迫展」〜5/16(日)

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念)
 ☆第453回企画展「The Exhibition of KATAN ISHIKAWA」4/27(火)〜5/9(日)<6(木)、7(金)休館>
神奈川県民ホールギャラリー
 ☆第59回「日本現代工芸美術展」
  併催展「草月流作品展 神奈川工芸美術展」5/26(水)〜6/5(土)  
 ☆第8回「ジュン・パッチワーク グループ作品展」6/7(月)〜6/13(日)  
鎌倉芸術館,☆【ギャラリー2】「西陣美術織 若冲動植綵絵展」4/8(木)〜4/12(月)

【富山】
富山市佐藤記念美術館,☆企画展「佐藤助庵の蒐集」〜4/11(日)

【石川】
加賀本多博物館,☆春季特別展「加賀本多家の武装」〜6/7(月)
金沢市立安江金箔工芸館,☆春季展「日本の美術工芸」〜6/27(日) 
金沢能楽美術館,☆企画展「Kanazawa Noh Museum COLLECTION 2021」〜8/29(日)
石川県輪島漆芸美術館
 ☆第26回「飛翔する輪島の漆芸作家たち−全国展入選作品−」〜5/10(月)
 ☆「生新の時2021―漆芸の未来を拓く―」5/21(金)〜7/4(日)
 ☆「漆芸の《チーム日本》―東京2020によせて―」7/10(土)〜8/29(日)
 ☆開館30周年記念特別展「メイド・イン・ワジマ―漆の時代―」9/5(日)〜10/24(日)
 ☆「みんなの《推し》コレクション:推しコレ!」12/4(土)〜令和4年1/23(日)
 ☆第39回「日本伝統漆芸展」令和4年2/5(土)〜2/27(日)
 ☆第27回「飛翔する輪島の漆芸作家たち―全国展入選作品―」令和4年3/5(土)〜5/8(日)

【福井】
福井市愛宕坂茶道美術館,☆企画展「茶人のお言葉」〜5/12(水)

【山梨】
山梨県立宝石美術専門学校附属ジュエリーミュージアム
 ☆「ジュエリーミュージアムコレクション展」
  同時開催「ジュエリーマスターへの道
   −ジュニア/プレ/マスターの各作品から見るマスターへの階段−」〜6/21(月)
【長野】
市立岡谷美術考古館
 ☆企画展「からくりとコラージュ 心で遊び、手にとりあそぶ、二人展。」〜4/18(日)
安曇野高橋節郎記念美術館,☆「春季展示−安曇野風土記−」〜6/13(日)

【静岡】
静岡市芹沢けい介美術館
 ☆「のれんときもの」4/6(火)〜6/20(日)
 ☆「芹沢けい介のブック・デザイン」7/6(火)〜9/23(木・祝)
 ☆「芹沢けい介の日本」10/9(土)〜12/12(日)
 ☆「ジャパン・ブルー―藍のある暮らし―」令和4年1/4(火)〜3/21(月・祝)
浜松市美術館,☆「遠州の民藝展」5/15(土)〜6/27(日)
佐野美術館
 ☆「名刀百花」令和4年1/8(土)〜2/13(日)
 ☆「愛しのほほえみ ―佐野美術館の人形コレクション」令和4年2/19(土)〜4/3(日)
野坂オートマタ美術館
 ☆2021年 桜祭り・GW企画展 「学習中!」3/27 (土)〜4/3 (土)4/29 (木・祝)〜5/5 (水・祝)
ふじ・紙のアートミュージアム,☆Vol.17「岸野ひと美展」4/1(木)〜6/27(日)
掛川市二の丸美術館,☆「木下コレクション 職人がこだわり抜いた細密工芸の世界」4/6(火)〜6/6(日)

【愛知】
徳川美術館
 ☆特別展「名刀紀行ー京・大和と九州ー」6/5(土)〜7/11(日)
 ☆企画展「あかがね/くろがね」6/5(土)〜7/11(日)
ヤマザキマザック美術館
 ☆2021年春企画展「名古屋城からはじまる植物物語」4/24(土)〜8/29(日)
国際デザインセンター デザインミュージアム
 ☆「僕らのポートフォリオ展2021 テーマ:ふれる」3/31(水)〜4/5(月)
半田市立博物館,☆第36回「知多工芸展」4/17(土)〜6/13(日)
豊田市民芸館,☆第102回企画展「植物文様の民芸」〜8/29(日)

【滋賀】
草津市立水生植物公園みずの森
 ☆第47回「春のハンギングバスケット&コンテナ展」〜4/11(日)
東近江市能登川博物館,☆第137回企画展「くらしを彩る植物文様」〜5/2(日)

【京都】
北村美術館,☆令和三年 春季茶道具取合展 「露地清晨」〜6/6(日)
樂美術館,☆新春展「やわらかな、ぬくもり」〜5/9(日)<会期延長>
京都国立近代美術館
 ☆「モダンクラフトクロニクル―京都国立近代美術館コレクションより―」7/2(金)〜8/22(日)
 ☆「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」11/16(火)〜令和4年1/16(日)
京都伝統産業ミュージアム,☆「MARCH of CRAFTSMEN 職人たちのマーチ」〜4/11(日)
泉屋博古館,☆特別展「鋳物モダンー花を彩る銅のうつわ」〜5/16(日)
細見美術館,☆「日本の色─吉岡幸雄の仕事─」〜5/9(日)<期間延長>
千總ギャラリー,☆色を巡る Narrative of colors  第2期 「くろ」〜5/23(日)
清水三年坂美術館,☆開館20周年記念展示「村田理如 蒐集の軌跡II」〜5/9(日)

【大阪】
咲くやこの花館
 ☆第54回「春のハンギングバスケット展」4/6(火)〜4/18(日)
 ☆「春の押し花展」4/24(土)〜5/5(水・祝)
 ☆第19回「メイキングプリザーブドフラワー展」5/11(火)〜5/16(日)
大阪日本民芸館,☆2021年春季特別展「型絵染 三代澤本寿」〜7/13(火)

【兵庫】
姫路市書写の里・美術工芸館
 ☆春季特別展 「創作人形の世界 渡辺うめ人形展」4/10(土)〜6/6(日)
 ☆夏季特別展 「夏休み子どもミュージアム〜ミュージアム〜鉄・刀・金工」7/3(土)〜9/5(日
 ☆特別展 「兵庫県工芸美術作家協会 姫路展」9/11(土)〜10/24(日)
能楽資料館,☆令和3年 前期特別展「名作能面展」〜8/1(日)

【島根】
松江市立出雲玉作資料館,☆ロビー展「湧田 毅 ジオラマ展」〜4/29(木・祝)
今井美術館,☆「高橋まゆみ人形展」6/26(土)〜8/8(日)

【岡山】
岡山県立美術館,☆「もっと伝統工芸 金属工芸」11/13(土)〜12/19(日)

【広島】
ふくやま美術館
 ☆冬季所蔵品展「福山の工芸 −門田篁玉・祐一父子の竹工芸を中心に−」〜4/4(日)

【愛媛】
愛媛県美術館,☆「名刀は語る展」4/24(土)〜6/27(日)
ミウラート・ヴィレッジ(三浦美術館),☆第15回「えひめ工芸作家展」〜5/9(日)

【熊本】
島田美術館,☆「ペルシャ絨毯・キリム・ギャッベ展」3/28(日)〜4/4(日)

【沖縄】
那覇市歴史博物館
 ☆特別展「ロイヤルカラーの黄色地衣裳/美御前御揃」4/2 (金) 〜4/27 (火)
 ☆特別展 2021年度春季 国宝「玉冠」特別公開4/29 (木・祝) 〜5/12 (水)
 ☆特別展「王家の衣裳〜王子・王女の衣裳」/「黒漆と螺鈿の漆器」4/29 (木・祝) 〜6/2 (水)
 ☆特別展「牡丹の文様の紅型衣裳」/「黒漆と螺鈿の漆器」6/4 (金) 〜6/30 (水)
 ☆特別展「空色地の紅型衣裳」/「王家の宝剣I・千代金丸」7/2 (金) 〜8/4 (水)
 ☆特別展「流水文様の衣裳」/「王家の宝剣II・北谷菜切」8/6 (金) 〜9/1 (水)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12912] 【京都】泉屋博古館/鋳物モダン・花を彩る銅のうつわ 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/03/27(Sat) 16:16:17

 京都・東山の泉屋博古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=37で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「鋳物モダン・花を彩る銅のうつわ」〜5/16(日)
    月曜休館(祝日は開館、4/23(金)5/6(木)は休館)
    入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
 金属工芸は東アジア三千年の歴史に育まれ、中国・宋時代以後には古代青銅器を模倣した銅花器が文人の書斎を飾る道具として珍重され、日本には室町時代以後多くもたらされ、江戸時代にはそれらを模倣した銅花器が発達して近代に受け継がれた。本展では富山大学芸術文化学部所蔵の大郷コレクションを中心として日本近代銅花器の造形を紹介。さらに近代蝋型鋳造発展に貢献した須賀松園工房に焦点をあてて代表作とともに紹介。
   藤林峯親《獅子麒麟文金銀象嵌花瓶》明治10(1877)年
   増山永観《富士巻狩・武者文耳付薄端》明治時代前期
   《龍流足芙蓉薄端》
   《千筋蝶象嵌入り寸筒》銘五郎三造
   《蟹文魚籠形花器》
   《甲虫貼付瓢形花器》銘凌雲 など

連続講演:講堂にて、午後2〜3時30分、定員40名、要予約(075-771-6411)
4/3(土)「日本に銅花器がやってきた−先人たちの銅と花がある暮らし」竹嶋康平氏(学芸員)
4/10(土)「いけばなと近代青銅花器−大郷コレクションの寸銅・薄端・水盤−」
             三宮千佳氏(富山大学学術研究部芸術文化学系准教授)
4/17(土)「人類が極めた&#34847;型鋳造法−ロウと炎と青銅の技」
             三船温尚氏(前富山大学学術研究部芸術文化学系教授)

アートサロン:講堂にて、4/24(土)午後2〜4時、定員40名、要予約(075-771-6411)4/1予約開始
「銅花器をめぐる東アジア三千年の伝統」
 パネリスト:三船温尚氏、三宮千佳氏、廣川守氏 コーディネイター:竹嶋康平氏

ワークショップ:4/25(日)午後1〜4時、定員14名、要予約(075-771-6411)4/1予約開始
             会場は講堂、場合により敷地内屋外(雨天・荒天の場合は鋳型つくりまで)
「ロウで作品を作ろう−鋳型つくりから鋳造まで(仮題)」小学4年生以上対象、参加費1000円
     三船温尚氏(前富山大学学術研究部芸術文化学系教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12968] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/05/01(Sat) 19:10:07

 開催中から、これから開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
北海道立近代美術館
 ☆御大典記念 特別展「よみがえる正倉院宝物―再現模造にみる天平の技」9/15(水)〜11/7(日)
北海道立旭川美術館,☆「匠の美」〜 6/27(日)
帯広百年記念館,☆「マッチ箱展 5」11/25(木)〜12/26(日)
北網圏北見文化センター
 ☆「宮竹眞澄・心のふる里人形展」6/15(火) 〜 6/27(日)
 ☆「パッチワーク ぱふの仲間達」10/27(水) 〜 11/30(土)

【青森】
弘前市立博物館
 ☆企画展3「きもの〜装いの美・美は喜び〜」前期:10/2(土)〜11/14(日)
                    後期:11/20(土)〜12/19(日)
【岩手】
北上市立鬼の館(鬼ッズ・プレイミュージアム)
 ☆ギャラリー展「水引 結びの歓び」6/3(木)〜6/20(日)

【宮城】
東北歴史博物館,☆特別展「デンマーク・デザイン」〜6/27(日)

【秋田】
秋田市立千秋美術館
 ☆「九州国立博物館所蔵 更紗 生命の花咲く布」〜6/6(日)会期中無休
 ☆「香りの器〜高砂コレクション〜」7/17(土)〜9/5(日) 会期中無休

【山形】
致道博物館,☆「日本名刀展シリーズ 山形ゆかりの刀工」10/22 (金)〜11/28 (日)
酒田夢の倶楽・華の館
 ☆藍染布花「癒しの色々展」〜5/24(月) 
 ☆「酒田の伝統工芸 匠の技展」7/10(土)〜8/23(月) 
 ☆「浪漫をたどる紅花展」11/6(土)〜12/13(月) 
出羽桜美術館,☆「桜の美展」〜5/16(日)

【埼玉】
さいたま市大宮盆栽美術館
 ☆「さいたま市民の日」記念企画展「第6回「世界盆栽の日」記念・「さいたま国際芸術祭Since2020」コラボレーション展
   ×須田悦弘・ミヤケマイ」〜5/19(水)
 ☆【歴史と文化】「盆栽クロニクル(年代記)」〜6/30(水)
                9/18(土)〜11/17(水)
              令和4年2/5(土)〜3/30(水)
【千葉】
市川市芳澤ガーデンギャラリー,☆「日本の心を貝にのせて」5/15(土)〜5/16(日)貝合わせ

【神奈川】
横浜人形の家
 ☆常設展示室・ミニ展示 モダンスイマーズが創る人形劇ムービー「しがらみ紋次郎〜恋する荒野路編〜」〜5/9(日)
 ☆企画展「灯りの魔法 魅惑のドールハウス」〜6/27(日)
横須賀美術館,☆企画展「糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと。」〜6/27(日)
女子美アートミュージアム
 ☆「女子美染織コレクション展Part9 舞楽装束」9/29(水)〜11/6(土)(10/25(日)特別開館)

【石川】
石川県立伝統産業工芸館
 ☆「鳥も花も虫も−春を待っていたー」「産業技術×伝統工芸ーアイデアをつないで未来へー」〜5/17(月)
石川県立美術館,☆「工芸と暮らす」〜5/23(日)近現代工芸
金沢市立中村記念美術館,☆特別展「表現する漆 併設 寄贈七宝作品展〜イセコレクションより〜」〜6/13(日)
石川県輪島漆芸美術館
 ☆第26回「飛翔する輪島の漆芸作家たち−全国展入選作品−」〜5/10(月)
 ☆「生新の時2021―漆芸の未来を拓く―」5/21(金)〜7/4(日)
 ☆「漆芸の《チーム日本》―東京2020によせて―」7/10(土)〜8/29(日)
 ☆開館30周年記念特別展「メイド・イン・ワジマ―漆の時代―」9/5(日)〜10/24(日)
 ☆「みんなの《推し》コレクション:推しコレ!」12/4(土)〜令和4年1/23(日)
 ☆第39回「日本伝統漆芸展」令和4年2/5(土)〜2/27(日)
 ☆第27回「飛翔する輪島の漆芸作家たち―全国展入選作品―」令和4年3/5(土)〜5/8(日) 
中谷宇吉郎 雪の科学館,☆「雪のデザイン賞 第10回記念展」〜6/22(火)

【福井】
福井市橘曙覧記念文学館,☆ロビー展示「たのしみは…とき 独楽吟ぼんぼり展」〜6/6(日)
福井市立郷土歴史博物館,☆<松平家史料展示室>企画展「KOSHIRAE〜拵〜」〜5/18(火)
敦賀市立博物館,☆「刀剣資料公開展」令和4年1/18(火)〜3/15(火)
鯖江市まなべの館,☆企画展「花×うつわ×暮らし―テーブルをデザインする―」6/12(土)〜7/11(日)
卯立の工芸館(旧西野家、紙漉見学館),☆「Children’s Day えちぜんわしコイノボリ」 〜5/9(日)
越前和紙の里 紙の文化博物館  ,☆「近代の和紙 −渋沢栄一が駆け抜けた時代−」〜5/24(月)

【長野】
豪商の館 信州須坂 田中本家博物館,☆模様絵師  寺澤森秋「江戸手描き友禅の華」〜5/31(月)
須坂クラシック美術館
 ☆現代の名工模様絵師寺澤森秋展 「更紗と友禅の融合」〜5/23(日)
  同時開催「手描き友禅の世界」 (シルキーホール)
伊那市立高遠町歴史博物館,☆第70回特別展「服飾文化を支えるシゴト」〜6/20(日)
駒ヶ根シルクミュージアム,☆第55回「まゆクラフト作品展」〜5/25(火)
東御市梅野記念絵画館・ふれあい館
 ☆ZINE 手づくり小冊子「ZINEのつくり方展」8/8(日)〜9/5(日)
 ☆「東信濃工芸作家展」9/18(土)〜10/17(日)
碌山美術館,☆企画展 没100年記念「中原悌二郎展」〜5/16(日)
北アルプス展望美術館(池田町立美術館),☆「安曇野キルト公募展」9/11(土)〜10/24(日)
坂城町鉄の展示館,☆「天華百剣と名刀写し展in坂城」9/4(土)〜11/21(日)

【静岡】
ミュゼふじえだ 藤枝市郷土博物館・文学館
 ☆博物館特別展「ムットーニからくりシアターvol.2」令和4年2/5(土)〜3/27(日)

【愛知】
文化のみち二葉館(名古屋市旧川上貞奴邸),☆「真多呂人形展 芸どころ名古屋」5/19(水)〜5/23(日)
国際デザインセンター デザインミュージアム
 ☆World Interiors Week 2021 in JAPAN NAGOYA「JID AWARD 2020展示会」5/26(水)〜5/31(月)
おかざき世界こども美術博物館,☆企画展「動きや音を楽しむ 樋口一成 木のおもちゃ展」〜6/27(日)
一宮市博物館
 ☆特集展示「藤原コレクション 記念コインで世界旅行」6/1(火)〜8/1(日)
 ☆特集展示「墨コレクション 舶来の布の装い」11/30(火)〜令和4年2/13(日)
文化フォーラム春日井
 ☆「ぬののバトン 〜布に託す叡智のリレー〜(悠遊会25周年記念)」6/15(火)〜6/20(日)
 ☆「ファブリックステンシルPocket&トールペインティング生徒作品展」6/22(火)〜6/27(日)
知多市歴史民俗博物館
 ☆収蔵品展「和船 模型」9/11(土)〜10/24(日)
 ☆収蔵品展「宮脇綾子 身近にある美」令和4年3/19(土)〜4/10(日)
高浜市やきものの里かわら美術館
 ☆企画展「ボン・ヴォヤージュ!―鉄・布・ダンボール アートの森へ旅にでようー」7/3(土)〜9/26(日)
トヨタ博物館,☆企画展開催「テールフィン・ラブ〜世界を変えた、あの流行をふり返る〜」〜7/4(日)
あま市七宝焼アートヴィレッジ ,☆企画展「七宝 技の履歴書」5/1(土)〜6/6(日)

【三重】
石水博物館,☆企画展「ぎをん齋藤コレクション 布の道標ー古裂に宿る技と美ー」〜6/20(日)
三重県総合博物館Miemu,☆ミニ館蔵品展「武器・武具」令和4年1/29(土)〜2/20(日)
三重県立美術館,☆「杉浦非水 時代をひらくデザイン」11/23(火・祝)〜令和4年1/30(日)
神宮徴古館農業館,☆農業館常設展「明治の貝細工」〜8/19(木)

【和歌山】
和歌山県立博物館
 ☆特別展「きのくに 刀剣ワールド」〜6/6(日)
 ☆ロビー展「さわって学ぶわかやまの歴史
   ―さわれる文化財レプリカとさわって読む図録―」10/30(土)〜11/23(火・祝)
 田辺市立美術館,☆開館25周年記念コレクション展「2.織の造形」〜6/27(日)


【島根】
出雲市立出雲文化伝承館
 ☆「現代の名工 藤原正 組子細工展」5/29(土)〜7/4(日)
 ☆「刀剣展」10/9(土)〜11/28(日)
 ☆「出雲の漆と金工の世界」令和4年3/19(土)〜5月中旬
島根県立石見美術館
 ☆コレクション展「生けるが如しー石見根付」5/21(金)〜7/11(日)
 ☆コレクション展「ラウル・デュフィのテキスタイル・デザイン」5/26(水)〜7/12(月)
 ☆企画展「杉浦非水 時代をひらくデザイン」7/3(土)〜8/30(月)
 ☆コレクション展「フォーマル/カジュアル」7/14(水)〜8/23(月)
 ☆コレクション展「ファッションを伝える、拡げる」9/1(水)〜10/4(月)
 ☆企画展「河井寛次郎と島根の民藝」9/11(土)〜11/1(日)

【岡山】
倉敷民芸館
 ☆特別企画展「もうひとつの芭蕉布物語〜芭蕉布織物工房の仕事〜」〜5/30(日) 
 ☆企画展「かごとガラス」6/4(金) 〜11/28(日) 
華鴒大塚美術館
 ☆「初公開 茶の湯事始−利休と織部−」〜7/4(日)

【広島】
はつかいち美術ギャラリー,☆「手仕事の美 はつかいちの匠たち」〜5/30(日)

【徳島】
徳島市立徳島城博物館,☆冬の企画展「甲冑の美」11/27(土)〜令和4年1/30(日)

【香川】
丸亀市立資料館,☆企画展「名刀見参−京極家の宝刀ニッカリ青江公開−」10/16(土)〜11/21(日・祝)
坂出市民美術館,☆「池坊丸亀支部花展」令和4年1/29(土)〜1/30(日)

【高知】
絵金蔵,☆企画展「フラフができるまで」〜6/27(日)(旗)
香美市立美術館,☆第91回企画展「タカハシユミコ布絵展 第二章 布絵のつづき」〜6/27(日)

【福岡】
出光美術館(門司),☆「茶の湯の美」〜6/6(日)
北九州市立美術館,☆「ザ・フィンランドデザイン展ー自然が宿るライフスタイルー」6/26(土)〜8/29(日)
北九州市立美術館分館
 ☆「茶の湯の美」〜6/6(日)
 ☆「「好き」を形にする。フィギュアの世界」9/18(土)〜10/31(日)
 ☆「西日本工業大学 デザイン学部 卒業制作優秀作品展」令和4年3/5(土)〜3/13(日)
福岡市美術館,☆特別展「没後50年 電力王・松永安左エ門の茶」10/9(土)〜11/21(日)
三菱地所アルティアム,☆「ANREALAGE展(仮題)」5/22(土)〜7/4(日)ファッション

【鹿児島】
薩摩川内市川内歴史資料館
 ☆トピック展示「見てみよう!八橋蒔絵螺鈿硯箱(模作)」〜6/27(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12992] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/06/02(Wed) 22:46:22

 開催中から、これから開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【群馬】
群馬県立日本絹の里
 ☆特別展「友禅作家 永井與子展 〜 悠久の時を超えて〜 着物から染絵に」〜7/12(月)
高崎市染料植物園
 ☆令和3年度企画展「赤の力Part1 赤は火の色・生命の色〜赤い色に願いを込めて〜」6/5(土)〜7/18(日)
高崎シティギャラリー
 ☆第3展示室「フェラーリ木製モデラ― 山田健二の世界」6/24(木)〜6/30(水)
 ☆第1展示室 第20回「群馬工芸美術展」7/30(金)〜8/4(水)

【東京】
ポーラミュージアムアネックス,☆「絵を纏うー若槻せつ子「打掛」コレクション−」6/4(金)〜6/27(日)

【新潟】
雪梁舎美術館
 ☆「新潟県伝統工芸作家展」11/20(土)〜12/26(日)
 ☆ 第16回「新潟県伝統工芸展〈公募〉」11/20(土)〜12/26(日)
新潟県立自然科学館
 ☆展示「NIIGATA TECHNO CUBE」第6期「伝統的工芸品 ―LONG LIFEのワザとカタチ ―」〜令和4年頃3月末頃
新潟市新津美術館,☆創業200周年記念「フィンレイソン展」6/26(土)〜8/29(日)
新潟県立近代美術館
 ☆企画展「御大典記念 特別展 よみがえる正倉院宝物―再現模造にみる天平の技ー」7/3(土) 〜8/29(日)

【富山】
富山市佐藤記念美術館,☆企画展「茶の湯のたのしみ」〜7/4(日)
高岡市美術館
 ☆「コレクションにみる 高岡の金工・漆芸」〜6/6(日)
 ☆「日本工芸会富山支部60周年記念 日本伝統工芸富山展」〜6/6(日)

【石川】
石川県銭屋五兵衛記念館
 ☆「クラフトサークル我逢人 第13回押し花アート作品展」6/1(火)〜6/30(水)
 ☆「島田陽子ミニチュアドールハウス展」8/1(日)〜9/30(木)
 ☆「塚野良平 竹細工展」8/2(月)〜8/31(火)

【京都】
茶道資料館,☆令和3年 春季特別展「又玄斎一燈とその時代」〜7/5(月)
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
 ☆第15回「村野藤吾建築設計図展 村野藤吾によるリノベーションの作法」〜6/5(土)
京都伝統産業ミュージアム
 ☆特別企画展「Space Mounting |スペース・マウンティング」6/12(土)〜8/29(日)
千總ギャラリー,☆色を巡る Narrative of colors  第3期 「あお」〜8/22(日)
清水三年坂美術館
 ☆「蒔絵の名品」〜8/1(日)
 ☆「絢爛たる刀装具 石黒派」8/7(土)〜10/24(日)
角屋もてなしの文化美術館,☆令和3年春季企画展「角屋の螺鈿展」〜7/18(日)

【大阪】
湯木美術館
 ☆令和3年春季展「わび茶の継承と普及−利休のわび茶を深化させた千宗旦と
       茶の湯を通じて交わった人々ー」〜6/27(日)
【兵庫】
六甲オルゴールミュージアム,☆特別展「からくり人形〜麗しきオートマタの世界〜」〜7/14(水)

【山口】
山口県立美術館,☆特別企画「山口の甲冑・武具」〜6/13(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13011] 【東京】国立近代美術館/隈研吾展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/06/27(Sun) 10:50:37

 竹橋の東京国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=13で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則」〜9/26(日)
    月曜日(ただし7/26、8/2、9、30、9/20は開館)8/10(火)、9/21(火)
    開館時間:午前10時〜午後5時(当面、金土は8時まで)オンラインでの事前予約をお勧め
    入館料金:一般1300円 大学生800円
      高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料

 東京オリンピック/パラリンピックのメイン会場《国立競技場》の設計など、現代日本を代表する建築家の一人、
米TIME誌にて「2019年世界で訪れるべき最も素晴らしい場所100選」に選ばれた《V&Aダンディー》も設計した隈研吾(1954-)。本展では、世界各国に点在する隈作品の中から公共性の高い68件の建築を、隈が考える5原則「孔」「粒子」「斜め」「やわらかい」「時間」に分類し、建築模型や写真やモックアップ(部分の原寸模型)により紹介。その他、映像作品、前庭に展示されるトレーラーハウスを合わせ、合計74件で隈の世界を紹介。
展示デザインは全て隈研吾建築都市設計事務所。

1. 「人が集まる場所」のための隈独自の方法論を、5原則の形で抽出 第1会場
 隈自身が選んだ公共性が高い建築68件を、時系列ではなく、「孔」「粒子」「斜め」「やわらかい」「時間」の5原則に分類して紹介
2. 先端技術を用いた体験展示
 高知県梼原ゆすはらにある6つの隈建築 × 瀧本幹也(+坂本龍一) 第1会場
 スコットランドにできた博物館《V&Aダンディー》 × タイムラプス映像 第1会場
 富山市民に人気の図書館・美術館・銀行の複合施設《TOYAMAキラリ》 × 360度VR 第2会場  
    体験時間は約7分、30分ごとの入れ替え制(各回定員4名)
    1階インフォメーションカウンターで当日分整理券を先着順配布、中学生以上(中学生は保護者の同伴要)
3. クマは思う、都市の未来はネコに学べ、と 第2会場
    隈研吾×Takram 東京計画2020:ネコちゃん建築の5656原則 2020
4. 各地の市民に協力出演してもらった映像 第1会場 第2会場
   藤井光が市民ボランティアやNPOの協力を得て長岡市役所《アオーレ長岡》の日常をドキュメンタリータッチ
   津田道子は南三陸町と熊本市で、隈建築の施主や利用者のインタビューを撮影
5. 《国立競技場》のスタディ模型と照明
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13017] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/07/03(Sat) 23:07:51

 開催中から、これから開催の工芸やファッション・インテリア・建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
【青森】
鷹山宇一記念美術館,☆「キャシー中島 愛を綴るキルト展」〜7/18(日)

【岩手】
もりおか啄木・賢治青春館
 ☆第91回企画展「幾何学が拓く新しい折紙の世界展」7/22(木・祝)〜10/10(日)
岩手町立 石神の丘美術館,☆企画ギャラリ−「MIRRORBOWLER展」〜8/29(日)

【宮城】
宮城県慶長使節船ミュージアム(サン・ファン館)
 ☆企画展「匠―復元船サン・ファン・バウティスタ号をつくったふたり―」〜7/26(月)

【秋田】
秋田ふるさと村秋田県立近代美術館
 ☆特別展「カラクリ展 動くしくみが丸わかり」6/26(土)〜9/5(日)
 ☆2021コレクション展第2期「美のしくみ〜工芸セレクションほか〜」〜10/11(月)

【東京】
伝統工芸青山スクエア,☆「新指定おひろめ展」〜 7/8(木)
日本建築学会建築博物館
 ☆建築文化週間2021学生グランプリ「銀茶会の茶席」 8/4(水)〜8/12(木)
 ☆第27回「建築家たちのスケッチ展2021」9/1(水)〜9/8(水)
 ☆「JARA建築ヴィジュアライゼーション展2021」9/19(日)〜9/27(月)
根津美術館,☆企画展「茶入と茶碗『大正名器鑑』の世界」〜7/11(日)
中村屋サロン美術館
 ☆中村屋サロン アーティストリレー第3回 布施知子 展「折り紙、その向こうへ」〜7/25(日)
たばこと塩の博物館,☆特別展「杉浦非水 時代をひらくデザイン」9/11(土)〜11/14(日)
O美術館,☆「原宿キルトの会 私のお気に入りキルト展」12/4(土)〜12/8(水)
ホテル雅叙園東京 百段階段
 ☆アートイルミネーション 和のあかり×百段階段2021
     「ニッポンのあかり、未来のひかり」7/3(土)〜9/26(日)
文化学園服飾博物館
 ☆公益社団法人京都染織文化協会創立80周年記念
   「再現 女性の服装1500年 −京都の染織技術の粋−」7/15(木)〜9/28(火)
明治神宮ミュージアム,☆「ご宝物に宿るいのち」7/10(土)〜9/26(日)
板橋区立美術館
 ☆「つくる・つながる・ポール・コックス展」11/20(土)〜令和4年1/10(月・祝)

【京都】
表千家北山会館,☆「千家十職展」7/9(金)〜8/10(火)
茶道資料館
 ☆令和3年 2階小展示「夏の小さな展示室〜裏千家をまなぶ〜」7/13(火)〜9/2(木)
 ☆秋季展 「製茶図と口切の茶事」(仮称)9/15(水)〜12/5(日)
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
 ☆企画展「キモノからインテリアへ−住空間を彩った機械捺染」〜7/10(土)
泉屋博古館,☆特別展「ゆかた 浴衣 YUKATA すずしさのデザイン、いまむかし」〜7/19(日)
京都産業大学むすびわざ館ギャラリー
 ☆第22回企画展「京都の庭を守ったひとたちー森蘊と法金剛院ー」〜7/17(土)
美山かやぶき美術館・郷土資料館,☆「飯森よしえ 染.織 展」10/19(火)〜11/23(火.祝)
アサヒビール大山崎山荘美術館,☆「和巧絶佳展 ー令和時代の超工芸」9/18(土)〜12/5(日)

【大阪】
大阪市立住まいのミュージアム
 ☆2021年度「建築設計展
   第62回全国大学・高専卒業設計展示会」7/1(木)〜7/4(日)
 ☆「掌(てのひら)の建築展― 橋爪紳也+遠藤秀平 建築ミニチュアコレクション」7/10(土)〜8/29(日)
湯木美術館,☆令和3年夏季展「茶道具の由緒・伝来と箱書」7/3(土)〜8/9(月・振)
堺市博物館
 ☆企画展「堺敷物ものがたり−天保二年、堺緞通からはじまった−」7/17(土)〜10/3(日)
大阪日本民芸館,☆2021年春季特別展「型絵染 三代澤本寿」〜8/1(日)<会期延長>
高槻市立しろあと歴史館,☆第45回企画展「日本の伝統文様」7/10(土)〜8/31(火)
パナソニックミュージアム
 ☆ものづくりイズム館「Discover “ものづくりイズム”」〜9/4(土)<会期延長>
東大阪市民美術センター
 ☆特別展「つちやあゆみの世界 ー 歯車と音の遊園地 ー」7/24(土)〜8/29(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13038] 【東京】文化庁 国立近現代建築資料館/丹下健三 1938-1970 戦前からオリンピック・万博まで 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/07/31(Sat) 22:32:29

 旧岩崎家庭園に隣接した文化庁 国立近現代建築資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=124 ではオリンピックに関連した展覧会を開催中です。 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「丹下健三 1938-1970 戦前からオリンピック・万博まで」〜10/10(日)
      会期中無休
      午前10時〜午後4時30分
      展覧会のみ観覧は、湯島合同庁舎正門より、平日のみ、無料
      都立旧岩崎邸庭園と同時観覧の場合は庭園から入場可、ただし庭園の入園料400円が必要

 1964年の東京オリンピック、そして1970年日本万国博物館(大阪万博)の双方で主導的な役割を果たした建築家・丹下健三に関する建築資料の所在調査を活かし、丹下の卒業設計から東京オリンピック、大阪万博に至る足跡を辿る展覧会。広島平和記念公園及び記念館や国立代々木競技場などのナショナルプロジェクトや、これまで紹介されてこなかった自邸の増築案、構造資料といった建築資料を交えて丹下健三の前半生を回顧・検証。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13039] 【大阪】造幣博物館/オリンピック・パラリンピック記念貨幣展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/07/31(Sat) 22:33:11

 大阪・天満橋の造幣博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=36
で開催中のオリンピック関連の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「オリンピック・パラリンピック記念貨幣展〜東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念〜」〜9/12(日)
     第3水曜のみ休館(会期中、土日祝も開館)
     午前9時〜午後4時45分(入館は4時まで)
     入館無料

 造幣局本局(大阪府)、さいたま支局(埼玉県)、広島支局(広島県)の各局において、「オリンピック・パラリンピック記念貨幣展」 〜東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会記念〜 を開催今回の東京オリンピック・パラリンピック記念貨幣及び1964年に行われた東京オリンピック記念貨幣などの他、オリンピックの歴史についてなどの展示。

【造幣さいたま博物館(さいたま支局)】〜9/12(日(休館日:8/25(水))
【造幣展示室(広島支局)】〜9/10(金)(休館日:土日祝)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13094] 【大阪】造幣博物館:オリンピック・パラリンピック記念貨幣展 行きました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/13(Fri) 19:15:12

 既にオリンピックが閉幕してしまいましたが、開催中の8/4(水)に、大阪・天満橋の造幣博物館で「オリンピック・パラリンピック記念貨幣展」を見に行っています。

 小中学生時代の遠い記憶はないのですが、近年はたずねたことがありませんでしたので、その敷地も含めて新鮮でした。いや、とんでもなく暑い日でしたので、天満橋駅側から行くと、敷地の南端は閉門されているので、北側の正門から入るのにほんとにしんどかった。もっとも、未発行のものも含め「貨幣」だらけの場所ですからね、警備も尋常では無いはずです。しかし、明治の「殖産興業」時代を彷彿とさせる建築を満喫することは出来ます。(常設展示で、そのことも充分解説されています)

 3階で造幣局創立や当時の設備・機械等の展示のあと、貨幣の歴史、世界の貨幣、というところにつながります。この辺は、尼信博物館でも堪能したところなので物珍しくないのですが、さすがに造幣局だけに、日本の全てのオリンピック・パラリンピックの記念硬貨のみならず、メダルも見られたこと。また、記念硬貨と言えば1964の東京オリンピックに100円1000円が初めて発行され(自身は100円しか持っていないが)その後のオリンピックや万博で発行されたものを、親が銀行や郵便局に「交換」に行っていたのを覚えて居るぐらい。昨今、こんなにたくさんの記念硬貨が出され、品位や種類も様々なことを知りました。オリンピックだと、種目別の絵柄とか多数有るんですよね。コレクターズ・アイテムになっているから、当初から額面通りの定価販売ではなかったりするんですよね。(価格の表示はありませんでしたが)

 あとは材質に注目しましたが、銀とニッケルなどの「白銅」が多く登場し、銀は92.5%でほぼ純銀として扱われることも知りました。長野オリンピックのメダルのみで使われていた「丹銅」という銅と亜鉛の合金、というのにちょっと着目です。
 また、メダルにも記念貨幣にも、最近は一部に着色したり、これも長野オリンピックのメダルに「蒔絵」手法まで使われている、金属を越えた技術にも驚きました。オリンピックのメダルや記念貨幣って世界にも注目される技術見本なんだ、という感覚もあります。
 この展示は9/12まで、暑さ、大雨を避けて観覧下さい。

                    明日香 光二/馬場 英明


  [No.13040] 【兵庫】県立美術館/フィンランド−建築・デザインの神話 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/07/31(Sat) 22:35:14

 阪神岩屋の兵庫県立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=28で開催中の建築の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド−建築・デザインの神話」〜8/29(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    午前10時〜午後6時(金土は8時まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般1600円 大学生1200円 70歳以上800円 障がいのある方(一般)400円(大学生)300円

 フィンランドモダニズム建築家アルヴァ・アアルト(1898-1976)と妻アイノ(1894-1949)は、仕事の上でも良きパートナーとして、「日常の暮らしにこそデザイン画必要である」との思いで、フィンランドの自然から着想を得たシンプルかつ機能的な生活空間の創造した。自然のモチーフを取り入れた建築設計、家具、グラスウェアのデザインなどの名品を紹介。

学芸員による解説会:8/14(土)午後4時〜45分 レクチャールームにて、先着50名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13041] 【広島】ふくやま美術館/瀧光夫と福山ゆかりの建築家展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/07/31(Sat) 23:19:39

 ふくやま美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=34&c=44
で開催中の建築の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「築城400年プレ事業2 瀧光夫と福山ゆかりの建築家展」&#8203;〜8/29(日)
  月曜休館 (8/9(月・休)は開館、8/10(火)は休館)&#8203;
  入館料金:一般1000円 高校生以下無料

 福山の豊穣な文化形成に寄与した建築家・瀧光夫(1936−2016)は、尾道市の向島で生まれ、福山誠之館高等学校から京都大学工学部建築学科に進み、ニューヨークのコロンビア大学大学院に留学、最前線のモダニズム建築にも触れ、欧米の庭園を研究。自身の設計事務所を設立した瀧は、大阪を拠点に造園学者・中村一との協同などにより、全国各地の温室や植物園を手がけ、環境デザインの世界を先駆的に切り拓いた。福山大学で1993年から2009年まで工学部建築学科教授を務め、主な作品約10件が福山市内を中心として広島県内に残される。緑と建築の対話を大切にする独自の作風を築いた瀧光夫の生涯の仕事を作品・資料によってめぐり、福山ゆかりの建築家(武田五一、田辺淳吉、藤井厚二、増田友也)についても紹介。
《大阪府服部緑地都市緑化植物園 花と緑の相談所》1984年 
《愛知県緑化センター》1975年
《古今伝授の里フィールドミュージアム 交流館「ももちどり」》1993年
《瀬戸内海》2004年 
《にしき堂本社ビル 外観パース》1985年
《千田西保育所 鳥瞰図(検討案)》2005年
《手》スケッチ

記念講演会:8/15(日)午前11時〜、1階ホール、定員100名(先着順・無料)
「瀧光夫が切り拓いた環境デザインの世界」松隈洋氏(京都工芸繊維大学教授)

学芸員によるギャラリートーク:8/8(日)8/22(日)事前予約不要
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13042] 【大阪】暮らしの今昔館/橋爪紳也+遠藤秀平 建築ミニチュアコレクション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/07/31(Sat) 23:20:16

 天神橋筋六丁目の大阪市立住まいのミュージアム(大阪暮らしの今昔館)http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=33で開催中の展示を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展示「掌(てのひら)の建築展―橋爪紳也+遠藤秀平 建築ミニチュアコレクション―」〜8/29(日)
     火曜休館(祝日を除く)
     入館料金:企画展のみ300円
          常設展+企画展 一般800円(団体700円)
           高大生300円
           中学生以下、障がい者手帳等持参者(介護者1名含む)
           大阪市内在住の65歳以上の方は無料

 本展では、世界中の建築ミニチュアを展示し、世界旅行の気分を楽しみ、写真家川村憲太氏と橋爪紳也氏のコラボレーションによる写真展「ミニチュア・ワンダーランド」を併催し、掌サイズの建築ミニチュアと巨大な都市空間や自然の景色とを組合せた作品をむ楽しむ。
  フィレンツェ大聖堂
  サンマルコ広場
  タワーシリーズ
  ミラノのドゥオーモ など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13048] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/07/31(Sat) 23:26:30

 開催中から、これから開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。ただし、入場制限、予約制や開催日の変更など、各館の個別情報には十分ご注意ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【群馬】
大隅俊平美術館,☆「夏の刀剣展示」〜9/26(日)

【東京】
ちばぎんひまわりギャラリー,☆「佐藤 和美展 パッチワークキルト」10/12(火)〜10/24(日)
文化庁 国立近現代建築資料館,☆「丹下健三 戦前からオリンピック・万博まで1938〜1970」〜10/10(日)
東京藝術大学 大学美術館,☆「うるしのかたち展2021 -Forms of urushi-」8/14(土)〜8/27(金)
ヒルサイドフォーラム,☆「Enriched Simplicity 日本の様式に影響を受けたデンマーク建築」〜8/8(日)
澤乃井 櫛かんざし美術館
 ☆「矢立展」〜8/9(月)
 ☆「着物リメイク展」〜9/5(日)
調布市武者小路実篤記念館,☆企画展「形を楽しむ 彫刻・木工・陶磁器」令和4年1/22(土)〜2/27(日)
清瀬市郷土博物館,☆企画展「はたおり伝承の会作品展」令和4年3/5(土)〜3/13(日) 

【神奈川】
岩崎博物館(ゲーテ座記念)
 ☆第458回企画展「山口小夜子さんの散歩道」8/13(金)〜9/5(日)
 ☆第459回企画展「横浜芝山漆器展」9/8(水)〜9/20(月・祝)
神奈川県民ホールギャラリー,☆「日本刺繍 しおんの会 作品展」10/5(火)〜10/10(日) 
シルク博物館,☆秋の特別展第26回「全国染織作品展」10/23(土)〜11/28(日)
横浜人形の家
 ☆企画展「アンティークドール×現代創作人形」〜10/10(日)
 ☆ミニ展示「ファッションドールmomokoと振り返る2000年代」8/17(火) 〜10/10(日)
 ☆企画展「ペコちゃんと横濱」10/23(土)〜令和4年1/23(日)
 ☆横浜人形の家コレクション「市松人形展」〜令和4年3/27(日)
横浜市歴史博物館,☆「布 うつくしき日本の手仕事」〜9/20(月・祝)

【新潟】
柏崎市立博物館
 ☆令和3(2021)年度夏季収蔵美術品展「親子で楽しむ収蔵美術品展
   自由でおもしろい!品川工の世界」〜8/22(日)
【富山】
砺波市美術館
 ☆常設展示「工芸の秀作 館蔵品展」11/13(土)〜12/26(日)
 ☆常設展示「工芸の秀作 館蔵品展」令和4年1/6(土)〜2/27(日)

【石川】
石川県立伝統産業工芸館,☆「きもちとかたち」「Metal-works 奥深き金属工芸」〜8/23(月)
石川県立美術館
 ☆企画展「加賀百万石文武の誉れ―歴史と継承―」〜8/8(日・祝)
 ☆尊経閣文庫分館 前田育徳会「前田家歴代藩主の甲冑・陣羽織と加賀象嵌鎧I」〜8/8(日・祝)
 ☆古美術「琳派コレクションII―宗達・宗雪・光琳・乾山―」〜8/8(日・祝)
 ☆特別陳列 夏休み親子で楽しむ美術館「はじめての工芸」〜8/8(日・祝)
 ☆絵画・彫刻「ひとのからだ−身体をめぐる表現−」「優品選」〜8/8(日・祝)
 ☆企画展 ブダペスト国立工芸美術館名品選「ジャポニスムからアール・ヌーヴォーへ」8/15(日)〜9/12(日)
 ☆尊経閣文庫分館 前田育徳会「近代の美術」8/12(木)〜9/12(日)
 ☆古美術「古九谷と再興九谷I」8/12(木)〜9/12(日)
 ☆特別陳列 夏休み親子で楽しむ美術館「はじめての工芸」8/12(木)〜9/12(日)
 ☆彫刻「木村珪二」絵画・彫刻「優品選」8/12(木)〜9/12(日)
 ☆企画展「オールドノリタケ×若林コレクション アールヌーヴォーからアールデコに咲いたデザイン」9/18(土)〜10/17(日)
 ☆尊経閣文庫分館 前田育徳会 特別陳列「百工比照」9/18(土)〜10/17(日)
 ☆絵画・彫刻「優品選」9/18(土)〜10/17(日)
 ☆第68回「日本伝統工芸展金沢展」10/23(土)〜11/3(水・祝)
 ☆企画展「うるはしきもの めでたきわざ」11/7(日)〜12/5(日)
 ☆工芸「優品選」10/23(土)〜12/5(日)
 ☆絵画・彫刻「優品選」10/23(土)〜12/5(日)
石川県立歴史博物館,☆令和3年度 夏季特別展「大加州刀展」〜9/12(日)
金沢くらしの博物館(旧:金沢市民俗文化財展示館),☆企画展「風呂敷の魅力」〜8/29(日)
金沢市立安江金箔工芸館,☆夏季展「ガラスと金箔−夏の美術工芸−」〜9/26(日)
歴史博物館・重要文化財 成巽閣,☆企画展「前田家伝来 夏衣裳と調度展展」〜9/27(月)

【福井】
福井市愛宕坂茶道美術館,☆企画展「侘びたり寂びたり」〜8/29(日)
福井県立若狭歴史博物館
 ☆嶺南美術展「夏休みは博物館で昆虫採集!ースカラベからフィギュアまでー」〜8/31(火)
越前和紙の里 紙の文化博物館
 ☆「百花繚乱ー越前和紙、芸術家たちとの交流の証ー」〜8/30(月)
 ☆「神紙からの贈りもの 神と紙遊び展」〜9/27(月)

【山梨】
山梨県立宝石美術専門学校附属ジュエリーミュージアム
 ☆「第11回水晶彫刻若手作品展」8/7(土)〜9/6(月)
 ☆ 「JJAジュエリーデザインアワード2021」9/9(木)〜9/27(月)
 ☆ 「山梨の水晶工芸と装身具」10/2(土)〜10/25(月)
 ☆ 「山梨県立宝石美術専門学校40周年記念展」10/30(土)〜11/15(月)
都留市博物館「ミュージアム都留」,☆夏季企画展「将棋駒の美−掌中にある匠の技と心」〜9/19(日)

【長野】
市立岡谷美術考古館,☆特別企画展「山田孝太郎 FANTASIC WORKS」〜9/20(月・祝)
坂城町鉄の展示館,☆第11回新作日本刀研磨 外装 刀職技術展覧会「日本刀の匠たち」〜8/29(日)

【岐阜】
岐阜県博物館,☆令和3年度特別展 岐阜・鹿児島姉妹県盟約50周年記念「薩摩の陶と刀」〜9/26(日)

【静岡】
浜松市楽器博物館
 ☆ミニ展示「敦煌莫高窟壁画からの復元楽器〜世界最大の“古代音楽史の画廊”〜」〜8/24(火)
 ☆ミニ展示「移動楽器博物館」〜8/26(木)

【愛知】
桑山美術館,☆所蔵茶道具展「茶事へのいざない」9/4(土)〜12/5(日) 

【京都】
京都清宗根付館
 ☆根付特別企画「穏やかに安らかに〈安息への祈り〉展」8/1(日)〜8/31(火)
 ☆根付特別企画「感謝をささげて〈日本の祭り〉展」9/1(水)〜9/30(木)

【大阪】
造幣博物館,☆特別展「オリンピック・パラリンピック記念貨幣展」〜9/12(日)

【兵庫】
六甲オルゴールミュージアム,☆リニューアル企画「演奏家のいないコンサート“久石譲”」〜9/8(水)
神戸海洋博物館・カワサキワールド,☆「ボトルシップ作品展 会いに行ける帆船」〜8/29(日)
竹中大工道具館,☆「CLT―未来をつくる木のイノベーション Cross-Laminated Timber」〜9/20(月・祝)
兵庫県立美術館「芸術の館」
 ☆「アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランドー建築とデザインの神話ー」〜8/29(日)
日本玩具博物館,☆特別展「世界の船の造形」〜10/24(日)
酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)
 ☆夏季展「竹の魅力 再発見」〜9/5(日)
 ☆酒資料展示室「お酒でのぞくミクロな世界」〜9/5(日)9/18(土)〜11/23(火・祝)
西宮市大谷記念美術館,☆「プロダクトデザイナー・喜多俊之展」10/9(土)〜12/5(日)
日本・モンゴル民族博物館
 ☆第83回企画展「つなぐ-season2-つむぐ愉しみ・織る喜び〜空と草原の布〜」〜10/24(日)
あかりの鹿児資料館,☆「郷土玩具de動物園II」〜8/9(月・振)
川西市郷土館,☆企画展「デザインマンホール写真展」〜8/29(日)
兵庫陶芸美術館,☆特別展「ザ・フィンランドデザイン展−自然が宿るライフスタイル−」9/11(土)〜11/28(日)

【奈良】
平城宮跡資料館・遺構展示館
 ☆令和3年度夏期企画展「奈良を測るー森蘊の庭園研究と作庭ー」8/7(土)〜9/12(日)

【和歌山】
熊野古道なかへち美術館,☆特別展「現代の織5 中野恵美子」〜9/12(日)染織

【鳥取】
鳥取市あおや郷土館,☆「WASHI×ART 和紙想いをカタチに モロヨシ ヨウコ」〜8/22(日)
渡辺美術館,☆企画展「岡野元房&渡辺美術館 侍ジャポニスム(Samurai Japonisme)」〜8/29(日)

【島根】
砂博物館 仁摩サンドミュージアム,☆夏の企画展「砂の旋律〜サンドピクチャーワールド〜」〜8/29(日)
今井美術館,☆「 人形作家高橋まゆみ 写真パネル展 」〜8/6(金)<内容・日程変更>

【岡山】
新見市法曽陶芸館 (猪風来美術館),☆むらかみよしこタペストリー展「生命(いのち)のらせんよ 永遠(とわ)に」〜8/29(日)

【広島】
頼山陽史跡資料館,☆企画展「名刀に挑む!刀匠三上貞直の軌跡」〜9/5(日)
呉市立美術館,☆コレクション展第1期「絵画の中の動と静」〜9/5(日)
耕三寺博物館,☆館蔵品展「茶道具展」9/18(土)〜12/5(日)
ふくやま美術館,☆築城400年プレ事業II「瀧光夫と福山ゆかりの建築家展」〜8/29(日)
奥田元宋・小由女美術館,☆「シルバニアファミリー展」〜9/5(日)
辻村寿三郎人形館
 ☆令和三年度 前期企画展「二代目辻村寿三郎 襲名記念
  初代・二代目 辻村寿三郎作 阿久利姫」〜9/26(日)
八千代の丘美術館,☆企画展「田川幸義デザイン展」〜8/30(月)

【山口】
下関市烏山民俗資料館
 ☆企画展「カラスヤマの郷土玩具コレクション」〜10/19(火)
 ☆所蔵品展「とようら地域のわら細工」〜10/12(火)
山口県立萩美術館・浦上記念館,☆[茶室]「和田 的 CONTRASTー光と陰ー」〜令和4年3/27(日)

【高知】
いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館)
 ☆第35回「紙とあそぼう作品展」〜8/15(日)
 ☆「吉川染工房の仕事と絵金展」8/3(火)〜8/29(日)
 ☆「小倉百人一首」〜8/15(日)
海洋堂ホビー館四万十,☆企画展「海洋堂ウルトラマンフィギュア展」〜令和4年5/30(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13072] 【工芸建築】夏の展覧会追加紹介 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/09(Mon) 20:18:49

 夏休み期間に開催中、もしくば開会されるもので、今月初のほっとミュージアム改訂時には紹介しきれなかった工芸や建築など企画を、これから在来のツリーに紹介します。お住まいの近くで過ごしてみたいミュージアムを見つける参考にして下さい。

 ただし一定期間まだ休館が続く館や、完全日時指定制や時間帯別の人数制限、入場者の地域制限などが行われている館・企画があります。開催日や、開館時間の変更が行われたり、今後の感染状況により状況が変わることも考えられます。タイムリーな各館の個別情報に注意されながら、訪問計画をお立て下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
札幌芸術の森,☆工芸館「クラフトギャラリー VEST POCKET ー夏ー」〜9/26(日)
中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー
 ☆チェアーズギャラリー「人はそれぞれ、椅子もそれぞれ、かけ心地もまたそれぞれ展」〜9/5 (日)
アートホール東洲館,☆市民ギャラリー「切り絵サークル紙ふうせん展」8/18(水)〜8/31(火)

【山形】
天童市美術館,☆「寄贈記念 中川哲哉工芸展」〜9/12(日)漆芸

【福島】
福島県立博物館,☆テーマ展「美しき刃たち 〜いわき編」〜8/29(日)

【栃木】
ホンダコレクションホール,☆「F1とともに進化した市販車展」〜 令和4年3/6(日)

【群馬】
高崎市染料植物園,☆収蔵品展「草木染の美 夏から秋へ」〜10/3(日)

【埼玉】
春日部市郷土資料館
 ☆夏季展示(第64回)「語り出したらキリがない!桐のまち春日部展」〜9/5(日)

【東京】
伝統工芸青山スクエア,☆「東京手仕事展〜 寄り添う工芸。使う工芸。 〜」8/20(金)〜9/2(木)
印刷博物館
 ☆P&Pギャラリー「日本のパッケージ 縄文と弥生のデザイン遺伝子ー複雑とシンプル」〜10/3(日)
東京国立博物館,☆特集「岐阜県関市・春日神社の能狂言面」〜9/26(日)本館 14室
澤乃井 櫛かんざし美術館,☆「着物リメイク展」〜9/5(日)

【富山】
魚津歴史民俗博物館,☆企画展「館収蔵武具展」〜10/10(日)
南砺市立福光美術館
 ☆「Art Quilt 2021 郷家啓子のキルトの道&北陸のキルトリーダーたち」9/4(土)〜10/31(日)

【石川】
金沢市立中村記念美術館,☆コレクション展「工芸セレクションIV 花入がいっぱい」〜9/26(日)

【長野】
諏訪市美術館
 ☆令和3年度 諏訪市美術館 市制施行80周年記念企画展
    「彫漆家・小口正二─春はかならず来る─」〜9/26(日)
豪商の館 信州須坂 田中本家博物館,☆「きものと刃」9/11(土)〜12/12(日)
安曇野高橋節郎記念美術館,☆夏季展示「いろとりどり」〜9/14(火)

【岐阜】
岐阜市歴史博物館,☆特別展「近世能装束の世界 用の美−武家貴族の美意識」〜9/12(日)

【静岡】
浜松市楽器博物館,☆企画展「琵琶〜こころとかたちの物語〜」〜12/7(火)
平野美術館
 ☆特別展「渡辺おさむーお菓子の美術館にようこそー」〜8/15(日)
 ☆特別展「美しき装身具ー彩りを添える櫛かんざしー」8/28(土)〜10/17(日)
野坂オートマタ美術館
 ☆2021年 旧盆・年末年始企画展 「収穫」〜8/15(日)、12/29(水)〜令和4年1/3(月)
島田市博物館,☆令和3年度収蔵品展「ひそやかな恋心 髪飾りが語る淑女のあこがれ」〜10/3(日)
掛川市二の丸美術館
 ☆第49回「伝統工芸 日本金工展 鋳金・鍛金・彫金作家による全国の公募展」〜10/8(金)

【愛知】
半田空の科学館,☆夏の企画展「動きや音を楽しむ・樋口一成〜木のおもちゃ展〜」〜9/5(日)
北名古屋市歴史民俗資料館
 ☆企画展「ショウワ・レトロ・パターン・カタログ〜くらしを彩った模様・柄見本帖」〜9/26(日)

【三重】
桑名市博物館,☆「刀剣コレクションII−多度大社の宝刀−」〜8/29(日)
鈴鹿市考古博物館
 ☆夏季企画展「TEN−PYO collection−天平衣装の再現ー」〜8/31(火)

【滋賀】
彦根城博物館,☆テーマ展「茶道具の“い・ろ・は”」8/20(金)〜9/15(水)
曳山博物館,☆特別陳列 夏休み企画「いろんな生きもの大集合」〜8/27(金)
MIHO MUSEUM,☆夏季特別展「蒔絵の時代ー高台寺蒔絵と名工の誕生ー」〜8/22(日)
世界凧博物館 八日市大凧会館,☆「〜凧はやめられない〜 小野喜象の凧の世界」〜9/5(日)
東近江市能登川博物館,☆第138回企画展「たてタテよこヨコ ー糸から布へー」〜9/5(日) 
ゆうがくの郷 愛知川町びんてまりの館
 ☆企画展「安居智博作品展 紙のロボット「カミロボ」と日用品で作る人形たち」〜8/29(日)

【京都】
京都工芸繊維大学 美術工芸資料館
 ☆「岸和郎:時間の真実 Waro KISHI_TIME WILL TELL」〜9/11(土)建築
大西清右衛門美術館,☆令和3年企画展 「秋盡きぬ 茶ノ湯釜」 9/2(木)〜11/30(火)

【鳥取】
日南町美術館,☆特別展「高橋みのる 木のからくりおもちゃ展」〜9/5(日)

【岡山】
備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館
 ☆夏季特別展「武将・名家の品格ー受け継がれた刀剣ー」〜9/12(日)

【山口】
周南市郷土美術資料館・尾崎正章記念館,☆田村千晶作品展「微かな交信」〜8/22(日)工芸

【長崎】
東彼杵町歴史民俗資料館
 ☆「現代アート 押し花展〜コロナ禍の中で花からいやしを〜」〜8/29(日)

【熊本】
熊本県伝統工芸館
 ☆熊本が好きになるシリーズII「熊本の風景と工芸〜前を向く力に〜」〜8/29(日)
八代市立博物館未来の森ミュージアム
 ☆松井文庫I「茶の湯の世界〜松井家の茶道具名品選〜」〜9/5(日)

【大分】
大分県立美術館,☆竹工芸特集展示「此君礼賛−おおいた竹ものがたりvol.1」〜9/12(日)
臼杵市歴史資料館,☆「合せ貝の世界ー隼夘韻虜m蘢甘戞次廖チ9/20(月)

【宮崎】
都城島津邸・都城島津伝承館,☆島津伝承館企画展「武士と茶の湯」8/21(土)〜10/3(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13105] 【兵庫】竹中大工道具館/Cross-Laminated Timber―未来をつくる木のイノベーション 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/15(Sun) 20:02:48

 新神戸駅前の竹中大工道具館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=27で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「Cross-Laminated Timber―未来をつくる木のイノベーション」〜9/20(月・祝)
    月曜日(祝日の場合は翌日)休館
    入館料金:大人700円 高大生500円 中学生以下無料 65歳以上の方500円 

 CLT(Cross-Laminated Timber)とは、板を繊維方向が直交するように積層接着した木質系材料で、建築の構造材の他、土木用材、家具などにも使用される。1993 年頃からスイスを発祥に、世界中でさまざまな建築物に利用され、特に、木材特有の断熱性と壁式構造の特性をいかした戸建て住宅の他、中層建築物の共同住宅、高齢者福祉施設の居住部分、ホテルの客室などに用いられる。本展ではこの現代最先端の木造建設技術を紹介。

1 CLTってなに?
2 CLTの来た道〜スイスで始まったCLTの開発
3 CLT開発ものがたり〜日本のCLT開発を総覧
4 CLTを楽しもう!〜建築だけでないCLTの可能性
5 未来をつくる〜CLTの最先端事情
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13119] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/08/29(Sun) 13:52:35

 これから開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。あくまで8月じゅうに発表されている内容ですので、臨時休館の継続、開催日の延期・延長、入場制限、予約制やなど、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
江別市セラミックアートセンター
 ☆「宮竹眞澄・心のふる里人形展」10/5(火)〜10/24(日)
 ☆「えべつFUROSHIKIフェスティバル2021〜風呂敷デザインコンテスト〜」12/4(土)〜令和4年2/13(日)

【宮城】
宮城県美術館
 ☆「宮内庁三の丸尚蔵館所蔵 皇室の名品展 皇室の美―東北ゆかりの品々」9/18(土)〜11/7(日)
東北歴史博物館,☆テーマ展示 第2室「染めの型紙」〜12/5(日)

【山形】
山形県郷土館「文翔館」
 ☆「金藤はるみ刺しゅう展」9/17(金)〜9/23(木・祝)
 ☆「山形県高等学校総合文化祭 華道専門部 展示」10/8(金)〜10/10(日)
最上川美術館 真下慶治記念館
 ☆企画展「東沢バラ公園 秋の薔薇いけばな展」10/1(金)〜10/3(日)

【福島】
いわき市立美術館,☆「サーリネンとフィンランドの美しい建築」11/6(土)〜12/19(日)

【群馬】
群馬県立日本絹の里,☆特別展「大竹夏紀展 Mount Penglai」9/9(木)〜10/18(月)染色
高崎シティギャラリー
 ☆「繋ぐ、伝統の結び作品展」9/10(金)〜9/15(水)
 ☆「メルヘンと遊びの世界展24 見る・つなぐ・あそぶ」9/11(土)〜9/20(月・祝)
 ☆「会員の創作 盆栽展示」10/22(金)〜10/24(日)

【埼玉】
入間市博物館ALIT
 ☆「西陣美術織全国巡回展」9/9(木)〜9/12(日)
 ☆第14回「入間市工芸展」9/16(木)〜9/19(日)

【千葉】
いすみ市郷土資料館田園の美術館,☆「明治のきものII 夏 単衣と麻布と紺絣」〜10/17(日)

【東京】
東京国立近代美術館
 ☆企画展「柳宗悦没後60年記念展 民藝の100年」10/26(火)〜令和4年2/13(日)
三菱一号館美術館
 ☆「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」令和4年2/18(金) 〜5/15(日)
明治大学博物館,☆商品部門コラム展「インパクト大 大きな工芸品」〜10/27(水)
21_21 DESIGN SIGHT,☆企画展「ルール?展」〜11/28(日)<会期延長>
日本建築学会建築博物館,☆「建築文化週間2021」10/2(土)〜10/3(日)
根津美術館
 ☆企画展「文様のちからー造形に託された祈りー」令和4年1/8(土)〜2/13(日)
 ☆企画展「かたちのチカラー素材で魅せるー」令和4年2/26(土)〜3/31(木)
弥生美術館,☆「谷崎潤一郎ゆかりの着物展」10/2(土)〜平成4年1/23(日)
江東区中川船番所資料館,☆秋の釣具コーナー「ハゼ釣り竿」9/7(火)〜10/17(日)
東京都現代美術館
 ☆「TOKYO ART BOOK FAIR 2021」10/28(木)〜10/31(日)
 ☆「吉阪隆正展」令和4年3/19(土)〜6/19(日)建築
アクセサリーミュージアム,☆企画展42「IN〜ハンドバッグとその中身〜 」〜12/11(土)<会期延長>
渋谷区立松濤美術館
 ☆開館40周年記念「白井晟一 入門」第1部:10/23(土)〜12/12(日)
              第2部:令和4年1/4(火)〜1/30(日)

学習院大学史料館
 ☆令和3年度秋季特別展「ボンボニエールが紡ぐ物語」9/13(月)〜12/3(金)
荒川区立荒川ふるさと文化館,☆令和3年度第2期展示「あらかわの伝統工芸」〜9/8(水)
澤乃井 櫛かんざし美術館,☆「秋文様の髪飾り」〜10/24(日)
武蔵野美術大学美術資料図書館
 ☆「ART-BOOK: 絵画性と複製性ーMAU M&L貴重書コレクション × Lubokの試み」
    9/6(月)〜10/2(土) 10/18(月)〜11/13(土)
くにたち郷土文化館,☆秋季企画展「人間国宝 三浦小平二 旅と共に」10/9(土)〜11/21(日)

【神奈川】
横浜市民ギャラリーあざみ野,☆「モザイク展2021」9/8(水)〜9/20(月)
横浜市歴史博物館,☆ミニ展示「横浜彫刻家具〜Yokohama furniture〜」〜9/30(木)
鎌倉芸術館,☆ギャラリー1「建築家展」9/18(土) 〜9/20(月・祝)

【富山】
庄川水資料館 アクアなないろ館,☆「齊藤晴之 漆芸展」10/23(土)〜11/23(火・祝)

【長野】
飯田市川本喜八郎人形美術館,☆企画展「夢見る真夏のくるみ割り人形展」〜10/3(日)
小諸高原美術館
 ☆「日本のアートディレクション展2021」
  同時開催「2021長野ADC展」令和4年1/9(日)〜2/11(金・祝)
飯山市伝統産業会館・飯山市美術館,☆ギャラリー展「飯山仏壇を支えた仏師たち」〜9/12(日)

【岐阜】
岐阜県博物館
 ☆マイミュージアムギャラリー第5回展示「染織のいろ−美濃友禅の世界−」10/30(土)〜12/5(日)

【三重】
桑名市博物館
 ☆特集陳列「桑名ゆかりの洋画家」「刀剣コレクションIII」9/11(土)〜10/10(日)
 ☆春の企画展「刀剣幻想曲・再演」令和4年3/12(土)〜5/8(日)

【滋賀】
彦根城博物館
 ☆特別展「日本の刀装―刀かたなを飾かざる技わざと美び―」10/23(土)〜11/23(火・祝)
 ☆テーマ展「老を言祝ぐ―能の世界から―」令和4年1/1(土・祝)〜2/2(水)

【京都】
泉屋博古館,☆「泉屋ビエンナーレ2021 Re-sonation ひびきあう聲」9/11(土)〜12/12(日)鋳金
京都府京都文化博物館
 ☆創業200周年記念「フィンレイソン展―フィンランドの暮らしに愛され続けたテキスタイル」10/9(土) 〜11/10(月)
京都dddギャラリー
 ☆第230回企画展「SURVIVE - EIKO ISHIOKA /石岡瑛子 デザインはサバイブできるか 」10/16(土)〜12/18(土)
博物館さがの人形の家,☆秋季展「竹田人形展」9/11(土)〜12/12(日)

【大阪】
中之島香雪美術館,☆企画展「中国の漆器」12/11(土)〜令和4年2/22(水)
大阪日本民芸館
 ☆2021年秋季特別展「型絵染 三代澤本寿」9/4(土)〜12/14(日)
東大阪市民美術センター
 ☆第54回「東大阪市茶花道展」10/2(土)〜10/3(日)
 ☆「おりがみ展」10/20(水)〜10/24(日)

【兵庫】
兵庫県立美術館原田の森ギャラリー
 ☆「ルナ・フローラ展 2021ジュンコ人見のはなクラフト」9/15(水)〜9/19(日)
三木美術館
 ☆「日本の技と美ー文化勲章受章者作品展Iー1937年ー1978年」9/1(水)〜11/28(日)
兵庫県立円山川公苑美術館
 ☆「家具 草分みのる作品展―モダン・クラシック・アート―」〜10/10(日)
赤穂市立美術工芸館 田淵記念館,☆公開展示「新発見!赤穂緞通」〜9/27(月)

【兵庫】
兵庫県木の殿堂
 ☆第24回「森と木のクラフト展」9/4(土)〜10/3(日)
 ☆「森と木のクラフト展 受賞者作品展」10/9(土)〜11/7(日)
 ☆「ブルーグリッククラブ リース展」11/13(土)〜11/21(日)
 ☆「木の殿堂手作り教室作品展」11/27(土)〜令和4年3/31(木)

【奈良】
天理大学附属天理参考館
 ☆第88回企画展「きれいになりたい―櫛・簪・笄とお洒落―初公開百助コレクション」令和4年1/5(水)〜2/28(月)
藤岡家住宅,☆「植物の表象」10/1(金)〜12/19(日)
南都明日香ふれあいセンター 犬養万葉記念館
 ☆「明日香匠の会新春作品展」令和4年1/8(土)〜1/16(日)

【鳥取】
倉吉博物館・倉吉歴史民俗資料館
 ☆特別展「人間国宝・大坂弘道展〜正倉院宝物復元、そして最後の仕事〜」〜9/26(日)

【岡山】
岡山・吉兆庵美術館,☆「秋の景色と豊穣の美」9/3(金)〜11/14(日)
林原美術館,☆特別展「第15回 お守り刀展覧会」9/18(土)〜11/7(日)
備前おさふね刀剣の里 備前長船刀剣博物館,
 ☆特別展「吉備津彦神社と御神刀ー桃太郎伝説を伝える備前国一宮の御神宝ー」9/18(土)〜11/14(日)
 ☆テーマ展「刀身彫刻ー鏨に込める思い−」11/20(土)〜 令和4年1/16(日)
 ☆テーマ展「占いと刀剣」令和4年1/22(土)〜3/27(日)

【広島】
はつかいち美術ギャラリー,☆「三好幸二郎挽物木工展」11/17(水)〜11/21(日)

【香川】
香川県立ミュージアム
 ☆常設展示室4・5アートコレクション「生誕110年 明石朴景ー物語を紡ぐ、漆の世界」9/14(土)〜10/24(日)
 ☆常設展示室1「高松松平家と県立工芸学校」令和4年1/2(日)〜2/27(日)
 ☆第68回「日本伝統工芸展」令和4年1/2(日)〜1/16(日)

【高知】
いの町紙の博物館(土佐和紙伝統産業会館),☆「夾纈染和紙作品展」10/27(水)〜11/14(日)
四万十町立美術館,☆「アンデパンダン展(工芸の部)」令和4年1/29(土)〜3/11(金)

【熊本】
熊本県伝統工芸館
 ☆企画展「熊本県伝統工芸館・熊本國際民藝館交流展 民藝 ここちよい暮らし」9/7(火)〜10/3(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13145] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/10/02(Sat) 09:38:32

 これから開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。開催日の延期・延長、入場制限、予約制やなど、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【東京】
伝統工芸青山スクエア
 ☆「食と文化を彩る 堺打刃物の世界」10/1(金)〜10/14(木)
 ☆「錺アクセサリー 尾張仏具 野依克彦」10/22(金)〜10/28(木)
日本建築学会建築博物館
 ☆「アーキニアリング・デザイン展」11/4(木)〜11/11(木)
 ☆「広瀬鎌二建築展SH+第4回」 11/13(土)〜11/18(木)
 ☆「彩寿会 第18回秋季展2021」 11/26(金)〜12/3(金)
すみだ郷土文化資料館,☆常設展示 伝統工芸展「すみだ粋の世界」 〜10/31(日)

【石川】
金沢市立中村記念美術館,☆企画展「<はだ>と<わざ>」10/1(金)〜12/26(日)茶器
金沢市立安江金箔工芸館,☆特別展「金属工芸2021」10/16(土)〜12/5(日) 
魯山人寓居跡 いろは草庵,☆「自然礼賛 秋の訪れ」〜12/14(火)

【福井】
福井市愛宕坂茶道美術館,☆企画展「漆の茶道具」〜11/30(火)

【静岡】
ふじ・紙のアートミュージアム
 ☆第13回 紙のアートフェスティバル 2021「渋田薫展」〜12/12(日)

【愛知】
ヤマザキマザック美術館
 ☆松坂屋創業410周年・松坂屋美術館開館30周年記念「うつくしき和色の世界 ーKIMONO−」10/2(土)〜11/21(日)

【京都】
表千家北山会館
 ☆茶の湯への誘いー展「茶会への招待」第一期「秋声を聴く」〜10/16(土)
 ☆茶の湯への誘いー展「茶会への招待」第二期「炉を囲んで」10/22(金) 〜12/18(土)
高麗美術館,☆「MICROCOSMOS 螺鈿と象嵌の世界 展」〜12/7(火)
北村美術館,☆令和三年 秋季茶道具取合展「秋懐」〜12/5(日)
茶道資料館,☆令和3年秋季展「新茶を祝うー製茶から口切の茶事までー」〜12/5(日)<タイトル変更>
京都市京セラ美術館,☆開館1周年記念展「モダン建築の京都」〜12/26(日)
京都伝統産業ミュージアム
 ☆第23回「日本染織作家協会 関西支部染織展」10/29(金)〜10/31(日)
 ☆特別企画展「SHOKUNIN pass/path」11/6(土)〜令和4年1/23(日)
千總ギャラリー,☆「歩み始めた図案 Reviving Yuzen design」〜11/28(日)
角屋もてなしの文化美術館,☆企画展「角屋の螺鈿展」〜12/15(水)

【大阪】
高島屋史料館
 ☆高島屋創業190周年記念展「キモノ★ア・ラ・モード」
  [第I部] 「ウルチマ・モオダ」〜10/25(月)
  [第II部] 「ザ・キモノ・ライフ」11/6(土)〜12/20(月)
和泉市久保惣記念美術館
 ☆常設展「かがやく金銀細工―日本・中国の装飾具―」11/28(日)〜12/26(日)、令和4年1/5(水)〜1/23(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13167] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/10/31(Sun) 19:35:59

 これから開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。開催日の延期・延長、入場制限、予約制やなど、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【秋田】
角館樺細工伝承館,☆「樺細工館蔵品展」〜令和4年1/30(日)

【山形】
山形県郷土館「文翔館」
 ☆令和3年度企画展「やまがたの建築家と、文翔館をめぐる懐かしの街並み」11/3(水・祝)〜12/4(土)
山形県立博物館,☆令和3年度 プライム企画展「紅と藍 ―くらしを彩る― 」〜12/12(日)
最上徳内記念館,☆企画展「秋のごんじゅわーるど−実りの秋の感謝祭−」〜11/9(火)手芸

【茨城】
笠間日動美術館,☆「シルバニアファミリー展」〜12/19(日)

【東京】
文化庁 国立近現代建築資料館
 ☆令和3年度収蔵品展「「住まい」の構想 収蔵資料が物語る名作住宅(1940−1975)」12/7(火)〜令和4年3/6(日)
上野の森美術館,☆深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢。」12/2(木)〜令和4年1/31(月)
東京藝術大学 大学美術館,☆「上原利丸退任記念展 本友禅染の多様性と独自性」〜11/7(日)
杉野学園衣裳博物館,☆2021年度後期 館収蔵品展「刺繍−様々な装いにみる装飾−」〜令和4年1/31(月)
澤乃井 櫛かんざし美術館
 ☆「紅板・細かんざし展」〜12/19(日)
 ☆特別企画展「籐工芸教室ラタンドールが自然素材で創る〜編む・組む・巻くの世界展〜」〜11/28(日)

【神奈川】
そごう美術館,☆「寿(ことほ)ぎのきもの ジャパニーズ・ウェディング―日本の婚礼衣裳―」〜11/14(日)
川崎市岡本太郎美術館
 ☆企画展「戦後デザイン運動の原点 デザインコミッティーの人々とその軌跡」〜令和4年1/16(日)
岡田美術館,☆「The SAMURAI −サムライと美の世界−」〜令和4年2/27(日)

【新潟】
新潟市會津八一記念館
 ☆會津八一生誕140年 裏千家淡交会新潟支部創立70周年記念特別展
「會津八一と茶の湯の世界」〜12/12(日)

【石川】
石川県立伝統産業工芸館,☆「漆コレクション展FUKUI ISHIKAWA TOYAMA」〜11/8(月)

【福井】
越前和紙の里 紙の文化博物館  ,☆「神紙からの贈りもの 神と紙遊び展」〜12/20(月)

【山梨】
印傳博物館,☆「印傳の模様−季節を愛でる−」〜11/14(日)
河口湖音楽と森の美術館
 ☆「王侯貴族とシンギングバード 〜マリー・アントワネットが愛した鳥の歌声〜」〜12/26(日)
 ☆企画展「2021 クリスマス特別展示」11/15(月)〜12/26(日)
河口湖ミューズ館・与勇輝館,☆「ほのぼの」〜令和4年3/9(水)与 勇輝の人形

【長野】
北野美術館
 ☆2021北野美術館コレクション展III「故事・歴史を旅する 異邦を旅する」〜令和4年1/30(日)
須坂クラシック美術館,☆「上田紬とりんご染め〜小岩井紬工房展〜」〜11/10(水)
駒ヶ根シルクミュージアム,☆第57回特別展「第14回現代手織物クラフト公募展」〜11/28(日)

【岐阜】
多治見市モザイクタイルミュージアム
 ☆開館5周年企画展「藤森照信とモザイクタイルミュージアム」〜令和4年1/10(月・祝)
関市立篠田桃紅美術空間,☆第80回企画展「土屋順紀の美 展」〜11/23(火・祝)染織

【静岡】
MOA美術館,☆所蔵「茶の湯の道具」〜12/12(日)

【愛知】
松坂屋美術館
 ☆松坂屋創業410周年・松坂屋美術館開館30周年記念「うつくしき和色の世界 ーKIMONOー」 〜11/21(日)
豊田市民芸館,☆特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」(日本民藝館巡回展)〜令和4年1/30(日)

【京都】
泉屋博古館,☆「伝世の茶道具 珠玉の住友コレクション」11/6(土)〜12/12(日)
清水三年坂美術館,☆「煙管筒 装いの喫煙具」〜令和4年1/23(日)

【大阪】
大阪府立狭山池博物館
 ☆特別展示 令和3年度土木テーマ展「土木学会選奨土木遺産パネル展」11/6(土)〜11/28(日)

【兵庫】
神戸ファッション美術館,☆「ゆう風舎 キルトで蘇るハイジの世界展」11/23(火・祝)〜 11/28(日)
白鶴美術館,☆2021年秋季展 新館「アナトリア・コーカサスの絨毯―多様なメダリオン―」〜12/12(日)

【岡山】
日本郷土玩具館,☆中村裕子ジュエリークラフト展「ひろこの庭」11/16(火)〜11/21(日)

【鹿児島】
かごしま近代文学館
 ☆特別企画展「かごしま装丁展〜鹿児島出身の画家による装丁 鹿児島ゆかりの作家の装丁〜」〜11/29(月)
霧島アートの森
 ☆アートラボ 美術作家 平川渚「手編みの物語をあつめる」プロジェクト展「いとなみ」〜11/7(日)

【沖縄】
那覇市歴史博物館
 ☆特別展「白地の紅型衣裳/朱漆の漆器」〜 11/24(水)
 ☆特別展「朧型の紅型衣裳/朱漆の漆器」11/26(金) 〜 12/26(日)
 ☆特別展「松竹梅の紅型衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風/沈金・堆錦の漆器」令和4年1/7(金) 〜 2/2(水)
 ☆特別展「王国時代の冬衣裳/首里那覇鳥瞰図屏風/沈金・堆錦の漆器」令和4年2/4(金) 〜 3/2(水)
 ☆特別展「ドゥジンとカカン〜王国時代の女性衣裳/三線と工工四」令和4年3/4(金) 〜3/30(水)
浦添市美術館,☆令和3年度第2期常設展「レトロ・モダンな南国の華 ー近代沖縄の漆器たちー」〜令和4年1/28(金)
ひめゆり平和祈念資料館,☆ひめゆり平和研究所主催企画展「ひめゆりとハワイ」〜令和4年2/27(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13206] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/15(Mon) 19:53:50

 開催中もしくはまもなく開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。開催日の延期・延長、入場制限、予約制やなど、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【北海道】
北海道立オホーツク流氷科学センター,☆第7回「木の香り こがし絵展」〜12/9(木)

【群馬】
萩原朔太郎記念水と緑と詩のまち 前橋文学館
 ☆「ああ これはなんという美しい憂鬱だろう ムットーニのからくり文学館」〜令和4年1/16(日)
群馬県立日本絹の里,☆企画展「ちりめん創作人形展〜はなものがたり〜」〜12/13(月)
高崎市染料植物園
 ☆令和3年度 高崎市染料植物園企画展「赤の力Part2 紅板締め(べにいたじめ)ー高崎でよみがえった赤の技法」〜12/5(日)

【埼玉】
入間市博物館ALIT,☆企画展「文化を継承する埼玉の工芸作家 人間国宝の茶道具を中心に」〜12/5(日)

【千葉】
千葉県立美術館,☆令和3年度企画展「漆黒のモダン 漆芸家 佐治賢使展」〜令和4年1/16(日)
ふなばしアンデルセン公園子ども美術館,☆「アンデルセンの切り紙とコンクール入賞作品展」〜12/26(日)
塚本美術館,☆「備前長船を中心に九州から東北まで主な刀工を地域順に紹介」〜12/19(日)
千葉県立中央博物館 大多喜城分館,☆企画展「兜とカブト」〜12/5(日)

【東京】
伝統工芸青山スクエア
 ☆「江戸の粋 東京手描友禅 小倉貞右・隆」11/26(金)〜12/2(木)
 ☆「美の国あきたの職人技 秋田県伝統工芸品展」11/26(金)〜12/9(木)
日本建築学会建築博物館,☆「日本建築士会連合会 第1回建築作品賞」12/6(月)〜12/13(月)
紙の博物館,☆テーマ展「切紙(きりがみ)〜東北地方の正月飾りを中心に〜」12/4(土)〜令和4年2/27(日)
荒川区立荒川ふるさと文化館
 ☆令和3年度荒川ふるさと文化館企画展「江戸文字を描く 江戸のデザイン文字の魅力」〜12/5(日)

【神奈川】
横浜市歴史博物館,☆ミニ展示「横浜彫刻家具〜Yokohama furniture〜」〜12/26(日)

【長野】
高橋まゆみ人形館,☆秋のテーマ展「伝統を継ぐ人、継ぐもの」〜令和4年3/29(火)

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆「黒蕨安孝の能面世界」11/30(火) 〜12/5(日)
 ☆朝霧裕子 組みひも&飾り結びベネチアンビーズジュエリー展「ベネチア 光の翼」12/7(火) 〜12/12(日)

【滋賀】
愛荘町立歴史文化博物館,☆令和3年度秋季特別展「祭りの刺繍ー見送幕と職人の手仕事−」〜12/12(日)

【京都】
川島織物文化館
 ☆「挑戦をつづけた はじまりのモノづくり」〜令和4年6/30(木)
 ☆「スタッフが展示したかったアレコレ うちの玉手箱 一の巻」〜令和4年8/31(水)
京都大学総合博物館,☆2021年度企画展 「増田友也の建築世界─アーカイブズにみる思索の軌跡」〜12/12(日)
京都府立植物園,☆「草花アートボトル展」11/22(月)〜11/28(日)
 ☆「フラワーデザイン展」12/4(土)〜12/5(日)
京都清宗根付館,☆11月の根付展「秋の名品展」〜11/30 (火)
京都万華鏡ミュージアム 姉小路館,☆「AKJアート万華鏡展2021」11/16(火)〜11/21(日)
京都産業大学むすびわざ館ギャラリー,☆第23回企画展「能面面々ーきょうの能楽に寄りそう面打ー」〜12/18(土)
美山かやぶき美術館・郷土資料館
 ☆「季(とき)を紡ぎ草木で彩る 用と美を兼ねる
     〜飯森よしえと工房の仲間展〜」〜11/28(日)

【大阪】
造幣博物館
 ☆造幣局創業150周年記念特別展シリーズII期
   「龍が現れ、稲穂が実る〜お金のデザイン150年〜」〜12/19(日)
阪急うめだギャラリー,☆英国フェア2021「英国で愛されるテディベア」11/17(水)〜11/29(月)

【兵庫】
竹中大工道具館,☆「天平の匠に挑む 古代の知恵vs現代の技術」〜12/12(日)
赤穂市立有年考古館,☆企画展「染の形紙−紺屋・松岡家−」〜令和4年1/10(月・祝)
三木市立みき歴史資料館,☆企画展「地域の史料たち5〜三木の染め型紙〜」〜令和4年1/16(日)
川西市郷土館
 ☆秋の特別企画展II「創」「懐かしい昭和の風景〜わたべみちこ 創作人形展〜」〜12/5(日)
           「和の世界〜松尾洋湖 おし絵展〜」〜12/5(日)

【鳥取】
祐生出会いの館,☆企画展 創設150年記念 祐生コレクションに見る「郵便・近代通貨展」〜12/6(月)

【島根】
浜田市浜田郷土資料館
 ☆企画展「館蔵刀剣資料展〜心に語りかける日本刀の魅力〜」11/16(火)〜令和4年3/13(日)
浜田市世界こども美術館,☆企画展「音のなる木のアート展」〜令和4年1/10(月・祝)(土・日・祝&1/3 は予約制)

【岡山】
岡山県立美術館,☆第68回 令和3年度文化庁補助事業「日本伝統工芸展 岡山展」〜12/12(日)
倉敷民芸館
 ☆企画展「李朝の工芸」会期I:12/3(金)〜令和4年5/29(日)
          会期II:令和4年6/3(金)〜11/6(日) 

【広島】
頼山陽史跡資料館,☆企画展「ひろしま紙ものがたり」〜12/12(日)
辻村寿三郎人形館
 ☆令和三年度後期企画展
「二代目辻村寿三郎襲名記念 初代・二代目 辻村寿三郎作阿久利姫」〜令和4年4/3(日)

【福岡】
九州国立博物館,☆特集展示 琉球王国文化遺産集積・再興事業 巡回展
 「手わざー琉球王国の文化ー」〜12/12(日)

【熊本】
熊本県伝統工芸館
 ☆企画展「熊本県伝統工芸館・熊本國際民藝館交流展 民藝 ここちよい暮らし」〜11/28(日)<会期延長>
島田美術館,☆「赤穂事件×肥後熊本×新刀」〜12/26(日)
 ☆「内野敏子 水引のしごと展 1995-2021」11/25(木)〜11/29(月)
八代市立博物館未来の森ミュージアム,☆第一常設展示室(1階)「刀装の美II〜肥後鐔の魅力〜]〜12/5(日)

【大分】
アートプラザ,☆「アートプラザ U-40建築家展2021」11/16(火)〜11/22(月)
臼杵市歴史資料館,☆企画展示「不滅の豊後刀〜大友から臼杵藩の刀剣〜」【後期】11/18(木)〜12/20(月)

【沖縄】
首里城公園,☆「首里城美術工芸品 パネル展」〜12/10(金)首里杜館(すいむいかん)ビジターロビー
那覇市民ギャラリー,☆「琵琶湖より 六の風 染・織・陶作品展」11/30(火)〜12/5(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13222] 【京都】産業大学むすびわざ館ギャラリー/能面面々 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/17(Wed) 23:59:32

 JR丹波口駅に近い京都産業大学むすびわざ館ギャラリーhttp://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=86
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第23回企画展「能面面々ーきょうの能楽に寄りそう面打ー」〜12/18(土)
   日祝休館(11/28(日)は開館)   
   水曜日:午後1時〜14時30分  水曜日以外:午前10時〜午後4時30分(入館は4時まで)

 室町時代に観阿弥・世阿弥親子が京都の今熊野で3代将軍足利義満の前で演じて以来、京都には能楽の曲目となった場所や関連する史跡など、多くのゆかりの地がある。本展では、能楽の上演に不可欠な面に着目し、京都を中心に活躍している面打が手掛けた面とともに、京都が舞台となった能の曲目について紹介。


講演会:午後2〜3時30分、各回定員70名、要申込み(館サイトのフォームより)
(2)11/20(土)「霊力を遷す」見市 泰男 氏(面打)
(3)12/11(土)「表裏一体 演者からみる能面」林 宗一郎 氏(シテ方観世流能楽師)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13240] 【石川】谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館/「静けさの創造」−谷口吉生の建築をめぐる− 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/22(Mon) 21:18:53

 金沢市広小路の谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=17&c=36で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆第4回企画展「静けさの創造−谷口吉生の建築をめぐる−」〜令和4年5/29(日)
       月曜休館 (祝日の場合は翌日)
       入館料金:一般800円 大学生・65歳以上600円 高校生以下無料

 美術館の建築において、外部は敷地の自然の姿や歴史の痕跡を尊重することを条件とし、内部は展示の背景にふさわしい空間とすることなどを条件に、谷口吉生が設計した11の美術館に関しての展示。
  資生堂アートハウス(掛川市)
  土門拳記念館(酒田市)
  長野県立美術館東山魁夷館(長野市)
  丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(丸亀市)
  豊田市美術館(豊田市)
  東京国立博物館 法隆寺宝物館(東京都)
  香川県立東山魁夷せとうち美術館(坂出市)
  ニューヨーク近代美術館(ニューヨーク市)
  鈴木大拙館(金沢市)
  京都国立博物館 平成知新館(京都市)
  谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館(金沢市)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13252] 【兵庫】香雪美術館/茶の湯と工芸 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/26(Fri) 00:03:26

 阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3
で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆村山コレクション受贈記念展「『茶』〜茶の湯と工芸」〜12/19(日)
   月曜休館
   入館料金:一般700円 高大生450円 中学生以下無料

 茶の湯では、茶席を飾るものや使用するものを等しく「道具」と呼び、心を尽くした一服の茶を、主客がともに味わうための茶席には、掛物、花入、茶入、茶碗、香炉、釜、炭道具などの道具が必要になる。
 村山家旧蔵の日本・東洋の古美術、刀剣、茶道具のコレクションを、故 村山美知子氏(1920- 2020)より一括寄贈されたことを記念した展覧会をの最終となる今回第4弾で、茶の湯の道具として用いられる、陶磁器・漆器・木竹工・金工などの工芸作品約70点を紹介。
 重要美術品 祥啓 楼閣山水図 室町時代 15世紀
 景徳鎮窯 五彩雲谿文瓢形振出 中国・明時代 17世紀
 武野紹鴎 竹花入 室町時代 16世紀
 美濃 織部重扇手付鉢 桃山時代 17世紀
 野々村仁清 灰釉透彫桜花文鉢 江戸時代 17世紀 など

 香雪美術館(御影本館)は施設設備の改築工事に伴い、本展の終了後12/20(月)から当面の間休館。

スライドトーク:12/11(土) 午後2時より約30分(定員20名)当日先着順
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13258] 【工芸建築】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/28(Sun) 12:36:13

 開催中もしくは、年始に開催の工芸やファッション、インテリア、建築などの展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて訪問にご利用下さい。開催日が以前の発表から変更されているものもありますし、特記していないものも年末年始の休館があることにお気を付け下さい。また、入場制限、予約制のばあいがありますから、訪問時には必ずご確認下さい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【宮井】
カメイ美術館,☆特別展 令和の「新しい伝統こけし展」〜令和4年1/30(日)

【秋田】
秋田市立赤れんが郷土館
 ☆「CRAFT&DESIGN つなぐ−秋田の四季ー」〜令和4年1/16(日)
 ☆関谷四郎記念室常設展示「鍛金への想い 後期」〜令和4年4/17(日)

【山形】
最上徳内記念館,☆企画展「かたな展−剣先の美−」〜12/14(火)

【群馬】
群馬県立日本絹の里,☆特別展「齋藤定夫展 〜伊勢崎に機の音を鳴らし続ける〜」12/18(土)〜令和4年2/6(日)

【神奈川】
鎌倉・吉兆庵美術館
 ☆「わかると楽しい! 吉祥文」12/11(土)〜令和4年2/27(日)(年末年始休館12/29(水)〜1/4(火))

【石川】
石川県立美術館,☆近現代工芸「優品選II」12/9(木)〜 令和4年1/23(日)

【福井】
越前和紙の里 紙の文化博物館  ,☆「越前和紙で作ってみた パッケージと雑貨展」〜令和4年1/10(月・祝)

【山梨】
印傳博物館,☆「印傳の模様−漆で描く−」〜令和4年2/27(日)
山梨県立宝石美術専門学校附属ジュエリーミュージアム
 ☆「ジュエリーをたのしむ4 モチーフ ー自然をまとうー」〜令和4年2/28(月)(年末年始12/28(火)〜1/4(火)休館)
 ☆「 JJAジュエリーデザインアワード2021 」12/2(木)〜12/20(月)

【長野】
岡谷蚕糸博物館 シルクファクトおかや
 ☆企画展 信州の作家展Part3「小岩井紬工房 伝統を繋ぐ・紡ぐ・織る」〜令和4年2/13(日)
世界の民俗人形博物館,☆収蔵品展「デザイナーファッション〜外套〜」〜12/26(日)

【岐阜】
多治見市美濃焼ミュージアム
 ☆企画展「明治・美濃 超絶三人展ー加藤五輔・西浦圓治・成瀬誠志の世界ー」〜12/26(日)<会期訂正>

【愛知】
ノリタケの森クラフトセンター
 ☆創業110周年記念「後世へ伝えたい鍋島緞通特別展」12/14(火) 〜12/19(日)
 ☆「辻 園未 フェルト展〜羊毛で描くart〜
     Sono feltpictureぬく森felt forest spirit」12/21(火) 〜12/25(土)

【三重】
松阪市文化財センター,☆第27回「三重県立松阪工業高等学校 繊維デザイン科卒業制作展」12/9(木)〜12/16(木)

【京都】
京都万華鏡ミュージアム 姉小路館,☆「万華鏡の世界を極めた海外作家展」〜令和4年3/25(金)
美術館「えき」KYOTO,☆「能面100 The Art of the Noh Mask」令和4年1/2(日)〜2/6(日)

【兵庫】
アートホール神戸,☆令和3年度「兵庫県立兵庫工業高等学校 建築科卒業制作展」12/25(土)〜12/26(日)
あかりの鹿児資料館,☆「冬のランプ展」〜12/25(土)

【山口】
山口県立萩美術館・浦上記念館,☆「山口県の伝統工芸I」〜12/12(日)

【沖縄】
那覇市民ギャラリー
 ☆第1・2展示室 第62回「沖縄県立首里高等学校 染織デザイン科
  卒業作品展 そめおり展」 令和4年1/25(火)〜1/30(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13282] 【愛知】ヤマザキマザック美術館/四季折々の情景 美術館に息づく小さな自然たち 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/12/26(Sun) 22:15:57

 12/12に新栄町のヤマザキマザック美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=23&c=11で開催中の展覧会に行ってきましたので、紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「四季折々の情景 美術館に息づく小さな自然たち」〜2/27(日)
   月曜(祝日の場合は翌日)と年末年始(12/27〜1/3)休館
   開館時間:午前10時〜午後5時30分(土日祝は5時まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般1300円 小中高生500円 小学生未満無料
           各種障害者手帳を提示の方と同伴者1名は1100円

 花々、鳥のさえずり、虫の音、小動物の気配などの変化に富んだ「日本の四季」を五七五の十七文字で鮮やかに切り取る俳句の世界に合わせ、現代作家9名(組)の作品を館蔵のアール・ヌーヴォーのガラスや家具と共に展示し、自然の情景を展示室に再現。

稲崎栄利子〔陶芸〕微細な針状の陶製パーツを集積して幻想的なオブジェを創り出す
  《STATUE D’ARTEMIS》2010年 陶土、磁土、鉱物顔料
井上雅子〔陶芸〕白い陶の上に墨絵のように大胆に虫や動物を表す
  《蓮と蛙(蓋付き瓶)》2021年 磁器・金彩、上絵付き
川北友果〔ガラス〕四季の植物の花や実を小さなトンボ玉に浮かび上がらせる
  《蓋物 梅狩り》2021年 ガラス・フレームワーク、コアガラス技法
小橋順明〔陶芸〕今にもうごめき、飛び立ちそうな実物大の昆虫たちを緻密に創り上げる
  《蝶と秤》2021年 陶(磁土、備前土・ラスター上絵)・竿秤、瓶、酸化鉄、実験スタンド
土居陽子〔ガラス〕レース編みのように繊細なガラスの植物群を生み出す、
  《snowdrop》2019年 ポロシリケイトガラス・フレームワーク
生川和美〔絵画〕咲き誇る花々の華やかな色と形を爽やかに描きとめる
  《Pink Roses Under the Sky》2021年 油彩・キャンヴァス 
深川瑞恵〔ガラス〕身近な植物のなにげない美しさを無色透明なガラスで表現する
  《favorite08》2018年 ポロシリケイトガラス・フレームワーク・宙吹き
本多絵美子〔木彫〕虫や小動物の魅力的な姿態や表情を力強くも丁寧に彫り上げる
  《貯蓄》2018年 木(楠)・着彩
元木貴信・庸子〔ガラス〕季節の花々や生きものたちの愛らしさをガラスの柔らかな形や細やかな彩色で表現
  《無花果(イチジク)》2020年 ガラス・宙吹き、サンドブラスト、ソリッドワーク、フュージング

スペシャルガイドツアー:出品作家と学芸員による、午前11時〜12時:定員各回10名、電話(052-937-3737)で予約
1/8(土)川北友果氏、元木庸子氏
1/22(土)生川和美氏
2/12(土)土居陽子氏
2/26(土)稲崎栄利子氏(本回のみ午後1時30分〜2時30分)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 12/12に行きました。名古屋で面白い展覧会を、と探すと、今年もこの館が目に入りました。アール・ヌーヴォーを中心とした家具で構成された4階の常設展示室に、現代の作品を紛れさせて展示する手法は、昨年の「スクラップ・ワールド」に続くものです。それぞれの現代作品も、繊細でじっくりみたくなるものたちなのですが、これらを季節ごとに並べ、流れを作っている展示のセンスも光ります。

 作風の違う各氏の作品が、単独でずらっと並ぶのではなく、変化がついているのも見て回るのに楽しかったです。作家単体で言うと、土居陽子さんのガラスがため息が出るほどきめ細やか、小橋順明さんの昆虫は、現実のコンピュータ用品に乗っかっているという実在感が光り、元木夫妻のガラス器は和風な絵付けがガラスを思わせない可愛らしさでした。

 5階の常設フランス絵画も、私のお気に入りの作品たちで、こうして現代作家の作品を楽しませてくれる展示をこれからも期待します。
               明日香 光二/馬場 英明


  [No.13242] 【山形】県立博物館/紅と藍 ―くらしを彩る― 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/22(Mon) 22:03:56

 霞城公園内、山形県立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=06&c=0で開催中の企画展を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和3年度 プライム企画展「紅と藍―くらしを彩る―」〜12/12(日)
     月曜休館
     入館料金:大人300円 学生150円
            高校生以下無料、障がい者と付添者は無料
 日本遺産、日本農業遺産へ認定され、山形が誇る伝統文化そして山形県の県花「紅花」。
 日本古来の伝統色「紅色」「藍色」は、特に江戸時代中期以降、富裕層が独占した「紅色」に対し、庶民の日常まで普及した「藍色」。山形で生産されたが「紅花」は豪商の手を経て上方や江戸で加工されて全国流通し、「葉藍」は地元で人々のくらしを支えた。
 本展は、山形の伝統的染色文化を歴史的・民俗的視点で紹介し、伝統色の不思議にも科学的視点で迫る。
    安楽寺(河北町)蔵「本願寺教如顕如請取状」
    河北町教育委員会蔵「諸国産物見立相撲」
    山形大学附属博物館蔵「最上名所名産名物番附」
    広重美術館蔵(紅染めや藍染めに関する浮世絵版画) 
    岩沼市愛宕神社蔵「藍づくりの額」  など
 III期「山形から全国へ、商人たちの活躍」で、紅花商人の活躍がうかがえる資料や地元に残された日常遣いの藍染め資料を展示し、「永寿講伊勢太々神楽奉納扁額」は全国初公開。

記念講演会:要事前申し込み(館サイトにて)
11/27(土)午後1時30分〜3時
「最上紅花と藍草(すくも藍)の魅力―今なぜ手仕事なのか?天然の染料なのか?―」山岸幸一氏(赤崩草木染研究所 草木染織家)

展示解説会:担当学芸員による:12/5(日)午後1時30分〜2時、要事前申し込み(館サイトにて)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13272] 【京都】市京セラ美術館/モダン建築の京都 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/30(Tue) 23:45:47

 京都市京セラ美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=23で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆京都市京セラ美術館開館1周年記念展「モダン建築の京都」〜12/26(日)[新館 東山キューブ ]
    月曜休館
    入館料金:一般1900円 大学専門学生1400円 高校生900円 小中生400円

 明治時代、京都は、東京への遷都を機に衰退したが、その後、教育や先端技術、文化や観光などにおける先駆的な都市として発展し、象徴するように数々の名建築が生まれた。明治以降に建てられた洋風建築や近代和風建築、モダニズム建築など、数多くが現存する「モダン建築」について、京都を代表するモダン建築の一つ当館を会場に、原図面や模型から時代背景を伝える写真や映像、家具まで多様な資料を展示。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13181] 【京都】泉屋博古館/泉屋ビエンナーレ/伝世の茶道具 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/10/31(Sun) 22:13:54

 京都東山の泉屋博古館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=36で開催中の展示、これから開催の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「泉屋ビエンナーレ2021 Re-sonation ひびきあう聲」〜12/12(日)
     月曜休館、〜11/5休館
     入館料金:一般800円 高大生600円 中学生以下無料
          20名以上は団体割引20%、障がい者手帳ご呈示の方は無料
 青銅器館第4室におきまして現代鋳金作家の展覧会を新たに開催。
 高度な鋳造技術を用いて作られた中国青銅器は貴重な古代の遺物のみならず、後の創作活動を刺激し、鋳金に限らない作品のインスピレーションを生んだ。現代鋳金作家に中国青銅器からインスピレーションを受けた完全新作の制作品を公開し、中国古代青銅器と現代鋳金作家、時空を超えて共鳴。
   平戸 香葉《夜霧の月》
   佐治真理子《きいてみたいこと〜Who are you〜》
   三上 想 《鳥の青銅花器と繋ぐ花》
   夏目 未香《はねを いれる ための ようき》 など

出陳作家による鋳物体験ワークショップ:イカ骨“で”つくろう 要申込み
11/21(日)(午前)10〜12時 (午後)2〜4時
講師:梶浦聖子、見目未果、佐治真理子、中西紗和、山下真守美
定員:午前・午後各回20名(要予約)
参加費:1,000円
対象年齢:小学四年生以上
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「伝世の茶道具ー珠玉の住友コレクションー」11/6(土)〜12/12(日)

 歴代の茶人による箱書や好みの裂による仕覆など、大切に受け継がれた思いを垣間見ることができる住友コレクションの茶道具。裏千家八代又玄斎一燈好みの道具を集めた五代当主友昌(1705−1758)、小堀遠州遺愛の茶碗「小井戸茶碗 銘 六地蔵」を収集した十二代友親(1843−1890)、後陽成天皇命銘の茶入「唐物文琳茶入 銘 若草」や後水尾天皇ゆかりの「青磁福寿文香炉」などを収集した十五代友純(号 春翠:1864−1926)、本展では、住友家の宝物として慈しみ伝えられた茶の湯の名品を紹介。

講演会:午後2〜3時30分、定員40名(要予約、先着順)
11/7(日)「住友コレクションの茶杓・竹花入」池田瓢阿氏(竹芸家)
11/27(土)「住友コレクションの茶の湯釜」新郷英弘氏(芦屋釜の里学芸員)

学芸員によるスライドトーク:午後2〜3時、定員40名(予約優先)
11/28(日)森下愛子氏(泉屋博古館東京 学芸員)
12/5(日)竹嶋康平氏(泉屋博古館 学芸員)

申込みは館サイトまたは電話075-771-6411
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13182] 【京都】府京都文化博物館/フィンレイソン展 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/10/31(Sun) 22:48:46

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=45で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆創業200周年記念「フィンレイソン展
   ―フィンランドの暮らしに愛され続けたテキスタイル」〜令和4年1/10(月・祝)

   月曜休館(祝日の場合は開館、翌日休館)、年末年始(12/27&#12316;1/3)
   午前10時〜午後6時(金曜日は7時30分まで(入場は閉室の30分前まで)
   入館料金:一般1500円 高大生1100円 小中生500円 
        障がい者手帳等を提示の方と付添1名は無料
 
 北欧フィンランドにおいて1820年に創業したフィンレイソンは、寝装具や、室内を彩る多彩なテキスタイルを製作し、フィンランドの家庭に愛用されてきた。1820年、英国スコットランド出身のジェームズ・フィンレイソンが、フィンランド第二の都市タンペレで紡績工場を設立したのが始まり、綿・ウール糸の紡績と織物製造で大工場を作り、工場エリア内には学校、病院、図書館、教会をつくるなど巨大なコミュニティを形成した。フィンランド初の女性雇用の場を作り社会的にも大きく貢献。1950年代から工場内にスタジオをつくり自社のデザイナーによるオリジナルのテキスタイルを生み出した。変遷するデザインを展望し、各デザイナーのデザイン原画とテキスタイルをあわせて楽しむ。ムーミンの初期デザインにも出会える。社会福祉制度などでは先進的で豊かなフィンランドの生活スタイルを学ぶ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13275] 【大阪】中之島香雪美術館/中国の漆器[12/11(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/30(Tue) 23:51:50

 中之島香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=42で12/11(土)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「中国の漆器」12/11(土)〜令和4年2/23(水・祝)
   月曜(祝日の場合は翌日)12/27(月)〜1/7(金)休館
   開館時間:午前10時〜午後5時(12/23、1/20、2/17(木)は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
   入館料金:一般 900円 高大生500円 小中生300円  

 中国の漆器には、日本のものにはない多彩な技法が用いられ、なかでも漆を何度も塗り重ねて文様を彫り表わす「彫漆」の技法を用いた漆器は、珍貴な品として非常に重宝された。
 正倉院の宝物にも中国の漆器は奈良時代からの舶載例が知られ、平安後期から室町時代には、禅宗寺院において什器や贈答品とされ、武家の集まりの場でも飾られた。江戸時代には茶の湯の世界で多く用いられた。日本の近世にはその鑑定書が付属した作品も散見される。館蔵品を中心に、中国の漆器の魅力をしる。
   周茂淑図螺鈿香合 清時代
   楼閣山水人物図堆朱盆 明時代
   牡丹文堆朱天目台 明時代
   蓮池水禽図螺鈿卓 明時代
   花卉文螺鈿瓢形振出 明時代
   楼閣人物図堆朱軸筆 明時代
   楼閣山水人物図堆朱卓 明時代
   人物図螺鈿盆 明時代  など


記念講演会:2/5(土)午後2〜3時30分(1時30分 受付開始)中之島会館(美術館隣)定員120名要申込
「茶の湯に取り上げられた唐物漆器」小池 富雄 氏(静嘉堂文庫美術館 学芸部長)

応募方法:1通2名参加可、参加人数、それぞれの住所、氏名、年齢、電話番号 12/18(土)から受け付け開始
 E-mail:n-kouenkai@kousetsu-museum.or.jp
 往復はがき:〒530-0005 大阪市北区中之島3−2−4中之島フェスティバルタワー・ウエスト4階
      中之島香雪美術館「中国の漆器」展講演会係
参加料500円(美術館入館には別途入館券が必要)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13013] 【京都】国立近代美術館/モダンクラフトクロニクル[7/9(金)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/06/30(Wed) 00:10:53

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22で7/9(金)から開催される展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「モダンクラフトクロニクル―京都国立近代美術館コレクションより―」7/9(金)〜8/22(日)
       月曜休館(8/9(月・休)は開館)、8/10(火)休館
       午前9時30分〜午後5時(金土は午後8時まで、入館は閉館の30分前まで)
       入館料金:一般1200円(1000円)大学生500円(400円)  
            ( )内は20名以上の団体および夜間割引(金土 午後5時以降)
            高校生以下・18歳未満は無料
            心身に障がいのある方と付添者1名は無料
            母子家庭・父子家庭の世帯員の方は無料  以上要証明
 1963年に開館した京都国立近代美術館は活動の柱、国内有数の工芸コレクション。「現代国際陶芸展」、「現代の陶芸―アメリカ・カナダ・メキシコと日本」、「今日の造形〈織〉−ヨーロッパと日本―」、「現代ガラスの美―ヨーロッパと日本―」など、折に触れて日本との比較の中で海外の工芸表現を紹介した。本展では、当館の工芸コレクションを用いて、これまでの展覧会活動の一端を振り返り近代工芸の展開を紹介。
第1章 世界と出会う 起点としての京都国立近代美術館
 マグダレーナ・アバカノヴィッチ「黒い上衣V」昭和49年(1974)
第2章 四耕会、走泥社からクレイ・ワーク、ファイバー・ワークへ
 堀内紀子「浮上する立方体の内包する空気」昭和52年(1977)
第3章 「美術」としての工芸 第8回文展前後から現在まで
 番浦省吾「海と山と空蒔絵衝立」昭和6年(1931)
第4章 古典の発見と伝統の創出
 加藤土師萌「萌黄金襴手菊文蓋付大飾壺」昭和43年(1968)
第5章 新興工芸の萌芽 自己表現としての工芸
 バーナード・リーチ 楽焼大皿「兎」大正9年(1920)
 藤井達吉「棕櫚図屏風」大正5年頃(c.1916)
第6章 図案の近代化 浅井忠と神坂雪佳を中心に
 神坂祐吉「月之意蒔絵硯箱」大正時代
第7章 手わざの行方
  並河靖之「桜蝶図平皿」明治時代    など

手だけが知ってる美術館 第4回 ふらっと鑑賞プログラム
(1)7/17(土)(2)8/21(土)午前10〜12時、午後2〜4時、
各日とも10:00〜12:00、14:00〜16:00
1回の体験時間は約10〜20分
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.13241] 【京都】国立近代美術館/上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/11/22(Mon) 22:03:00

 岡崎公園の京都国立近代美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=22で開催中の展覧会を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「上野リチ:ウィーンからきたデザイン・ファンタジー」前期:〜12/12(日)
                      後期:12/14(火)〜令和4年1/16(日)
      月曜(1/10(月・祝)は開館)と12/28(火)〜1/3(月)休館
      午前9時30分〜午後5時(金、土は午後8時まで開館)※日時予約制ではない
      入館料金:一般700円 大学生1100円 高校生600円
            中学生以下は無料
            心身に障がいのある方と付添者1名は無料*。
            母子家庭・父子家庭の世帯員の方は無料*。 *要証明提示

 ウィーンと京都で活躍したデザイナー、上野リチ・リックス(Felice [Lizzi] Rix-Ueno, 1893 &#8211; 1967)の包括的な回顧展。ウィーン工芸学校卒業後、ウィーン工房の一員として活躍し、日本人建築家・上野伊三郎との結婚を機に京都に移り住んだリチ。第二次世界大戦前はウィーンと京都を行き来しながら、壁紙やテキスタイルなどの日用品や室内装飾など多彩なデザインを手がけ、戦後は夫とともに、現在の京都市立芸術大学の教授として、退職後はインターナショナルデザイン研究所を設立して、後進の育成にも尽力した。京都国立近代美術館所蔵品に加え、オーストリア応用芸術博物館/現代美術館(ウィーン)などから展示。
 プロローグ:京都に生きたウィーン人
  1893年にユダヤ系の実業家の家に生まれ、芸術的素養を身につけ、一番下の妹カテリーナとともに維納工房の一員として活躍した様子。
 第I章:ウィーン時代―ファンタジーの誕生
  1912年に入学したウイーン工芸学校で学んだ後、ウィーン工房の一員としてテキスタイル部門とファッション部門で行った制作活動。
 第II章:日本との出会い―新たなる人生、新たなファンタジー
  1924年にホフマンの建築設計事務所に在籍する日本人建築家上野順三郎と出会い結婚、京都に移って内装デザインを手掛ける。
 第III章:京都時代―ファンタジーの再生
  京都市染織試験場図案部の技術食卓として、日本占領下の外地に輸出されるプリント布地や刺繍製品のデザインを手掛ける。
 エピローグ:受け継がれ愛されるファンタジー
  1967年に74歳で人生を閉じたが、村野藤吾やや教え子達によって活かされたデザイン。都ホテルやプリンスホテルなどの室内装飾。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12960] 【福岡】九州国立博物館/よみがえる正倉院宝物[4/20(火)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/04/19(Mon) 21:41:40

 太宰府市の九州国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=68
で4/20(火)から開催される特別展を紹介します。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「よみがえる正倉院宝物ー再現模造にみる天平の技ー」4/20(火)〜6/13(日)
   月曜休館(5/3(月・祝)は開館)
   入館料金:一般1600円 高大生1000円 小中生600円
        障がい者等と介護者1名は無料(要手帳提示)

 奈良時代、聖武天皇ゆかりの品をはじめ、西域や唐代の中国からもたらされた国際色豊かな品々が含まれる正倉院宝物。明治時代に奈良で開催された博覧会を機に、宝物修理を手掛けた名工たちにより模造制作がはじまった。天平の美と技に挑戦した再現模造の逸品を紹介し、伝統技術の継承の意義を考える。
  模造 螺鈿紫檀五絃琵琶 8年がかりで完成した五絃琵琶
  模造 螺鈿槽箜篌 きらびやかな往時の姿を再現
  模造 黒柿蘇芳染金銀山水絵箱 天平絵画の息吹を宿す箱
  模造 黄銅合子 原宝物では失われた装飾を再現
  模造 紫檀木画箱 素材の違いを生かした細緻な木画
  模造 七条織成樹皮色袈裟 美しい色合いを絶妙に再現
  模造 黄金瑠璃鈿背十二稜鏡 宝物中唯一の七宝製品
  模造 螺鈿箱 漆地に映える螺鈿や水晶
  模造 金銀鈿荘唐大刀 聖武天皇が用いた華麗な大刀
  模造 正倉院古文書正集 第38巻 デジタルでは伝えきれない本当の古文書の姿
        〔筑前国嶋郡川辺里戸籍〕      など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12936] 【大阪】中之島香雪美術館/遠州・不昧と大名家の茶[4/3(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/04/03(Sat) 16:48:47

 中之島香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=42
で4/3(土)から開催されている展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆企画展「遠州・不昧と大名家の茶」4/3(土)〜6/13(日)
    月曜休館(5/3(月・祝)は開館、5/6(木)は休館)
    開館時間:午前10時〜午後5時(4/15(木)5/13(木)6/10(木)は7時30分まで、入館は閉館30分前まで)
    入館料金:一般 900円 高大生 500円 小中生200円

 桃山時代(16世紀)に千利休(1522〜91)によって完成した「侘び茶」は、その後の茶人によって、様々に展開。
 大名茶人の古田織部(1543〜1615)は、歪みを伴う力強い造形の茶道具を好む。
 織部没後は、弟子の小堀遠州(1579〜1647)は師の織部とは異なる端正で洗練された造形の茶道具を好む。
 出雲松江藩主の松平不昧(1751〜1818)は遠州好みの茶道具の体系化を試み、こうした美意識や価値観は、現在の茶の湯にも色濃く残る。
 朝日新聞社の創業者である村山龍平(1850〜1933)が収集した茶道具のなかから、かつて遠州や不昧が所持した作品や、彼らの好みを反映した作品、その他、仙台藩主伊達家など江戸時代に大名家が秘蔵していた茶道具約70点を紹介。
   小堀遠州 唐竹花入(江戸時代前期 17世紀)
   景徳鎮窯 染付松竹梅図茶碗(明時代 15世紀)
   朝鮮 割高台茶碗 長束割高台(朝鮮時代 16世紀)
   吉州窯 梅花天目(南宋時代 12〜13世紀)
   高取 鮟鱇茶入 銘 腰簑(江戸時代前期 17世紀)
   瀬戸 小川手茶入 銘 ふる郷(江戸時代前期 17世紀)
   原羊遊斎 菊蒔絵大棗(文化14年 1817)
   野々村仁清 色絵花唐草文鱗形香合(江戸時代前期 17世紀)

記念講演会:5/15(土)中之島会館(美術館隣)午後2〜3時30分(1時30分 受付開始)
「継承される茶の湯−近世大名とその周辺」木塚 久仁子 氏(土浦市立博物館副館長)
参加料:500円(別途入館券が必要) 定員120名(予定)

申込方法:往復葉書またはメールにて、1通に2名まで、住所、氏名、年齢、電話番号を記入し
中之島香雪美術館「遠州・不昧と大名家の茶」展講演会係 
n-kouenkai@kousetsu-museum.or.jp(このアドレスからの返信が受けられるように設定を)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.12831] 【大阪】湯木美術館/茶道具のアニマルデザイン 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2021/02/18(Thu) 21:50:08

 淀屋橋の湯木美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=50で開催中の展示を紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆令和3年(2021)早春展「茶道具のアニマルデザイン
         ―十二支・神獣・禅にまつわる動物―」〜3/21(日)
     月曜休館
     午前10時〜午後4時30分(3/5(金)は7時まで、入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般700円 大学生400円 高校生300円
 茶道具に十二支など動物意匠が施されることは多く、今年の干支である牛や龍や鳥など特に多い。自然な牛の姿があらわされた中興名物「交趾台牛香合」や、禅の入門書にあたる『十牛図』から題材をとった永楽保全作「騎牛帰家図茶碗」など。他に辰の鋳出された西村道也作「雲龍釜」、猿が描かれた「猿鶴蒔絵茶箱」、酉がかたどられた「鉄糸目菱口銚子 仁清鶏蓋添」など、十二支に関わる文様のある茶道具を中心に紹介。また、龍と共に神聖な獣として扱われてきた獅子や象があらわされた、仁清「獅子蓋砂金袋水指」や「古銅象耳花入」などもあわせて。
  柴田是真筆「意馬心猿図」
  雲龍釜 西村道也作
  獅子蓋砂金袋水指 仁清
  鉄糸目菱口銚子 仁清色絵鶏蓋添
  青磁四方獅子蓋香炉
  中興名物 交趾台牛香合
  嵯峨嵐峡図蒔絵中次
  青磁雲鶴筒茶碗
  騎牛帰家図茶碗 保全作 など

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                   明日香 光二/馬場 英明