[掲示板へもどる]
一括表示

  [No.10379] 【歴史】平成29(2017)年に見られる展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2016/12/28(Wed) 22:59:39

 これから見られる、歴史の展覧会を紹介します。この発言を平成29(2017)年のベースノートとします。ほっとミュージアムに既に紹介済みのものに合わせて、訪問にご利用下さい。なお、既に、年末の休館に入っている館もあります。継続開催中の表記になっている展覧会も、年末年始休館のところが多くございますので、訪問に際しては当該館のサイトなどでご確認下さい。

【宮城】
吉野作造記念館,☆「大崎市文化財指定記念展」平成29年2/1(水)〜2/28(火)

【秋田】
秋田市立佐竹史料館,☆「佐竹氏ゆかりの地をたどる」〜平成29年3/5(日)

【福島】
福島県立博物館
 ☆ふくしま震災遺産保全プロジェクト成果展
     「震災遺産を考える〜6本の年輪〜」平成29年2/11(土・祝)〜4/11(火)
【茨城】
かすみがうら市郷土資料館
 ☆平成28年度特別展「細野冉兵衛と天童一揆」平成29年1/3(火)〜3/12(日)

【千葉】
八千代市立郷土博物館
 ☆速報展示「八王子市で発見の“桑納村絵図”
      −武蔵国から帰ってきました!−」平成29年1/14(土)〜2/2(日)  
袖ケ浦市郷土博物館,☆企画展II「式内社・飽富神社とその背景」平成29年1/14(土)〜3/12(日)
白井市郷土資料館
 ☆「古文書修補速報展」〜平成29年3/31(金)江戸時代の冨塚村新田の税金に関する古文書を中心に

【東京】
国立公文書館
 ☆平成28年度第4回企画展「漂流ものがたり」平成29年1/14(土)〜3/11(土)
東洋文庫ミュージアム
 ☆企画展「ロマノフ王朝展―日本人の見たロシア、ロシア人の見た日本―」平成29年1/7(土)〜4/9(日)
東京都江戸東京博物館,☆特別展「江戸と北京 18世紀の都市と暮らし」平成29年2/18(土)〜4/9(日)
相撲博物館,☆「衣装に見る大相撲の世界」平成29年1/4(水)〜2/17(金)
明治神宮文化館 宝物展示室,☆ 「明治神宮 名宝展」〜平成29年1/29(日)
武蔵村山市立歴史民俗資料館
 ☆平成28年度特別展「武蔵村山市の指定文化財」〜平成29年2/12(日)<タイトル確定>

【神奈川】
神奈川県立金沢文庫
 ☆特別展「愛された金沢八景 ―楠山永雄コレクションの全貌―」
  同時開催 特別公開「本多錦吉郎の幻の水彩画」平成29年2/10(金)〜4/23(日)
 ☆「国宝金沢文庫展」平成29年4/28(金)〜6/18(日)
横浜市歴史博物館,☆平成28年度「横浜市指定・登録文化財展」〜平成29年1/9(月・祝)

【新潟】
新潟市歴史博物館(みなとぴあ)
 ☆企画展「近世黎明―堀直寄と新潟―」12/10(土)〜平成29年1/29(日)
長岡市立科学博物館,☆「長岡の偉人展」〜平成29年1/29(日)

【山梨】
山梨市 根津記念館
 ☆特別企画展「嘉一郎が遺した未来〜故郷山梨の子どもたちへ〜」〜平成29年1/29(日)

【静岡】
富士山かぐや姫ミュージアム
 ☆富士・沼津・三島3市博物館共同企画展「駿東・北伊豆の戦国時代」〜平成29年2/26(日)

【滋賀】
大津市歴史博物館
 ☆企画展 志賀町・大津市合併10周年記念
    「村の古地図−志賀地域を歩く−」平成29年3/4(土)〜3/26(日)
 ☆遷都1350年記念企画展「大津京」平成29年10/7(土)〜11/19(日)
 ☆本多氏入封400年記念企画展
     「膳所城と藩政―築城から幕末十一烈士事件まで―」平成30年3/3(土)〜4/15(日)
【京都】
大谷大学博物館
 ☆2016年度冬季企画展 「仏教典籍の宝庫 
     −三舟文庫 舟橋水哉コレクション−」平成29年1/11(水)〜2/10(金)
京都市歴史資料館,☆テーマ展「絵図のまなざし」〜平成29年1/31(火)
京丹後市立丹後古代の里資料館
 ☆コーナー展示「絵図にみる京丹後市の景観2」〜平成29年1/29(日)

【大阪】
藤田美術館,☆「ザ・コレクション」平成29年3/4(土)〜6/11(日)
大阪城天守閣
 ☆3階 企画展示「大坂城史×日本の歴史」〜平成29年1/25(水)
 ☆4階 企画展示「戦国・ザ・リアル」〜平成29年1/26(木)
M・Cみはら(堺市立みはら歴史博物館)長崎
 ☆特別展「河内鋳物師の誇り3−よみがえる東大寺の大仏−」〜平成29年1/29(日)
国立民族学博物館
 ☆開館40周年記念特別展「よみがえれ! シーボルトの日本博物館」平成29年8/10(木)〜10/10(火)
高槻市立しろあと歴史館,☆第38回トピック展示「高山右近」平成29年1/4(水)〜2/26(日)

【兵庫】
あさご芸術の森美術館,☆「円空展(仮称)」平成29年3/18(土)〜5/7(日)
太子町立歴史資料館,☆「斑鳩寺の文化財」平成29年2/11(土)〜4/9(日)

【奈良】
奈良市史料保存館,☆ならまち歳時記〜新春〜「奈良暦−新年の始まり−」〜平成29年2/5(日)

【広島】
松濤園,☆「朝鮮通信使の足跡」〜平成29年2/6(月)
広島県立歴史博物館
 ☆早春の展示「ひろしまの災害と防災−土砂災害・洪水・地震」平成29年1/13(金)〜3/20(月・祝)

【愛媛】
愛媛県歴史文化博物館,☆テーマ展「松山城下図屏風」〜平成29年1/29(日)

【佐賀】
佐賀県立美術館,☆テーマ展「古美術へのいざない」〜平成29年1/15(日)

【長崎】
シーボルト記念館,☆企画展「シーボルトと蘭学の家・吉雄家の人びと」〜平成29年1/29(日)
長崎歴史文化博物館,☆企画展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」平成29年2/18(土)〜4/2(日)

【大分】
臼杵市歴史資料館
 ☆「天の時は地の利にしかず〜近世臼杵の地理学〜」〜平成29年2/20(月)
 ☆「いのりとかたち〜臼杵の宗教美術〜」平成29年3/1(水)〜5/29(月)

【鹿児島】
鹿児島県歴史資料センター 黎明館
 ☆企画展「分家のチカラ・弟たちの役割―島津氏本家と支流諸家―」平成29年1/31(火)〜5/7(日)<タイトル変更>
 ☆特別展示 県指定文化財「吹上町田尻の金銅菩薩立像」平成29年1/6(金)〜1/29(日)

【沖縄】
那覇市歴史博物館,☆企画展・開館10周年記念 新収蔵品展「皆の記憶II」平成29年3/18(土)〜4/26(水)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                          明日香 光二/馬場 英明


  [No.10429] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/01/27(Fri) 23:26:42

 早春から行われる歴史の展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【群馬】
群馬県立文書館,☆テーマ展示II「前橋の城と城下町」〜2/26(日)

【埼玉】
埼玉県立嵐山史跡の博物館
 ☆平成28年度 リフレッシュオープン記念企画展「戦国を生き抜いた武将たち」〜2/19(日)

【千葉】
千葉県立関宿城博物館,☆コーナー展「よみがえる関宿城」3/14(火)〜4/16(日)

【東京】
出光美術館,☆「祈りのかたち―仏教美術入門」7/25(火)〜9/3(日)
三井記念美術館
 ☆特別展 創建1250年記念「奈良 西大寺展 叡尊と一門の名宝」4/15(土)〜6/11(日)
根津美術館
 ☆企画展「ほとけを支える―蓮華・霊獣・天部・邪鬼―」9/14(木)〜10/22(日)

【横浜】
横浜市歴史博物館
 ☆横浜市歴史博物館・神奈川大学日本常民文化研究所主催展覧会「和船と海運」
 「津々浦々 百千舟 江戸時代横浜の海運」1/28 (土) 〜3/20 (月・祝)
     神奈川大学会場と併催(東急東横線「白楽駅」または「東白楽駅」下車)

【長野】
信州松代 真田宝物館,☆企画展示「真田一族」〜4/3(月)
須坂市立博物館
 ☆開館50周年記念特別展「北村方義〜堀直虎の側近として活躍した偉大な藩士の足跡〜」〜2/19(日)

【静岡】
浜松市博物館
 ☆テーマ展「井伊直虎と湖北の戦国時代」前期「遠江の国衆井伊氏」〜2/19(日)
 ☆テーマ展「井伊直虎と湖北の戦国時代」
          後期「遠州そう劇と直虎の活躍」2/21(火)〜4/9(日)*「そう」は公と心をタテに重ねた文字

【三重】
石水博物館,☆館蔵品展「江戸時代を歩こう!−古絵図・錦絵・名所図会を携えて−」〜2/5(日)

【大阪】
大阪城天守閣
 ☆3階 企画展示「水の都 大坂の幕末」〜3/15(水)
 ☆4階 企画展示「鉄砲と戦国史」1/28(土)〜3/16(木)
貝塚市郷土資料展示室,☆「貝塚市の指定文化財」展 第3期 〜2/19(日)

【和歌山】
高野山霊宝館,☆平成28年度冬期平常展「密教の美術」〜4/9(日)

【島根】
出雲市立出雲文化伝承館,☆新春展「出雲偉人伝」〜2/26(日)
島根県立古代出雲歴史博物館
 ☆常設展ミニ企画「れきはくの古文書―島根の中世文書―」〜2/20(月)

【岡山】
井原市文化財センター「古代まほろば館」
 ☆冬季企画展「「分限者」のたしなみ・教養」2/4(土)〜3/12(日)

【愛媛】
今治市河野美術館,☆館蔵品企画展「武将ー軍記物語とその実像」後期:2/1(水)〜3/31(金)

【佐賀】
佐賀県立博物館,☆「新収蔵品展」〜2/5(日)

【宮崎】
都城島津邸・都城島津伝承館
 ☆公開承認施設認定記念展「島津の至宝〜文化財と地域博物館の魅力〜」〜3/5(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.10482] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/20(Mon) 21:11:11

 春からの歴史の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに掲載済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【宮城】
仙台市博物館,☆特別展「伊達政宗〜生誕450年記念〜(仮称)」10/7(土)〜11/27(月)
多賀城市埋蔵文化財調査センター,☆資料展「天童家のいしずえ」〜3/5(日)

【茨城】
古河歴史博物館
 ☆「蒐められた情報III」2/25(土)〜4/27(木)
 ☆「雪の殿さま土井利位」3/18(土)〜5/7(日)

【東京】
千秋文庫博物館,☆「千秋文庫 名品展」2/21(火)〜平成29年4/8(土)
明治大学博物館
 ☆「新収蔵・収蔵資料展2017」4/15(土)〜5/28(日)
 ☆「明治大学図書館所蔵 エジプト学貴重書展」6/3(土)〜6/27(火) 
 ☆「十手と錦絵  描かれた捕者の世界」9/6(水)〜10/10(火)
文京ふるさと歴史館
 ☆区制70周年記念事業収蔵品展
   「明治・大正の本郷を訪ねて−『新撰東京名所図会』展2−」〜3/20(月・祝)
永青文庫
 ☆春季展示「熊本城−加藤清正と細川家−」 前期:3/18(土)〜4/23(日)
                      後期:4/25(火)〜6/4(日)
青梅市郷土博物館,☆企画展「一名主が見た江戸時代〜谷合氏見聞録の世界〜」〜4/16(日)
江戸東京たてもの園,☆特別展「川崎平右衛門―武蔵野新田開発の立役者―」〜5/7(日)

【長野】
上田市立博物館,☆真田氏関連特別企画展「真田信繁と真田家の絆」〜5/28(日)

【静岡】
焼津市歴史民俗資料館
 ☆平成29年収蔵資料展「木喰仏と焼津ゆかりの書画家」
    ―特別展示「井伊家と焼津の深いつながり」〜5/21(日)
【愛知】
安城市歴史博物館,☆特別展「安城ゆかりの大名 本多正信」〜3/19(日)

【滋賀】
高月観音の里歴史民俗資料館
 ☆特別陳列「本尊を取り巻くホトケたち 〜脇役たちの輝き〜」〜3/12(日)
草津宿街道交流館
 ☆草津市歴史資料コレクション展
 「静里文庫へようこそ!!‐Welcome to Seiri’s Library!!‐」3/18(土)〜5/21(日)
銅鐸博物館(野洲市歴史民俗博物館)
 ☆古文書展「半農半漁の村 菖蒲−琵琶湖のほとりに生きる−」〜3/12(日)

【京都】
高台寺「掌美術館」,☆春の特別展「戦国時代の女性のくらし」2/25(土)〜6/11(日)

【大阪】
大阪市立美術館
 ☆「木×仏像(きとぶつぞう)−飛鳥仏から円空へ
     日本の木彫仏1000年」4/8(土)〜6/4(日)<タイトル変更>
高槻市立しろあと歴史館
 ☆第35回企画展「文化財をめぐる 高槻 まちかど遺産」3/18(土)〜5/14(日)

【兵庫】
香雪美術館
 ☆「悉有仏性(しつうぶっしょう)
   〜全てのものに仏が宿る〜佐藤辰美コレクション展I」5/20(土)〜7/2(日)
 ☆「悉有仏性(しつうぶっしょう)
   〜全てのものに仏が宿る〜佐藤辰美コレクション展 II」7/15(土)〜9/3(日)  
☆「利休と剣仲」(仮題)10/6(金)〜12/17(日)
頴川美術館,☆「名品選(二)」前期:〜3/20(月・祝)
            後期:4/1(土)〜5/7(日)
豊岡市立歴史博物館−但馬国府・国分寺館
 ☆第39回企画展「ふるさとの宝もの−日高地区の文化遺産−」〜3/21(火) <終期変更>
太子町立歴史資料館,☆企画展「斑鳩寺の文化財 庫裏の仏さまたち」〜4/9(日)<タイトル追加>

【奈良】
市立五條文化博物館,☆春季企画展「五條の絵図をよむ」〜3/26(日)
生駒ふるさとミュージアム
 ☆平成28年度冬季特別展
「戦国の生駒 ―北大和、河内、南山城をめぐる攻防と展開―」〜3/12(日)

【和歌山】
岩出市民俗資料館,☆「近世の根来版−近世の根来寺を支えた僧侶−」〜3/6(月)

【鳥取】
米子市立山陰歴史館,☆企画展「絵図でたどる米子城の歴史」〜3/12(日)

【島根】
出雲弥生の森博物館
 ☆速報展「ふるさとの記録を守る―古文書を未来へ伝えるために」〜4/10(月)

【広島】
広島城,☆企画展「博物館資料の見方〜書画編〜詳細表示」〜4/16(日)
松濤園,☆「朝鮮通信使との交流」〜4/17(月)

【山口】
下関市立歴史博物館,☆特別展「下関のオランダ村−本陣伊藤家と佐甲家−」〜3/26(日)

【長崎】
シーボルト記念館,☆企画展「シーボルト記念館 名品展」〜4/2(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   明日香 光二/馬場 英明


  [No.10500] 【山口】下関市立歴史博物館/下関のオランダ宿 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:28:27

 長府の下関市立歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=35&c=4
では、江戸時代の港町の国際的な情緒を偲ばせる歴史展を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「下関のオランダ宿−本陣伊藤家と佐甲家−」〜3/26(日)
   月曜休館(祝日の場合は翌日)
   入館料金:一般400円 大学生等200円 70歳以上及び18歳以下は無料
古代以来、国内外の人々が往来し交流する場所であった下関。近世、鎖国の社会でも下関にはオランダ商館長や朝鮮通信使が滞在し、交流があった。
 近世下関の本陣・大年寄を務め、オランダ商館長が宿泊するオランダ宿であった伊藤家及び佐甲家。両家は中世から下関を代表する町衆で、さまざまな人々と交流した。例えばオランダ商館長に随行したシーボルトは、両家から歓待を受けたことを記録に留める。本展では、当地における両家の役割や人々との交流について紹介する。 
 第1章 オランダ商館長の江戸参府と下関
  富嶽松図、農夫図扇面、奥平昌高  
  蘭文詩、ブロンホフ筆 奥平昌高賛詩
  山口行斎遺品 蘭語医学書
 第2章 中世の伊藤家と佐甲家
  後花園天皇口宣案、阿弥陀寺養専書状、村上元吉書下
  豊臣秀吉朱印状、豊臣秀次朱印状
 第3章 長府藩の成立と本陣家
  毛利秀元知行宛行状、赤間関人別帳、伊藤家間取図
  宗義成書状、立花宗茂書状
 第4章 伊藤家を訪れた人々
  朝鮮船対馬入湊図、対州城下之図、小笠原様御旅館図
  空月庵むだ袋、架鷹図     など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


  [No.10516] 【京都】府京都文化博物館/戦国時代展[2/25(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/24(Fri) 22:45:00

 三条高倉の京都府京都文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=38では、2/25(土)から戦国時代の歴史展が開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「戦国時代展 -A CENTURY of DREAMS-」前期:2/25(土)〜3/20(月・祝)
                   後期:3/22(水)〜4/16(日)
       月曜(3/20は開館)と3/21(火)休館
       開室時間:午前10時〜午後6時(金曜は7時30分まで、入場は閉室の30分前まで)
       入場料金:一般1300円 高大生900円 小中生500円
             障害者手帳などを提示の方と付添1名無料
 相次ぐ戦乱により秩序が大きく乱れた時代だとイメージされてきた日本の戦国時代だが、近年では、対立・戦乱がおきながらも、列島規模で文化的・経済的な実りがあった時期だと考えられるようになった。
 室町幕府の政治権力がおとろえ、上杉謙信、武田信玄、毛利元就、織田信長など有力大名たちは領国の経営に力を入れ、その結果、京都で成熟した文化が列島各地へともたらされ、新たな地域文化として再生産された。本展では、合戦の様子や武将の姿を伝える歴史資料、美術工芸品を一堂に展示。
 序章 −時代の転換−重要文化財 真如堂縁起 掃部助久国/筆  三条西実隆・公助/詞書
 第1章 合戦 −静寂と喧騒− 陣鐘
 第2章 群雄 −翔け抜けた人々− 国宝 上杉家文書 武田晴信書状【前期】
                埼玉県指定有形文化財 縹糸威最上胴丸具足
 第3章 権威 −至宝への憧れ− 国宝 洛中洛外図屏風 上杉本 狩野永徳筆(2/25(土)〜3/12(日))
               国宝 秋景冬景山水図 徽宗 筆(2/25(土)〜3/10(金))
 第4章 列島 −往来する人と物− 重文 八坂法観寺塔参詣曼荼羅(3/28(火)〜4/16(日))
 終章 −新たなる秩序− 東照大権現像 日光山東照宮御像【前期】
      滋賀県指定有形文化財 大原観音寺文書 夫馬一色衛門畠地寄進状 【前期】 など

講演会:2/25(土)午前10時30分〜正午 3階フィルムシアター(定員:150名)入館券のみ
「戦国大名と小京都」村井康彦氏(国際日本文化研究センター名誉教授)

トークイベント:3/22(金)午後1〜4時、別館ホール(定員:200名)入館券のみ
「戦国時代展のメッセージ」パネリスト:阿部哲人氏(米沢市上杉博物館主任学芸員)
                   齋藤慎一氏(江戸東京博物館学芸員)
                   長村祥知氏(学芸員)
                   西山 剛氏(学芸員)

講演会:3/25(土)午前10時30分〜正午 3階フィルムシアター(定員:150名)入館券のみ
「戦国武将の憧憬・由緒 ― 室町文化と同朋衆をめぐって ―」家塚智子氏(宇治市源氏物語ミュージアム学芸員)

担当学芸員によるギャラリートーク:会期中の3月の毎週金曜日午後6時〜(30分程度)

戦国武将なりきりコーナー:3/19(日)〜4/2(日)戦国時代展会場内( 3Fやすらぎコーナー)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10522] 【兵庫】太子町立歴史資料館/斑鳩寺の文化財 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/26(Sun) 23:17:20

 兵庫県の太子町立歴史資料館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=155で開催中の、地元の文化財の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「斑鳩寺の文化財−庫裏の仏さまたち−」〜4/9(日)
      火曜と3/22(水)休館
      入館料金:大人200円 高大生150円 中学生以下、65歳以上は無料

 太子町からたつの市にかけての荘園・法隆寺領鵤荘の中心に建てられ、播磨の太子信仰の中心として栄えた斑鳩寺には、仏像など多くの文化財が残され、今年度から庫裏(保性院、兵庫県指定文化財)の解体修理が始まった。かつて十数坊あった斑鳩寺子院の仏像等が集められており、現在、歴史資料館に一時寄託されている機会に、これらの仏像等を公開し、地域の人々の信仰の厚さ、そしてふるさとの歴史や文化を感じる。
  薬師三尊十二神将像
  木造文殊菩薩立像
  文殊菩薩立像
  木造大黒天立像 など

展示解説:3/4(土) 4/2(日)午後2時〜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10532] 【東京】根津美術館/高麗仏画 香りたつ装飾美[3/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/28(Tue) 23:34:25

 表参道の根津美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=46では、高麗仏画の展示が3/4(土)から開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「高麗仏画 香りたつ装飾美」3/4(土)〜3/31(金)
   月曜休館(3/20(月・祝)は開館、翌21日(火)休館)
   入館料金:一般1300円 高校生以上1000円
         20名以上の団体、障害者手帳提示者および同伴者は200円引き、中学生以下は無料

 朝鮮半島全域を統一した最初の王朝、高麗(九一八〜一三九二)は、仏教を国の支柱と定め、仏教文化をはぐくんだ。本展は、威厳に満ちた阿弥陀如来像、このうえなく優美な水月観音像、堂々たる姿の地蔵菩薩像、そして金銀で加飾された写経や仏具など、三十八件の十一〜十四世紀の高麗仏画の名品を一堂に展示し、日本の仏教絵画とは趣きの異なる、隣国に花開いた静粛なる美の世界を堪能する。
  重要文化財 水月観音像 徐九方(ソグバン)筆 1323年(至治3年・忠粛王10年) 
  重要文化財 阿弥陀如来像 1306年(大徳10年・忠烈王32年)
  重要文化財 地蔵菩薩像 13〜14世紀 
  阿弥陀三尊像 13〜14世紀 
  万五千仏図 13世紀    など

講演会:講堂にて、午後2〜3時30分、定員先着130名(事前申込制)入館料のみ
3/19(日)「高麗仏画の領分−中国・日本の仏画との比較から見えてくる世界−」
            井手誠之輔氏(九州大学大学院 人文科学研究院教授)
3/26(日)「仏への祈りでたどる高麗史」森平雅彦氏(九州大学大学院 人文科学研究院教授)
申込方法:館サイトの申込フォームか、
 往復葉書(1人1枚)で、参加希望講演会名、住所、氏名、(返信面にも)、電話番号を明記し
 〒107-0062 港区南青山6-5-1 根津美術館講演会係  

スライドレクチャー(事前申込不要)講堂にて、担当学芸員による、午後1時30分より約45分、定員先着130名
3/10(金)「高麗のほとけたち」
3/17(金)「高麗仏画の色とかたち」
3/24(金)「高麗仏画の修復と発見」

☆興福寺中金堂再建記念・特別展示「再会−興福寺の梵天・帝釈天」〜3/31(金)
  明治維新の神仏分離・廃仏毀釈によって流出した寺宝のうち、興福寺に残った梵天立像とともに13世紀初めに康慶門下の仏師・定慶によって作られた帝釈天像。中金堂の落慶を2018年に控え、112年ぶりに両天が再会。
   重文 梵天立像 定慶作 鎌倉時代 建仁2年(1202)興福寺蔵
   帝釈天立像 定慶作 鎌倉時代 建仁元年(1201)根津美術館蔵
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10563] 【東京】永青文庫/熊本城−加藤清正と細川家−[3/18(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/12(Sun) 23:53:19

 目白の永青文庫http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=13&c=116では、熊本復興を願う熊本城の特別展が3/18(土)より開催されます。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆春季展示「熊本城−加藤清正と細川家−」前期:3/18(土)〜4/23(日)
                    後期:4/25(火)〜6/4(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)   
    入館料金:一般800円 シニア(70歳以上)600円 高大生400円 中学生以下:無料
         ※障害者手帳を提示の方と介護者1名は無料
 熊本地震発生から1年。2度の震度7の地震により、熊本のシンボルである熊本城そして数多くの文化財が甚大な被害を蒙った。
 肥後熊本細川家に伝わる文化財を保存・公開する永青文庫で、館蔵の史料や美術工芸品等を通じ、熊本城と細川家の歴史・文化を振り返る。
 加藤清正が築き、細川忠利入城以来240年細川家が守り伝えた熊本城の姿。忠利が客人として招いた宮本武蔵。繰り返された熊本城の被災と普請。参勤交代で使用された御座船・波奈之丸など、熊本城にまつわる歴史を多方面から紐解く。
  紫糸素懸威鉢巻形兜(細川忠利所用)江戸時代(17世紀)
  菊桐紋蒔絵螺鈿徳利(加藤清正所用)桃山〜江戸時代(16〜17世紀)
  熊本総絵図 文久元年(1861)以降
  五輪書 宮本武蔵筆・寺尾勝延書写 江戸時代(17〜19世紀)
 『部分御旧記 災変部』寛永10年(1633)5月11日付
  御船賦之図 橋本又左衛門筆 明治時代(19世紀)
  熊本城下図(自代継社至御花畑)
  熊本城之図 赤星閑意筆 明治時代(19世紀)【前期展示】
  細川忠利像 矢野三郎兵衛吉重筆・沢庵宗彭賛 寛永18年(1641)【前期展示】
  重要文化財 紅梅鳩図 宮本武蔵筆 江戸時代(17世紀) 【前期展示】  
  重要文化財 鵜図 宮本武蔵筆 江戸時代(17世紀)【後期展示】
  細川忠利像 海門宗音賛 江戸時代(18世紀) 【後期展示】 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10586] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/30(Thu) 22:57:39

 新年度にみられる歴史の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用ください。 

【岩手】
もりおか歴史文化館
 ☆企画展「盛岡南部家の生き方・第2部 〜揺らぐ盛岡藩に立ち向かう南部家〜」4/19(水)〜7/2(日)
 ☆テーマ展「花づくし」〜5/15(月)
岩手県立博物館
 ☆テーマ展「中世の南部氏と糠部」9/23(土)〜11/26(日)
 ☆地域展「蘇った気仙―修復された陸前高田資料―(仮題)」平成30年3/3(土)〜5/6(日)

【秋田】
秋田市立佐竹史料館,☆「藩主を支えた家臣たち」〜6/18(日)
秋田大学国際資源学部附属鉱業博物館
 ☆平成28年度特別展「総山奉行梅津政景が興した秋田の鉱山と町」〜5/7(日)

【山形】
伝国の杜 米沢市上杉博物館,☆特別展「戦国時代展 A Century of Dreams」4/29(土・祝)〜6/18(日)

【茨城】
茨城県天心記念五浦美術館
 ☆興福寺中金堂再建・法相柱柱絵完成記念「興福寺の寺宝と畠中光享展」4/8(土)〜5/14(日)

【栃木】
那須野が原博物館,☆企画展「あなたの知らない古地図の世界」10/7(土)〜12/10(日)

【群馬】
群馬の森 群馬県立近代美術館
 ☆「永遠の至福を求めて −MIHO MUSEUM
    古代オリエント・中国コレクションの世界」平成30年2/3(土)〜3/25(日) 
【千葉】
袖ケ浦市郷土博物館
 ☆アクアラインなるほど館ロビー展 写真展「上総武田氏の気吹(いぶき)」〜5/7(日)
千葉県立中央博物館
 ☆千葉県立中央図書館・千葉県立中央博物館共同企画
     「祝日本遺産 北総四都市江戸巡り」〜4/9(日)
【東京】
Bunkamuraザ・ミュージアム
 ☆「ハプスブルク家 稀代のコレクター 神聖ローマ帝国皇帝  
   ルドルフ2世の驚異の世界」平成30年1/6(土)〜3/11(日)
五島美術館,☆館蔵「秋の優品展−大般若経と禅宗−」8/26(土)〜10/25(日)
東京大学総合研究博物館
 ☆東京大学創立140周年記念・加賀前田家本郷邸開設400周年記念特別展示
   「赤門−溶姫御殿から東京大学へ」〜5/28(日)
府中市郷土の森博物館,☆企画展「戦国の府中ー小田原北条氏の時代」4/15(土)〜6/25(日)
駒澤大学禅文化歴史博物館,☆春季特別公開「正法眼蔵嗣書」〜4/8(土)

【神奈川】
鎌倉国宝館
 ☆「平常展−中世鎌倉寺社絵図を中心に−」4/1(土)〜4/16(日)
 ☆「鎌倉の至宝−優美なる慶派のほとけ−」4/22(土)〜6/4(日)
 ☆「常盤山文庫名品展2017」6/10(土)〜7/17(月・祝)
 ☆「平常展」7/22(土)〜8/27(日)
 ☆「国宝 鶴岡八幡宮古神宝」9/1(金)〜10/15(日)
 ☆「鎌倉の足利氏(仮題)−初代鎌倉公方足利基氏とゆかりの寺社−」10/21(土)〜12/3(日)
 ☆「仏像入門」平成30年3/10(土)〜3/31(土)

【新潟】
新潟市新津美術館
 ☆興福寺中金堂再建・法相柱柱絵完成記念「興福寺の寺宝と畠中光享展」9/9(土)〜10/15(日)

【富山】
富山市郷土博物館
 ☆企画展「館蔵武具展 富山サムライの装い」〜4/16(日)<タイトル決定>
 ☆企画展「富山ゆかりの絵画・工芸品」4/29(土・祝)〜6/11(日)

【石川】
石川県立歴史博物館
 ☆春季特別展「北前船と日本海海運」4/22(土)〜5/28(日)
 ☆企画展「描かれた都ー石川に伝わる洛中洛外図屏風たちー」6/11(日)〜7/9(日)
 ☆秋季特別展「禅の心とかたちー總持寺の至宝ー」9/16(土)〜11/5(日)
加賀本多博物館,☆特別展「加賀本多家と家臣たち」〜7/12(水)会期中無休

【福井】
福井県立若狭歴史博物館
 ☆テーマ展 特集展示「若狭と丹後をつなぐもの」〜4/9(日)
 ☆エントランス展示「『解体新書』の世界」〜7/31(月)

【長野】
長野市立博物館,☆「ドキュメンタリー 信玄と謙信〜その実像に迫る〜」4/8(土)〜6/25(日)
信州松代 真田宝物館
 ☆重要文化財「青江の大太刀」特別展示 4/12(水)〜5/15(月)
 ☆企画展「真田家と馬」
  同時開催「真田乱世を生き抜くー真田三代ー」4/5(水)〜6/25(日)
須坂市立博物館
 ☆須坂藩第13代藩主 堀直虎没後150年記念 須坂市立博物館特集展「花は盛りに」〜5/14(日)

【岐阜】
岐阜県博物館
 ☆企画展「関ヶ原 〜天下分け目の合戦と美濃〜」4/22(土)〜6/25(日)
 ☆特別展「壬申の乱の時代−美濃国・飛?国の誕生に迫る」9/15(金)〜11/19(日)
中津川市中山道歴史資料館,☆企画展「中山道中津川宿 街道と宿場の機能」4/1(土)〜9/28(木)

【愛知】
名古屋市博物館
 ☆「シーボルト没後150年記念 特別展 よみがえれ!シーボルトの日本博物館」4/22(土)〜6/11(日)
豊橋市二川宿本陣資料館,☆「館蔵品展」4/22(土)〜6/11(日)
安城市歴史博物館,☆企画展「安城の文化財−モノ語り名品展IV−」4/8(土)〜7/2(日)

【滋賀】
滋賀県立琵琶湖博物館
 ☆「収蔵庫をのぞいてみよう!―歴史展示の舞台裏―(70)」〜4/23(日)
 ☆「収蔵庫をのぞいてみよう!―歴史展示の舞台裏―(71)」4/25(火)〜6/4(日)
滋賀県立安土城考古博物館
 ☆開館25周年記念・平成29年春季特別展「信長のプロフィール」4/29(土・祝)〜6/4(日)
 ☆特別陳列「観音信仰の世界」7/4(火)〜9/3(日)

【京都】
高麗美術館,☆「上田正昭と高麗美術館」4/3(月)〜7/17(月・祝)
立命館大学国際平和ミュージアム
 ☆第107回ミニ企画展示「熟覧II−メディア資料室への誘い−」4/1(土)〜5/28(日)
龍谷大学 龍谷ミュージアム,☆特別展「本願寺の名宝II−守り伝える美とおしえ−」〜6/11(日)
平等院ミュージアム鳳翔館
 ☆平成29年 春季特別展「春のお迎え−舞い降りる花と仏の荘厳美−」〜6/23(金)

【大阪】
堺市博物館,☆「津々浦々―近世瀬戸内海航路図の世界―」〜6/4(日)
大東市立歴史民俗資料館
 ☆平成29年春季展「観音さんへの散歩道ー野崎まいりをめぐる物語ー」〜6/4(日)
四天王寺宝物館
 ☆平成29年春季名宝展「浪花の色
 −花ひらく、近代絵画と四天王寺−」〜5/7(日)

【兵庫】
芦屋市立美術博物館
 ☆「春ひらく―芦屋のたからもの 〜今に伝わる神社、寺院の宝物〜」4/1(土)〜5/21(日)

【奈良】
奈良大学博物館
 ☆平成28年度企画展2「古文書に見る近世・近代の暮らしと社会
     −奈良県山添村毛原地区の資料から−」〜5/6(土)
歴史に憩う橿原市博物館
 ☆平成29年度春季特別展「大海人皇子 天皇への道」4/8(土)〜6/4(日)

【和歌山】
和歌山県立博物館
 ☆特別展「東照宮の文化財II―没後400年 家康の遺宝―」4/22(土)〜6/4(日)
 ☆企画展「紀伊徳川家の家臣たちII」6/10(土)〜7/17(月・祝)
 ☆企画展「西行と明恵」9/9(土)〜10/5(木) 
 ☆特別展「道成寺と日高川―道成寺縁起と流域の宗教文化―」10/14(土)〜11/26(日)
 ☆企画展「ふるさとからのおくりもの 新収蔵品展」平成30年1/27(土)〜3/4(日)

【島根】
松江歴史館
 ☆「―初公開―戦国時代、『出雲国風土記』を語り継ぐ―「灰火山社記」の世界―」 〜4/19(水)
出雲弥生の森博物館
 ☆速報展「ふるさとの記録を守る―古文書を未来へ伝えるために」〜5/22(月)<期間延長>

【岡山】
岡山県立博物館
 ☆企画展「江戸時代の岡山の学び−教育県の源流−」5/25(木)〜7/2(日)
 ☆交流展「つながる縁・つづく縁−岡山県と鳥取県−」10/20(金)〜11/26(日)

【山口】
山口大学埋蔵文化財資料館
 ☆第5回 山口大学学術資産継承事業成果展「宝山の一角」前期:〜4/21(金)
                        後期:5/8(月)〜6/30(金)

【徳島】
徳島市立徳島城博物館
 ☆25周年記念展「大蜂須賀展」4/8(土)〜6/25(日)
 ☆夏の企画展「殿様ライフ―徳島藩主蜂須賀家の生活―」7/1(土)〜8/20(日)

【福岡】
太宰府市文化ふれあい館,☆「古代大宰府と管内諸国展」4/1(土)〜7/17(月・祝)
九州国立博物館
 ☆文化交流展 特別展示「対馬−遺宝にみる交流の足跡−」8/8(火)〜9/18(月・祝)
 ☆文化交流展 特別展示「神と仏と鬼の郷−国東宇佐六郷満山」9/13(水)〜11/5(日)
 ☆文化交流展 特別展示「災害に学ぶ・備える
      〜熊本地震と文化財レスキュー〜」平成30年3/13(火)〜5/6(日)
【佐賀】
武雄市歴史資料館,☆平成28年度企画展「たけおのお宝 Part1」〜4/16(日)
小城市立歴史資料館,☆企画展「十一人の藩主たち」〜5/28(日)

【熊本】
八代市立博物館未来の森ミュージアム
 ☆夏季特別展覧会「探しに行こう!ふるさとの宝もの
     −八代の指定文化財−」(仮称)7/14(金)〜8/27(日)
【宮崎】
都城島津邸・都城島津伝承館,☆収蔵史料展「都城と都城島津家」〜6/25(日)
宮崎県立美術館
 ☆特別展「家康没後四百年 徳川歴代将軍名宝展―久能山東照宮」4/8(土)〜5/28(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                        明日香 光二/馬場 英明


  [No.10605] 【京都】高麗美術館/上田正昭と高麗美術館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/03(Mon) 23:58:56

 京都・上賀茂の高麗美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=26&c=3では、当館の運営に大きな功績のあった歴史学者・上田正昭に関する展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「上田正昭と高麗美術館」 〜7/17(月・祝)
     水曜休館(ただし5/3は開館)(4月より定休日変更)
     入館料金:一般500円 高大生400円 中学生以下は無料 65歳以上の方は2割引 
            障害者手帳をお持ちの方と付添者1名無料
 昨年3月13日に急逝された第二代館長、上田正昭氏は、国を超えた民衆交流の実践と東アジアへの歴史の視点を示し、高麗美術館の基本理念である『民際』へと受け継がれた。
 上田正昭氏が1969年「日本のなかの朝鮮文化」創刊当時より、高麗美術館創設者の鄭詔文や作家・金達寿、司馬遼太郎とともに日本各地へ渡来人の痕跡を発掘する作業を続け、古代朝鮮半島と日本の交わりを地方の視点から見直すという歴史の新たな視座を開いた。上田正昭氏所蔵の『広開土王碑拓本』を展示し、朝鮮通信使資料を公開する。
   『広開土王碑拓本』展示期間:第1面 4/3〜4/25
                     第2面 4/27〜5/23
                     第3面 5/25〜6/20
                     第4面 6/22〜7/17
   (期間中、拓本を再度見学希望者は半券提示で入館100円引き)

ギャラリートーク:4/15(土)16(日)5/20(土)21(日)6/17(土)18(日)7/15(土)16(日)午後2時〜約1時間

記念シンポジウム「上田正昭と私」(仮称)4/30(日)午後2〜4時30分
   ハートピア京都(地下鉄烏丸線 丸太町駅5番出口すぐ)にて 美術館へ電話予約、先着200名
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10617] 【兵庫】神戸市立博物館/遥かなるルネサンス 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/24(Mon) 23:01:18

 神戸三宮の神戸市立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=22では、天正遣欧少年使節がたどったイタリアの歴史展を開催中です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア」 〜7/17(月・祝)
    月曜休館(7/17(月・祝)は開館)
    入館料金:一般1300円 大学生900円  高校生700円  小中生500円
           65歳以上で「神戸市すこやかカード(老人福祉手帳)」持参の方は半額。
           障がい者手帳などの提示で無料
           小中学生で「のびのびパスポート」の提示で無料
 16世紀、イエズス会士ヴァリニャーノは、日本での布教をさらに深めるために「天正遣欧少年使節」を派遣。伊東マンショら4人の少年たちは、1582年に長崎から旅立ち、ローマで教皇グレゴリウス13世に謁見、各地で手厚いもてなしを受けた。本展では、天正遣欧少年使節が訪れたイタリア各地の都市の芸術を紹介し、彼らの足跡をたどる。ブロンズィーノやティントレットの絵画作品を始め、タピスリー、陶器、ガラスなどの工芸品や書簡資料など、約70件。
  大公の工房、クリストーファノ・ガッフーリ(ヤコポ・リゴッツィの作品に基づく) 《リヴォルノ港の景観》1601‐04年 ウフィツィ美術館
  ローマの画家《ヨーロッパ内外にセミナリオを設立するグレゴリウス13世》16世紀末‐17世紀初頭 グレゴリアン大学
  ウルビーノ窯、パタナッツィ工房《市民を救うカエサルが描かれた大皿》1580‐90年頃 マヨリカ陶器 バルジェッロ美術館
  ドメニコ・ティントレット《伊東マンショの肖像》 1585年 トリヴルツィオ財団
  ティントレット(ヤコポ・ロブスティ)《レダと白鳥》1551−55年 ウフィツィ美術館
  ポンペオ・デッラ・カーザに帰属《ヴィンチェンツォ1世・ゴンザーガの冑》1584年頃  トリノ王立兵器博物館
  《伊東マンショからヴィンチェンツォ・ゴンザーガにあてた手紙》1585年8月2日付 マントヴァ国立文書館、ゴンザーガ文書館 など

記念講演会:地階講堂にて、午後2時〜3時30分、定員:各160人、入館券要、当日午後1時より講堂前で整理券配布
4/30(日)「ルネサンスからマニエリスムへ」岡田 温司 氏(京都大学大学院 教授)
5/14(日)「ヨーロッパの知識を日本に伝える―天正遣欧少年使節の背景と意味するもの―」
         シルビオ・ヴィータ氏(京都外国語大学 教授)

イヴニング・レクチャー(学芸員による)毎週土曜日 午後5時〜約30分
  地階講堂にて、定員160名、要入館券、当日先着順

こどもの日スペシャル:子供向けのやさしい解説会と親子で展覧会見学
5/5(金・祝)午前の部10時30分〜12時/午後の部2時〜3時30分(※解説会30分)
対象:小中学生の子供とその保護者 定員:各回先着50組(当日受付)要入館料
各回開始30分前から地階講堂前で整理券配布

ジュニアミュージアム講座(ワークショップ)
(1)5/28(日)午前10時〜12時「きみだけの仮面舞踏会マスクをつくってみよう!」5/18(土)消印有効
(2)6/25(日)午前10時〜12時「天正遣欧少年使節を屏風絵にえがいてみよう!」6/10(土)消印有効
対象:小学4年生〜中学生 定員:各回20名(応募多数の場合は抽選)
参加費:500円(付添の保護者は団体割引入館料金が必要)
申込方法:往復葉書に希望講座の講座名、参加希望の子供全員の名前、学年、電話番号、返信用の宛名を記入し、「神戸市立博物館 子供プログラム係」まで(1枚で3名まで申し込み可。参加希望全員の名前を記入、1枚で複数の講座への申込は不可)
 申込先:〒650−0034 神戸市中央区京町24番地 神戸市立博物館 子どもプログラム係
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10688] 【兵庫】神戸市立博:遥かなるルネサンス 見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/05(Mon) 22:46:45

 神戸市立博物館で開催中の「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア」 を見てきました。
 「日本人が見た西洋」という観点なので、旅心をみたせそうで期待していました。ザビエルにはじまる日本へのキリスト教布教の最後のステージとして、桃山文化の一端で語られます。彼らが帰ってきた時には、秀吉が禁教令を敷いていて、大きな役割はを日本で果たせなかった、という印象がありました。日本の桃山時代って結構新しいような気がしていましたが、ルネサンスの時期なんですね。
 3年もかけてイタリアへ着き、5年もかけて日本へ帰着。その間、わずか3ヶ月でローマ教皇に謁見し、かつ教皇の代替わりにも行き会わせ、イタリア北部の主要都市を訪問し歓迎されて、現在の我々が見てもうらやましい巡歴をしています。
 あのフィレンツェのメディチ家からも歓待されていた日本人、というのが日本史の輝かしい一面を見ました。
 今回の目玉作品は、ミラノで最近発見されたティントレット息子作の《伊東マンショの肖像》。東洋人の若者の自然な風貌を捉え、あの支倉常長像と同種の感動を覚えます。「ヨーロッパ人が見た、近世の日本人」をも感じることのできる展示でした。

                               明日香 光二/馬場 英明


  [No.10618] 【福岡】九州国立博物館/タイ〜仏の国の輝き〜 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/24(Mon) 23:02:36

 太宰府市の九州国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=40&c=66では、タイの仏教の展示が開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆特別展「タイ〜仏の国の輝き〜」〜6/4(日)
    月曜休館(5/1(月)は開館)
    入館料金:一般1600円 高大生1000円 小中生600円
          夜間割引:当日午後5時以降200円引き
          障がい者手帳等をご持参の方とその介護者1名は無料
          (満65歳以上の方は前売り一般、要証明)
 国民の95%が信仰する仏教国タイで花開いた文化。重厚な古代彫刻群、優美な仏像、仏塔に納められた黄金の品々や、仏教の世界観で荘厳された仏堂の輝き。タイ王国門外不出の名宝を含む仏教美術を集め、仏教がタイの文化形成に果たした役割をみる。
  仏陀説法図頂板 ナコーンパトム県ワット・サイ遺跡出土 ドヴァーラヴァティー時代 7〜8世紀
  法輪 スパンブリー県ウートーン遺跡第11号仏塔跡出土 ドヴァーラヴァティー時代 7世紀
  仏陀立像 アユタヤー県ワット・ナープラメーン伝来 ドヴァーラヴァティー時代 7〜8世紀
  ナーガ上の仏陀坐像 スラートターニー県ワット・ウィアン伝来 シュリーヴィジャヤ様式 12世紀末〜13世紀
  ヒンドゥー神話の両性具有神 アルダナーリーシュヴァラ坐像 ウボンラーチャターニー県 プレ・アンコール時代 8〜9世紀初
  仏陀遊行像 スコータイ県ワット・サワンカラーム伝来 スコータイ時代 14〜15世紀
  仏足跡 カムペーンペット県ワット・サデット伝来 スコータイ時代 15世紀
  スコータイのヒンドゥー神像 ハリハラ立像 スコータイ県ホー・テーワラーイ・マハーカセート・ピマーン遺跡出土か 15世紀
  金冠 アユタヤー県ワット・ラーチャブーラナ遺跡仏塔地下出土 アユタヤー時代 15世紀初
  金舎利塔 アユタヤー県ワット・ラーチャブーラナ遺跡仏塔地下出土 アユタヤー時代 15世紀初
  末吉船図衝立 江戸時代 安政5年(1858)大阪・杭全神社(展示期間 〜5/7)
  カティナ(功徳衣)法要図 ラタナコーシン時代 1918年(展示期間 〜5/7)
  四耳壺 堺環濠都市遺跡出土 アユタヤー時代 16世紀後半〜17世紀
  ラーマ2世王作の大扉  バンコク都ワット・スタット仏堂伝来 ラタナコーシン時代 19世紀 など

リレー講座「見たい 行きたい よかタイ!」午後2〜3時30分
      事前申込不要、当日受付:先着280名、1階ミュージアムホールにて、入館料のみ
第1回:5/6(土)
「アユタヤーの日本人」 望月規史氏(研究員)
「タイのごちそう決定版!- ラーマ2世王の饗宴詩 - 」 山田均氏(公立大学法人名桜大学教授)

第2回:5/13(土)
「仏陀の足跡を求めて」 小泉惠英氏(学芸部長)
「輝ける仏の国 タイ」 原田あゆみ氏(特別展室長)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10622] 【奈良】国立博物館/快慶 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/27(Thu) 23:22:46

 奈良国立博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=29&c=2では4/8(土)から、大仏師の展覧会が開催されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆ 特別展「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」 4/8(土)〜6/4(日)
      月曜休館(5/1(月)は開館)
      午前9時30分〜午後5時(金土は午後7時まで、入館は閉館の30分前まで)
      入館料金:一般1500円 高大生1000円 小中生500円
            障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は無料
 鎌倉彫刻様式の完成に重要な役割を果たした快慶は、重源率いる東大寺再興に重用されたが、 単に仏師として重源にしたがっていたのではなく、熱心な阿弥陀信仰者として造仏に臨んでいた。阿弥陀如来立像の姿は、後世「安阿弥様」と称され、来迎形阿弥陀の一典型としてながく受け継がれ、平安時代の定朝様式にも匹敵する役割を果たしたといえる。
 本展は、快慶の代表的な作品を一堂に集めて偉大な足跡をたどり、快慶作品の成立と密接に関わる絵画や、高僧たちとの交渉を伝える史料をあわせて展示し、多くの謎に包まれた快慶の実像に迫る。
   重要文化財 弥勒菩薩坐像(〜6/4展示)京都・醍醐寺 木造 鎌倉時代 建久3年(1192) 快慶作
   弥勒菩薩立像 アメリカ・ボストン美術館 木造 漆箔
      像内納入品 弥勒上生経及び宝篋印陀羅尼 紙本墨書 鎌倉時代 文治5年(1189) 快慶作
   重要文化財 四天王立像のうち広目天・多聞天 和歌山・金剛峯寺 木造 彩色・截金 鎌倉時代(12世紀) [広目天]快慶作
   重要文化財 阿弥陀如来立像  奈良・東大寺 木造 金泥塗・截金 鎌倉時代 建仁3年(1203) 快慶作
   国宝 僧形八幡神坐像  奈良・東大寺 木造 彩色 鎌倉時代 建仁元年(1201) 快慶作
   重要文化財 阿弥陀如来坐像 広島・耕三寺 木造 漆箔 鎌倉時代 建仁元年(1201) 快慶作
   菩薩坐像 静岡・伊豆山浜生協会 木造 漆箔 鎌倉時代 建仁元年(1201) 快慶作
   重要文化財 不動明王坐像 京都・醍醐寺 木造 彩色・截金 鎌倉時代 建仁3年(1203) 快慶作
   重要文化財 兜跋毘沙門天立像 京都・青蓮院 木造 彩色・漆箔 鎌倉時代(13世紀)
   重要文化財 十一面観音菩薩立像 三重・パラミタミュージアム 木造 漆箔 鎌倉時代(13世紀) 長快作
   釈迦如来立像 アメリカ・キンベル美術館 木造 金泥塗・截金 鎌倉時代(13世紀) 快慶作
   重要文化財 阿弥陀如来立像 奈良・西方寺 木造 金泥塗・截金 鎌倉時代(12〜13世紀) 快慶作
   重要文化財 阿弥陀如来立像 京都・極楽寺 木造 漆箔
     像内納入品 現在過去帳1枚 紙本墨書
             嘉禄三年法花三十講経名帳1巻 紙本墨書
             過去訪名帳1巻 紙本墨書
             阿弥陀如来印仏1枚 紙本墨摺 鎌倉時代 嘉禄3年(1227)頃 行快作   など
公開講座:講堂にて、午後1時30分〜3時(午後1時開場)定員194名、先着順、要入館券
5/13(土)「快慶の生涯と「如法」の仏像」 山口 隆介氏(学芸部研究員)
5/27(土)「快慶作品に関する二、三の問題」 岩田 茂樹氏(学芸部上席研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10639] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/01(Mon) 23:18:35

 初夏から見られる歴史の新しい展示を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて訪問にご利用下さい。

【岩手】
一関市博物館,☆ゴールデンウィーク展「一関藩家老席沼田家の遺宝」〜5/7(日)
高野長英記念館,☆平成29年 春の企画展「高野長英肖像画展」〜6/11(日)

【東京】
千秋文庫博物館,☆企画展「戦いのしるし−古戦場絵図・武具図展」5/16(火)〜7/15(土)  
アーツ千代田3331,☆特別企画展「橋を渡る〜東京から江戸へ〜」〜5/14(日)
東洋文庫ミュージアム
 ☆企画展「ナマズが暴れた!?安政の大地震展―大災害の過去・現在・未来」〜8/6(日)
相撲博物館,☆「横綱」 〜6/16(金)
郵政博物館,☆郵政博物館誕生115年記念「-通信のあゆみ-悠久の大逓信展」〜6/25(日)

【神奈川】
神奈川県立金沢文庫
 ☆特別展「アンニョンハセヨ!
     元暁法師 日本が見つめた新羅・高麗仏教」6/23(金)〜8/20(日)
 ☆特別展「横浜の元祖 宝生寺 宝生寺聖教横浜市文化財指定記念」9/1(金)〜10/29(日)
 ☆特別展「唐物 KARA-MONO 
       中世鎌倉文化を彩る海の恩恵」11/3(金・祝)〜平成30年1/8(月・祝)
 ☆特別展「運慶 鎌倉幕府と霊験伝説」平成30年1/13(土)〜3/11(日)
 ☆特別展「十二神将 修理完成記念特別公開」平成30年3/16(金)〜5/6(日)

【京都】
京都国立博物館
 ☆京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会「国宝」10/3(火)〜11/26(日)
東寺(教王護国寺)宝物館,☆「東寺と後七日御修法 弘法大師空海の宝物」〜5/25(木)

【兵庫】
たつの市立龍野歴史文化資料館
 ☆「脇坂安治・安元資料特別公開ー秀吉・家康・秀忠たちの手紙ー」〜6/18(日)

【和歌山】
高野山霊宝館,☆春期企画展「霊場高野山 −納骨信仰の世界−」〜7/9(日)

【鳥取】
渡辺美術館
 ☆「お宝展」〜5/8(月)
 ☆「井伊家と武将たち」5/20(土)〜6/29(木)
米子市立山陰歴史館
 ☆企画展「米子の神社〜米子市指定有形文化財を中心に〜」〜5/28(日)
祐生出会いの館,☆祐生コレクション「神社仏閣の真景図展」〜6/5(月)

【広島】
松濤園,☆御馳走一番館「もてなしの心−江戸時代の饗応」〜7/3(月)

【松山】
今治市村上水軍博物館,☆企画展「能島村上家伝来資料群」〜6/25(日)

【福岡】
田川市石炭・歴史博物館,☆リニューアル記念企画原画展「ユネスコへの27枚」〜5/28(日)

【佐賀】
佐賀県立名護屋城博物館
 ☆企画展1「文禄・慶長の役と肥前名護屋の大名陣屋」〜6/11(日)
 ☆企画展2「バーチャル名護屋城の世界II」7/7(金)〜9/3(日)
 ☆企画展3「語り継がれる名護屋城」9/22(金)〜11/5(日)

【長崎】
シーボルト記念館
 ☆第77回企画展 「シーボルトとオタクサ」〜6/18(日)
 ☆第30回特別展 「長崎の游学者たち−高野長英から坂本龍馬まで−」9/8(金)〜11/5(日) 
生月町博物館「島の館」,☆春季企画展「かくれキリシタンの信仰〜山田の様相〜」〜5/28(日)
平戸オランダ商館,☆企画展「銀の対価 Silver Linings 」〜6/19(月)

【熊本】
熊本市現代美術館,☆GIIIvol.116「熊本市被災文化財のいま」5/4(木)〜7/2(日)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                       明日香 光二/馬場 英明


  [No.10679] 【歴史】展覧会案内 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/01(Thu) 00:34:59

  歴史の新しい展覧会を紹介します。ほっとミュージアムに紹介済みのものに加えて、訪問にご利用下さい。

【栃木】
大田原市なす風土記の丘 湯津上資料館
 ☆トピック展「那須国造碑をめぐる人々 木曾武元」〜6/4(日)
 ☆第25回特別展「那須の人々の心とほとけ 
   古代から中世初期の仏教をたどる」9/16(土)〜11/19(日)那珂川町なす風土記の丘資料館  と併催
那珂川町なす風土記の丘資料館
 ☆第25回特別展 那須の歴史をひもとくIII「那須の人々の心とほとけ
  −古代から中世初期の仏教をたどる−」9/16(土)〜11/19(日)
大田原市なす風土記の丘湯津上資料館と併催

【東京】
新宿歴史博物館,☆所蔵資料展「れきはく どうぶつえん」〜8/27(日)

【神奈川】
根岸競馬記念公苑 馬の博物館
 ☆テーマ展「江戸時代の町と馬」6/10(土)〜9/3(日)
 ☆企画展「馬をめでる武士の手紙」11/3(金・祝)〜12/3(日)

【福井】
福井県立歴史博物館,☆特別展「越前若狭の医学史―ふくいの医人たち―」7/21(金)〜8/27(日)期間中無休

【兵庫】
西宮市立郷土資料館,☆第33回特別展示「念仏行者徳本―行脚の足跡と女人救済ー」7/15(土)〜8/27(日)

【島根】
島根県立古代出雲歴史博物館
 ☆特別展・世界遺産登録10周年記念「石見銀山展−銀が世界を変えた−」7/14(金)〜9/3(日)
 ☆特別展「島根の仏像―平安時代のほとけ・人・祈り―」10/20(金)〜12/4(月)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
               明日香 光二/馬塲 英明


  [No.10623] 【大阪】市立美術館/木×仏像 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/04/27(Thu) 23:23:49

 天王寺公園の大阪市立美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=10では、仏像の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「木×仏像(きとぶつぞう)−飛鳥仏から円空へ 日本の木彫仏1000年」 〜6/4(日)
       月曜休館(5/1は開館)
       入館料金:一般1300円 高大生1100円
             中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)は無料(要証明)。
 日本人にとって身近でありながらも、祈りの対象でもあった「樹」を伐り出し、大地から切り離された「木」に彫られた仏像や神像をテーマとし、仏像の素材となった木の種類、あるいは木材の用いられ方など素材に注目することによって、仏像に込められた深い意味を理解する手掛かりとし、その魅力を再発見する。
  木造 菩薩立像 飛鳥時代(7世紀) 東京国立博物館
  重要文化財 木造 薬師如来立像 奈良時代(8世紀) 奈良・唐招提寺
  重要文化財 宝誌和尚立像  平安時代(11世紀) 京都・西往寺
  木造 閻魔王坐像 厨子入 鎌倉時代(13〜14世紀) 大阪・正明寺
  木造 秋葉権現三尊像 江戸時代(17世紀)円空作  など

講演会:1階 講演会室、午後2〜3時30分(1時30分開場)定員150名(当日先着順)要入館券
4/29(土祝)「日本×木×仏像」齋藤龍一氏(主任学芸員)
5/6(土)「御衣木(みそぎ)の文化史」児島大輔氏(学芸員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10663] 【兵庫】香雪美術館/悉有仏性 摩滅の美 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/05/31(Wed) 00:00:17

 阪急御影の香雪美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=28&c=3では、仏教美術の展示を開催中です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「悉有仏性(しつうぶっしょう)〜全てのものに仏性がある〜
      佐藤辰美コレクション展 I 摩滅の美。」前期:〜6/11(日)
                         後期:6/13(火)〜7/2(日)
    月曜休館:午前10時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
    入館料金:一般800円 高大生500円 中学生以下無料

 現代美術収集家として知られる佐藤辰美氏が、1990年代半ばより収集を始め、2000年代半ば以降より本格的に集めだした仏教美術コレクションの中から選りすぐりを2期に分けて展示。

 第1期では、平安時代の「金胎仏画帖」の一部である「滅悪趣菩薩像」や、鎌倉時代に高山寺を開いた明恵上人が記した『夢記』断簡などの仏教美術の名品を紹介し、摩滅し、朽ち果てつつある仏像や経典、荘厳具などの断片、断簡に宿る美を紹介。
 一部分を欠失し、朽ち果ててもなお、信仰の対象として大切に保管され、一切の衆生、すべてのものに仏性(仏となる心)があるというこの精神は、佐藤氏のコレクションにも反映されている。
  乾漆仏断片 奈良時代
  平等院鳳凰堂飾 断片 平安時代
  蓮華型杓香炉 鎌倉時代
  明恵夢記 平安時代 など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10501] 【長崎】歴史文化博物館/シーボルトの日本博物館 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/22(Wed) 21:31:18

 長崎市立山の長崎歴史文化博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=42&c=19では、シーボルトの日本収集物の展示を開催中です。  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」〜4/2(日)
    3/13(月)のみ休館
    入館料金:大人1200円(1000円) 高大生・シニア[70歳以上]700円(500円) 中学生以下無料
          ※前期購入チケットで、後期は通常料金の半額
        ( )内は前売及び15名以上の団体、身体障がい者手帳、療育手帳、
          精神障がい者保健福祉手帳持参者の料金
 ドイツの医者で博物学者のフィリップ・フォン・シーボルトは1823年(文政6)に出島のオランダ商館付医師として長崎に赴任、また幕末の再来日、二度にわたる日本滞在中に収集した、日本の自然や生活文化に関わる膨大な資料で日本コレクションを形成しヨーロッパへ持ち帰った。これらをもとに日本をテーマとする博物館を構想したが、そのうち、彼の終焉地ドイツ・ミュンヘンに残る貴重なコレクションを中心に彼が構想した日本博物館を紹介。
   花鳥図衝立 江戸時代後期
   人物画帳 川越人足 川原慶賀筆 江戸時代後期(1823−1830)期間中頁替えあり
   酒呑童子文法被(長崎くんち衣裳)江戸時代後期(後期:3/14〜4/2展示)
   日本植物誌(図版)オタクサ(あじさい)19世紀(後期:3/14〜4/2展示)
   赤絵染付諫鼓鶏香炉 江戸時代後期
   魚形蓋物(鯉)江戸時代後期
   鉄線蒔絵燈籠形弁当箱 江戸時代後期 など

報告会:2/25(土)1階ホールにて、午後2〜5時30分、定員140名、無料、先着順
「ドイツに残るシーボルトコレクションの魅力」
   報告者:日高薫氏・青山宏夫氏(国立歴史民俗博物館教授)
       宮坂正英氏(長崎純心大学教授)
       原田博二氏(長崎史談会会長)

トーク&コンサート「シーボルトと日本のメロディ」
 2/26(日)1階ホールにて、午前11時〜正午、定員140名、入館券のみ、先着順
  演奏:宮坂純子氏(フォルテピアノ)
  解説:宮坂正英氏(長崎純心大学教授)

講演会:2/26(日)1階ホールにて、午後2時〜、定員140名、無料、先着順
「橋の向こうに出島が見える〜旧出島橋の変遷と構造〜」山口美由紀氏(出島復元整備室学芸員)

特別講座:3/11(土)1階ホールにて、午後2時〜、定員140名、無料、先着順
 「シーボルトと阿蘭陀通詞」織田毅氏(シーボルト記念館館長)

長崎史談会 公開講座:3/19(日)午前10時〜、定員140名、無料、先着順
 「シーボルト・コレクションにおける長崎関係資料
  〜ミュンヘン五大陸博物館の調査に参加して」原田博二氏(長崎史談会会長)

長崎学講座スタンダード:3/19(日)午後2時〜、定員140名、無料、先着順

 「シーボルト滞在の頃」矢田純子氏(当館研究員)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                 参考:館のチラシとホームページ

                 明日香 光二/馬場 英明


  [No.10529] 【滋賀】大津市歴史博物館/ 村の古地図−志賀地域を歩く−[3/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/02/27(Mon) 23:54:13

 大津市歴史博物館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=25&c=1では、志賀地域の古地図を3/4(土)から展示されます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆志賀町・大津市合併10周年記念展「村の古地図−志賀地域を歩く−」3/4(土)〜3/26(日)
    月曜休館(祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般:320円 高大生240円 小中生160円
           大津市内在住の65歳以上の方は、一般料金の半額。
           大津市内在住の障がい者・介護保険の要介護者及び要支援者の方と介護者1名は無料(要証明)
 志賀町と大津市が合併して10年を記念し、志賀地域にあたる和邇・木戸・小松学区各地域に残る、江戸時代から明治時代にかけての村や自然の景観を描き込んだ古地図を展示し、その移り変わりを紹介。
 町史編纂時に調査・整理され、大切に保管されている古地図には、江戸時代の検地に際して作成された絵図や、村々による山林や河川の共同管理、境界争いの際に領主(幕府や大名)から下された裁許絵図、さらには明治時代の地租改正に伴って作られた地籍図など、内容豊かな古地図が残されている。細部をよく眺めると、田畑や山林だけでなく、現在につながるかつての景観が描かれている。
 本展では、江戸時代や明治時代の志賀地域の村々の絵図や地籍図を展示。
    いさざ漁村々絵図 江戸時代:琵琶湖に接する志賀町域の村々の位置がわかる
    比良庄絵図写 江戸時代:比良庄の範囲をめぐる争いの足跡! 室町時代の荘園絵図
    和邇中村絵図:江戸時代 村の全体像がよくわかる!
    小野村絵図 江戸時代:小野妹子伝承の地! 江戸時代の小野村を描いた村絵図
    霊仙山他山論絵図 寛永6年(1629):境界争いが周囲の村々の仲介によって解決!
    北小松村絵図 天保2年(1831)相給村落の様子がよくわかる!    など


関連講座:3/11(土) 午後2時〜 博物館にて、事前申込制、500円、定員100名、応募多数の場合は抽選
「描かれた江戸時代の村社会」水本邦彦氏(京都府立大学・長浜バイオ大学名誉教授)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10535] 【大阪】藤田美術館/ザ・コレクション[3/4(土)〜] 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/03/03(Fri) 23:25:01

 大阪城北詰の藤田美術館http://hiroba.travel.coocan.jp/museum/museum_data_kikaku.php?pref=27&c=0で、明日3/4(土)から開催される展覧会の紹介をします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆「ザ・コレクション」3/4(土)〜6/11(日)
     月曜と3/21(火)休館(3/20と造幣局桜の通り抜け期間の月曜は開館)
     入館料金:大人800円 高大生500円 小中生300円
 所蔵作品のなかから特に名品を選りすぐり、所蔵9件の国宝と多数の重要文化財を含む約50点を展示。
    国宝 曜変天目茶碗
    重文 古今和歌集巻第十八断簡(高野切)
    重文 木造地蔵菩薩立像 快慶作
    国宝 仏功徳蒔絵経箱
    重文 春日明神影向図 高階隆兼筆    など
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                   参考:館のチラシとホームページ

                      明日香 光二/馬場 英明


  [No.10687] 【大阪】藤田美術館:ザ・コレクション を見ました 投稿者:明日香 光二/馬場  投稿日:2017/06/05(Mon) 22:45:59

 大阪都心に本格的な美術館が少ないなか、空いた時間に美術品を見てひと休みしたい、というには貴重な美術館でした。
 日曜の午後、ちょっと立ち寄りたくなって訪れました。

 今回は、とくにテーマを設けない「ザ・コレクション」すなわち名品展示ですが、この館の代名詞とも言える「国宝 曜変天目茶碗」はやはり逸品。偶然の成果とは思えない、瑠璃色の模様の神秘に引き寄せられます。桃山期のものとは思えません。
 今回、特に注目したのは「国宝 仏功徳蒔絵経箱」。寝殿造りの調度として蒔絵が流行したと、平安時代の歴史で習うのですが、平安時代の蒔絵って全く見たことがありませんでした。こういうテーマで描かれたのだな、と注視しました。

 この展示は来週6/11(日)までで、館の立て替えのために2020年まで休館だそうです。建物時代が歴史を感じさせる「蔵」のような館でしたから、趣がかわるであろうことは少し残念ですが、文化財保存や鑑賞のためには、最新施設になることはうれしいことです。その間また、大阪都心に館が減るのですが。

                           明日香 光二/馬場 英明


  [No.10689] Re: 【大阪】藤田美術館:ザ・コレクション を見ました 投稿者:   投稿日:2017/06/07(Wed) 22:02:45

こんにちは

 藤田美術館って、通年開いていないため、大阪に行くことがあってもなかなか日程が合わない所でした。

 あと3年待たないといけなくなりましたか。