長崎県
12 /60ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ながさきしきゅうほんこんしゃんはいぎんこうながさきしてん   ジャンル
長崎市旧香港上海銀行長崎支店記念館 長崎近代交流史と孫文・梅屋庄吉ミュージアム   歴史  
WEB http://www.nmhc.jp/museum/index.html  
TEL 095-827-8746  
FAX 095-827-8746  
企画展  
所在地850-0921
長崎市松が枝町4-27 
公共交通 JR長崎駅より長崎電軌正覚寺下行きで築町乗り換え、
石橋行きで、大浦天主堂下下車徒歩5分 
道路案内  
開館時間 午前9時〜午後5時(入館は閉館20分前まで) 
休館日 第3火曜 
入館料金
(常設時) 
一般300円 小中生150円 
展示内容 香港上海銀行の業務や、近代貿易港としての長崎、戦前の長崎〜上海航路の盛衰など主に近代の長崎と中国方面の商業的結びつき。2Fに、独創的でユーモラスな久保田馨のミニチュア造形「頓珍漢人形」を展示。建物は、平成8年に保存が完成した、同銀行の明治37年製の洋館(重文)。 
観覧時間 約40分 
その他
(販売・友の会等) 
案内図や案内板には「長崎市歴史民俗資料館」と書かれていたりします。巨大な洋館で、デパートだったりしてもおかしくありません。昭和6年に同銀行が閉店されてからは、警察署や、資料館として、改造されながら使われてきました。平成2年に重文指定後、元の銀行の様子に復元修理されて、現在の資料館になりました。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2015/12/31 0:00:00