広島県
66 /78ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
うみのみえるもりびじゅつかん   ジャンル
海の見える杜美術館   美術  
WEB http://www.umam.jp  
TEL 0829-56-3221  
FAX 0829-56-0661  
企画展 ☆春期特別展「幸若舞曲と絵画 武将が愛した英雄たち」3/2(土)〜5/12(日)
    月曜休館(4/29、5/6は開館)5/7(火)休館
    入館料金:一般1000円 高大生500円 中学生以下無料
     *障がい者手帳などをお持ちの方は半額。介添えの方は1名無料
     タクシー来館特典:タクシーでご来館の方、タクシー1台につき1名入館無料(タクシー領収書を受付に提示)

 幸若舞曲は、源平合戦に取材した物語や、源義経を主人公とした義経物、曽我兄弟の仇討ちの顛末を伝える曽我物など、武士の活躍を題材にした演目で、戦国武将たちに愛された芸能のひとつ。桶狭間の戦いを前にした織田信長が、幸若舞曲「敦盛」の一節を舞ったことが有名。江戸時代初期、17世紀には、この幸若舞曲を主題とする絵巻や絵本、屏風などが、大名などに求められ、金や鮮やかな色彩で彩られた豪華な作例が多数残される。本展覧会は、当館所蔵の《舞の本絵本》(全47冊)を軸に桃山時代から江戸時代の作例を展示し、幸若舞曲を主題とする絵画をまとめて紹介。
 《舞の本絵本》全47冊 江戸時代 17世紀
 山本元休筆《大職冠図屏風》 六曲一双 江戸時代 17世紀 
 《銀地烏帽子折物語絵巻屏風》 六曲一双 桃山時代 16世紀末 
 土佐光吉筆《曽我物語図屏風》 六曲一双 桃山時代 16世紀 
 狩野春雪筆《夜討曽我絵巻》 9巻のうち巻1 江戸時代 17世紀
 《天狗の内裏絵巻》2巻 江戸時代 17世紀
 《平家物語扇面画帖》 2帖 江戸時代 17世紀
 《源平盛衰記絵本》 50冊 江戸時代 17世紀  など

公開シンポジウム「『舞の本』と華麗なる江戸絵巻・絵本の世界」(要事前申込、先着順)
4/13(土) 午後1時30分〜5時 別館講堂にて、定員100名、無料
申込方法:Eメールまたは往復はがき(1通につき2名まで)
「幸若展シンポジウム参加希望」(1)参加人数(2)参加希望者全員の氏名(3)代表者の住所
(4)代表者の電話番号を明記し、4/5(金)締切、定員に達すれば締切
 往復はがきの場合は、返信宛先に代表者の住所氏名を記入
 メールアドレス: info@umam.jp
 はがき宛先:〒739-0481 広島県廿日市市大野亀ヶ岡10701 海の見える杜美術館 幸若展シンポジウム事務局宛
学芸員によるスライドレクチャー:5/3(金・祝)午後1時30分〜2時30分、入館料のみ、申込不要、定員20名
学芸員によるギャラリートーク:3/23(土)4/20(土)5/4(土)午後2時〜(30分程度) 
所在地739-0400
廿日市市大野亀ヶ岡701 
公共交通 JR宮島口駅、広電宮島駅からタクシー10分 
道路案内 山陽道大野ICから約10分
西広島バイパス→宮内交差点→湯来方面へ5分→畑口橋交差点左折5分
無料駐車場、自家用車100台、バス10台 
開館時間 午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで) 
休館日 展覧会毎に異なる 
入館料金
(常設時) 
一般1000円 高大生500円 中学生以下無料
 障がい者手帳などをお持ちの方は半額、介添えの方は1名無料 
展示内容 竹内栖鳳とその弟子達、また浮世絵に大きな影響を与えた蘇州版画などの作品群や資料等。古典芸術を現代アートとして多彩に表現するアーティスト「ミヤケマイ」の作品。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
カフェ・ド・ラ・ポスト、杜の遊歩道、セイホウ・オンブラージュ(予約制レストラン)あり。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2018/08/30 0:00:00