兵庫県
30 /167ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ひょうごけんりつびじゅつかんげいじゅつのやかた   ジャンル
兵庫県立美術館「芸術の館」   美術  
WEB http://www.artm.pref.hyogo.jp  
TEL 078-262-0901  
FAX 078-262-0903  
企画展 ☆「ミニマル/コンセプチュアル:
  ドロテ&コンラート・フィッシャーと1960-70年代美術」3/26(土)~5/29(日)
     月曜休館
     入館料金:一般1600円
大学生1200円 70歳以上800円 高校生以下無料
          障がいのある方一般400円 大学生100円

                障がいのある方1名につき介護者1名無料
          予約制ではないので混雑時は入場制限あり。

 1960年代のアメリカで展開した美術の潮流・ミニマル・アートは、作家の手仕事やその痕跡を廃し、工業用素材や既製品を用い単純で幾何学的な形やその反復から成る作品で、続いて現れ国際的な広がりを見せたコンセプチュアル・アートは、物質的な制作物以上に、その元となるコンセプトやアイデアを重視し、言葉や印刷物、日用品、作家自身の行為、それを記録する写真や映像など、多様な媒体が用いられた。
 1967年にデュッセルドルフにギャラリーを開いた、ドロテ&コンラート・フィッシャー夫妻は、同時代の国際的な作家たちの作品を収集し、制作過程に関わる書簡や指示書、ドローイングといった多彩な資料も保管した。

1 工業材料と市販製品 カール・アンドレ/ダン・フレイヴィン
   カール・アンドレ《雲と結晶/鉛、身体、悲嘆、歌》1996年
2 規則と連続性 ソル・ルウィット/ベルント&ヒラ・ベッヒャー
   ソル・ルウィット《ストラクチャー(正方形として1、2、3、4、5)》
   ソル・ルウィット《モデュラー・ストラクチャーのためのワーキング・ドローイング》1970年
3 工業材料と市販製品 ハンネ・ダルボーフェン/河原 温
   ハンネ・ダルボーフェン《7月1日―31日の賃金・給与リスト、1968年7月25日》1968年 
4 「絵画」の探究
 ゲルハルト・リヒター《エリザベート(CR104-6)》1965年
5 場への介入
   ダニエル・ビュレン《定まらないフォルムの絵画》1965年
6 枠組みへの問いかけ マルセル・ブロータース/ローター・バウムガルテン
7 歩くこと リチャード・ロング/スタンリー・ブラウン
   リチャード・ロング《歩行による線》1967年
8 知覚 ヤン・ディベッツ/ブルース・ナウマン
9 芸術と日常 ブルース・ナウマン/ギルバート&ジョージ
   ギルバート&ジョージ《アーチの下で(ボックス)》1969年

講演会:4/9(土)ミュージアムホール 午後2~3時30分(開場は30分前から)定員110名(入館券のみ先着順)
「ミニマル / コンセプチュアルって何?現代美術の楽しみ方」林 寿美 氏(インディペンデント・キュレーター)


学芸員による解説:4/23(土)5/7(土)午後3時~45分:レクチャールームにて、定員40名(先着順





☆特別展「スーラージュと森田子龍(仮題)」開催延期(2022年度以降) 
所在地651-0073
神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
公共交通 阪神電鉄岩屋駅から徒歩8分 JR灘駅南口から徒歩10分 
阪急電鉄王子公園駅から徒歩15分 
JR神戸線六甲道駅・灘駅、阪急神戸線王子公園駅から神戸市営バス
100系統「HAT神戸・灘の浜東」行き乗車、
阪神電鉄バス三宮駅前バス停(JR三宮駅南口広場南)から
「HAT神戸」行直行バス乗車、 
神戸市営バス三宮駅ターミナル前バス停(JR三ノ宮駅南口)から101系統
「脇の浜住宅西」行乗車、いずれも県立美術館前下車すぐ 
道路案内 阪神高速神戸線摩耶ランプから約5分、駐車場普通車80台有料 
開館時間 午前10時~午後6時(特別展中の金・土曜は8時、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日(祝日は開館、翌日休館)12/31,1/1 
入館料金
(常設時) 
一般500円 高大生400円 小中生250円 高齢者(兵庫県内在住65歳以上) 250円 
展示内容 ロダンなど近代彫刻コレクション、小磯良平・金山平三など兵庫ゆかりの洋画家の作品、具体美術協会の作品群など。建物は安藤忠雄設計。 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
レストラン、カフェ、ミュージアムショップ 
屋根のあるお弁当ゾーンあり。美術情報センター無料。
阪神電鉄に兵庫県立美術館入館券付往復割引乗車券あり。
E-mail:museum@artm.pref.hyogo.jp 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2007/09/24 0:00:00