兵庫県
23 /166ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
こうべしりつはくぶつかん   ジャンル
神戸市立博物館   美術・歴史  
WEB http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main.html  
TEL 078-391-0035  
FAX 078-392-7054  
企画展 ☆特別展「遥かなるルネサンス 天正遣欧少年使節がたどったイタリア」 〜7/17(月・祝)
    月曜休館(7/17(月・祝)は開館)
    入館料金:一般1300円 大学生900円  高校生700円  小中生500円
           65歳以上で「神戸市すこやかカード(老人福祉手帳)」持参の方は半額。
           障がい者手帳などの提示で無料
           小中学生で「のびのびパスポート」の提示で無料
 16世紀、イエズス会士ヴァリニャーノは、日本での布教をさらに深めるために「天正遣欧少年使節」を派遣。伊東マンショら4人の少年たちは、1582年に長崎から旅立ち、ローマで教皇グレゴリウス13世に謁見、各地で手厚いもてなしを受けた。本展では、天正遣欧少年使節が訪れたイタリア各地の都市の芸術を紹介し、彼らの足跡をたどる。ブロンズィーノやティントレットの絵画作品を始め、タピスリー、陶器、ガラスなどの工芸品や書簡資料など、約70件。
  大公の工房、クリストーファノ・ガッフーリ(ヤコポ・リゴッツィの作品に基づく) 《リヴォルノ港の景観》1601‐04年 ウフィツィ美術館
  ローマの画家《ヨーロッパ内外にセミナリオを設立するグレゴリウス13世》16世紀末‐17世紀初頭 グレゴリアン大学
  ウルビーノ窯、パタナッツィ工房《市民を救うカエサルが描かれた大皿》1580‐90年頃 マヨリカ陶器 バルジェッロ美術館
  ドメニコ・ティントレット《伊東マンショの肖像》 1585年 トリヴルツィオ財団
  ティントレット(ヤコポ・ロブスティ)《レダと白鳥》1551−55年 ウフィツィ美術館
  ポンペオ・デッラ・カーザに帰属《ヴィンチェンツォ1世・ゴンザーガの冑》1584年頃  トリノ王立兵器博物館
  《伊東マンショからヴィンチェンツォ・ゴンザーガにあてた手紙》1585年8月2日付 マントヴァ国立文書館、ゴンザーガ文書館 など

記念講演会:地階講堂にて、午後2時〜3時30分、定員:各160人、入館券要、当日午後1時より講堂前で整理券配布
4/30(日)「ルネサンスからマニエリスムへ」岡田 温司 氏(京都大学大学院 教授)
5/14(日)「ヨーロッパの知識を日本に伝える―天正遣欧少年使節の背景と意味するもの―」
         シルビオ・ヴィータ氏(京都外国語大学 教授)

イヴニング・レクチャー(学芸員による)毎週土曜日 午後5時〜約30分
  地階講堂にて、定員160名、要入館券、当日先着順

こどもの日スペシャル:子供向けのやさしい解説会と親子で展覧会見学
5/5(金・祝)午前の部10時30分〜12時/午後の部2時〜3時30分(※解説会30分)
対象:小中学生の子供とその保護者 定員:各回先着50組(当日受付)要入館料
各回開始30分前から地階講堂前で整理券配布

ジュニアミュージアム講座(ワークショップ)
(1)5/28(日)午前10時〜12時「きみだけの仮面舞踏会マスクをつくってみよう!」5/18(土)消印有効
(2)6/25(日)午前10時〜12時「天正遣欧少年使節を屏風絵にえがいてみよう!」6/10(土)消印有効
対象:小学4年生〜中学生 定員:各回20名(応募多数の場合は抽選)
参加費:500円(付添の保護者は団体割引入館料金が必要)
申込方法:往復葉書に希望講座の講座名、参加希望の子供全員の名前、学年、電話番号、返信用の宛名を記入し、「神戸市立博物館 子供プログラム係」まで(1枚で3名まで申し込み可。参加希望全員の名前を記入、1枚で複数の講座への申込は不可)
 申込先:〒650−0034 神戸市中央区京町24番地 神戸市立博物館 子どもプログラム係 
所在地650-0034
神戸市中央区京町24番地 
公共交通 JR・阪神・阪急三宮から南西へ徒歩10分、
阪神・JR元町下車南東へ徒歩10分、
地下鉄海岸線旧居留地・大丸前から南東へ徒歩5分 
道路案内 国道2号、あるいは阪神高速神戸線京橋I.C.を出て京町筋 
開館時間 午前9時30分〜午後5時(金曜日は7時まで、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)年末年始、その他の臨時休館日 
入館料金
(常設時) 
一般200円 高大生150円 小中生100円 
展示内容 神戸市内の考古学(桜ヶ丘銅鐸など、弥生・古墳時代から中世まで)と、近世・近代の鎖国から開港にかけての文化。「南蛮美術館」あり。
但し、特別展の時にはここも特別展示室になる。 
観覧時間 常設だけ見るのも1時間くらい掛かる 
その他
(販売・友の会等) 
一年間有効のミュージアム・カードあり。
テレホンサービス(078-332-7810)、ショップ、喫茶コーナーあり。 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2013/09/25 0:00:00