大阪府
62 /182ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
さんのうびじゅつかん   ジャンル
山王美術館   美術  
WEB https://www.hotelmonterey.co.jp/sannomuseum/  
TEL 06-6942-1117  
FAX 06-6942-8700  
企画展 ☆開館記念展「山王美術館ベストコレクション展」~令和5年1/30(月)
  火・水曜休館(11/23は開館)年末年始(12/27~1/4)休館
  入館料金:一般1300円 高大生800円 中学生以下500円
         中学生以下、保護者同伴に限り2名様まで無料

 開館記念展では、これまでに収蔵したコレクションの中より山王美術館を代表する作品を厳選し、さらに近年新たに収蔵した作品もあわせて紹介。フランス近代絵画から日本洋画、日本画、陶磁器、彫刻まで、山王美術館のコレクションを一望。
 ホテル モントレが50年以上かけて収集したコレクションは、梅原龍三郎、佐伯祐三、小磯良平をはじめとする関西ゆかりの画家達の作品を中心としながら、日本の洋画壇に大きな影響をあたえたルノワール、ボナールなどのフランス近代の絵画、さらに新たな時代の日本画を模索した横山大観、小林古径らにいたるまで多岐にわたる。

「近代日本画」
上村松園《よそおひ》1949年
横山大観《日本心神》1946年

「フランス近代絵画」
ジャン=バティスト=カミーユ・コロー《湖畔の大きな樹木(ヴィル・ダヴレー)》1870年頃
アルフレッド・シスレー《サン=マメスのマロニエの木》1880年
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック《タピエ嬢》1882年
モーリス・ユトリロ《雪のサン=リュスティック通り(冬のサクレクール)》1940年頃
ピエール=オーギュスト・ルノワール《裸婦》1918年
藤田嗣治《家馬車の前のジプシー娘》1956年

「近代日本洋画」
黒田清輝《夏(野遊び》1892年
岸田劉生《麗子肖像》1920年
佐伯祐三《パリの街角》1925年
板谷波山《葆光彩磁葡萄文香炉》 など 
所在地540-0001
大阪市中央区大阪市中央区城見2-2-27 (ホテルモントレ ラ・スール大阪敷地内)
公共交通 京阪電鉄京橋駅片町口、JR京橋駅西口からOBP連絡通路(プロムナード)を突き当たり左へ、徒歩5分、エレベータを1階に。
JR京橋駅南口から南へ、川を渡り徒歩5分。
大阪メトロ長堀鶴見緑地線、大阪ビジネスパーク駅4番出口から東へ徒歩10分 
道路案内 阪神高速13号東大阪線・西行き(上り)『森之宮』出口 ⇒『法円坂』交差点を右折
⇒『馬場町』交差点を右折 ⇒『森ノ宮駅前』交差点を左折して玉造筋を直進 ⇒突き当りを左折
美術館専用駐車場は無し、 ホテルモントレ ラ・スール大阪の駐車場を利用のこと(優待なし) 
開館時間 午前10時~午後5時(入館は閉館30分前まで) 
休館日 火水曜日(祝日は開館)年末年始(12/29~1/2)展示入替期間 
入館料金
(常設時) 
一般1300円 高大生800円 
中学生以下 500円(保護者(18歳以上)同伴に限り2名までは無料)
障がい者手帳を提示の方は本人と同伴者1名が一般料金より300円引き 
展示内容 近代の西洋絵画・日本洋画・日本画・陶磁器・彫刻と多岐にわたり、そのいずれもが「ここでしか会うことのできない芸術作品」である600点におよぶコレクションを、展覧会に応じ公開。 
観覧時間 約30分 
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2022/08/28 0:00:00