東京都
65 /345ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
もりびじゅつかん   ジャンル
森美術館   美術  
WEB http://www.mori.art.museum  
TEL 03-6406-6101  
FAX 03-6406-9351  
企画展 ☆森美術館15周年記念展「六本木クロッシング2019展:つないでみる」〜 5/26(日)
     会期中無休
     開館時間:午前10時〜午後10時(火曜は7時まで、但し、4/30(火)は10時、5/25(土)は翌朝午前6時まで
                         入館は閉館30分前まで)
     入館料金:一般1800円 65歳以上1500円 高大生1200円 4歳〜中学生600円
 3年に一度開催する、日本の現代アートシーンの定点観測的な展覧会第6回目の開催。森美術館の3人のキュレーター(椿 玲子、徳山拓一、熊倉晴子)で共同キュレーションを行い、1970-80年代生まれを中心とした日本のアーティスト25組を紹介。
 今回は現代の表現を通して見えてくる「つながり」に注目。情報通信技術が加速度的に進化し、便利になる一方で、意見や認識の同調や共感を助長し、逆説的に閉鎖的なコミュニティを生み出すなどの「分断」が顕在化している。こうして対極のものを接続、異質なものを融合、本来備わる繋がりを可視化するなど、アーティストたちは作品を通じてさまざまな「つながり」を提示し、「分断」と向き合うためのヒントとなるかもしれない。一定条件の範囲内で、一部の作品およびエリアでの写真・動画撮影が可能

  飯川雄大《デコレータークラブ―ピンクの猫の小林さん―》 2017年 木材、蛍光塗料
  目《景体》のためのドローイング 2019年
  平川紀道 《datum》2018年 DLPプロジェクター、コンピューター、スピーカー
  林 千歩 《人工的な恋人と本当の愛―Artificial Lover & True Love―》2016/2019年 ミクスト・メディア・インスタレーション
  竹川宣彰 《猫オリンピック:開会式》2017年 陶製人形、木、鉄、陶製タイル
  榎本耕一《脳の居場所》2017年 油彩、キャンバス
  青野文昭 《なおす・代用・合体・侵入・連置「震災後東松島で収集した車の復元」2013》2013年 収集物、家具、合板、アクリル系絵具、ほか
  万代洋輔《無題》(「蓋の穴」シリーズより)2016年Cプリント  など

まちと美術館のプログラム「アート・キャンプ for under 22 Vol.2」第3回 ワークショップ「アーティストと出会う:監視するファッション」
  3/9(土)午前10時〜午後6時 館サイトより申込、〜 3/8(金)
 
まちと美術館のプログラム「アート・キャンプ for under 22 Vol.2」第3回 ワークショップ「アーティストと出会う:監視するファッション」(2日目)
  3/10(日)午後1時30分〜6時30分 館サイトより申込、〜 3/8(金)

まちと美術館のプログラム「六本木アートカレッジ スペシャル1DAY」プログラム 「会社としてのアーティスト・コレクティブ」
  3/21(木・祝)午後2時40分 〜3時40分  館サイトより申込、〜 3/20(水)




☆「塩田千春展:魂がふるえる」6/20(木)〜10/27(日) 
所在地106-6150
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階 
公共交通 地下鉄日比谷線六本木駅から徒歩5分、大江戸線六本木駅から10分 
道路案内  
開館時間 午前10時〜午後10時(火曜日は5時まで、いずれも入館は閉館30分前まで) 
休館日 展覧会期中無休 
入館料金
(常設時) 
一般1500円 高大生1000円 小中生500円 
展示内容 常設展示はない。アート&ライフをテーマに、企画展示を行う。教育プログラムやワークショップも充実。 
観覧時間 1時間以上 
その他
(販売・友の会等) 
MAMコンテンポラリーメンバーシップ(個人・法人向け)あり。
ショップ3箇所、カフェ2箇所あり。展望台東京シティビューにも入れる。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明
更新日: 2014/12/29 0:00:00