東京都
241 /344ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ぞうしがやきゅうせんきょうしかん   ジャンル
雑司が谷旧宣教師館   歴史  
WEB http://www.city.toshima.tokyo.jp/seikatu/18_bunnka_02_03.html  
TEL 03-3985-4081  
FAX  
企画展  
所在地171-0032
豊島区雑司が谷1丁目25-5 
公共交通 東京メトロ有楽町線「東池袋駅・護国寺駅」ともに徒歩10分
都電荒川線「雑司ヶ谷電停」から徒歩7分
都営バス【都02乙】で「雑司ヶ谷霊園入口」下車 徒歩7分 
道路案内  
開館時間 9時から16時30分まで 
休館日 月曜日 (祝祭日の場合は翌日) 第3日曜日 祝日の翌日 年末年始 
入館料金
(常設時) 
無料 
展示内容 雑司が谷旧宣教師館は、明治40年にアメリカ人宣教師のマッケーレブが自らの居宅として建てたものです。マッケーレブは、昭和16年(1941)に帰国するまでの34年間この家で生活をしていました。豊島区内に現存する最古の近代木造洋風建築であり、東京都内でも数少ない明治期の宣教師館として大変貴重なものです。また、当時の新興住宅地における布教活動と幼児教育の拠点としての意味を持っていたことを地域の人が記憶しており、昭和62年9月1日に豊島区の登録有形文化財として登録し、その後、特に重要な文化財として保存・活用をさらに進めるため、平成4年11月10日に指定文化財としました。その後、平成11年3月3日、東京都指定有形文化財(「旧マッケーレブ邸」)になりました。 
観覧時間 約30分 
その他
(販売・友の会等) 
この建物は木造総2階建て住宅で、全体のデザインはシングル様式であり、細部のデザインにはカーペンターゴシック様式を用いており、19世紀後半のアメリカ郊外住宅の特色を写した質素な外国人住宅です。豊島区では昭和57年に取得して以来、建物調査・保存修理工事などを経たのち、平成元年1月から館内に関連資料等を展示し一般公開を行っています。 
報告者: ネタ切れ男 / 沢谷 浩幸
更新日: 2007/01/29 0:00:00