千葉県
44 /87ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
こくりつれきしみんぞくはくぶつかん   ジャンル
国立歴史民俗博物館   歴史・民俗  
WEB http://www.rekihaku.ac.jp  
TEL 043-486-0123  
FAX 043-486-4211  
企画展 ☆企画展示「URUSHIふしぎ物語−人と漆の12000年史−」〜9/3(日)
    月曜休館(8/14(月)は開館、祝日の場合は翌日)
    入館料金:一般830円  高大生450円 中学生以下無料
           毎週土曜日は高校生無料
           障がい者手帳等保持者は手帳提示により、介護者と共に無料
 ウルシの期が生息するアジア諸地域で特色ある漆工技術が発達し、ユニークな文化を作った。日本では縄文時代の12000年前に漆とのつきあいが始まり、ジャパンと呼ばれて「日本」の顔となり、東アジアや西洋へも広がりを持って現代に至る。美術史学・考古学・文献史学・民俗学・植物学・分析科学など文理融合の展示型共同研究「学際的研究による漆文化史の新構築」による成果を初めて発表。
【第一章】ウルシと漆
  12600年前の最古のウルシ材 福井県鳥浜貝塚出土 縄文時代草創期 
  重要文化財  赤漆塗刻歯式櫛 福井県鳥浜貝塚出土 縄文時代前期
  重要文化財 貝殻象嵌木胎漆器 青森県向田(18)遺跡出土  縄文時代前期
【第二章】漆とてわざ
  傷跡のあるウルシ杭 東京都下宅部遺跡出土 縄文時代後期
  漆液容器 青森県亀ヶ岡遺跡出土  縄文時代晩期
  乾漆伎楽面(ぎがくめん) 酔胡従(すいこじゅう) 奈良時代
  国宝 片輪車蒔絵螺鈿手箱 平安時代
【第三章】漆とくらし
  朱漆塗松竹梅鶴亀橘紋沈金五つ組盃および盃台一対 1919(大正8)年
  銀箔押張懸兎耳形兜 桃山〜江戸時代
  鴨蒔絵螺鈿印籠 銘「観」 江戸時代
【第四章】漆のちから
  竹菱葵紋散蒔絵三棚飾のうち厨子棚 江戸時代
  愛知県指定文化財  菊桐紋蒔絵鎧櫃 桃山時代
【第五章】漆はうごく
  平安京左京三条四坊十町跡出土 タイ産四耳壷・同破片 17世紀前〜中期頃
  犀皮稜花盤 南宋時代
  花鳥螺鈿大型円卓 江戸時代
  白檀塗楼閣山水湯庫(タークー) 18〜19世紀
【第六章】現代の漆・これからの漆
 球形花瓶(緑・黒) 1925年 ジャン・デュナン作
 含漆UV塗装カー(福島県ハイテクプラザ 会津若松技術支援センター 須藤靖典/出羽重遠 作)

ギャラリートーク
8/5(土)午前11時〜40分 工藤 雄一郎氏 (考古研究系)
8/11(金)午前11時〜40分 林部 均氏 (本館考古研究系)
8/12(土)午前11時〜40分 日高 薫氏 (本館情報資料研究系)
8/19(土)午前11時〜40分 林部 均氏
8/20(日)午前11時〜40分 小池 淳一氏 (本館民俗研究系)
9/2(土)午前11時〜40分、午後1時30分〜2時10分 日高 薫氏、工藤 雄一郎氏

講演会:8/12(土)午後1〜3時、講堂にて
「世界史の中の漆文化」 日高 薫氏(研究部情報資料研究系教授) 
所在地285-8502
佐倉市城内町117 
公共交通 JR総武本線佐倉駅、京成佐倉駅からバス田町車庫行き「国立歴史民俗博物館」下車すぐ 
または「博物館入口」下車」徒歩5分
京成佐倉駅から徒歩約15分 
道路案内 首都高速→京葉道路→東関東自動車道・四街道ICまたは佐倉IC→
県道→国道298号、大駐車場完備、無料 
開館時間 午前9時30分〜午後5時(10〜2月は4時30分まで、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)、年末年始12/27〜1/4 
入館料金
(常設時) 
一般420円 高大生250円 中学生以下無料
 土曜日は高校生無料、心身障害者は無料 
展示内容 日本の旧石器時代〜近現代と、民俗について5室25テーマで展示。
それぞれのテーマで遺跡や都市の模型、巨大なレプリカ展示がみどころ。
「沖の島祭祀」や「南島の民俗世界」などの特徴的なテーマもある。 
観覧時間 各室が1博物館程度の見応えがあり、常設展示室だけでも最低2時間は必要。 
その他
(販売・友の会等) 
展示解説シート、図書コーナーも充実。レストラン、喫茶コーナー、ミュージアムショップ、友の会組織あり。
敷地内にくらしの植物苑(別料金)あり。佐倉城址公園も隣接。 
報告者: 明日香 光二/馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2008/05/10 0:00:00