福岡県
30 /90ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ふくおかしびじゅつかん   ジャンル
福岡市美術館   美術  
WEB http://www.fukuoka-art-museum.jp/  
TEL 092-714-6051  
FAX 092-714-6145  
企画展 ☆特別展「ギュスターヴ・モロー展 サロメと宿命の女たち」10/1(火)〜11/24(日)
     月曜休館(祝日の場合は翌日)
     午前9時30分〜午後5時30分(10月の金土は8時まで、入館は閉館の30分前まで)
     一般1500円 高大生800円 小中生500円
     身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名
     および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、
     先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料

 画家・ギュスターヴ・モロー(1826−1898)は19世紀末のパリで、精神よりも物質を、宗教よりも科学を重んじる気運が高まる中、「目に見えるものは信じない」と神話や聖書の世界を描き続け、フランス象徴主義を代表すると言われる。古今東西の装飾モチーフを取り入れ、幻想的な作品の数々を生み出し「パリの真ん中に隠れ住む神秘家」とも呼ばれた。モローの描く女性像に焦点を当てギュスターヴ・モロー美術館の所蔵作品約100点を紹介。
《出現》(1876年頃)
《一角獣》(1885年頃)
《エウロペの誘拐》(1868年)
《サロメ》(1875年頃)
《アレクサンドリーヌ・デュルー》など

ギャラリーツアー
10/11(金)ギャラリートーク「怪物のような悪女編」 午後6〜7時 申込不要
11/9(土)ギャラリートーク「純潔の乙女編」 午後3〜4時  申込不要


講演会(2)10/27(日)ミュージアムホールにて 午後2〜3時30分 要入館券(半券可)定員180名
「モローが愛した女たち〜怪物から乙女まで〜」中野京子氏(作家・ドイツ文学者)

申込方法:はがきまたはメールで10/5(土)必着
ご希望のイベント名、郵便番号、住所、参加者全員の氏名(ふりがな)、電話番号、
参加人数(1通につき最大2名まで、双方の名を記載)を明記のうえ、下記宛にお申込みください。

〒810-0001 福岡市中央区天神1-4-1 西日本新聞イベントサービス内「モロー展・講演会」係
E-mail:moreau_fuk@nishinippon-event.co.jp





☆企画展「仙がい―小西コレクション」10/1(火)〜12/1(日)

☆企画展「梅田哲也 うたの起源」11/2(土)〜令和2年1/13(月・祝)インスタレーション・パフォーマンス

☆特別展「大浮世絵展−歌麿、写楽、北斎、 広重、国芳 夢の競演」令和2年1/28(火)〜3/22(日) 
所在地810-0051
福岡市中央区大濠公園1−6 
公共交通 地下鉄大濠公園駅(3番出口)、六本松駅(2番出口)から徒歩10分 
バス、博多駅または天神から城内美術館東口下車徒歩3分 
天神から赤坂3丁目下車徒歩5分 
道路案内  
開館時間 午前9時30分〜午後5時30分(7〜8月は7時30分まで、日祝日を除く) 
休館日 月曜日(祝休日は開館、翌日休館)12/28〜1/4 
入館料金
(常設時) 
一般200円 高大生150円 中学生以下無料
 福岡市発行のシルバー手帳、療育手帳、身体障害者手帳、
 精神障害者保健福祉手帳所持者は無料 
展示内容 黒田家伝来の絵画・書・工芸、ダリ、ミロ、シャガールなどの近代作品。 
黒田清輝、青木繁、坂本繁二郎らの洋画、冨田渓仙、吉村忠夫らの日本画 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明(TBE01536)
更新日: 2016/08/25 0:00:00