広島県
4 /78ページ この県の先頭データへ 一つ前のデータへ 一つ後のデータへ この県の最後のデータへ 都道府県別indexへ戻る
ひろしまけんりつびじゅつかん   ジャンル
広島県立美術館   美術  
WEB http://www.hpam.jp/  
TEL 082-221-6246  
FAX 082-223-1444  
企画展 ☆特別展「おいしいボタニカル・アート 食を彩る植物のものがたり」~11/26(日)
      会期中無休
      午前9時~午後5時(金曜は7時まで、入館は閉館30分前まで)
      入館料金:一般 1400円 高大生1000円 小中生700円
      身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳及び戦傷病者手帳の所持者と介助者1名は半額
 英国王室の宮殿に併設された、世界最大級の植物園である、英国キュー王立植物園。同園の22万点所蔵品から、野菜や果物、ハーブ、スパイスなどを精緻に描いた植物画と共に、18~19世紀の食卓を飾った家具や食器、レシピなど約190点の作品を展示し、英国の食と美の「おいしい」歴史を辿る。

プロローグ 食を支える人々の営み-農耕と市場
  ロバート・ヒルズ《収穫、休息を取る人々》1817年
第1章 大地の恵み 野菜
  エメ・コンスタン・フィデル・アンリ《トウモロコシ》1828~1833年 
第2章 イギリスで愛された果実『ポモナ・ロンディネンシス』
 《モモ 「グリムウッズ・ロイヤル・ジョージ」》
 《ブドウ「ブラック・プリンス」》
 《イチゴ「ウィルモッツ・レイト・スカーレット」》
  ウィリアム・フッカー 1818年 スティップル・エングレーヴィング、アクアチント、手彩色/紙
第3章 日々の暮らしを彩る飲み物
 ミントン《ティーカップ&ソーサー》1885年
 ロバート・ヘンネル1世《ティーポット》1781年
 インド(カンパニー・スクール)の画家《チャの木》19世紀初め ガッシュ、アラビア・ゴム/紙
第4章 あこがれの果物
 ゲオルク・ディオニシウス・エーレット《ザクロ》1771年
第5章 ハーブ&スパイス
 おそらくインドの画家《コショウ》 1810年頃 
第6章 ブレジア=クレイ家のレシピ帖と『ビートン夫人の家政読本』
 イザベラ・ビートン著《『ビートン夫人の家政読本』》1901年出版

記念講演会:11/18(土)午後1時30分~3時(開場1時) 地階講堂にて
「『おいしい植物』と人間の歴史ーわたしたちを突き動かすものについて」藤原辰史氏(京都大学准教授)
  聴講無料、要事前申込(館082-221-6246)

学芸員によるギャラリートーク(ワイヤレスガイド使用)
10/27(金)11/10(金)11/24(金)午前11時、午後5時~
  3階展示室にて、要事前申込(館082-221-6246)

学芸員によるインスタライブ:公式インスタグラムからギャラリートークを配信
10/17(火)31(火)11/14(火)午後5時~

森本ケンタトリオロビーコンサート 音の実
11/4(土)午後3時~
森本ケンタ氏(ギター)森川泰介氏(パーカッション)川岡光一氏(チェロ)
  1階ロビーにて、聴講無料、事前申込不要



☆第11回「新県美展(第75回広島県美術展)」12/16(金) ~令和6年1/8(月・祝) 
所在地730-0014
広島市中区上幟町2-22
公共交通 JR広島駅から約1km、広島城から約400m 
市内電車・バス「縮景園前」下車約20m 
道路案内 駐車場有り、有料 
開館時間 午前9時~午後5時(土曜日は7時まで、入館は閉館30分前まで) 
休館日 月曜日、12/25~1/1 
入館料金
(常設時) 
"一般500円 大学生300円 高校生以下無料
障害者手帳をお持ちの方、65歳以上の方、県内の大学に在学する外国人留学生は無料" 
展示内容 広島県ゆかりの作家で常設展 
観覧時間  
その他
(販売・友の会等) 
ミュージアムショップ、図書室、レストラン、ティールームあり。 
報告者: 明日香 光二=馬場 英明
更新日: 2014/03/02 0:00:00